BLOG

The Superior Labor(シュペリオールレイバー)のRiver Shorts

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ナイスの日」だそうです。

今週、待ちに待った非常にナイスな出来事が待ってます。

それがコチラ。

news150701_12

news150701_10

news150701_11

シンゴスターリビングのお隣にオープンするcox(コックス)。

 

先日、こちらのお店のレセプションにお邪魔してまいりました。

cox

全貌はまだ定かではないですが、それにしてもとんでもない建物が立ってしまいました。

もともとあるシンゴスターリビングの店舗の古い蔵と対照的な、一見無機質なコンクリートの箱。

村上春樹や安部公房の小説に出てきそうな不思議な建物。

中に入ると見た目からは想像もできないほどの解放感。

ここでこれからどんな時間が過ごせるんだろうと思うと、楽しみで仕方がありません。

 

いやでも本当にこの建物がうらやましくてしょうがない!

カッコよすぎるんですよ!!!

なぜ羨ましいかというと、「そこにしかない」から。

茨城にあるアメリカ風でもフランス風でもイギリス風でもなく、それは「cox」でしかない。

またお客様を紹介して後で感想を聞いたりすると、

那須のSHOZOぽいとか言われたりすることもあるんですが、それがすごい悔しくて。

だからついにここまで来たかと思うと、自分のことのように感慨深くなってしまいます。

 

でもやってる本人からすれば、始まりでしかないんでしょうけどね。

 

ついにつくばに大きな楔が打たれました。

ここが中心となって、これからどうつくばが回っていくのか。

文化が育っていく様を、リアルタイムで感じてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみにさっきメールしたら、オープンに間に合うかどうか分からないという悲鳴のような返答が!?

なのでちょっと落ち着いたくらいに行ってみるのをお勧めします!!!

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_7997

【ブランド】The Superior Labor(シュペリオールレイバー)

【アイテム】River Shorts

【価格】¥17,280-(税込)

【コメント】

先日ご紹介したnauのAqueous ShortsZEYBRAのSwim Shortsに続き、

街から海まで履けるパンツがシュペリオールレイバーからも届いています!

IMG_7998

海まで!とは言いましたが、商品名はリバーショーツなので、川遊び程度ってことですかね。

ガッツリ泳ぐのは難しいです。

むしろカヤックとかウォーターレジャーで使うには持って来いかも?

IMG_8004

なぜならこのようにお尻は生地が二重になっているし、さらに要所要所でトリプルステッチをかけてます。

さらに生地はコットン60%×ナイロン40%のロクヨンクロス!

ちょっと重たいですけど、濡れてもすぐに乾くし、カヤックなどでガシガシ使っても破れる心配がありません!

もちろんフェスにもオススメです!

IMG_7999

でっかいポケットがいいですね。

IMG_8000

ハトメは水が抜けるように。

IMG_8002

ポケットの中にも小さいポケットが付いています。こちらもちゃんとハトメ。

 

シュペリオールレイバーの岡山の工房の庭には、カヌーが置いてあります。

superior 107

たまに近くの川で乗ったりもするんだとか。

そういったライフスタイルから生まれたアイテムなので、やはり作りも本格的。

IMG_8005

インナーパンツも付いています。

もちろん苦手な方は切り取ってください。

なんなら切り取った方のパンツを履いてもらっても結構。スケスケのセクシーなパンツに早変わりです。

 

パッと見太そうに見えますが、

IMG_7818

意外と?カッコいいでしょ!?

この太ボーダーがいいね~

IMG_7816

夏はやっぱりそれだけで様になってくれるアイテムがあると良いですね。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

WORKERS(ワーカーズ)のShort Sleeve Work Shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「真珠記念日」だそうです。

dulandulan

決してデュランデュランのアルバムを楽しみにしていたわけではないのですが、

2015年の現代において、このジャケットは・・・・・・・

さすが80年代に活躍しただけに、時が止まったままのようです!すげ~センス!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_7980

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Short Sleeve Work Shirt

【価格】¥12,960-(税込)

【コメント】

diariesでは数少ない半袖シャツ。

それはなぜかと言いますと、基本的に半袖より長袖シャツの方がカッコいいものが多く、

また本格的な作りになればなるほど半袖も長袖も価格は変わらず、

そうなると夏しか着られないのはコスパが悪いと思ってしまいます。

なので個人的には長袖を袖まくりして着ていることが多いです。

当然、夏しか着られないからといって、クオリティを落とした安い物は売りたくないので。

別にセレクトしたいと思う物が無ければ、半袖シャツがラインナップに入らなくても構いません。

 

恐らくこの考え方は、一度アパレルを離れたからできるのかもしれません。

夏のラインナップには半袖シャツがないといけないという固定観念・一般常識からの脱却。

自分が納得いくものがなければ、無理してセレクトする必要はないんです。

だからこの手のアイテムには、本当に必要かそうでないか、いつもよりちょっとシビアに考えることになります。

 

そんな条件をクリアして届いたのがコチラ。

IMG_7981

ワーカーズです。

草木染のインドマドラス。

マドラスというのは、インドのマドラス地方です。

イギリスの植民地時代に作られるようになったので、イギリス伝統のタータンチェックと近いですが、

マドラスの特徴は柄というよりも色調。

草木染の淡く柔らかいコントラストを持ったチェック柄のことを言います。

夏によく合います。

 

さらにチンストラップや、

IMG_7985

厚くて大きいワーカーズがオリジナルで作った淡水貝のボタンなど、ディテールも素晴らしいのですが、

それだけでは「ちゃんと作った」という部分は満たせません。

 

決定的なのがここ。

IMG_7983

まあトリプルステッチですね。

IMG_7984

前身ごろと後ろ身頃もトリプルステッチで巻き縫いですね。ついでに空環(カラカン)と袋マチ。

IMG_7991

そしてまさかのバックヨークまでトリプルステッチ!?!?!?

 

これにはヤラレました~!

ここまでやる意味あんの?いやいやもう漢気でしょ!漢気シャツ!

洗いこめばそりゃもうパッカリングで土臭い雰囲気になってカッコいいのではないでしょうか!!!

ただトリプルステッチをかけただけではなく、経年変化後のことを考えて作られているんですね。

 

そういう部分では、前立て部分も要注目です。

IMG_7993

さすがに前立てまでトリプルステッチにするとコテコテ過ぎると思ったのでしょうか?

それでもこちらもパッカリングするようチェーンステッチをかけています。

またボタン裏の補強用の別布も機能的ですが、アクセントのようでもあり良い作りしてるのが一目で分かります。

 

着方はこんな感じで。

IMG_7994

Tank Top/GOOD ON (Tank top with pocket) ¥3,456-

Pants/STONE MASER (Stone Master Shorts) ¥11,880-

Shoes/Fernand Leather (Middle English) ¥45,360-

直球アメカジでシンプルにいかがでしょうか?

あと夏はね、タンクトップに薄手のシャツの方がTシャツ一枚より涼しい気がします。

肩回りに風が入ってくるので。

本当に死ぬほど暑い日は、こんな恰好の方が多いですね俺は。

 

今日もヤバい暑さでしたが、まだまだ気温が上がると思うと・・・

涼しいカッコしましょ~!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

a.b.k custom leather craft fairのDAVID & Leather Shoulder Bag

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「納豆の日」だそうです。

二番煎じ的な「ねば~る君」が思いのほか受け入れられててなんだかな~という感じ。

 

二番煎じっていうかパクリ?

ウチですら商品紹介文やブランドのパクリに困らされておりますが、

本当はもっと茨城県にはオリジナリティもあるし芯があるし、それに粘り強いです。

そんな折、「楽天トラベル 2015年ゴールデンウィーク国内旅行動向」にて、

茨城県がなんと2位に浮上したそうです!!!詳しくはコチラ→http://ikikuru.com/drive/ibaraki-gw-trip-2015/

ちょっと嬉しいかも。

でもここに上がってるスポットだけでなく、地元ならではの美味しいまたはオシャレなお店がもっとたくさんあるんだけどな~

diariesもその1つになれたらいいなと思う今日この頃。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_7970

【アイテム】DAVID

【価格】¥85,320-(税込)

【コメント】

お陰様でABKの問い合わせもチラホラいただいておりまして、

電話ではお答えしにくいので、本日もABKのご紹介となります。

本日は、「革」という部分に重点を置いてピックアップさせていただきました。

まずはこちらのDAVID。

IMG_7971

こちらはダブルリングではなく、大きめブラスリングがアクセントになったショルダータイプ。

そしてご覧いただきたいのが、この革の色です。

アンティークブラウンとでも言えばよろしいでしょうか?グレーも入ってるかな~?

例えるなら100年以上前に作られたアンティーク家具のような。

味が出たオーク材やマホガニーのような色合いです。

しかしもう言葉では言い表せません!

雰囲気が良いとか、重厚感があるとか、言えば言うほど言葉が安っぽくなっていきます。

 

でもたまたまアンティークぽくなっただけで、デザイナー本人は「アンティーク加工です!」とか

特別言ってないのがいいですね。

恐らくその革に合わせて、またはその時の気分で、この色になったんじゃないかな~と。

 

またこちらのDAVIDですが、数あるABKのバッグの中でもかなり使い勝手は良さそうです。

IMG_7973

ショルダーストラップだけでなく、ハンドルも付いてます。

どうしても使いやすさだけはという方にオススメです!

 

次!

IMG_7975

【アイテム】Leather Shoulder Bag

【価格】¥85,320-(税込)

【コメント】

こちらは先日ご紹介したBackpack leather bagと同じような形をしていますが、

IMG_7978

こちらはショルダーのみ。

 

しかし、その不便さを補ってあまりあるレザーの質感。

IMG_7976

やはり革好きですと、使い込んでどう経年変化するか気になるので、つい薄い方を選んでしまいますね。

特にABKのこのライトブラウンは人気です。

ちょっとオレンジがかっててかっこいいんですよ。重たすぎないのが良い。

 

そしてこのバッグは、シンプルなくせにアーティストぶりが炸裂してます!

IMG_7979

これはもう「敢えて」でしょ!?!?!?

天然革だからこういうキズがあるのは当然としても、

こんな表の一番目立つ部分に持ってくる理由は、全くもって見当たりません!

ホント性格悪いわ~アルヤ(デザイナー)さん!!!

このバッグは俺みたいな天邪鬼でX JAPANファンの方に持って欲しいですね~

 

ちなみに残るABKは、女性でも持てる小ぶりなトートが2点と、パースが2点です。

気になる方は、店頭またはインスタ・タンブラーでご覧ください。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

a.b.k custom leather craftのBackpack Shoulder&Canvas Leather Shoulder

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「質屋の日」だそうです。

 

最近はリサイクルショップと混同してしまいますが、

質屋って物を担保にお金を貸してくれるところなんですね。

是非ともギリシャさんに質屋さんを紹介したいところです。

ドラクマ復活なんて噂されてますが、個人的に復活してほしいイベントがあります。

それはDRAKUMA NIGHT(ドラクマナイト)!!!

DJ DRAGONとスタイリスト・熊谷隆志氏が1998年から1999年くらいに西麻布YELLOWでやってたイベント!

私が行ったことあるクラブイベントの中で、おそらくもっともオサレだったのではないでしょうか~?

当時私は大学生でしたが、たまたま友人が熊谷さんのアシスタントをしていたこともありチケット入手に成功!

ファッション関係の人たちだけでなく、いわゆる「ギョーカイ人」でいっぱいでしたね。

だってギロッポンですから~

一番嬉しかったのは、中田英寿に会えたことかな。フィジカルモンスター!

深夜の「香湯(かおたん)ラーメン」が沁みますね。

あの屋台感がいいんだよな~。最近のラーメン屋はどこもキレイ過ぎます!

小美玉時代の喜元門くらいがちょうどいい!

 

 

 

じゃ、同じようにちょっと汚れたくらいがちょうどいいアイテムのご紹介です。

ドウゾ!

IMG_7943

「a.b.k custom leather craft fair」 開催中!!!

突然のご紹介でスミマセン!実は6月末頃より、ABKレザーバッグフェアをやっております。

ファクトリーブランドトランクショーと被っちゃうんで、敢えて情報を載せておりませんでした。

しかし、店頭で気づく方やインスタを見て問い合わせなど、ただそこに存在するだけで好評でございます。

また特別「フェアをやろう」と思ったわけではないのですが、

メーカーさんのご協力の元、結局フェアのような状態になってしまいました。

 

ひとまず当店では、これを最後にABKのバッグの取り扱いを見送ることにしました。

理由は金額やデザインの問題など様々ですが、

決定的なのは、以前オーダーした商品が3年待った挙句キャンセルされてしまったこと。

作るのをキャンセルされるという、通常の仕事では考えられない事態でした。

まあインポートだし、ABKなんてもはやアーティストだしと、いつもの言い訳をするところですが、

今回はお客様にご迷惑をおかけしてしまったので、さすがにそれは無いなというわけで。。。

 

でもこのままフェードアウトも寂しいなと思いまして、

メーカーさんが持ってる在庫を全て送ってもらいました。

その数16点。

これだけの数のABKのバッグをご覧いただく機会はそうそうありません。

現時点では日本国内でもおそらくウチだけです。

 

まあそもそもABKのバッグなんて誰も知らないんですけどね~!!!

なんのニュースにもなりゃしません!

でも有名無名関係ないんです、物が良ければ。

むしろ無名な方が面白いというわけで、前置きが長くなりましたが、まずはブランド紹介からどうぞ。

IMG_7925

——————–

ベラルーシ出身の女性デザイナー・ALYA(アルヤ)により、
2006年にニューヨークのチャイナタウンの1画で立ち上げられた、ハンドメイドにこだわったレザーブランド。
故郷のベラルーシからニューヨークに移り住み約10年。
その間にシューメーカーやレザー工房(ユッタ・ニューマンと同じ工房)で修業を積みました。
デザインの特徴は、都会的でモダンなハイセンスさと、
シンプルでかわいらしく郷愁を漂わせるカントリースタイルを融合させたものです。
まるで彼女の生い立ちをそのままデザインに落とし込んだかのようなデザインです。

——————–

というブランドなのですが、ABKの方は、日本での知名度は雲泥の差がありそうです。

兄弟弟子(ユッタもアルヤも女性なので姉妹弟子か?)だから、レザーの使い方やモノづくりのクオリティはどちらも同じなんですがね。
また広まりにくいのには別な理由があったりします。
それを象徴するエピソードがありまして、
以前にABKのバッグに目を留めたデザイナーがいたそうなんですが、その人物はラルフローレン氏。
ぜひともRRLあたりで展開したいとのことで話が来たそうなんですが、なんとアルヤはそれを断ってしまったそう。
なぜなら、大手に納めるようになると品質管理が徹底できないから。
もう職人過ぎます!カッコいい!!!
しょうがないとも思うんですけどね。
革や生地の染めからアルヤ1人でやってるんで。
でも製品を手に取ってみると、それはもうすごいエネルギーの塊で、
他の誰にもマネできない、ABKにしかない魅力を持ったバッグなんです。

 

それではそんなバッグ達をピックアップしてご紹介してまいりたいと思います。

IMG_7921

【アイテム】Backpack Shoulder

【価格】¥85,320-(税込)

【コメント】

2年ぶりかな?このバッグが入ってくるの?

リュックとショルダーの2ウェイで使用できるレザーバッグです。

IMG_7923

レザーのリュックでシンプルでカッコイイのってすぐには思いつきません。

ジャケットやコートなどのスタイリングに合わせるバックパックはこういうのが良いと思います。

IMG_7941

サッチェルよりシンプルでいいですね。もちろん女性にも。ベレー帽と合わせれば鉄板です。

余計なデザインを一切そぎ落とした分、さらに革の表情が引き立っています。

IMG_7922

デザイナー・アルヤが1点1点手染めした革は、アンティークと見まがうほど味のある雰囲気です。

また圧倒的な厚みも素晴らしい。

銃弾すら防げるんじゃないかと思うほど。防災グッズにもなりそうです。

いやホントに、革っていうか板って呼びたい。

IMG_7924

そしてABKに多用されるダブルリング。

ハードなアイテムなのに、デザイナーが女性ということもあり、繊細さとのバランスが非常に上手く取れています。

俺ってそういうの好きね。インディアンジュエリーもそうだし。

ABKのバッグにパットベドニーやジェニファーカーティスのジュエリーは合いそうだわ。

 

そうそう、ABKをご存じない方に見てもらうと、よく「使いにくそう」と言われます。

申し訳ございませんが、決して使いやすいバッグではありません。

機能を求めるのならば、日本のメーカーの物以外ありえないと思います。

日本人はものすごくちゃんと考えてお客様のために物を作るし、とても機能的で優れたデザインを生み出します。
しかしお客様に合わせるということは、同質化は免れないんです。
物が完成形に近づくことは収斂進化(しゅうれんしんか)とも呼ぶべき現象で、大変素晴らしいことなのですが、
さらにその先を見てみたいというか、突然変異体に驚いてみたい、もっと世界を知りたいと思うと、
このABKのようなブランドをセレクトしてしまうんですね。
もちろん、ただ変わっている物だからセレクトしたわけではございません。
ただ変わっているだけのものに、この値段は払えません。
私がこのバッグに惚れ込んだのは、素材や縫製などではなく、その物自体が纏う雰囲気。
納期も守らないし使いにくいし高いけど、手にした瞬間そんなネガティブな考えが全て吹き飛んでしまうんです。
作品に呑まれるんですよ。

 

 

そして本日はもう1点ご紹介。ABKのもう一つの魅力。

IMG_7928

【アイテム】Canvas Leather Shoulder

【価格】¥85,320-(税込)

【コメント】

アルヤが作るのはレザーだけでなくキャンバスもすごい。

IMG_7940

恐らく何度も何度も染めと洗いを繰り返しワックスをしみこませた生地。

どれくらいコストがかかっているかというと、ABKはオールレザーでもキャンバスでも値段が変わらないんです。

誰だって同じ値段だったらオールレザーを買いそうなものですが、

私はキャンバスとレザーのコンビの物を選びました。

これを使っていったらどうなるか。その知的好奇心に負けましたね。

今や私のは汚れが付着するだけでなく、テンダーのWOADが移染して大変なことになっています。

その大変さがこれまた楽しいんですけどね!ドMファッション!!!

 

これまたこのバッグはただもんじゃないです。

IMG_7932

縦長のショルダーのくせに、サイズは縦50㎝、横36㎝、幅7㎝!デカすぎる!

でもこの不自然なほど大きいバッグを、小柄な女性が背負ってるというミスマッチがカッコいいと思います!

IMG_7942

いや~でもなんでこのサイズこそ2ウェイにしなかっただろうと思いますけどね~!?

でもそんなこと本人に言ったら怒られるんだろうな。。。

そしてこちらもストラップはダブルリングで調節します。理論上、ミクロ単位での調節が可能!w

IMG_7935

フラップはポチッとな。

IMG_7930

底が抜けないような構造になっていますが、

IMG_7931

なぜ出っ張らせたのかは分かりません。たまごっちみたい。

それにしても、やっぱりハンドステッチって好きです。温もりがありますよね。

IMG_7939

ここなんか、ハンドでさらに千鳥ステッチ!ホントこだわってるなぁ~。

さんざん使いにくいとディスってますが、内ポケも付いてたりとそれなりに作られているので、

俺の大げさな説明を真に受けないように!

IMG_7938

 

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

 

The Superior Labor(シュペリオールレイバー)のFine-Draw Bangle

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「カルピスの日」だそうです。

本日はじんわり二日酔い

カルピスって二日酔いに効きそうな気がする~~~!

楽しい酒は飲みすぎます

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_7910

【ブランド】The Superior Labor(シュペリオールレイバー)

【アイテム】Fine-Draw Bangle

【価格】¥4,104-(税込)

【コメント】

シュペリオールレイバーから定番のバングルが届きました。

真鍮というのはいつでも私たちの心を鷲掴みにしますね。

英語ではPoor gold(=貧しい人の黄金)なんて呼び名もあるそうですが、

ゴールドビカビカのアクセサリーの方がむしろ付けづらいです。

真鍮のこの鈍い輝きこそ、diariesで扱う服には合いますね。

さらには使い込んだ後のアンティーク感も。

 

そして今まで色んな太さの真鍮バングルが入荷してきましたが、

この一番細いタイプが一番支持されてます。

さりげなさがいいのかな~

むしろあまりアクセサリーを身に着けない方が買っていかれる気がします。

「付けてみたいけど自分には・・・」

と考える人こそ付けてみてほしいですね。

アクセサリーの入門として最適だと思います。

IMG_7918

それにしても真鍮のアクセサリーを大分見かけるようになりました。

だからこそウチの店はあっちこっち試したりせず、ずっと前からやってるシュペリオールレイバーをお勧めしたいです。

余計な装飾はいりません。あるのはこの分かりにくいTSLのロゴだけ。

 

サイズはフリーサイズなので、女性のお客様にもオススメですよ~

IMG_7920

プレゼントにも!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。