BLOG

FARFIELD(ファーフィールド)のFell Vest

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「いい肉の日」だそうです。

いきなりステーキもヒーローズ@秋葉原もいいですが、何気にデンバープレミアムが安くて美味い。。。

でもやっぱ心のトップ10第一位は、西新宿ル・モンドでしょう!

肉食いてー!

 

いや待て待て。今日は「いい服の日」の日でもあるんですが、みなさん良い服着てますか!?

 

いつも店頭やブログで、服の良さを一生懸命説明しているつもりでしたが、

最近お客様との話で気づいて、開き直ったことがあります。

俺はただの服好きだったんだってこと。

 

先日川越行った時も、前半は蔵の町を見て観光スポットを回っていたのですが、

後半は当たり前のようにセレクトショップや古着屋を巡ってました。

これは一旦アパレルを離れて、サラリーマンやってた時も続けてたこと。

どんな町にどんな店があるかという市場調査はもちろん兼ねてますが、

いつでもどこでもたくさんの服を見たい、それが一番の動機だったんじゃないかな~と思います。

 

なまじ独立しちゃって経営者ぶってるもんだから、

オシャレで地域に貢献~~とか、ライフスタイルを~~とか、ワンランク上の~~なんて言ってきましたが、

ぶっちゃけそんなのどうでもいいことに気づきました!!!

地域に貢献なんて自分が頑張れば勝手に貢献してることになるし、

ライフスタイルなんて人それぞれだし、まずは誰よりも楽しんで見本とならなければいけないし、

ワンランク上って、何と比べてって話ですよよね~!?ワンランクもツーランクもなく、常に最高を目指さなきゃ!

 

 

といっても、最高=高い服=良い服ってわけではありません。

なんだかよく分からないけど最高だよねこの服ってのがdiariesらしい服だと思います。

本日ご紹介するのはそんな服。

ドウゾ!

IMG_0369

【ブランド】FARFIELD(ファーフィールド)

【アイテム】Fell Vest

【価格】¥12,744-(税込)

【コメント】

今年も届いております。ファーフィールドのフリースベスト。

アウトドア物のくせにアジア生産ではなく、イギリス製のくせにお手頃で使えるアイツです。

IMG_0371

———-

FARFIELDは、1985年にセドバーグという田舎町にある、
150年以上前に使われていた古い織物工場を改装して設立されました。
設立当時はイギリス軍のトレーニングウェアを製作していたことからも、クオリティの高さがうかがえます。
現在は、ナショナル・トラスト(歴史的遺産や自然を保護するボランティア)のウェアや、
ガーデニング用エプロンやなどの特殊なジャケットを生産しています。
イギリス製ですが、コストパフォーマンスに非常に優れた製品を多く生み出しています。

———-

というもの。

個人的にはイギリス軍で使われていたってことで、ピクピクと食指が動きます。
それだけでなく、ナショナルトラストのウェアというマニアックなアイテムを作っていることからも、
ブランド自身がヴィクトリア朝時代の建物を使用していることから、
古き良き時代の物作りや雰囲気を大事にしているんだなーと感じます。

a0136223_20202561

そんな温故知新なブランドですが、届いたのは普通のフリースベスト。

IMG_0370

例によって普通なアイテムほどセレクトが難しい。

みんなが知ってるブランドを選ぶか、無名だけどデザインに優れたアイテムを選ぶか。

しかし、このベストはそのどちらでもありません。

無名だしデザインもこれといって特徴はない。

ただ機能的でコスパに優れたアイテムってだけ。

ファッションというよりは道具としての立ち位置。

道具であれば、余計なデザインはいりません。

シンプルで飽きがこないデザインで、いつも暖かくしてくれればいいのです。

 

なんて言いつつも、私は服屋なので、それらしい仕事をさせてもらいます。

コーディネートについてアドバイス。

IMG_0386

Shirt/INDIVIDUALIZED SHIRT (Great american oxford B/D) ¥25,920-

Coat/Yarmo (Herringbone work coat) ¥29,160-

先日ご紹介した、Yarmoのヘリンボーンワークコート(Click!)との組み合わせ。

このミスマッチ感が分かりますか?

セオリーで言うと、インディヴィのシャツとコートの間にはニットを合わせることでしょう。

でも、この渋いヘリンボーンをローテクな素材とするならば、フリースは現代的な素材でハイテクとなります。

つまりHigh&Lowなコーディネート。

同系のアイテムでガチガチに固めるのは誰もがやること。

しかし、正反対のアイテムを上手にミックスする方がセンスが問われるし、何より楽しい。

雑誌からそのまんま出て来たようなコーディネートよりも、オリジナリティがあって良いと思います。

 

さらには、このベストを使うことは、元々ファッションの為に作られたようなアイテムでない服を、

カッコよく着てしまうというのが面白いところでもありますね。

 

そうそう、ベストのジッパーに付いている取っ手の部分。

IMG_0373

この色とりどりのTough Customerというタグは、恐ろしくダサいので取り外してしまいましょう。

 

これもある意味High&Lowかな。

ダサい服をかっこよく着こなす。カッコいい服を、あえてダサく、もったいなく着こなす。

 

 

洋服はもっと、自由だ。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

LEON FLAM × Paraboot(レオンフラム×パラブーツ) のSAC21H Helmet Bag

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「税関記念日」だそうです。

昨日、今季オーダー分でまだ届いてないあの靴が、ついに日本の税関を通ったそうです。

お待ちのお客様、週明けくらいにはご連絡できそうですよ!

お待たせして本当に申し訳ございません。

 

というわけで、商品の入荷を待ちつつ、こちらの動画でもご覧ください。

鳥肌立ちまくりでもうすぐ鳥になりそう。

意識がブっとぶくらいのカッコよさです!!!

最初のファットボーイスリムのRight here, right nowも上がりますが、

クッッッッソヤバいのがダフトパンクのOne more time。気になる方は36:00頃からご覧ください。

グラミー賞をダフトパンクが取った時

 

 

じゃ、本日ご紹介するアイテムも、同じくらいヤバイのいっちゃいます。

ドウゾ!

leon flam (4)

【ブランド】LEON FLAM × Paraboot(レオンフラム×パラブーツ)

【アイテム】SAC21H Helmet Bag

【価格】¥91,800-(税込)

【コメント】

先日ご紹介したレオンフラムに引き続き、今季はオールレザータイプもご用意。

レオンフラムをまだご存じでない方は、コチラのリンクをご覧ください。→LEON FLAM(レオンフラム)のSAC21H Helmet Bag(Click!)

 

元々オールレザータイプもありましたが、こちらは今季初登場モデルです。

どの辺が違うかといいますと、、、

leon flam (6)

ピスネーム見れば、あ~もうね。

 

展示会の時にレオンフラムの社長がいまして、なんでもパラブーツの社長と仲がいいもんだからコラボに至ったという話。

ちょ~っとあざとすぎるなと思ったので、最初はやめようかと思ったんですよ。

天邪鬼なもんで。

でも見れば見るほど欲しくなってしまいまして、

それこそ意識がトぶ・・・まではいきませんけど、冷静じゃなくいられなくなるんですよ。

やっぱり服好きだからしょうがないのかな?

もうコラボってのに弱い世代でもありますからね~!

 

なんやかや言っても、パラブーツのコラボはやっぱりすごいです。

何がすごいかって言うと、ちゃんとこだわりが形になっているところ。

 

ちょっと話は逸れますが、パラブーツとのコラボって探せば結構あります。

スルタンとかレディースでよく見ますけどね。

初めはフランスのブランドとしかコラボしないのかな~と思ってましたが、

日本のSacaiとコラボったときは驚きました。

 

そんなわけで、この柔軟性が魅力の一つでもあります。

 

さて。もちろんこのピスネームが付いているだけではございません。

今回のヘルメットバッグは3ウェイとなっております。

leon flam (9)

手持ち、ショルダーに加え、なんとバックパックにも!!!

これで自転車に乗ったらメチャクチャかっこいいと思います!

女性のお客様にも使ってほしい!

ハーフ~ロング丈のコートにベレーかぶって、枯れ葉が舞う並木道をサイクリングするだけで、

そこだけフランスなんじゃないかと錯覚しそうです。

 

またこのバックパックのストラップも独特の構造で面白いんですよ。

leon flam (11)

ギボシで3段階に長さを調節できます。

また艶消しクロームのパーツもオリジナルで一から作ったとのこと。

leon flam (10)

個人的には、この六角ネジに悶絶しております。

 

また今回、いつものヘルメットバッグより縦長だよなと思いましたが、

leon flam (4)

背中に背負ってみて分かりました。

いつもの正方形に近い形ではなく、この縦長の長方形の方が、バックパックにした時のバランスがちょうどいいんです。

この2ブランドのコラボですからね、ただ限定だからという理由で形を変えたわけでは決してないと思います。

 

また、ヘルメットバッグに改良も加えていると思われるのがコチラ。

leon flam (7)

前のポケットにストラップが付きました。

これはポケットを使っている内に、レザーがめくれ上がってしまうのを防ぐためなのでしょうか?

多分そうだと思います。

 

あと気になるのは、やっぱり素材ですよね?

パラブーツといえば、、、「リスレザー」。

何人かのお客様にも、リスレザー使っているんですか?と聞かれました。

もちろんそれもメーカーさんに確認済みですが、リスレザーではないとのこと。

恐らく、リスレザーというのは油をたっぷり含ませて、防汚性を高めた靴用のレザーということになるのかもしれません。

そう考えると、そんな油分たっぷりのレザーなんて、バッグに使ったらベトベトして大変です。

なのでリスレザーではないとは思いますが、パラブーツ側が用意したレザーにはなっています。

leon flam (8)

そうそう。パラブーツの靴もレオンフラムとコラボしたアイテムがございます。

そちらもご用意したい所でしたが、個人的に白ソールは苦手でして。

あと、以前パラブーツもNuitだけ取り扱ったことありましたが、

試着だけされて直営店で買うというお客様が多かったので、

やっぱり人気のあるブランドはやりたくないなというのが本音です。

(まあウチもサイズを細かく用意できてないという落ち度もありますが、パラブーツに限ったことではないので。)

 

というわけで、ウチみたいな零細セレクトショップは、

あまり他には売ってない、マイナーだけど面白いアイテムを探し続けていかなければならないんだなぁ~と思う今日この頃。

茨の道でございます。ここは茨城。

 

それでもウチの店に共感してくれて、ウチの店を応援してくれる人がいるので、

こんな面白いアイテムをご用意できるようになりました。

どうぞ、お手に取ってご覧ください。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

 

 

 

Barmoral Oxford Cap Shoes (dead stock)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ノーベル賞制定記念日」だそうです。

そもそもノーベル賞は、ノーベルが自ら開発したダイナマイトで得た富を、

人類に貢献した人に与えたいという遺言を書いて、その資金を元に財団が設立されました。

 

最近よく耳にするのは、自分で稼いだ莫大なお金を、ポンと寄付することについて。

先日富岡製糸場行った時に初めて知ったのが、1987年に操業を停止し、2005年に国の重要文化財に指定されるまで、

年間一億円以上もの維持するお金を、片倉工業という会社が採算度外視で支払ってきたこと。

これを社会貢献と言わずしてなんというべきか。

 

そして、実は昨日のお休みは川越まで行ってまいりました。

そこには個人が設立した美術館があり、(この建築も素晴らしいです)

1797499_910758855667957_4213654696692015335_n

また街中には川越まつり会館というものもあるのですが、(バスも情緒があって、これまた素晴らしい)

11217668_910759049001271_8983429412113724661_n

その中にある建造途中の山車(だし)。

11218152_910759059001270_7937599331485820273_n

この山車も、個人からの寄贈なんです。

子供たちに山車を引いてもらいたくて、ここまで作るのに3000万円。完成まではあと8000万かかるそう。

しかし、これを作ろうとした方が志半ばでお亡くなりになられてしまい、その後遺族により寄贈という形になってそうです。

(遺族なにやってんだよ、志継げよ。とは思わないでください。

きっとそれだけ財産があったら、相続税と財産分与でそれどころじゃありません。骨肉の争いかもしれないですよ・・・

それであれば、相続税をもらう国の方で完成させてあげた方がいいんじゃないのと思います。

まあでもこうやって建造途中の山車を見られるのも珍しいし、なにより市がちゃんと管理してるからいいよね。)

 

 

このように、群馬や埼玉でも同じような歴史が産む財産を活かし、後世に伝えるという偉業を聞き、

さてここ茨城にはそんなものがあったかと思う次第でありまして。

私が不勉強なだけだとは思うのですが、茨城にある似たようなケースを、誰かご存じではないでしょうか?

ご教示いただけますと幸いです。

 

 

それにしても川越は、素晴らしい町でございました。

12301598_910759022334607_9175953970399253510_n

昨日はサラッと見ただけですが、今度は時間を作って、ポイントを絞って訪れたいと思います。スカラ座とかね。。。

 

 

じゃ、本日ご紹介するアイテムも、古き良き時代の物を。

ドウゾ!

IMG_0344

【アイテム】Barmoral Oxford Cap Shoes (dead stock)

【価格】¥19,224-(税込)

【コメント】

先日ご紹介させていただいたレディースの革靴(Click!)もお陰様で大好評。

一度完売してしまったのですが、実はサイズ23㎝と24㎝が再入荷しております!是非!

 

というわけで、今度はメンズのデッドストックシューズのご紹介。

IMG_0345

ちょうど一年間にこの道を通った夜これと同じイギリス軍のデッドストックシューズをご紹介させていただきました。

その時は90年代頃のものでしたが、今度は80年代くらいのやつだと思います。

ご覧の通り、オックスフォード(ローカットタイプね)でバルモラル(内羽根式ってことね)でキャップトゥ(で、ストレートチップ)のフォーマルタイプ。

そのくせに、ポッテリとしたラストのお蔭で、ガチガチのスタイリングにならないのが魅力ですね。

IMG_0353

それでも、去年紹介したやつよりはいくらかシェイプがかかってます。

しかしドレスシューズ程の細さは無いですね。太めのパンツによく合いそう。

 

ちなみにこちらの靴はどういう背景を持った靴かというと、

イギリス国防のロイヤルエアフォース(イギリス空軍)に所属するカデット(士官候補生)が履く、パレード用のシューズだそうです。

(空軍の候補生・・・エリートか・・・)

 

ですので、インソールにはみんな大好きブロードアローが刻印されております。

IMG_0356

 

クオリティもなかなか。

IMG_0347

アッパーはクロームカウハイドに、ソールはPVCです。

IMG_0348

これはもう雨の日に最適ですね!

IMG_0351

製法はマッケイ???

糸が切れないようにラバーでコーティングしてくれてます。

この時代でセメント製法ではなくステッチというのは素晴らしいですね。

といってもソール交換しようとして一回ほどいたらバラバラになりそうですけど。

 

というわけで、サイズは8(26~26.5㎝)と9(27~27.5㎝)のみとなっております。

恐らくハーフサイズは作ってないでしょうね。

試しに履いてみました。

Roy

ブロードアローがスタンプされてるインソールにスポンジが付いているので、革靴を履きなれない人にもお勧めですね。

雨の日が続く今の季節に、持って来いの靴だと思います。

革も傷つきにくいので、ガンガン履きこめそう。

履いて味が出る靴というわけではないので、セカンドシューズにいかがでしょうか?

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Yarmo(ヤーモ)のHerringbone Work Coat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「金型の日」だそうです。

金型→下請け→製造業→下町ロケット・・・

最近知りました。下町ロケット。遅いか!?

 

なんにせよ、日本のモノづくりにスポットが当たるのはいいですね。

昨日のガイアの夜明けも京友禅に町工場。

ウチの店で仕入れている服も、京都の職人さんが引退したら作られなくなるネクタイもありますし、

職人さんの減少や高齢化で作られなくなるような、絶滅に危機に瀕した革靴もたくさんあります。

もし俺も自分のお店がつぶれたら、職人になるかもしれません。

 

所詮はセレクトショップなんて、誰かが作った物を仕入れて売るだけ。

他人のふんどしで相撲を取っている感は否めません。

だから、自分の手で生み出すことができる職人という方には、畏敬の念を禁じえませんね。

 

 

 

じゃあセレクトショップの意味はというと、やはり編集能力なんですかね。

そう思っているので、diariesのブログは長くなるのです。(長ければいいってもんじゃないけど)

伝えたいことがたくさんあるからね。

 

 

そんな感じで。本日もよろしくお願いします。

ドウゾ!

work coat (1)

【ブランド】Yarmo(ヤーモ)

【アイテム】Herringbone Work Coat

【価格】¥29,160-(税込)

【コメント】

まいどおなじみYarmoから、ショップコート的アイテムのWork Coatが届いています。

work coat (6)

定番すぎてサボってましたが、たまにはブランド説明しときましょうか。

———-

Yarmoは、イギリスのグレートヤーモスにて1898年創業。
インダストリアルワークとマリンウェアーを中心に、 Yarmoネームで国内販売されています。

また、英国国防省を始め、オイルメーカーの「BP」「SHELL」、
医薬品の「PHIZER」などにもユニフォームを提供しています。

現在、欧米のワークブランドが第三国生産や日本国内でのライセンス 生産に切り替わる中、
Yarmo製品は全て、英国のグレートヤーモスの自社工場で生産を行っています。
英国国内で100年以上の歴史があるワークウェアーメーカーとしては大変貴重なファクトリーです。

最近では、ロンドンのドーバーストリートマーケット内にある
「LABOUR AND WAIT」のコーナーでも取り扱いを開始しました。

———-

そういやPHIZERがM&Aで世界最大の製薬会社にというニュースが流れたばかり。

それで本社をアメリカからアイルランドに移すとか。

そうしたらYarmo大量受注か!?!?!?頑張れヤーモ!そしてもっと安くなれ!

というのは私の願望ですが、もともとコストパフォーマンスに非常に優れておりますからね。それは酷ってもんでしょう。

 

そんな話は置いといて、今季のワークコートはヘリンボーン。

work coat (3)

ツヤッツヤのヘリンボーンではなく、ウールとリネンを混紡したヘリンボーン。

おかげで最初から毛羽立ち、使い込んだような風合いになっています。

 

実は私、ヘリンボーンが苦手。

いや苦手というよりも、まだ似合わないと思っています。

もうちょっと年をとってからでいいかなと。

配色にもよりますけど、ちょ~っと渋すぎるかな~って。

なのでヘリンボーンのジャケットもパンツも持っていません。

 

じゃあなんでセレクトしたのというと、このワークコートなら適度に着崩せると思ったから。

またこの素材だからですかね。最初からヤレ感が出てるので、若い人にもお勧めできます。

年齢問わず着てほしいヘリンボーンのアイテム。

yarmo-diaries(4)

Hat/Westerlind (Felt Hat) ¥21,384-

Shirt/INDIVIDUALIZED SHIRT (Great American Oxford B/D) ¥25,920-

Knit/Nor’easterly (Wide Neck L/S) ¥14,580-

Pants/Le Labourer (Pants) ¥18,144-

Shoes/Fernand Leather (Middle English) ¥45,360-

ちょっと無難な合わせになっちゃいましたかね?

インナーは真っ黒ではなく、ニットはネイビー(というかPetrelという色)ですけど。

もちろん茶系とも合います。

チラッと裏地が見えてますが、コットンの裏地が付いているので割と暖かく、今の時期にちょうどいいくらい。

work coat (5)

裏地が付いているおかげで、チクチクしないのもいいですね。

また裏地が生成りなので、ヘリンボーンでも重々しくならないのが良いです。ラフに着るのがポイント。

 

で、やっぱりYarmoのコートはよくできてるなと思うのが、

work coat (4)

ワークウェアのくせに特別ゆったり目には作っておらず、日本人の体型にマッチすること。

さらに重ね着しても動きやすいなと思ったのは、袖が前振りで立体的なところ。

ポケットの角度もいいですね~。

yarmo-diaries(1)

ついポケットに手を入れて歩きたくなっちゃいます。

カッチリではなくラフにコートを着たい方にオススメです。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Honnete(オネット) のOversize Trench Coat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「進化の日」だそうです。

先日、DVDでイミテーションゲームという映画を見ました。

感想は置いといて、チューリングマシンというコンピューターの元になった物の存在を初めて知りましたね。

チューリングマシンが誕生したのは、ドイツの暗号・エニグマを解読するため。

そういえばインターネットも、元々は軍事用でした。

洋服の様々なディテールも、戦争により進化したものがたくさんあります。

戦争を肯定するわけではありませんが、なんか人類のDNAに戦争が組み込まれてたらどうしようと思いますね。

 

まあそんなわけで、本日ご紹介するアイテムも、元々は戦争から生まれた服・トレンチコート。

平和を願いつつ、ご紹介させていただきます。

ドウゾ!

IMG_0339

【ブランド】Honnete(オネット)

【アイテム】Oversize Trench Coat

【価格】¥48,600-(税込)

【コメント】

本日はユニセックスアイテムのご紹介です。

毎シーズン気になるトレンチコート。

ウチの店もそれなりにこだわっているお店なので、定番中の定番であるトレンチコートをセレクトするのは、骨が折れます。

しかも、良いと思ったやつは大体高い!

ディテールにもこだわるし、素材もたくさん使うし、高級感を持たせたいしと考えると、

ざっくり10万~20万の間で迷うようになります。なんじゃそりゃ?

そう考えると、これまたリアルな服ではなくなってしまうんです。俺にとってはね。

ちなみに俺が持ってるトレンチコートなんて、ナイロンですからね。

軽さと防風・防水性を考えた結果、ナイロンで十分じゃんという結論に至りました。

 

そんな経緯もありまして、軽く羽織れるトレンチをいつも探しております。

でも決して手を抜いてない物を。

 

ですが、このトレンチコートの印象は、まったく異質な物でした。

IMG_0341

襟の形などはトレンチのそれなのですが、ディテールが一切取り払われている。

これはただ手を抜いたわけではないというのはすぐに分かります。

IMG_0342

このフックボタンを見ても分かる通り、ミニマムを追求したトレンチコート。

 

そしてそれを着てみると、

IMG_0333

まるでローブのよう。

ウエストベルトも、そもそもトレンチコートでも留めないで結ぶ方がカッコいいですからね。

こちらは初めからバックルすら付いていません。

 

トレンチコートは春先も着られますが、

IMG_0337

そんな時は、後ろでベルトを結んであげれば、スタイリッシュに。

 

またトレンチコート自体も、女性の間では割と流行りのアイテムのように見受けられるのですが、

「ベージュのトレンチ」というだけで、なかなか人との差別化を図りにくいアイテムであることも事実。

 

だからこそ、このトレンチらしくないトレンチコートは、人と違うスタイルを楽しめるばかりか、

コーディネートもしやすく、非常に優れたアイテムだと思います。

 

もちろんデザインだけでなく、着心地も良いですね。

IMG_0334

もともと商品名が「オーバーサイズトレンチ」というだけあって、肩を落としてゆったり着る服なのですが、

さらに背中にプリーツを設けて、全くストレスを感じさせません。

 

さらに、このオーバーサイズの抜け感を演出してくれるのが素材。

IMG_0343

素材は綿×麻で、さらにファブリックダイをかけ、初めから使い込んだ雰囲気に仕上がっています。

生地も柔らかく、着た瞬間からその人になじみます。

この素材のお蔭で、ローブっぽい雰囲気が出てますね。

 

合わせる服や、着こなし次第で、野暮ったくもキレイ目にもどちらにも合わせられるコートです。

ぜひオシャレを楽しみたい方に着てほしいですね。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。