• americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99
  • americanopical1502-0261-99

【Dead Stock】American Optical|1960’s F9900 Breezecatcher Eyeglasses

【ブランド】
現存するメガネフレームメーカーの中でも、世界最古と言われるアメリカンオプティカル。その歴史は19世紀初頭にまで遡ります。
コネチカット州の農家の少年だったウイリアム・ビーチャーが、ロードアイランドで貿易を学び、マサチューセッツ州に移り住んだ1826年からその歴史が始まります。
1839年には自社工場を建て、1900年に入ると飛躍的に売り上げが伸び、1905年にロンドンにまで事務所を構え、2000人もの従業員を雇うまでになりました。その実績が認められ、第一次世界大戦時の1917年には、アメリカ軍と連合国軍にサングラスを供給します。
さらに第二次世界大戦時には、その技術力を活かしゴーグルやアヴィエイターサングラスやライフルスコープなどの様々な軍用製品を政府に供給してきました。
そして1946年、Army-Navy “E” Awardを受賞するに至ります。
現在パイロットゴーグルの標準として知られるフライトゴーグル58は、1958年に同社がアメリカ軍の為に開発したものです。
1969年にアポロ11号に乗ったニール・アームストロングとその乗組員も、同社のサングラスをして月に降り立ちました。
これらのアヴィエイターサングラスは、ワシントンDCにあるスミソニアン航空宇宙博物館に永久展示されています。
また、映画のイージーライダーやトップガン、地獄の黙示録などでも同社の製品を目にすることができます。

【商品説明】
レンズ横のメッシュが気になる非常に珍しいサングラス。
1960年代のDead Stock。
F9900。Breezecatcherというモデル。
形もボストン型で非常に使いやすく、誰にでも似合う形です。色もグレークリアーで使いやすいと思います。
7枚蝶番でクオリティが高いのはもちろんのこと、金属のメッシュ部分は写真のように降りたたむことができます。

ディテールやコーディネートなどに関しては、diariesブログにて詳しく紹介しています。
diariesブログ〜American Optical(アメリカンオプティカル)の1960’s F9900 Breezecatcher Eyeglasses (Dead Stock)〜

※Dead Stock商品の為、汚れがある場合がございます。ご理解ある方のみお買い上げ下さい。

【サイズ・寸法】
S(46-20)・・・フレーム横幅140mm、フレーム高さ46mm、テンプル長さ145mm
M(48-20)・・・フレーム横幅145mm、フレーム高さ48mm、テンプル長さ145mm
※手作業採寸の為、多少の誤差がございます。

【素材・産地】
原産国、素材不明

※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。

S(46-20)注文番号1502-0261-99-S

販売価格(税別)
¥27,800
在庫状態
売切れ
売切れ

M(48-20)注文番号1502-0261-99-M

販売価格(税別)
¥27,800
在庫状態
在庫有り
数量

YOU MIGHT LIKE...

dailywardrobeindustry1502-0296-20
sbtract1701-0035-30
beastieboys1701-0156-70