BLOG

ZEYBRA(ゼブラ)のSwim Shorts

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「波の日」だそうです。

なんか今のアパレル業界、荒波に飲まれそうな感じ。怖いわ~

 

先日のこと、お客様の会話から自分が昔よく通ったお店を思い出すことになりました。

きっかけは「MATERIAUX(マテリオ)」という、10年前に渋谷のファイヤー通りにあったお店。

テイストはエディフィスとジャーナルスタンダードを足して2で割ったような。

メインに扱うブランドは、アナトミカとオールデン。

今でこそですが、10年いや5年早かったか・・・

こういうコンセプチュアルなお店は、なかなか採算がとれないので、

大手はすぐに路線変更や撤退をしてしまいます。

そして先日のワールドのニュース。

日本のアパレルのトップ企業として君臨してきたあのワールドが・・・

ドレステリアだけは無くさないで欲しいんだけどな~

 

他にも消えてしまった良いお店がたくさんあります。

ビームスの「BE」。俺はビームスプラスより断然BE。

あと原宿にあった初期のあきづ。メイソンディクソンなんかも良かったですね。

 

共通するのはごった煮なセレクトってとこ。

最近のセレクトショップみたいに、ライフスタイルがどうのとか上質な暮らしとかどうでもよくて、

そのお店では「何が置いてあるか分からないドキドキ感」があったんです。

 

俺のベースになってるのって、多分そんなとこ。

 

 

本日ご紹介する商品も、なんだかよく分からないけど面白いから仕入れました。

ドウゾ!

IMG_7853

【ブランド】ZEYBRA(ゼブラ)

【アイテム】Swim Shorts

【価格】¥15,984-(税込)

【コメント】

出ました。派手な海パン。

何年ぶりかな?派手な海パン売るの。

久々にヒットしましたね。デザインもブランドも。

 

といわけで、恒例の新ブランド紹介!

IMG_7863

——————–

ZEYBRA社は、クラン・ゼブラ氏により1962年に立ち上げられたメンズスウィムウェア専門のブランド。

「イタリア製」という伝統にこだわり、素晴らしい夏を過ごしてもらうために高品質な製品を送り出しています。

ZEYBRAのスウィムショーツは、年齢にこだわらず楽しんでいただけるよう、

ベーシックなデザインから斬新なものまで、様々なデザインを用意しています。

——————–

というブランド。

 

男性水着専門!!!

と書くと、パっと見ヤバい感じがしますが、恐るべしですね。どれだけニッチなんでしょう!?

それなのに50年以上も続いているところを見ると、それだけ支持されているんだろうと思います。

ちなみにそのクオリティの良さが評価され、エルメスの水着も手掛けているそうです。

IMG_7862

 

それにしてもこの派手な柄。

まさにこの柄にやられたわけなんですが、おそらく国内でもdiariesだけしか売ってないと思います。

別に大したことではないのですけど。

実は見せてもらったカタログの中に「コレだ!」っていうのが無かったので、

アーカイブを送ってもらい見つけました。

ポイントはここ。

IMG_7854

カエル!!!

カエル柄はヤバいでしょ~~~!

ベースも何気にギンガムチェックですからね。

そこにパープルのなんだか分からない植物。

これ大丈夫かな~と思ったんですが、すでにご覧いただいたお客様にはなかなかの好評。(みなさん変態ですね!)

 

恐らく、エルメスの下請けなんかもこのグラフィックが評価されたのではないかと思います。

IMG_7855

説明を見ると、3Dデジタルプリントがどうのこうのと書かれています。

また素材も当然水着なので、通気性・速乾性に優れているのはもちろん、

抗菌性をも持たせた高機能繊維を使用しているのだそう。

 

そしてやはり「良い物」の凄さ。

これだけ派手にも関わらず、実際に着てみるとなぜかすんなりまとまります。

IMG_7821

短めの丈と太さも絶妙。

IMG_7820

もちろん当店では海で履いていただくだけでなく、街着として提案しています。

 

インナーパンツもついてますが、

IMG_7864

こんなものは切り取って履くのが普通です。

 

このようにディテールもしっかりしており、さらにパーツにもコストかかってますね。

IMG_7861

海パン専門ブランドは、やることが違う!

 

 

そろそろ夏の準備はいかがでしょうか?フェスにもオススメです!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Russell Moccasin(ラッセルモカシン)のSporting Clays Chukka -Triple Vamp-

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「こころの日」だそうです。

さて今日から2015年の下半期スタート!下ですシモ!

私的には今月から2016年春夏物の展示会もスタートするということで、

つまりは休みが月に2日程度になるということです!!!あ~忙しい!

 

知ってました?忙しいって心を亡くすと書くそうです!!!!!へぇ~~~っ!

でもどう見ても「小」と「亡」ですけど。

忙しくたって別に心はなくしません!ちょっとした(小)忘れ物(亡)をするだけです!

俺なんて忙しくないとお店がヤバい!余計こころが荒むわ!!!

忙しいほど研ぎ澄まされていくんじゃ!忙しいくらいで心を亡くしてたまるかよ!

 

というわけで、今日はヒマなので荒れてます。気にしないでください。

下半期は忙しくなるといいな~!

 

 

じゃ、その為の商品紹介。

ドウゾ!

IMG_7848

【ブランド】Russell Moccasin(ラッセルモカシン)

【アイテム】Sporting Clays Chukka -Triple Vamp-

【価格】¥96,120-(税込)

【コメント】

久々に入荷しました。ラッセルモカシンのこのタイプ。

全く同じ仕様の物は、約2年ぶりです。

今まで何度か入荷させられる機会はあったのですが、実は価格の高騰を理由に今まで取りやめておりました。

何でも高けりゃいいってもんではないと思っているので。

 

しかし、ここに来て事情が変わってしまったんです。

先日トリプルヴァンプをご紹介した時に、生産中止になるという内容のことを書いたと思います。

私も半信半疑でした。

しかし詳しくラッセル側の内情を調べてみると、ちょっとヤバい状態になっていることが分かりました。

ヤバイと言っても経営状態ではなく、経営方針が。

長くなるのでここでは書きませんが、もし知りたい方がいたら店頭でのみお答え致します。

 

そんなわけで個人的には絶滅危惧種指定、モンゴルのレッドリスト登録というわけです。

 

それでは、いつまたご紹介できるか分からないので、詳しく掘り下げてみたいと思います。

まずはブランド紹介からどうぞ。

tougue

———————
Russel Moccasin(ラッセルモカシン)は、1898 年にアメリカのウィスコンシン州に設立。
創業者のWill Russell氏が、森林伐採作業を行うきこりのために、ハンドメイドでブーツを作ったのが始まりでした。
そのクオリティーは、すぐに他のハンター達にも評価されるようになり、ラッセル社の評判が広がります。
その後、1920 年代に加わった Bill Gustin 氏の手腕により、
現在の製品群に近い幅広いラインアップが開発・生産されるようになりました。
設立から 100 年以上たった現在でも、昔とまったく変わらない製法で、
少数の熟練した職人によりすべての靴が作られています。
もちろん、ラスト(靴型)の制作、皮の裁断から縫製にいたるまでの全工程が手作業で行われています。
また自分達が作るモカシンシューズに誇りを持って「True Moccasin Construction」(=真のモカシン構造)と呼んでいます。
———————

個人的に、ラッセルモカシンの立ち位置って「孤高の存在」という気がします。
それには何点か理由があるんですが、先ずはモカシンに誇りを持ったブランドというところ。

ラッセルモカシンって、厳密に言うとワークブーツではなく、飽くまでもアウトドアブーツの部類に入ると思うんです。
例えるならレッドウイングよりもダナーに近い存在。
だけど、ダナーみたいにハイテク素材に走らないところが、ラッセルぽいなーと思うんです。

またモカシンシューズのメーカーだと、よく知られるミネトンカとかクオディ、J.L.クームス、アローモカシンなど
様々なブランドがありますが、どれもインディアンインディアンし過ぎてて、コーディネートが限定されてしまうんですね。

(ちなににクームスってのはこんなの。もう無いブランドだけに、見かけたら即ゲットしたい。)

coooms

さらにモカシンシューズって、日本人にとって馴染みが薄いのか濃いのかよく分からないところがあって、
このモカシン独特の縫い目が苦手だったり、おっさんくさいと言う方もいれば、
若いころ履いたけど、もう履かないよねとおっしゃる方もいます。

そんな中、モカシンにプライドを持って、ローテクな技術で作り続けるラッセルモカシンは、孤高の存在だなと思うんです。

そして、ラッセルが孤高の存在と思える、もう一つの理由はその製法。

キーワードは「ダブルヴァンプ」または「トリプルヴァンプ」。

ここからいきなりラッセルモカシンの核心に入ります。

先ずは、ラッセルモカシンの靴の中を見てください。

trun

内側のレザーが、ぐるっと足を包み込むように貼られているのが分かりますか?単純に縫い目が見えません。

それでは普通のモカシン(私物のQuoddy)の靴の中です。

mocca

普通はこうですよね?ヴァンプ(甲)と全体を包む2枚の革で構成されているのがモカシンですから。
(※Quoddyクオディだって、立派なモカシンシューズメーカーですよ!)

まさにこの構造こそがラッセルモカシンの真骨頂だと思うんです!
ラッセルはこれらを「True Moccasin Construction」(=真のモカシン構造)と呼び、
自分たちの作るモカシンこそが、真実のモカシンなんだと言ってるんですね。

そして今回入荷してきたトリプルヴァンプは、その中でも最高峰の作りになっているんです!

ラッセルのホームページにはこんなイラストもあります。

const

左から、「シングルヴァンプ」「ダブルヴァンプ」「トリプルヴァンプ」。
シングルはよくあるモカシンですが、靴底が付いてるだけでも素晴らしいです。
で、次にダブルと来るんですが、本当はシングルヴァンプとダブルヴァンプの間に
「ダブルモカシン」っていうのもあるんですが、後ほど紹介するのでお待ちください。

ダブルヴァンプになると、足をぐるっと覆う革があるのが分かります。
さらにトリプルになると、ダブルのさらに外側に「モルデッドソール」という革が付くんですね。
ちなみにこの下の革の部分。

IMG_7850

なんでここまでやったかって、防水性と耐久性を高めるため。

そんだけ。。。

HPを和訳して隅々まで呼んでも、それ以上の理由が見えて来ません。。。。。

でもたったそんな事までのために、ハイテク素材を使わずここまで頑張っちゃう、
不器用でちょっとおバカなアメリカがたまらなく好きなんですよ!!!

ぶっちゃけ!こんなに革を重ねたら重量も相当なものになるし、重いなんてのはアウトドアで致命的ですから!
だからラッセルモカシンファンの中には、トリプルヴァンプ派とダブルヴァンプ派がいるそうです。

確かに、軽さと耐久性のバランスはダブルヴァンプの方がいいかもね?
そうそう、展示会ではメーカーさんが分かり易くディテールを説明する為に、大事な靴をぶった切ったサンプルがあるんです。

トリプルヴァンプの断面図。

triple

ダブルヴァンプの断面図。

dv

シングルは普通のモカシンなので割愛。
そして、シングルとダブルの間には「ダブルモカシン」という構造もあります。
その断面図がこちら。
dm
トリプルヴァンプでも使われているモルデッドソールを追加してあります。
このダブルモカシンなんかは、ラッセルの中では比較的手ごろなので人気がありますね。
以上の製法が、True Moccasin Constructionを称するラッセルモカシンの矜持ってわけです。
True Moccasin Construction=TMC(←言いたいだけ)
そしてレザーはおなじみクロムエクセルレザー。

molded

ホーウィン社のクロムエクセルレザーは、原皮を「コンビなめし」という方法でなめし、
牛脂、蜜蝋(みつろう)、魚脂など数種類のオイルを塗りこみ浸透させた独特の牛革です。
油分が多い為、革の表情にムラがあり水にも強く、使い込むほど味が出やすい素材です。

 

そして2年前にお買い上げいただいたお客様の経年変化です。

fki

エグイッ・・・
ヤバいツヤ出してます・・・
個人的に、クロムエクセルレザーにはビーワックスをお勧めしております。
そして、なんと昨日新しいビーワックス&オイルが届きました!!!
IMG_7851
おそらくもっともクロムエクセルレザーに合うと思われます。(届いたばっかりでまだ使ったことないので)
IMG_7849
もはや幻と言ってもいい5アイレット。
それではまた。お店で会いましょう。

 

BASIS BROEK(バージスブルック)のLANA

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「トランジスタの日」だそうです。

清志郎さん。今年は苗場でお会いできそうにありません。またいつか、どこかで。

 

最近ブログが滞りがちですが、何をしていたかというと、、、

100km

100㎞走ってました~

1年ぶりくらいです。1か月に100㎞。いや、練習だけで100㎞は初めてかもしれない。

これまでは、途中にレースや遊びで水戸まで走ったの含めての100㎞だったので。

そしてさらに今回、全てベッドロックでの練習でした。これも初めて。

辛い時はランシューに逃げてましたから~

それなりに筋肉も付いてきたのでしょう。特に故障もなさそうです。

 

しかしもう3年も走っている割には、スピードが上がりませんね。

それなりに走っていれば1kmあたり6分そこそこで走るでしょ普通。

体重が・・・減りません・・・体脂肪率25%(軽肥満)・・・

 

「逆に考えるんだ。増えちゃってもいいさと考えるんだ」

 

そう。むしろ脂肪という負荷をかけて俺は走るんだ。

その方が筋肉もつくじゃあないか。

痩せちゃったら結構速いよ!多分!本気出しちゃったらヤバいから!

俺はまだ本気を出してないだけ・・・俺はまだ本気を出してないだけ・・・

 

それにしても何がすごいって、実は一緒に走っているウチのココちゃん。

11402992_844413345635842_2526854307640828876_n

息を切らすことなくついてきます。見た目は俺が散歩させられているか分かりません!

 

まあ来月は80㎞くらいにしとこうかな。お店にいても眠いし。。。業務に支障をきたすし。。。お寿司

 

 

じゃ、今月もお疲れ様でした!商品紹介でっす!

ドウゾ!

IMG_7842

【ブランド】BASIS BROEK(バージスブルック)

【アイテム】LANA

【価格】¥12,960-(税込)

【コメント】

バージスブルックから届いたショーツです。

昨年も同じ品名(LANA)のショーツをやってましたが、デザインがガラッと変わっています。

ウエストがヒモじゃなくなりましたね。すっきりとした上品なデザイン。

でも後ろから見てみると、、、

IMG_7843

 

こっちにはギャザーが入っててセミイージーなデザイン!

 

前身ごろはスッキリと、後ろはイージーという作り。これは・・・

IMG_7844

思わずMOCEANを彷彿とさせます!!!

モーシャン以外のブランドがやると、それはそれで面白いですね。

特にバージスでいつもセレクトしてしまうこの生地はコットン×シルクのため、上品さが際立ちます。

IMG_7845

シルエットもショーツのくせに結構テーパードが利いててすごいですね。

 

というわけで、合わせ方もちょっとキレイ目に仕上げたくなります。

IMG_7847

シルクの光沢を活かしたいので、あえて無地ばかりで合わせました。

ジャケットはリネン、シャツはコットン、パンツはコットンシルク。ブルーを基調としたレイヤードで。

 

ここんとこ梅雨寒のおかげ?か、過ごしやすいので洋服も楽しいです。

猛暑が来るまえに思いっきりファッションを楽しみましょー!!!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

The Superior Labor(シュペリオールレイバー)のCozy Hat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「パフェの日」だそうです。

パフェの意味はParfait(フランス語)=Perfect(パーフェクト)=完全。

完全体食物!?

パフェだけ食ってれば大丈夫ってことです。糖分を取れ!取ってしまえ!!!

 

 

ブログを更新しないで何をしていたかというと、

11000185_843499025727274_6621453496467157456_n

先日の休みの日に「攻殻機動隊 新劇場版」を見てから、またDVDを最初から借りて見てました!

つくばだとつくばイオンでしか上映してないのですが、

初めて行ったんですけど画面でかいし音良すぎだしすごかったですね。コーネリアス!

一番驚いたのは、俺ら夫婦含めて4人しか観客がいなかったこと!!!!!

ほとんど貸し切りですわ!

ジャパニメーションは応援したいし、大人で賑わう映画館もあって欲しいので、是非皆さんもいってみて~!

この映画を見たことない人のために、念のためストーリーを詳しく書いておきましょうかね?

やっぱりめんどくさいのでやめときます。(そういう問題ではない。)

 

 

じゃ、ちゃんと商品紹介します。

ドウゾ!

IMG_7834

【アーティスト】The Superior Labor(シュペリオールレイバー)

【アイテム】Cozy Hat

【価格】¥8,424-(税込)

【コメント】

なんか最近ハットの動きが良いです。

ご紹介前にすでに完売してしまたアイテムも何種類かございます。ストローハットとかも。

こちらも届いたばかりですが、まだ在庫があるうちに紹介しておきます。

IMG_7840

 

恐らく、シュペリオールレイバーのハットの中で、いやdiariesで扱う帽子類の中でも、

一番ロングセラーな帽子だと思います。それがこのCozy Hat。

主張しすぎなくかぶりやすく、ディテールにもこだわっており、洗濯などのメンテナンスも楽。

なるほどロングセラーの理由が分かります。

 

それでは細かく見ていきましょう。

IMG_7839

個人的にコージーハットの好きなところが、このレザーのパイピング。

ウォッシャブルレザーを使用しており、洗濯機で丸洗いできるんです。

そのままカスカスに乾いたままボロボロにしてかぶってもいいし、クリームを塗ってあげて大事にかぶってもいいと思います。

やっぱり夏は帽子があった方が涼しいし、Tシャツだけじゃなくこういうアイテムをちょっとプラスすることで、

気だるい真夏でもおしゃれを楽しめますね。あとはちょっとだけどレザーの存在感。

それは見た目もさることながら、帽子を脱いだりかぶったり、手で持った時も幸せになります。

物足りなさを感じさせません。

 

今回は生地もパンチが利いてますね。

IMG_7841

太ボーダー

IMG_7838

まあきれいな4枚ハギ。

IMG_7837

おなじみ真鍮のプレートもアクセントに。

かぶってみるとこんな感じです。

IMG_7825

杢っぽい、かすれたボーダーがちょうどいいみたい。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

 

インディアンジュエリー入荷のお知らせ。

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ドレミの日」だそうです。

ドは「怒り」のド・・・・・怒怒怒怨怒怒

エンドユーザーのことを考えない営業担当さんにちょっと喝。

私もたまには怒ります。いやむしろ闇の力が大半を占めてます。

シロかクロかでいったらクロですね~!安心安心!

 

怒りをエネルギーに変えましょう!うぉぉぉぉ!!!!!

 

 

 

 

じゃ、今日はものすごい勢いで商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_7807

【アーティスト】Bruce Morgan(ブルースモーガン)

【アイテム】Silver×Gold Bangle

【価格】¥35,640-(税込)

【コメント】

久しぶりの入荷になります。ブルースモーガンのバングル。

IMG_7808

ブルース・モーガン氏は、1970年にはシルバースミスとして活動をスタートした、ナバホ族のベテランアーティスト。
シルバーにスタンプといった一般的なナバホ族のデザインだけでなく、
ゴールドなども使い高級感のある作品もあるのが特徴です。
シンプルながらも、キャリアが醸し出す奥深く味のある雰囲気が魅力。
またモーガン氏は、カウボーイという顔も持ちあわせています。
昨年あたりから、モーガン氏の作風がどんどん広がりを見せており、
ここにきてこれからの活躍が楽しみなアーティストの1人です。
シルバーとゴールドの組み合わせだけでなく、直線も曲線もなんでもこなせるのは、さすがのベテランアーティスト。
しかし、他の同じくらいのキャリアの方と比べると、ベテランなのに比較的買いやすいのも魅力です。

こちらのバングルはセンターに14金を配し、サイドをナバホ族の伝統的な技法であるチゼルワークで仕上げました。

一見するとモダンなデザインですが、インディアンジュエリーらしさを感じながら、

あらゆるコーディネートに合わせやすい雰囲気になっています。

レザーブレスと重ね付けするのもいいですね~!

 

 

そして俺の怒りはこんなもんじゃありません!

次!

IMG_7813

【アーティスト】Isaiah Ortiz(アイザイアオルティズ)

【アイテム】Contemporary Ring

【価格】¥43,200-(税込)

【コメント】

こちらのリングも先週完売したばかりなのですが、今回の買付分に1点だけあったので、

これはもう運命か!?と思い即ピックアップさせていただきました!!!

本当にこればかりは常に店頭に並べて置きたいと思うジュエリーなんです。

実際に取り扱っているお店もかなり少ないですからね。(と書くと増えてしまいそうですが・・・)

 

こちらのリングは、少数部族のサンフェリペプエブロのアーティスト・アイザイアオルティズの作品。

IMG_7815

アイザイアの作風は、伝統的というよりもContemporary(コンテンポラリー=現代的な)というデザインの部類に属しています。

だからアイザイア独自で生み出した、そのクリエイティヴィティに敬意を表し、セレクトしています。

しかし、全く奇をてらったものではなく、インディアンらしい精神性が含まれているんです。

それは、

a0136223_16383623

この一見ランダムに切り出された線は、実は雨の情景を落とし込んだものなんです。

もちろん雨を選ぶことにも意味があり、雨は作物の豊作をもたらすので、恵みや幸運の兆しを表しているんです。

 

またこのとげとげしいデザインながら、指に付けてみると驚くほど付け心地がいいことに皆さん驚かれます。

そこにはアイザイアの優しさすら感じるほど。

ぜひお試しください。

 

 

そろそろ私の怒りのパワーも尽きてきました。

これで気が済むでしょう。

ドウゾ!

IMG_7809

【アーティスト】Jason Takala(ジェイソンタカラ)

【アイテム】14K Maze Ring

【価格】¥73,440-(税込)

【コメント】

前々回のインディアンジュエリーフェアで、個人的に購入したジェイソンタカラのメイズリング。

なんかね、本当に気のせいかもしれないんですがね、

このリングを付け始めてから上手く進み始めた気がするんです。

いや全く個人的なことなので、真に受けてほしくはないのですが。

そんなスピリチュアルな売り方もしたくないで寿司!

 

まあでも、どうせいつかどこかのインディアンジュエリーフェアで売れてしまうなら、

diariesのお客様の手に渡って欲しいと思ったんです。

 

インディアンジュエリーに興味を持ち始めた頃から、なぜかホピのジュエリーは手が届かなくて。

そのデザイン・技法には、ちょっとやそっとじゃ触れられない。そんな思いがありました。

 

そしてホピと言えばメイズ。メイズと言えばタカラ。

Maze=メイズはそのまま迷路という意味ですが、それは人生を表し、

様々な迷い・困難・重大な選択に直面するが、いつかはゴールにたどり着けるという意味が込められています。

 

こと経営者にとって、人生における全ての選択が経営判断に直結しますからね。

このリングを買ったときは、もうすがる思いでしたよ!!!そんなんじゃ経営者失格ですけど!www

 

そしてメイズ意外にも2つのモチーフが刻まれています。

IMG_7810

渦巻き模様は水。

およそ全ての動植物に必要な水。そして過酷な環境で生きるホピ族にとっても、大変希少な存在。

大地を潤し命を育む水は、生命の象徴なのです。

 

そしてその間にはフォースター(=Four Star)。

これは私の勝手な見解ですが、このフォースターは運命の大地を表しているのではないかと思います。

ホピ族は、もともとフォーコーナーズという土地に住んでいました。

フォーコーナー=Four Corner。

それはユタ州・アリゾナ州・コロラド州・ニューメキシコ州の4つの州が、1点で交わるアメリカでも唯一の場所です。

フォーコーナーズは、攻め込んできた白人たちすら不毛の大地とみなし、

ホピ族はその場所に2000年以上も住み続けてきました。

 

だから、この水とフォースターの組み合わせのリングには、

先祖が大事にしてきた大地に根を下ろし、生命を育んでいこうというメッセージが込められているのではないかと思っています。

 

平穏な、安定した人生ってとこかな~?

 

 

今回の入荷は以上です。

少ないですが、私も1つ1つ吟味して、思いを込めてセレクトしているので、これが限界です。

また次のインディアンジュエリーフェアの日程も決まっていませんので、

お問い合わせいただいてもお答えすることはできません。

とりあえず、私のお気に入りのジュエリーをご紹介させていただきました。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。