Blog

arbre(アルブル)のSeersucker Bermuda Shorts

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ペパーミントの日」だそうです。

吉祥寺のペパーミント行きてぇ。タイ料理食いてぇ。

どうやら、茨城で一番美味いタイ料理屋はバンセンストア@大洗だそう。ちなみに未訪問。

なんでこんなにタイ料理食いたくなってるかって、やっぱ暑くなってきたからだな。

ところで、原宿のチャオバンブーは何が一番美味いの?どれも美味いんだけど!?

でもいつも混んでるから表参道のティーヌン行っちゃう。

新宿2丁目のバーンキラオもいいよね~。

とまあ、この辺のお店抑えとけばタイ料理は大丈夫でしょう!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0330

【ブランド】arbre(アルブル)

【アイテム】Seersucker Bermuda Shorts

【価格】¥14,904-(税込)

【コメント】

夏の定番素材といえばシアサッカー。そして形はバミューダショーツ。

これほど男性の夏の装いを象徴するアイテムも他にないですね!

 

もはや説明不要なくらいありふれたアイテムではありますが、diariesは説明が命ですので、

あとブログも一瞬で終わっちゃうので、一応やります。

 

まずはシアサッカー。

IMG_0332

基本はやっぱり細めのストライプでしょ!無地もチェックもあるけどね。

そしてボコボコとした凹凸のある素材。これがシアサッカー!

夏をいかに涼しくすごすかってのは、生地が肌に触れる表面積をいかに少なくするかです。

それは、湿度が高いので汗をかくから、肌にベタッと貼り付かないように。

また、肌と服の間に空気の通り道を作ることで、体温を下げます。

だからリネンやコットンニットは涼しい。そしてこのシアサッカーも。

 

次はバミューダショーツ。

IMG_9808

バミューダショーツの定義としては、長さが4~6分丈であることだそうです。

まあ、膝にかかってるか隠れるくらいですかね。

あとややテーパードがかかってればバミューダでしょう。スラックスを半分に切ったイメージで。

裾がバタバタしないので、子供っぽくならないのがいいところ。

夏でも是非レザーシューズを合わせたい。もしくはユッタニューマン。

IMG_9809

diariesのスラックスといえばarbreなので、このショーツをセレクトしました。

シルエットは、昔のようなビタビタのバミューダではなく、動きやすいようお尻周りにゆとりを持たせてくれています。

またウエストもほどよくイージーなつくり。

IMG_0331

ウエストにある両サイドのタブで1インチづつ調整することができます。

なので、こちらは2インチ刻みのサイズ展開。

 

合わせるのはもちろん、Glaconのポロシャツ(Click!)

IMG_7450

同じくGitman Vintageのプルオーバーシャツ(Click!)

IMG_0083-1024x1024

本当はここまで着こなしてくれると嬉しいです!

Workersのブレザー(Click!)

workers-blazer-1-1024x768

 

 

いや~こういう紹介、ちゃんと父の日前にやっとくべきだったな~・・・

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。