Blog

arbre(アルブル)のWool Easy Pants

インディアンジュエリーフェア開催決定!

日時・10月23日(日)12:00~20:00

ご来店お待ちしております!!!

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「きのこの日」だそうです。

ラーメン!(Click!)

 

先日こちらの雑誌を買いました。

14657243_1110713665672474_4975421195609832805_n

いつぶりだろう?サラリーマン時代以来かな?むしろ経営者の今こそ頻繁に買うべきものだと思うが・・・

そんな話はさておき、表紙のタイトルがもうね。後ろから頭をぶん殴られた気分です!

 

「買いたい服がない」 -アパレル”散弾銃商法”の終焉―

 

痛烈!

今アパレル業界って本当に厳しくて、もはや先の見えないデスマーチ状態なのですが、

その原因を非常に分かりやすく分析してくれているので、

このブログをご覧いただいている同業者の方々だけでなく、

(diariesのHPのアクセス解析すると、東京と関西が1位と2位で、茨城が5位くらいという事実・・・そういうことなんじゃないかと・・・)

「最近買い物がつまらないな~」と思う方にも読んでみてほしいですね。

 

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

img_3123

【ブランド】arbre(アルブル)

【アイテム】Wool Easy Pants

【価格】¥14,904-(税込)

【コメント】

今季もarbre(アルブル)からパンツが届いております!

いつものスリムドレスパンツも届いていますが、まずは当店では初めて取り扱うこちらからどうぞ!

img_3127

こちらはウール100%のフランネルイージーパンツになります。

ウールのイージー。やはりこういうアイテムはバランスが絶妙ですね!

ゆったりリラックスフィットなのに、きちんと感が残る。ウールって良いなと思う瞬間。

img_3126

高密度に織られツヤもあり、上質な雰囲気を漂わせながら、形はベイカーパンツのよう。

さらにウエストはヒモでイージーパンツ。

 

ベイカーパンツということであれば、ミリタリーテイストのウェアとも相性はいいでしょう。

まあぶっちゃけ何にでも合いますよ!

カジュアルに合わせてもどこか上品さが残り、土臭く合わせてもなぜか洗練された雰囲気が漂い、

キレイ目に着ても決まりすぎない余裕を持たせてくれます。

このストーンとしたシルエットが個人的な大好物!

img_3124

 

とりあえず適当に着てみました。

img_3104

Cap/Lock&co (Sandwich) ¥20,520-

Knit/Alderney (Guernsey sweater) ¥23,760-

Shoes/Phil Howard (Slip on) ¥37,800-

イージーパンツのユルいシルエットと合わせ、素朴なガンジーセーターとフィルハワードの靴とキャスケットで牧歌的なイメージで。

 

フィッシャーマンセーターを合わせたくなったのはこんな理由もあります。

img_3128

ウエストのボタンがアンカー(碇)ボタンなので。海の男を連想させます。

もちろん軍モノもありだね~!

 

そうそう、このボタンを外してももう1つボタンが。

img_3129

当然フィット感を高めるためなのですが、この気の利かせ方がさすがアルブルといったところでしょう。

 

またこの手の太いパンツならば、ウールパンツにありがちなヒザが出てくるもの軽減できると思います。

img_3098

茨城のような車社会にも向いてるんじゃないかな?

 

私も秋冬用のウールパンツを引っ張り出しましたよー!

買いたい服が・・・・・多すぎる!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。