BLOG

Fileuse d’Arbor(フィルーズダルボー)のBrest

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「服の日」だそうです。

何の取柄もなく、吃音症にコンプレックスを持ち、自信が持てず自分の殻に籠っていた僕は、

中学の時に洋服に目覚め、洋服が好きで、洋服屋さんも好きで、

ついには自分の店を持ったものの、それでも洋服も洋服屋も好きで、

世界中のお店を見てみたいという思い、僕はずんずんずんずんと店を回ります。

お気に入りの洋服を買うことができたのと、これだ!と思う店に出会えたことは、同じくらい嬉しいことだと感じるんです。

 

だからいくらネットで便利に買えようが、お店周りは止められないんだよなぁ~~~~~!!!

 

 

そして食べるのもやめられないんだよなーーーーー!!!!!

というわけで、ピサからフィレンツェに戻り2日目のディナー。

ここから本気出します=美味いもの食います。

本日は、フィレンツェのドゥオモから1本入った路地にあるエノテカレストラン(ワイン食堂)coquinarius(コキナリウス)へ。

こちらは、つくばに新しくオープンしたイタリアン「Gigi」のN田さんがチェックしてたお店。

食べたのは、こちらの3品。

まずはこれから。アンティパスト(前菜)に黒キャベツのリボリータ。

野菜たっぷりで体もポカポカ。疲れて冷えた体に染みわたります!

 

で次にプリモピアットで牛肉のタルタル。

もはやユッケが食べられない日本ですが、イタリアではもう大人の手のこぶしくらいの生肉が食えちゃいます!!!

そして驚いたのが、付け合わせの野菜。

これ、生のアーティチョーク。アーティチョークって生でも食えんだ!?しらなかったー!

青臭さもなく歯ごたえもあって食が進みます!

ちなみにアーティチョークは、マーケットでもこんな感じで売られてました。

それだけ身近な食材なんですかね?

 

そしてワイン食堂なので、タルタルに合わせるワインはこれ。

ランゲネッビオーロ。

 

次にセコンドピアットって感じで。

イノシシ肉のラグー・タリアテッレでパスタ。

 

で、こちらに合わせるワインが、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2016だったのですが、

なぜか持ってきたのはこちらのワイン。

同じブルネロさんでも2012年のもの。

サービスだと言いつつ注いでくれた2012年物は、近年で最も品質が良かった年らしいです。

 

いやいや、サービスとか言いつつどうせ後でレシート見たら、きっちり請求されてるんでしょ?

と、思ったらマジでサービスでした!!!!!

 

なんでかって?

それは、俺のワインのセレクトが良かったからだって!

だからもっと美味しいワインを飲ませたかったみたい!

すごい!俺!

意識高い系ワイン好きでございます!!!

と、これだけ書くと、マジで痛いヤツですね!

 

実はこのメニューの頼み方は、知ってる単語だけを拾って注文しただけでした。

それこそ、つくばのLa StallaやGigiやフィンラガンや葡萄酒蔵ゆはらのサイトなどで知ったやつ。

私は決してワインなどには詳しくなくて、それでも何回か飲んでりゃ好みの銘柄くらいは覚えてて、

それでなんとな~く、これは軽い方だからタルタルで、これは重い方だからミートソースに合うかな~って?

 

なので、折角イタリアまで来たのに、つくばでも食べたメニューを頼むというただの保守的な人間で、何の冒険にもなってなかったりします。

 

ですが、La StallaやGigiやフィンラガンや葡萄酒蔵ゆはらのおかげで、

フィレンツェの地元民にも食通だと勘違いされ、幸運にも美味しいワインを飲むことができました。

 

だからね、つくば近辺にいる人は、是非ともこれらのお店に行ってほしいんです。

ブログではいつも美味しいもの食べてるように思われてますが、

実はスタッラだって片手で数えるくらいしか言ってないし、Gigiだって1回だけだし、

実はそんなに行けてません。

それでも1,2回行けば、恐らく必ず忘れられない料理に出会うことが出来るんです。

そして私みたいに、本場イタリアで知ったかぶりもできるんです!!!!!小さぇ!俺!

 

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Fileuse d’Arbor(フィルーズダルボー)

【アイテム】Brest

【価格】¥14,904-(税込)

【コメント】

今季も届いておりますよー!

取扱より1年半が経ち、だんだんdiariesの定番になりつつあるボーダーカットソーまたの名をバスクシャツ。

そしてついに!昨年お買い上げいただいて2着目も買ってくれたお客様もいらっしゃって、本当に嬉しいです!

思えばGlaconも定着するまで時間がかかったもんなぁ~。

まあこちらも腰を据えてじっくり取り扱っていきたいと思います。

なので茨城のみなさんもお早目にお願いしますよ!!!

 

 

では詳しく見ていきましょう。

 

久々の紹介なので、まずはブランド紹介から。


Fileuse d’Arvor(フィルーズダルボー)は、1927年にフランス北西部ブルターニュ地方の大西洋を望む港町

Quimper(カンペール)にて、Pierre BrestとMarie Brestにより設立されました。

およそ一世紀に渡り、Fileuse d’Arvor社は地元に根付いた経営を続け、今でもMade in Franceにこだわり続けています。

創業当初より幅広くマリンウェアを展開しており、中でもボートネックのマリンセーター「マリニエール(=バスクシャツ)」は、

同ブランドを象徴するアイテムです。

Cut&Sawn(丸編み)のバスクシャツは本場フランスでも様々なメーカーで展開されていますが、

「バスクシャツ」の名称は、その発祥の地であるスペイン・バスク地方手編みニットセーターが元となっている説があります。

そしてFileuse d’Arvorのコットンマリニエールは、ニットの手法を用い作られており、

よりオリジナルのバスクシャツに近いアイテムと言えるでしょう。

またマリニエールという名称は、フランスではブルトンシャツ(=ブルターニュ地方のマリンシャツ)と呼ばれることも多く、

ブルターニュ地区最古のマリニエールサプライヤーであるFileuse d’Arvorは、

フレンチマリンウェアのルーツを語る上で最重要ブランドの一つと言えます。

上質なコットンをたっぷりと使用し、丁寧に編み上げられたFileuse d’Arvorのマリニエールは、

丸編み機では再現できないニット特有の質感と優しい肌触りと耐久性を備えています。

中でも、Fileuse d’Arvorの製品の特長である、伸び止めと補強のために2重に縫製されたショルダーは

同社のオリジナルとして商標登録されており、他のメーカーではマネができない普遍的な縫製仕様となっています。

海外に生産拠点を移すブランドが多い中、実直にMade in Franceを守り続け、

フランス海軍のオフィシャルサプライヤーとしても活躍していた実績などもある

歴史と確かな技術に裏付けされたフレンチマリンワークブランドです。

裾口に付くワッペンは、海軍のユニフォームを支給していたフランス海軍の空母、

JEANNE D’ARC(ジャンヌダルク)号の旗章であり、オフィシャルサプライヤーとして正式に使用を受諾されています。


というブランド。

ブランド説明が長ければ長いほど興奮するという、本当にどうしようもない性癖性格です。

長文フェチ。

 

ドキドキするブランドに出会った時は、もうアドレナリン出まくりですが、

さすがに肝心の服を作りを気にしないとまずいので、見ていきましょうかね。

 

まずフィル―ズダルボーを知るために、最初に手に取ってほしいのがこのモデル。

創業者一族の名を冠した「BREST」。

ブランド説明にもあった通り、カットソーではなくニットなんです。ニットソーといったところ。

裾口もご覧になると分かるのですが、こちらは縫い代を取ってないんです。

なんていうか、まあ実際に見てもらえれば分かります。

裾口もリンキングしただけになっています。

だから着心地は、みなさんが「バスクシャツ」と呼ぶあの硬くてザラザラした生地とは正反対で、

しっとりサラサラでストレッチ性にも富み、非常に着心地が良いのです!

なので非常になじみがいいのがこのカットソーの特長。

 

次はボーダーカットソーの肝といっても過言ではないネック周り。

ネックのヘム幅(折り返しの縫い代)が湾曲しているので、クラシックさを感じます。

ボートネックの語源て、ネックがボートの形って言われているけど、

もしかしたらこのネックのステッチの形あればこそだったりして!?!?!?

 

さらに!ブランド説明でも気になる「商標登録された縫製仕様」が肩の部分。

前身頃と後身頃を重ねて生地をこの部分だけ2重にして縫製してるんです。

たったそれだけのことなんですけど、それを何十年も前からやり続けてたことに価値があるんだと思います。

「商標登録された縫製仕様」が、まさにこの部分なんです!

 

そしてボーダー柄は「肩抜き」。

いつからそう言われてたのかは知りません。肩の部分だけボーダーが無いから肩抜きなんです。

ま、ピカソが着てたってことで人気ですよね。

そして次に語れるウンチクがこちらのディテール。

これがなんと戦艦ジャンヌダルク号の旗章で、しかもオフィシャルで使用を許されています!

またジャンヌダルクって名前がズルい!

調べてみたら本当にありました!当たり前ですけど!

 

戦艦ジャンヌダルク発進!

カッコイーーー!

そして紋章もありました!

ホントだ!一緒だ!(ヘリコプターって書いてある気がするけど。まあいっか。)

 

とまあこのようにウンチク満載ですが、

その背景もさることながら個人的に見た目で好きな部分はこんなところだったりします。

最近のブランドは、シンプルでオシャレなタグが多いなか、

こういう絵画的な刺繍をほどこした気合を感じるブランドタグってだけで評価!

ケニントンのおっさんのタグとかも大好きです!!!

 

というわけで着てみました。

かなり着やせします!www

いや、それよりもフィット感がすさまじく良いんです!

ちなみに178㎝・85㎏の俺でLが着られます。

が、最初は小さいです。

それなのに、着れば着るほど生地が体に合わせて伸びていきます。

生地は伸びるくせに、ネックや袖口などは締まったまま。不思議な着心地なんです。

本当に不思議。

なのでサイズは小さ目に選んでいただくことをオススメします。

Jacket/WORKERS (Creole jacket) ¥32,400-

Pants/WORKERS (Lot.802 Jeans) ¥19,440-

Shoes/SANDERS (Oxford shoes) ¥52,120-

 

シーズン立ち上がりだし、超ベーシックなこんなスタイリングから始めたくなりますね~!

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Martin Faizey(マーティンフェイジー)の1.25 inch Quick Release Buckle Belt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ブログの日」だそうです。

このブログも早や9年目でございます。

人生で最も打ち込んだものは、PCのキーボードになりそうです。

そう考えると、俺ってなんのために生きてんのかなって思いますね。

 

というわけで、本日はピサの斜塔から(世界の車窓から的な感じで。)

フィレンツェからちょっと足を伸ばして、あの有名なピサの斜塔へ。

ここでは色んなものが傾くみたいです。

あ、ちゃんとピサでも仕事してきましたのでご安心ください!次につながるといいな?

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Martin Faizey(マーティンフェイジー)

【アイテム】1.25 inch Quick Release Buckle Belt

【価格】¥19,440-(税込)

【コメント】

今季も届きました。マーティンフェイジーのクリックリリースバックルベルト。略してQRBB(とは誰も言いません。)

こちらもdiariesがオープン以来からずっと取り扱っているアイテム。定番すぎる定番アイテムでございます。

ベーシック、スタンダード、オーセンティック、トラディショナル、、、そんな言葉が思い浮かびそうなdiariesのセレクトですが、

その中でもオープン時からずっと取り扱っているブランドは、今ではYarmoとこのMartin Faizeyだけとなってしまいました。

INDIVIDUALIZED SHIRTやJames Mortimerですら2年目からでしたし。

 

我々零細企業は、自然界で例えるなら小動物のようなもので、

生き残るために最も必要な能力は、強さよりも変化対応能力だったりします。

なので自分自身が絶えず変化し続けないといけません。

 

生き残るためには、変わり続けないといけません。

が、その中にありながらも変わらないものがあるって、なんかいいよね。

 

というわけで、前置きが長くなってしまい申し訳ございません。

イギリスの生粋のベルト職人・マーティンフェイジーさんの名を冠したブランド。

ご存じない方のために、まずはブランド紹介からどうぞ。


Martin Faizeyは、イギリス人の革職人。自らの名を冠したブランドは2011年秋冬から始まりました。

革職人として40年近いキャリアを持つ彼の代表的な作品が、

ヴィクトリア朝時代の消防隊員が使用していたバックルをデザインソースに使った「Quick Release Buckle Belt」。

クイックリリース=読んで字のごとく「素早く取り外し」できるベルト。

マーティン氏が「DAINES & HATHAWAY」(デインズ&ハザウェイ社)と共同制作し、世に送り出しました。

現在は、Martin氏がQuick Release Beltの全てを管理し、

英国ウォチェスター州の工房で、数名のスタッフと共に、オールハンドメイドにて制作しています。


というブランドなのですが、紹介文の中にもあるQuick Release Buckleをまずは知っておいてほしいですね。

ちなみに別名ファイヤーマンバックルベルト(Fireman Buckle Belt)とも呼ばれています。

これがそれ。

ブランド説明にもある通り、もともとはヴィクトリア朝時代(1837~1901年)の消防隊員が使う備品の1つとのこと。

恐らく消防用ホースか何かの消防道具をまとめるために使われていたそうで、

普段はガッチリとホールドしつつも、緊急時には簡単に外せるようになっているのでしょう。

それをベルトに初めて応用したのがMartin氏だったというわけです。

何か緊急でベルトを外さないといけない時でもあったのでしょうか?(俺もよくお腹痛くなるし!)

 

ちなみにQuick Release(=すぐに外せる)とはどういうことかというと、

ここを親指でカチャっと押すんですよ。

するとワンタッチでパーン!とベルトが外れます!

もうね、一瞬で解放されるんですよ!腹が!写真も思わずブレてますでしょ?お腹が上下してる瞬間でございます!!!

最初はすぐには外れませんが、革が馴染んでくると簡単に外れます。

もちろんちゃんとサイズが合っていれば、ベルト着用中に勝手に外れるということはないので、ご安心くださいね!

 

これがつまりクイックリリースというわけです。

 

そしてここで重要なお知らせがございます!!!

取り扱い9年目にして、当店ではちょいとマイナーチェンジを行いましたよ!!!!!

それは色展開!

ブラック×ピューターの組み合わせは継続してますが、ブラウンに変化が!?

今季はブラウンのベルトにも、ピューターのバックルを選びました!

これまでずっとブラウン×ブラスの組み合わせできたのですが、ゴールドはちょっと・・・という声をよく耳にするようになったりしたので。

確かに当店でも、ビジネスからカジュアルまでOKです!と謳っているので、

ビジネスシーンでゴールドのものを身に着けるというのは、抵抗があるのかもしれませんね。

後にも書きますが、私がブラスのままビジネスシーンでも使っていたので大丈夫だと思っていたのですが、

マーティンフェイジーのベルトは、そのギミックのために他のベルトよりちょっとだけ存在感があるので、

ゴールドカラーだと余計気になってしまうのでしょう。

なのでブラックだけでなく、せっかくブラウンも身に着けたいのに、バックルのせいで付けられないのはもったいないと思い、

今回ブラウン×ピューターの組み合わせでオーダーさせていただきました。

実は7年前にも、お客様からの要望で1点だけ取り寄せたことがございますが、

改めて見るとこれはこれで渋くてカッコイイですね~!

実はもうどこのブランドでもこれと同じデザインのバックルを使ったベルトをリリースしてますし、

マーティンフェイジーより安いベルトも高いベルトもあります。

しかし私としては、このバックルを最初にデザインしたマーティンのクリエイティブに敬意を表す意味で、

このMartin Faizeyのベルトをセレクトし続けています。

 

どうせ使うなら最初に作った人のものを、という理由だけではありません。

私も様々な展示会でたくさんのベルトを見ますが、Martin Faizeyのベルトには、

オリジネーターの意地というかプライドというか、

そういった「気持ち」がベルトを通して伝わってくるような、そんな気がするのです。

 

シンプルなデザインながら最小限のギミックが施されており、尚且つ機能的。

 

またいくら良い洋服を着ていても、靴は当然として小物まで気を配れているかどうかで、

その人の人と成りがある程度は分かってしまいます。

そういう意味でも、やたら派手なベルトで自己顕示欲をアピールするわけでもなく、

(俺もとりあえずHTCのスタッズベルト付けてた時もあったな・・・)

どうせ見えないからといって、適当に選んだ物を付けるわけでもなく、

非常にバランスが良いのがこのベルトなんです。

 

どれくらいバランスが良いかというと、私はサラリーマン時代にはスーツにも合わせてました。

スーツにこれはドレスコードとしてはNGかもしれません。

が、結局殆どの方はそこまでファッションに詳しくないため、ベルトのバックルまで気が付かないんですよ。

だからこそ、常識の範囲内でどこまでファッションでビジネススーツを遊べるかな~てのが楽しみでもありました。

ちなみにウォレットチェーン付けて営業言ったら怒られたな~www

 

逆に私は営業の方などが来たら、頭のてっぺんからつま先まで見て、まずは外見に気を使ってるかどうか判断しますけどね。

メラビアンの法則が表すように、私もサラリーマン時代から服装には気を付けてましたが、

仕事ができる人は見た目も気を付けていると思っています。

あ、私が仕事ができるという意味ではないです。仕事ができる人のフリをするのは上手いですが。仕事なんて大体そんなもんすよ!www

 

と、ちょっと話は逸れてしまいましたが、販売員時代も含めかれこれ15年ほど使用した同じ物がコチラ。

ブラスのバックルも思い切り味が出ています。

そして、思い切りレザーがひび割れています。。。

すいません。全く手入れを怠りました。

だって10年くらい何もしなくても全然ヘタらないんですもん。

それくらい上質なブライドルレザーを使っていることが分かります。

今度はちゃんと使いたいと思います。

 

また経年変化という部分ではコチラ。

元々は直線だったのが、体に合わせてグググッと曲がってくるんです。

いや~こんなに曲がったか~というのも、体重も15年で15kgは増えてますからね。

15年連続増収増益おめでとう俺。純増です。

 

ぶっちゃけこのベルトの黒と茶を持っていれば、他にベルトはいらないくらい。

最近はディフュージョンラインのM.F.Saddleryの方が人気ありますが、

できればファーストコレクションのクイックリリースも付けてみてほしいです。

このアイテムからMartin Faizeyさんの歴史が始まったんですから。

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

WORKERS(ワーカーズ)のHooded Moto Coat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「笑顔の日」だそうです。

個人的な話ですが、昔から「すべてはお客様の笑顔のために」という標語をかかげてるお店や会社が苦手です。

「お客様は神様です」に感じる違和感と似てますかね。

いや、もちろんお客様を軽視するわけではありませんよ!

むしろこのお店でお客様に喜んでもらいたいなら、まずは自分がいないといけないと思ってるので。

なので、diariesは「すべてはまず自分のために!(結果お客様のためになればいいかな・・・)」ってとこですかね?www

(結果お客様のためになればいいかな・・・)がポイントです!逃げ道です!

煮え切らない標語ですね!却下!

 

 

というわけで、今日も楽しくイタリアからお送りします!

昨日はトマトソースのカビでホテルの品格が問われるところでしたが、

総合的にはまた泊まってもいいなと思えるホテルではあります!

その理由はコレ!

ホテルに着いた瞬間「うぉぉ!」となりましたよ!

木製のエレベーターでございます!使い込まれた木と鉄の組み合わせがGOOD!!!

怖い!でも楽しい!毎日このエレベーターに乗ることで、よし出発だ!という気分になりましたね~。

乗り降りする途中に、他の階の人がボタン押したら勝手に動いちゃうのかな?挟まれたりするのかな?

とか色々考えましたが、扉が開いている間はちゃんと動かないようになってました。

怖いので実験してみました。

逆に、他の階の人がドアを閉め忘れてエレベーターが来ない時はムカつきますけどね。

会談で上まで登ってドア閉めて、下に降りてエレベーター呼んで、また上に上がっていった時は、

あれ?俺何やってんだっけ?と思うと同時に、ただエレベーターに乗りたいだけの自分がいて恥ずかしくもあり。

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Hooded Moto Coat

【価格】¥46,440-(税込)

【コメント】

ワーカーズの今季の大作でございます!!!

diariesでは、あまりスプリングコート的なものはセレクトしません。

車社会なので基本的にはショート丈が人気なのと、春が短いので。

なので、このコートを展示会で見た時は、思わずデザイナーのT野さんに

「この服、秋冬まで待てなかったんですか?」と反射的に聞いてしまいました。

 

が、作り手からしても、思い立ったら作らずにはいられないくらいテンションが高い服であることでしょう。

そして出来上がってしまったからには、私も仕入れないわけにはいかなくなってしまうんです。

男ってのはそういうもんなんです。(何が?)

 

まあ見た瞬間にセレクトを決めた服の1つではありますが、ちゃんとした理由もあるんです。

実はこのコート、ヴィンテージ業界では「モーターサイクルコート」と呼ばれミリタリーウェアのジャンルに入ります。

名前のまま、バイク部隊が着るコート。人気のイギリス軍をはじめ、各国が似たようなのを作ってました。

 

私も買い付け時に見つけないこともないですが、レアなので高いし、

昔のゴム引き素材なのでアホみたいに重いし、アウターなので当然デカいしで、

持って帰る手間を考えたら仕入れる気になりません。

以前買い付けてきた、British Railwaysのマッキントッシュがギリギリですね。やっぱり売れないけど!

ちなみに今回も、こんなの見つけてたんですけどね。

これは確かスウェーデン軍のモーターサイクルジャケット。コットンは昨年見つけましたが、レザーは初見でした。

まあこれもアホみたいに重いし、当然高いし、記念に試着だけさせてもらいましたよ!www

それこそ俺がデザイナーだったらサンプルとして買ってますけどね~。

 

と、少々話はそれてしまいましたが、着たくても着られない、買いたくても買えない、

色んな理由で手に入れられない服や物というのは、世の中にたくさんあるんです。

 

 

それを踏まえた上で、実はようやくWorkersの価値に気が付くことができます。

ワーカーズっていうのは、本当に着たい服を提供してくれるんです。

さらに僕らのような、それなりに服を見てきた者でも納得することが出来る服であり、

服の初心者から玄人まで、すべてを満足させることが出来る服を作っているのがワーカーズなんです。

全てはお客様のために・・・(コラッ!)

 

そんな「着たくても着られない服を着られるようにしてくれた服」の1つが、今回のコート。

 

まず気になるのは、大きな胸のポケット。

 

これがカッコいいんですよ!

もともとはおそらくマップポケット。地図をしまうためのポケットです。

紙の地図を見てた頃は、地図を小さくたたむと折り目が擦り切れてしまい、その部分の道が消えてしまいます。

それは命に係わること。

なので、地図のためにここまでのポケットを用意する必要がありました。

 

次に素材。

先ほど、ヴィンテージでは昔のゴム引き素材と書きましたが、このワーカーズのコートではベンタイルを使用しています。

元ネタのヴィンテージもイギリス軍ですが、ベンタイルもイギリス生まれということを考えると、

架空のミリタリーウェアが出来上がったようでテンション上がりますねー!!!

 

そして取り付けたフードは、ワーカーズのオリジナルディテール。

襟とセットで立体的に作られたフードは、横からみてもカッコいいんです。

フードのドローコードも、肉厚のレザーのアジャスターと、紐の先のメタルパーツから、

「こりゃコストかかってるわ~」てのが伝わってきますよ!

 

細かいパーツという部分では、ベルトのバックルもヤバいです。

このグラデーションがかったレザーのバックルが雰囲気ありすぎなんです!

レプリカともなれば、胸のポケットのデザインのみで満足しちゃうところを、

立体的なフードやバックルなどのパーツ類もこだわることで、全体のバランスまたは洋服としてのクオリティが上手くまとまるような気がします。

 

さらに細かいところでいうと、

このベルトループを抑えるディテールも素晴らしいですね~!

普通はこういうところから削っていくんですよ!

 

もはや着心地がいいのは当たり前と思っちゃいますね。

袖の立体感とか素晴らしいです。裏地はついてないのですが、スーツの上からでもOKですよ!

 

また着脱のしやすさにもこだわりが。

ドットボタンを使用しているので、ボタンを付ける時にグッと押さないといけないでしょ?

でも、身頃に1枚生地を当てることで、ボタンをつまむようにパチッと付けることが可能となりました。

自分で書いてても意味が分かりませんので、気になる方は店頭でご覧ください。店頭でご覧になれない方は、早く買ってください!w

 

またボタンを外す時も、身頃の生地に負荷がかからないので良さそうです!

 

こんなところですかね。

というわけで着てみました。

靴のSchnieder Boots以外、全てワーカーズになってしまいました~。

 

そしてさらに特筆すべきは右手の部分。

よく見ると、フラップ付ポケットに手を入れているわけではありません。

 

実はコートの横の縫製にそって、ポケットではなくスリットが設けられていて、

コートを着ながらにしてパンツのポケットから物を取り出すことができるようになってます。

控えめに言ってスグレモノですね!!!!!

 

今年は寒いから、スプリングコートが必要かもね~~~~~

 

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

William Lennon(ウイリアムレノン)のHill Shoes

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「西の日」だそうです。

今日のラッキー方角は西ですね!

 

というわけで、こちらは日本から遥か西にあるイタリア・フィレンツェの朝食です。

ま、安ホテルなのでこんなもんですね。ホームメイドらしきケーキくらい。

でもテンション上がったのがこれでした!!!

セルフサーブオムレツ!自動オムレツ焼き機です!!!

これ絶対ボタン押したくなるでしょ!?

もちろん押します。

卵っていうより、生地的な材料がウニョ~~~ンと出てきます!

モリモリっと!ちょっと多いと思っても、当然止めることはできません!

そしてベルトコンベアで運ばれ平らに均される俺のオムレツ!

おおーーー!出てきた出てきた!しっかり焦げ目も付いて美味そう!

フワトロのオムレツっていうよりは、伊達巻って感じでした!ぶっちゃけ味の無い伊達巻です!まずい!

 

なので、やっぱりオムレツにはケチャップが必要だよねってことで、調味料コーナーを探すのですが、

無い。ケチャップが無い。甘いのしかない。

しかしそこはさすがイタリア!このトマトが目印なんでしょう!

本場はケチャップソースではなく、トマトソースなんだろね!!!

カビ生えてた!!!!!

イタリアの洗礼にボンジョルノ!

マジで危ないとこだったわ!本場だから、カビさせて食べてんのかと思っちゃったよ!

ちなみにこのトマトソースですが、4泊した内、最後の朝食時に新しいのになってました!

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】William Lennon(ウイリアムレノン)

【アイテム】Hill Shoes

【価格】¥63,720-(税込)

【コメント】

いきなり届きました!!!

1年半ぶりの入荷になります!

本当は昨年の秋に届く予定だったのですが、大幅に遅れてしまいめでたく2018年春物としての入荷になりましたよー!

それはそれでOK!

 

1年半前に取り扱いを再開した時は、実に約4年ぶりの入荷となりました。ウイリアムレノン。

取扱いを始めた当時は(今も?)全くの無名でしてね。お客様に魅力を伝えるのに本当に苦労しました。

その後、テンダーの方で(恐らく)ウイリアムレノン製のブーツを展開し始めたこともあり、

ウイリアムレノンからはセレクトしなくなってしまいました。

しかし、テンダーが靴をコレクションに加えないことから、さあどうすべきかという想いがずっとありました。

 

じゃあ別注で作るしかないかな。

でもその頃には、あまり日本では広まらなかったウイリアムレノンは仕入れるのが難しくなってしまい、

そしてちょうどその頃、たまたまQuilpのデザイナーさんに出会えたこともあり、

これは何かの縁と思いQuilpの取り扱いを始めました。

 

で、実は昔からオールヌメ革でトリッカーズを作りたいと思っていたのですが、(テンダーのパクリではなく!)

こちらはタイミングの悪いことに、現在はトリッカーズではヌメ革のアッパーはオーダーできないとのこと。

まあでも、それで今年のdiaries別注のQuilpがあのデザインで作れたのは良かったと思います。

 

でも、まだどこかにヌメ革だけで革靴を作りたいという欲求があって、

さらにウイリアムレノンがHPを変えたり納期をちゃんと守ったりと頑張りだしてきてるのを見て、

やっぱりこういうブランドは残すべきだよな~と思い、イチかバチかで別注をかけてみました。

 

そして届いたのがこちらの靴です。

「テンダーの靴をパクったんでしょ?」と言われたらそれはそれでOK!

むしろ、テンダーファンが作ったテンダーファンのための靴と考えてもらえれば面白いかな~。

 

 

では、まずはブランド紹介からどうぞ。


William Lennonは、1899年に設立された老舗のブーツメーカーで4代に渡り続いています。

イギリス中部のピークディストリクトと呼ばれる丘陵地の村にあります。

創業当時盛んだった採石業に従事し、石切場で働く労働者のために高品質なブーツを作り始めたのがきっかけ。

大戦時には、ブリティッシュアーミーへワークブーツを供給していました。

1904年以来、「Ruff-Lander」ブランドと「A L White」ブランドの靴は、

マンチェスター郊外の「ピークディストリクト」にある工場で、現在でも作られています。

 

また特徴的なのは、その製法にあります。

底付けを行った後、British United Shoe Machinery社が1905年に製造した

「ラピッドスクリューマシン」と呼ばれる機械で、真鍮製のスタッズを靴底に打ち込みます。

現在、その機械は世界で4台しか存在せず、その内の2台をウイリアムレノン社が所有しており、大変貴重なシューメーカーとなっています。

さらに同社のブーツはインソールとアウトソールの間にアッパーを挟み込んで縫いあげた後、

ソールに真鍮のネイルを打つネイルダウン製法。防水性と耐久性に非常に優れています。


と、ゆうに100年を越える老舗靴メーカー。

 

また、このブランド説明は4年前に自分が書いたやつを手直ししましたが、

Ruff-Landerは残してAL Whiteってラインは辞めちゃったのかも?

恐らく、世界的なクラフツマンシップの見直しとともに、ウイリアムレノンも注目を集めだし、

最も昔ながらの作りを残すRuff-Landerラインに集約したのかもしれません。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

まずは別注ポイント。

先ほども書いたように、皮は全てNatural(ヌメ革)で指定しました。

そして外羽根部分にブラスのリベット留め、アイレットもブラスにしたのはテンダーのパクリです!!!

で、一応ストレートチップてのが・・・あまり・・・ないかなぁ・・・カッコいいと思うんだけどなあ・・・

いやでも本当にね!ウイリアムレノンのキャップトゥのストレートチップってかなり少ないんです!

そしてなぜこれをやりたかったかっていうと、

一昨年の初めにイギリスで買い付けてきた1940年代の革靴なんですが、

このミリタリー感あふれるラストにストレートチップでオックスフォード(短靴)というバランスが忘れられなくてですね、

どうしてもこれをやりたかったんです。

テンダーとヴィンテージをミックスしてやっちゃいました~!って結局パクリです!いやマッシュアップと呼ぼう!

 

あ、でもこのヴィンテージにはないディテールで、

羽根をリベット留めしてるとことか、ウイリアムレノンらしくて好きですね。

 

そしてやはりウイリアムレノンといえば、その独特の製法です。

恐らく、日本国内ではこの靴は「グッドイヤーステッチに真鍮のスタッズを打ち込んだもの」と紹介されていますが、微妙に違いました。

例えば、イギリス靴のグッドイヤーといえばトリッカーズ、ベルトショーンといえばチーニーなど、ノーザンプトンの靴メーカーが思い浮かびますが、

ウイリアムレノンはドイツの古いスタイルの靴づくりの影響を受け、ネイルダウン製法というのを採用しています。

(ちなみに2016年に商品紹介をした時は、ウイリアムレノンをネイルダウン製法と説明しているお店はウチの店だけでしたので、どう広まってくるか楽しみです!)

 

実はこれ、個人的にウイリアムレノンのソールの修理を、南千住の福禄寿さんへ持ち込んでみたら、

ネイルダウンですねと言われ気づいたんです。

 

で、ネイルダウンとはネイル(=釘)でグルッと1周靴を留めています。

なので靴の中はこんな状態になります。

あ、もちろん釘が足に刺さることはないのでご安心くださいね!

 

ちなみにこれがそのネイルを打つ機械です。

なんと100年以上前に、サッカー岡崎選手で日本でも知られるレスター州にあった、

British United Shoe Machineryが作ったRapid Standard Brass Screw Machineというものだそうです。

この機械が世界に4台しかなく、内2台をウイリアムレノンが所有しているというやつ。

ちなみに残りはオーストラリアに1台、ニュージーランドに1台あるとか。

イギリス統治時代からあるのでしょうか?

 

ついでにこれが縫う機械。

この鉄感(俗にいうインダストリアルね)がカッコよすぎて、ASAYAKEに行きたくなるわ!!!

 

で、こうして作られたソールがどうなるかというと、

ネイルでガッツリ留まってるので、4年ガシガシ履いてもびくともしません!

トリプルソールの1枚目すら減らない頑丈さ。

 

というわけで、私が5年履いたやつがこちらです。

これは最初からブラウンのやつですよ!

それなりに磨いてあげてますが、

ポッコリして反り上がったトゥをガンガンぶつけて履いてます!これくらいハードユースした方がウイリアムレノンぽいでしょう!

 

そうそう、よく聞かれるのがトゥの反り上がり。

実はこれ、「フルスプリングトゥ」というれっきとしたウイリアムレノンのこだわりのディテールの1つ。

当然歩きやすくするため。

 

とはいうものの、個人的には最初から反らせてなければいけなかったのかな~なんて思います。

というのは、ウイリアムレノンは最初からアウトソールがトリプルソールという構造なんです。

例えば、diaries別注のQuilpだって、シングルをダブルソールに変えてもらってますが、トリプルはできません。

てかそんなの意味あるのか?って感じでしょう。

トリッカーズでトリプルソールなんてやったら、ヴィヴィアンウエストウッドの靴みたいになりそう。

 

なので、デフォでトリプルソールというのは、いかに常軌を逸しているかがお分かりになるかと思います。

 

そして靴というのは、履いている内に段々反ってきます。

例えばQuilp。

右が新品、左が半年後。

このように歩いていれば馴染んでくるのですが、トリプルソールとなるともしかしたら反らない可能性があったのかもしれません。

しかしながら、それに「Full Spring Toe」なんて名前までつけて、当初からの靴づくりを絶対曲げない姿勢に私は脱帽致します。

以上ですが、頭の中で整理できず、あれもこれも伝えたいとなってしまい、

分かりにくい商品紹介となってしまいました。

少しでも興味をお持ちいただけたら、是非ともご覧になっていただきたいと思います。

 

 

William Lennon|Hill shoe w/cap toe|natural

 

それではまた。お店で会いましょう。

French Army Belt (Dead stock from 1960’s~)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「頭痛の日」だそうです。

特に頭痛持ちってわけではないんですけど、頭の一部を押すとすげ~痛いの、あれ何なんですかね?

 

というわけでイタリア着。

荷物が思いのでちゃんちゃっとホテルにチェックイン。

にしてもフィレンツェはホテルが安くて素晴らしいですね~!!!

1泊1部屋5000円くらいでちゃんとしたホテルに泊まれます!(ちなみに海外は1人〇〇円ではなく、1部屋〇〇円という考えです。)

ちなみにアムステルダムは1泊10000円以上。さらに部屋もアムスの部屋はフィレンツェの半分くらいの広さでしたので、

4倍くらい違うってことになりますね!そりゃ安く感じるわ~。

さらにフィレンツェのホテルはこの価格で朝食付き!

ありがたいですし、イタリアの朝ごはんってどんなんだろう?って期待しちゃいますね!

気になるメニューはまた後日。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【アイテム】French Army Belt (Dead stock from 1960’s~)

【価格】¥3,024-(税込)

【コメント】

買付分ヴィンテージ熱も冷めやらぬまま、実はデッドストック物がちょいちょい入荷してきております。

その中から、もうないだろうなと思ってたフランス軍のベルトが、まさかの再入荷でちょっと嬉しいです!

こちらはフランス軍のベルトで、1960年代から1970年代ごろまでの間につくられたもの。

サイズは6ということなのでしょうが、まあいわゆるカチャベルトなんて言われるタイプなのでフリーサイズです!

 

でも私でギリギリなので、ウエスト35インチ以下の方はフリーです!自由です!おめでとうございます!!!

36インチ以上の方は厳しいです!自由への疾走をしましょう!Are you gonna go my wayとレニーも言ってますよ!

 

にしてもこのベルト、非常にシヴい。

何が渋いってバックル部分が。

ミリタリーのツヤ消しオリーブ。

軍物といったらこの色、この質感ですよ。それがそのまんまバックルになっちゃいました。

ミリタリーのベルトでこれと同じようなデザインのベルトは世界各国各軍隊どこにでもあるのですが、

この所謂オリーブドラブのメタルバックルは意外と見かけません。

他は大体安っぽいメタルバックルになってしまします。さすがフランス!?

あとそれなりに古いからってのもありますね。

雰囲気のある生成りのウェビングベルトと相まって、非常にカッコよく仕上がっているのではないでしょうか!?

これは私も買いましたよ。10数年ぶりですね、カチャベルト買ったの。

細身のドレスパンツにスニーカー履くときは、ベルトもハズシで考えて、革ではなくこんなベルトを使いたいですね~!!!

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。