Blog

ご挨拶&セールのお知らせ&初売りのご案内

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「地下鉄記念日」だそうです。

 

ロンドンの地下鉄の名前はTUBEっていいます。知ってた?

みんなもよく使うサランラップって、もともと軍用だった塩化ビニールをSarahとAnnという2人の主婦が使い出し、

サラ&アンのラップがサランラップになったんだって。知ってた?

 

今年もありがとうございました!

今年もどうでもいい情報で締めくくろうとされています!

そんなのは嫌だ!

 

というわけで、最後にお得な情報を掲載いたしますので、本日もどうぞ最後までご覧ください。

 

改めまして、2015年も大変お世話になりました!

 

お客様のお蔭で、楽しく毎日を送ることができました。

本当に、本当に、ありがとうございました。

常連のお客様も、遠方からはるばるいらっしゃっていただくお客様も、

数あるオンラインショップの中から当店をお選びいただいたお客様も、口コミをいただいたお客様も、

全てを上げればキリがありませんが、全てのお客様にお礼を申し上げます。

 

diariesの2015年はあっという間でしたねー!

ベルリンから帰って来て勝田マラソン。

HPをリニューアルしながら展示会周り。

フジロックには行けなかったけど、お店はお陰様で忙しくさせていただきました。

そうそう、インスタグラムやタンブラーも始めたおかげで、お客様との接点が増えたのも良かったですね!

 

さて、これ以上細かく振り返ってる暇もなく、既にdiariesの2016年は始まっております!

既に春夏のオーダーは決まっておりますが、これまでにないくらいフルスイング!

ホームランか三振か!いやマジで生か死か!ポシャっとつぶれるかスゲーと思ってもらえるか!

楽しみだけど不安です!期待と不安50:50どころか、期待100%不安100%!もうキャパオーバーですね!

それは予算もオーバーするくらいオーダーしてるから!

 

これまではお店を絶対つぶしたくなかったので、予算をガチガチに決めてオーダーもそれに合わせて行ってきました。

しかしそうすると、良い物が見つかっても予算オーバーの場合は、来年に回してしまい取り扱うタイミングを遅らせることも多々ありました。

だから2016年春夏からは、あえてのどんぶり勘定にして、良いと思ったらすぐに行動に移すように心がけました。

 

バカになったdiariesを、どうぞ見てやってください。

 

それでは告知です。

 

2016年1月中旬に冬期休暇をいただくにあたり、ブログ読者限定で新春特別セールを開催いたします!

お会計の際、ブログを見たとおっしゃって下さい。

セールの内容は下記のようになります。

 

期間:1/2(土)~1/11(月)

割引率:20%~(但し現金にてお支払の場合のみ。カードご利用の場合は定価となります。)

※※※セール対象外※※※

TENDER Co.

日本野鳥の会

ブラシの平野

Indian Jewelry

The Laundres

LEON FLAM

INVERALLAN

Martin Faizey

Lock & Co.

White & Co.

astorflex

nau

abk

ROSSI BOOTS

Corgi

NOMADICS

シューケア用品

デッドストック商品

店内ショーケース内にあるもの

お取り置きされている商品

既にセール価格になっているもの

 

また通販をご希望の方は、まずはメールにてご連絡下さい。

順次対応させていただきます。

 

また年末にはメーカーさんも倉庫を整理しますので、その時に1点2点だけですが倉庫に眠っていた在庫を分けてもらっています。

セールを盛り上げてもらうために、少しですが商品が追加されております。

ざっくりとご紹介させていただきますね。

IMG_0707

【ブランド】William Lockie(ウイリアムロッキー)

【アイテム】Lams Wool Cardigan

【価格】¥22,464–(税込) → ¥15,984-(税込)

【コメント】

———-

ウイリアム・ロッキーは、ニットウェアの聖地・スコットランドのホーウィックにて、1874年に創業。
名門と言われるニットメーカーが多く存在するホーウィック地方において、
同ブランドのカシミアやラムズウールのセーターは、世界的に高い評価を受けている。
特にラムズウールは、世界最高峰のクオリティーと称されている。

———-

イギリスの名門ニットカーディガンのド定番!

しかし!前合わせがうっかりレディース合わせになっているのでセール価格に!

サイズはSサイズのみ。気にしない方はお勧め!

このクオリティのニットがこの価格ではなかなかありません!

IMG_0710

ボタン裏をしっかりナイロンテープで補強したり、素材もさることながら素晴らしい作りですね。

 

お次はコチラ。

IMG_0712

【ブランド】Kanata(カナタ)

【アイテム】Cowichan Zip Up Sweater

【価格】¥41,040–(税込) → ¥24,624-(税込)

【コメント】

こちらもSサイズのみ!

カウチンセーターの定番ブランドKanataです!

IMG_0713

———-

1979年にカナダのバンクーバーで設立されたカウチンニットの専門メーカー”KANATA”。

自然や動物をモチーフとした独特の柄やデザインは、日本でも多くのファンに支持されてます。

代々継承されてきたハンドメイド伝統的作品は永く愛用することにより味わいを増し、手放せない一着となります。

———-

カナダのネイティブ・ファーストネイションズの伝統は、このタグのような動物モチーフが多く、

当然カウチンセーターにもいかにもそれらしいデザインが多いのですが、

こちらはネイティブアメリカンのような幾何学模様が着やすくていいと思います。

IMG_0714

よく見たらTALONのダブルジッパーを搭載。やるねー!

 

次です。

IMG_0718

【ブランド】Wild Things Tactical(ワイルドシングスタクティカル)

【アイテム】Guide Pack

【価格】¥37,800–(税込) → ¥25,920-(税込)

【コメント】

ワイルドシングスのミリタリーラインです。

IMG_0719

2010年に立ち上げられ、長年アウトドアブランドとして培ったノウハウを活かし、アメリカ軍特殊部隊向けにウェアやギアを開発しています。

アメリカ製というところもポイント高いですね。

IMG_0720

生地がすごいです。

X-PACKという耐久性に優れた素材。しかしものすごく軽い。さすが軍物。

 

次です。

IMG_0716

【ブランド】Wild Things(ワイルドシングス)

【アイテム】Denali Jacket

【価格】¥116,640–(税込) → ¥99,360-(税込)

【コメント】

セレクトショップをやっているなら、一度は扱ってみたい憧れのアイテムの一つです。

どれくらい憧れかって、私にとってはゴム引きコートのマッキントッシュと同じくらい憧れです。

ワイルドシングスの最高峰・デナリジャケット。

IMG_0717

———-

マサチュ-セッツ州のノ-スコンウェイにて、アメリカを代表する登山家、ジョンとマリーのボガード夫妻により1981年に設立されブランドをスタート。

『軽くてタフでなければいけない』 というコンセプトを基に、数々の過酷な登山経験から、高性能なプロダクトを生み出し続けている。

アウトドアウエアだけではなくファッションウエア、製品力の高さからアメリカ陸軍や、海兵隊などの製品を提供するなど、常に新たな実績を築き上げている。

「プリマロフト」から、「デナリ」、「シャモニー」と名高い名品を始めとし、別注アイテム、定番アイテムまで、見逃せない本格アウトドアブランド。

———-

表地には防水透湿性素材のeVent。中綿はプリマロフト。

究極の防寒ウェアの1つだと思います。それ以上の説明は不要。

サイズはLサイズ(日本人だとXLくらい)。サイズが合う方はラッキー。売れ残ったら俺がラッキー。

 

 

特別セールアイテムは以上です!

ですが!初売りを彩るアイテムはこれだけではありません!

先週届いたのですが、新年一発目ように隠しておいたアイテムがあるんです!!!

チラッとだけ。。。

IMG_0704

【ブランド】TENDER Co.(テンダー)

【アイテム】???

【価格】¥62,640–(税込)

【コメント】

ハイハイ。どうせまたテンダーですけどね!

しかし!実はこちらは日本未発売モデル。

国内ではdiariesでだけ販売させていただきます!!!

それどころか元々の生産本数が少ないので、恐らく世界でも5店舗くらいしか取り扱ってないんじゃないかな~と思います。

 

もちろんそれに合わせるブレイシーズもセール価格でご用意してます。2万円台。

IMG_0706

このアイテムは2,3年ぶりかな?

 

ついでにと言ってはなんですが、前回即完売してしまったシャツが、1着だけ届いています!

IMG_0705

サイズは1のみ。買い逃してしまった方はお早めにどうぞ。

こちらも国内では当店のみの取り扱いです。しかもデッドストック生地なので、今後は作られないと思います。

 

 

長くなりましたが以上です!

最後はちょっと力尽きてしまいましたが、自分ではやりきったつもり!

あとはお客様のリアクション次第です!いいスタートが切れるといいなぁ~。

 

それでは2016年も!2016年は!2016年こそ!2016年から!いい年にしましょう!

お店でお待ちしております!!!