BLOG

Aiguille(エギュール)のMarmot Daysack

James Mortimerトランクショー開催中!!!(冷やし中華始めました・・・)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「梨の日」だそうです。

さてワールドカップもあと少しで終わってしまいますね。

そして今度は自分達の暑い夏が始まります。

ま、僕はフェスですけどね。

ワールドカップが終わると同時に、フェスシーズン到来!

同じような方もいらっしゃるのか、最近ポンチョとかバックパックの問合せをいただくようになりました。

 

そうそう、本日つくばロックフェスのタイムテーブルが発表されましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇妙礼太郎、bonobosを抑えて、まさかのホムカミがトリ!

敢えて若手に緊張感を持たせプレッシャーをかける。この辺はつくばロックらしいところ。

丘の上ステージっていう、ステージって呼んでいいのか?くらいのステージで奇妙さんもヤバいね。

その前がクリトリック・リスってのも・・・ね。

つくばロックらしい「ハズシ」の美学がうかがえます。

 

早くも来週か~。

当店で販売中のお得な「茨城券」も、完売する券種が出てきております。

恐らく日曜日までになると思うので、お気を付けください。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Aiguille(エギュール)

【アイテム】Marmot Daysack(Click!)

【価格】¥17,280-(税込)

【コメント】

というわけで、フェスにも使えそうなバッグのご紹介。

懐かしぃー!と思う方もいらっしゃってくれたら嬉しいなー。

なんと!?5年ぶりの入荷となります、Aiguille(エギュール)のバッグ!!!

久々のご紹介となるので、まずはブランド紹介からどうぞ。


1987年に北イングランドの湖水地方にてエイドリアン・ムーアによって設立されました。

1991年にステーブリーミルヤードに移され、ショップを併設した工場として稼働しています。

創業者Adrianは10代から登山家であり、フリーランスのアウトドアインストラクターとしての経歴を持ちます。

1970年代初頭から、友人や自分自身の為にギアを作ったことをきっかけに、今ではプロ仕様のマウンテンギアメーカーに発展しました。

ヨーロッパではプロユースショップを中心に展開され、英国マウンテン・レスキューチームと共同でギア開発を行っています。

多くのアウトドアメーカーが生産拠点を海外に切り替えている中、Aiguilleは今なお英国での生産にこだわります。

今ではその姿勢が信頼され、英国国内の専門店やヨーロッパのプロユースショップからの引き合いも多くなっています。

さらにMOD(英国国防省)への供給や、英国マウンテンレスキューチームのギア開発にも携わっています。

アパレルでは、マーガレット・ハウエルのOEMも請け負っています。


というブランドで、説明だけを見るとなかなか本格的なブランドに思えますが、

当店で取り扱うようなタウンユースのアイテムは、ぶっちゃけ驚くほどチープです!wwwww

こんなんでマウンテンレスキューできんの~???って思えるくらい!!!

ま、そこはバランスで、力を入れるところは入れて、そうでないところはそれなりに?というところでしょうかね~。

とはいえ、英国製を貫くという部分を支持し、このバッグをセレクトしました。

 

でもホントに「英国製」という部分を抜いたら、セレクトする理由が見つかならいくらい!

でもね、フランス製じゃないエ〇ベシャ〇リエとかだったら、なんだかよく分からないブランドだけど、

なんだか自分の国で頑張って作ってるやつの方が、なんだかいいんじゃないかな~ていうフワッとセレクト。www

 

フワッとはしてますが、国防省やマウンテンレスキューや南極探検隊などともギアを開発しているブランドなのは本当なので、

こんな何でもないナイロンバックパックだけど、なんでもない=どれでもいい物こそ秘かにこだわって、

ちゃんとしたメーカーの物を選びたいのです。

でもそのこだわりって、「なんだかんだで手放せないんだよな」というアイテムを持つためのコツだったりしますよ!

 

と、前置きが長くなりましたが、詳しく見ていきましょう。

まあなんてことないナイロンのバックパックです。

中には何のポケットも仕切りもありません。

一応水が入ってこないようにはなってるみたいです。

 

縫製もザックリと。

よく見ると、縫製する時の目印であるチャコペン?マジック?がそのままに!?!?!?

この辺のユルさがたまりませんね~~~!

普通のお店だと、これは不良品ということで返品しちゃうのでしょうか?

でも私は個性と考えて、このまま販売させていただきますので、ご理解のある方のみお買い求めいただきたい!

これだとはっきり言って中国製の方がクオリティは上ですけどね!

でも、キレイに作られた中国製より雑に作られた本国製(ここではイギリス)を支持します。

理由はありません。なんとなくです!

 

背負ってみるとこんな感じ。

このAiguille(エギュール)のデイザックの好きなところは、やや縦長のところ。

見た目のバランスがいい気がします。

 

また意外や意外だったのが、こんな簡素なバッグのくせに、ウエストベルトが付いているところ!!!

確かに荷物パンパンに詰めて思うなった時は欲しい時あるけど、このバッグで要るか?それ要るか???

この「いや~これでもウチ本格的なアルパインメーカーだからさ~」みたいな主張に見えてムカつきますねーーー!

だがそれがいい!

 

そうそう、5年前に紹介した時はAiguilleと書いて「アイグーリー」と紹介していましたが、あれは間違い。

正確にはエギュールと書くのが近いみたいです。

というのは、創業者がフランス系イギリス人らしく?Aiguilleはフランス語のスペルなんだとか。

ちなみにAiguilleはフランス語で針という意味みたい。

 

尖ってるってことです!知らんけど。

 

なので今後はエギュールで是非ともお見知りおきを!

➡Online Shop(Click!)

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Hannes Roether(ハネスルーザー)のCrew Neck T-shirt

James Mortimerトランクショー開催中!!!(展示スペース狭めました・・・)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「波の日」だそうです。

今日一日ボーっとするのは、ただの寝不足なだけではないはず。

あのシュートが入ってたら・・・。やっぱり長身のハーフナーマイクがいれば・・・w。と、ついタラレバと考えるばかり。

フジロックが終わった後のような、心にポッカリと穴があいたような(K島のグローブではない)喪失感。

祭りのあとの寂しさよ。

僕らが迎えた朝はただの朝ではない。日本サッカーの夜明けだと思う。

これで終わりではなく、これが始まり。

サッカーを観よう。

茨城の人はアントラーズだけでも観よう。昌子がいる。柴崎も大迫もいたんだよ。

必要なのは継続。

僕らにできることは、サッカーに興味を持って日本サッカーの層を厚くすること。

ニワカだろうがなんだろうがいいじゃない。

彼らからもらった感動に恩返しするには、日本のサッカーをこれからも応援することしかない。

俺も数年ぶりにサッカーを再開しようと思う。

今はボールを蹴りたくて蹴りたくてしょうがない。

さあ、サッカーをはじめよう!

(でも暑いな~無理かな~秋になったら・・・)

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Hannes Roether(ハネスルーザー)

【アイテム】Crew Neck T-shirt(Click!)

【価格】¥15,120-(税込)

【コメント】

昨日に引き続き暑っっついので、今季セレクトした中で一番涼しいTシャツご紹介したします!

一番薄いTシャツはコチラ!

まだまだぜ~~~んぜんおなじみじゃないHannes Roether(ハネスルーザー)から!!!

つらい~早く定着してほしい~もっとみんなに着て欲しい~。

流行というものを気にするならば、今のそれとは全くの逆位置にいるんじゃないでしょうか!?

なので、ゆったり幅広のシルエットではなく、完璧なジャストサイズでございます!!!

といってもピタピタではないので、そこはご安心下さい。

そういや20年前に着てたモードブランドのTシャツってこんなの多かったよなーと、個人的にはちょっと懐かしい気分にもさせてくれます。

久々にこのようなTシャツに袖を通してみようと思ったのも、ハネスルーザーの取り扱いをはじめたおかげだな~。

ホントにいい具合のフィット感。

実はハネスルーザーって、今はトータルブランド(ジャケット・パンツ・カットソー・ニット・シャツなどなど、トータルに服をデザインしてるから)ですが、

最初はカットソーとニットからスタートしています。

なので実は得意のジャンルというわけ。

見た目はただのTシャツなんですけど、ニットの技法がさりげなく盛り込まれていて素晴らしいですね。

どこに?

裾に。

洋服の端っこって折り返しているじゃないですか?あれをHem=ヘムといいます。

で、カットソーのヘムって普通はステッチをかけて縫うじゃないですか。

なぜかハネスルーザーのTシャツは、そのステッチが見えません。

でも生地は2重になっているので、折り返されてはいます。

これがニットの技法なのか、俺には何が起こっているのかさっぱり分かりません。

でもフィットを意識するモードブランドならではの、ミニマムなデザインにこだわっているのが凄いと思います!!!

上にシャツなどを着た時に、一切影響がないようにしてるのかな~?

縫製にもフラットシーマを採用してることからも、そんな気がしますね。

そしてハネスルーザーといえばのディテール。

首後ろの2つのボタンホールは、ハネス=Hannesの頭文字であるHをかたどっています。

特別なことは行わず、もともと洋服に関係のあるボタンホールというものを使用しているってだけなのも好きです。

まあ僕の場合は、マルジェラがステッチだけで表現していることに思いっきり引っ張られているのですが!!!www

 

そして珍しく細身に細身を合わせていますよー!

イタリア物が増えてきたせいですかね?

今までゆったり目の服ばかり取り扱ってきたせいもあるので、ついにその反動が来たかも?

でもどちらも今まで経験してきた好きなファッションには違いありません。

日本代表も層が厚くならないといけないように、洋服も層が厚くなると楽しくなりますよー!(無理矢理w)

➡Online Shop(Click!)

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

SBTRACT(サブトラクト)のFleece Machine Hard Jersey Shorts

James Mortimerトランクショー開催中!!!(たぶん水曜で終わりにする・・・)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「蛸の日」だそうです。

なんかワールドカップ予想してた蛸さん、ゆでられちゃったみたいね。

そういえば、友人がハマってるバンドの名前が「ザ・たこさん」でした。ファンクです。

 

というわけで、おかげさまでJames Mortimerトランクショーも残り僅か。

実はトランクショーという割には、そこまで数が集まらず、まあdiariesくらいの小さい店ならできるかなくらいの規模でしたので、

残りメンズは5着、レディースは7着しかありません。

なので、イベントを早めに終了する場合もございますのでご注意ください。

ちなみにどんなのがあるかっていうと?

当店が5年前に扱った生地の色違いがありました。

でもボタンダウンで、

フェイクプルオーバータイプ。

さらに謎のストラップ付きという、確かもう廃番になっちゃったかな?このタイプ。

こんなのにであえるのも、トランクショーの魅力ですね!

 

またdiariesでは基本的にアイリッシュリネンのシャツしかオーダーしてないので、

それ以外の生地もあるんですよー!ってのが分かってもらえて良かったです。

イギリスのシャツだけに、トーマス・メイソンの生地が多くてヤバいですね。

しかも実は価格も安かったりして。少しでも喜んでもらえれば。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】SBTRACT(サブトラクト)

【アイテム】Fleece Machine Hard Jersey Shorts

【価格】¥10,584-(税込)

【コメント】

死ぬほど暑いので、とりあえず今お店にある商品で一番涼しいアイテムを紹介しとこうと思って。

それはこちら、サブトラクトのショーツ。

あ~、多分これで当店ではラストのサブトラクト。つまりラストラクト。

そして最後に紹介するやつも、やっぱりサブトラクトを代表するこちらの素材。

フリースマシーンハードジャージーという、いわゆるTシャツ生地とスウェット生地の中間のような素材。

「スウェットを編む機械でTシャツ生地を作った」といつも説明されるのですが、

生産現場を知らない僕ら売り子にとっては、何度聞いてもなんのことだか分からなくて、

結局最後まで分からなかったな~(それでいいのか?)

ま、僕は造り手ではないので、それが良い物かそうでない物かが分かればいいやと思ってます。

 

で、何度着てもやはり素晴らしいのがこの生地なんですけど、

そもそも伸びなくて膝が抜けにくいスウェットパンツ用の生地として作られました。

あまりに肌触りが良いのでTシャツにもなってますが、改めてパンツとして使われて本懐を遂げるのでしょう。

シルエットもご覧の通り、細身でシュッとした形。

ロングのスウェットパンツも「トラウザーズ」と名のるくらい、シルエットを意識してました。

そんなキレイなシルエットをそのままに、ショーツに仕立て上げられています。

 

生地に自信があるのか、ポケットもガンガン使ってくれよと言わんばかりに、両ケツポケ。

スウェットショーツのポケットって、伸びるのが怖いのであまり使いませんからね~!

 

またこの生地ならではのメリットとして、白でも透けにくいというのもポイントです。

本当に素晴らしい素材。

でも大人の事情でもうウチの店では扱えなくなってしまったサブトラクトの紹介は、これにておしまい。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)のZephyr Oxford S/S Buttondown

James Mortimerトランクショー開催中!!!(でも残り数着・・・)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「クレジットの日」だそうです。

クレジット=信用?そんなもんねぇよ!!!

迂闊に信用使いこんじゃダメだったわ~怖いわ~四角いけど丸いカード!

地獄のリボルビング。まさにリボルバーで1発1発撃ち抜かれるようです!リボルバージャンキー!

 

それにしても昨夜は、ディ・マリアの同点ゴールで目が覚めましたが、やっぱり眠くて寝たのを後悔!!!

そしてCロナウドもメッシも舞台から姿を消すなんてーーーーー!

さらにエムバペという新しいスターの登場。

 

これだから乱世(サッカー)は面白い by王騎

※いつもキングダムで乱世乱世言うけど、乱一世を思い出しますね。(トゥナイト2)

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)

【アイテム】Zephyr Oxford S/S Buttondown

【価格】¥18,900-(税込)

【コメント】

まだまだあります!ギットマンの新作オーダー!もちろん別注でございますよー!

とはいっても、どう見ても何が別注か分からないフツーすぎる半袖ボタンダウン。

これこそdiaries的別注でございます。

競合他社との差別化ありきの別注ではなく、単にお客様が欲しがってるからという理由だけでのみ作られたシャツ。

というのは、diariesでの夏の定番シャツとなりつつあるオックスフォード半袖プルオーバーB/Dは相変わらず好評なのですが、

せっかくならビジネスシーンでも着たいんだけど、オックスフォードじゃゴワゴワするし、プルオーバーだとちょっと・・・

という声を何人かのお客様から頂戴しました。

 

そんなお声を反映し、とにかくフツーになるようにオーダーさせていただいたのが今回のシャツです。

S/S=Short Sleeve=半袖

B/D=Button Down=ボダンダウン

ご覧の通り、さらに素材も通常のオックスフォードよりも薄くて軽くて通気性のある「Zephyr Oxford(ゼファーオックスフォード)」

という素材にしました。

Zephyrとはそよ風をいう意味ですが、そよ風を感じるくらいの生地という意味ですかね?おそらく。

実際はギットマン流のピンオックス素材だと思います。

なので肌触りもサラサラでしなやか。いいですよコレは。

 

その分下着が透けますが、

個人的にはタンクトップとかが透けるのはあまり気にしません。汗をかきすぎるので、もう諦めてます!w

でもやっぱり気になるよという方は、ユニ〇ロのシルキーなんとかか、グ〇ゼの〇縫製がいいですね。

 

素材は変わっても、ギットマンらしいディテールはそのままです。

ダブルトラックステッチも、チョークボタンも、スプリットヨークも、ロッカーループも、

ギットマンとしてのクラシックを表現するとともに、耐久性にこだわってもいます。

 

早速ですが着てみました。

クールビズを想定して。

これ欲しい、というか必要ですね。

私はもう毎日私服になってしまったので、クールビズも必要なくなってしまいましたが、

そろそろいい年になってきたので、おそらく法事なんかも増えてきます。

お盆には新盆参りなど今後行かねばならなくなるでしょう。

ボタンダウンじゃカジュアルだからダメでしょと言われても、

所詮洋服なので、お寺に洋服で以上、私はなんとも思いませんね。

むしろアイロン上手くいかなくても、襟がしっかりするからいいわ~。

大分ネクタイ推しになってしまいましたが、もちろんカジュアルでもイケますよ!

シンプルでまっさらな白シャツ。

なんだかんだで、白シャツってのはいつ何時もどんな服にもハマりますね。素晴らしい。

フツーっていいよねー!!!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Gicipi(ジチピ)のRib V-neck Nosleeve

James Mortimerトランクショー開催中!!!

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ハーフタイムデー」だそうです。

1年の半分てとこですね。神社では茅輪くぐり。血の輪ではないことを祈ります。

そして昨日は、日本戦を見たせいで眠すぎて、文章がかけず脱落。。。

ですがJames Mortimer TRUNK SHOWの方は、一部のマニアックなお客様によってご好評をいただいております!!!

ていうかホントにマニアック!お買い上げいただく方は、既にモルティマーのシャツを数着お持ちの方のみ!

まあ~~~~~それだけ一度着た方には、その良さがお分かりいただけるということでしょうか?

とはいえモルティマーが良いっていうか、インディヴィにしろギットマンにしろニューイングランドシャツにしろ、

その人の体型によって合うシャツは違いますけどね!

だからこそ着てみないと分からない。

まだの方は、これを機に是非とも着てみてほしいです。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Gicipi(ジチピ)

【アイテム】Rib V-neck Nosleeve

【価格】¥4,644-(税込)

【コメント】

暑いですね!あっという間に梅雨が明けて夏始まっちゃいました!なので夏らしいアイテムのご紹介。

ジピチではなくジチピから、レディースの新作カットソーが届いてますよー!

こちらの黄タグ(黄タグって言うとなんと特別に聞こえるでしょ?でもなんでもありません!)は

ちょっと広めのVネックが女性らしく、でもセクシーかって言われるとそこまで開いてないので絶妙なやつ。

そして涼しげなノースリーブで、夏はシャツや薄手のジャケットのインナーとしても最適。

また肩の縫い目を見てもこだわっているのがわかります。

縫い目を肩の上に持ってくるのではなく、背中に逃がしてあげている。

たったこれだけなんですけど、縫い目が肌に当たるストレスが軽減されたり、

前から見た時によりスッキリして見えるなど、「たったこれだけ」にしてはメリット満載。

こだわりぬいて作ったアイテムではないけど、ちょっとこだわっただけでこんなに良くなったノースリーブ。

 

そのちょっとのこだわりはまだ続きます。

背中。

背中の中心にちょっとダーツを入れてあげて、首回りはフィットさせつつ身頃はタイトにならず。

素材もリブ編みでストレッチ性に富むので、着心地は素晴らしいですよ~!

ま、着心地はジチピに関しては言うまでもないですけどね!!!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。