BLOG

Au Garcons(オーギャルソン)のDanny

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「服の日」だそうです。

まあ、肉の日でもいいですけど。

 

何はともあれ、今、服に夢中です。

なんか雑誌のキャッチコピーみたいです。

でも最近、服が本当に楽しくてしょうがない。

多分きっとそれは「仲間」が増えたからだと思うんです。

仲間=お客様。

価値観を分かち合える仲間。

 

 

やっぱり自分を分かってくれる人がいるってのは心強いです。

全てのお客様へ、本当にありがとうございます。

 

まだまだ楽しめると思いますので、どうぞ長いお付き合いの程、よろしくお願いします!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

au garcon shirt (1)

【ブランド】Au Garcons(オーギャルソン)

【アイテム】Danny

【価格】¥21,600-(税込)

【コメント】

続々と新規取扱いブランドが届いております!

まずはブランド紹介からどうぞ。

h1_logo

———-

1952年、フランス・シャンパーニュ地方の田舎町に小さなワークウェア工場が誕生しました。
2008年の工場閉鎖に至るまで、一貫してオールドフレンチのワークウェアにこだわって制作をつづけてきました。
現在は創業当時からの多くの資料や古い型紙などが、創業者の孫・ドミニクによってアトリエで大切に保存されています。
「AU GARÇONS」は、それらの残されたアーカイブストックを参考にしながら新たにフランスのアトリエで企画され、
日本国内で制作を行う普段着のワークウェアブランドとして2013年にスタートしました。

———-

というブランドになります。

実はこのブランド、当店で取り扱っているDaily Wardrobe Industryと同じデザイナーさんが手掛ける別ブランド。

デイリーの方がアメカジベースのデザインに対し、こちらはフレンチベースのデザインといったところでしょうか。

ですので、作りや着やすさという部分は、もう安心してもいいと思います。

またブランド説明を読むと2013年から始まっていますが、こっちも広げるとどちらも中途半端になりそうだったので、デイリーの方に注力してきました。

しかし、今回届いたシャツの圧倒的存在感にヤラレ、思わずつまみ食い。。。

オーラが違いますよ。

au garcon shirt (2)

それもそのはず。

実はこちらのシャツで使用している生地は、なんと1950年代のデッドストック生地。

それをフランスのシャンパーニュ地方にある小さなワークウェア工場で縫製したもの。

現代によみがえったフレンチヴィンテージと言っても過言ではありません。

また、シャツにはレギュラーカラーのタイプもあったのですが、ヴィンテージファブリックという部分を考えバンドカラーのタイプをオーダー。

素材は綿100%ですが、昔の生地ならではの質感。ゴワゴワガサガサとした感触はリネンのよう。

これから暑くなり汗ばんでくる程、この肌触りはヤミツキになることでしょう。

またこの独特の生成りのナチュラルな色も、洗いこむ程に生成り(Ecru)から白(White)に近づいていくとか。

現代の素材には見られない独特の経年変化ですね。

 

経年変化という部分では、この素材にこの縫製も。

au garcon shirt (8)

2本針で巻き縫いの幅も広く、さらには運針数も粗く。

これでよりパッカリングが楽しめます。

 

不思議なディテールもたくさん。

au garcon shirt (3)

特にシャツのカフが凄いことになってます。

分かりにくいですが、剣ボロを取り外したような簡素なカフ?カフじゃないよね?なんなの?詳しくは店頭で!

 

謎のディテールはまだまだ続きます。

au garcon shirt (5)

わきの下の両サイドにステッチが、、、

au garcon shirt (6)

なんと!?なぜかシャツの内側の両脇にポケットが隠されていました。

でも特に意味は無いそうです!www

ポケットに何か入れても取り出しにくいし、第一着心地悪いよねー!

とはいえ、こういうトマソン的ディテールには弱いですね。

俺が携帯なんてしまった日にゃ、防水機能ないとワキ汗で壊れます。

でもこの本気で遊んでる感じが最高です。

diariesに置いてあるようなトラディショナルなブランドにはできない芸当。

 

しかし、このポケットのステッチのお蔭で、表側の身頃にもパッカリングが生まれ、独特の表情をもたらしてくれると思います。

これぞ「楽しい服」。見て楽しい着て楽しい。

シーズンはまだ始まったばかりですが、今季もdiariesのラインナップは楽しそうだなと予感させてくれる1着ですね!!!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

WORKERS(ワーカーズ) のBlazer

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「北方領土の日」だそうです。

北方領土と聞いて思い浮かぶのは、北方謙三。

いや北方ってだけなんですけど。

岳飛伝まだ続いてますね。

完結するまで読まないのは、続きを覚えていられないから。

アホですか。そうですか。

 

さて、ブログの更新が滞りがちなのは、決してお店が忙しいわけではないのです。

確定ナントカを進めたり、秋冬のオーダーを決めていたり、数字が苦手・大嫌いな私には、正直辛い時期でもあります。

バジェットなんて気にせず、ポポポポ~ンとオーダーキメたいですけどねーーーーー!!!!!

 

とりあえず俺にできるのは、服のことを訥々と語るのみ!

じゃ、本日も宜しくお願いします。

ドウゾ!

workers blazer (1)

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Blazer

【価格】¥35,640-(税込)

【コメント】

そろそろこういうアイテムもちゃんと着こなしていきたいですね~。

私も入荷を心待ちにしておりました。

昨年はブログ紹介後にすぐ完売してしまったアイテムでしたので、当然私も買い逃し、今季やっと手に入れられそうです。

 

こちらはおなじみワーカーズのブレザー。

workers blazer (2)

素材は春夏用なのでウールトロピカルです。しかもウール100%。

ポリエステルが入らないウールトロピカルってだけでも特筆ものです!!!

この素材は、「じゃりっとした手触りの強撚した糸で織ることでシワになりにくく、

アイロンの上記をあてるとシワが伸びやすい」生地に仕上がっているそうです。

 

もちろん背裏(背中部分の裏地)はありません。

ただし、袖裏にはキュプラの裏地を貼り、摩擦が少なくなるため動きやすくなっています。

workers blazer (9)

 

この「動きやすい」ってところは他のディテールにも言えることです。

全体的なシルエットもややゆったりしていて、リラックス感があります。

もちろんシルエットが崩れているわけではないのでご安心を。

 

胸ポケットも斜めで、フラップポケットも全て人間の腕の動きに沿うよう配置されています。

ジャケットなので物を入れると生地が伸びちゃうので、入れる入れないは別として、

斜めのバルカポケットや、やや外側についたフラップポケットなど、

カッチリしたブレザーとは違い、結果的に独創的なデザインになっているのがカッコいいと思います。

workers blazer (4)

 

ちなみにボタンは、昨年の秋冬でご紹介した同ブランドのPrisoner Coatでも使わていた

workers blazer (3)

1812年から続くアメリカのウォーターベリー社というメーカーから取り寄せた物を使っています。

 

そしてこれを見といて欲しいというディテールがもう一つ。

workers blazer (10)

普通はジャケットの中に隠れている「毛芯」を見ることができます。

これだけイージーなジャケットにも関わらず、ここまで細かく作ってくれるワーカーズさんには脱帽します。

 

ちなみに毛芯をざっくりと説明します。

ジャケットなので当然ある程度は構築的になってきます。

そしてメンズのジャケットで大切なのは肩や胸まわり。威厳を持たせてくれるといえばイメージが付きやすいでしょうか?

その為にスーツなどのジャケットには、形を保ってくれるよう生地の中に「芯」を仕込みます。

ですが一般的には「接着芯」というものが多く、安いスーツならまだしも高いスーツでも割と見かけます。

接着芯は、経年劣化後のはがれや通気性の悪さなど、コストを抑えられる売り手にとってはメリットはあっても、買い手にとってはん~ちょっとなという感じ。

その点「毛芯」にした場合、接着せずとも毛(主に馬の毛)が柔軟に体にフィットし張りを持たせてくれ、

さらには接着剤を使用することもないので、通気性も保たれるのです。

 

かゆいところに手が届くモノづくり。それがワーカーズの真骨頂だと思います。

workers blazer (7)

合わせは、ジーンズやチノパンでカジュアルに。足元ローファーだったら最高ですね。もちろん白のオールスターなどで外すのも面白いと思います。

ちょうど3月4月は行事が多い時期ですので、お子様の入学(入園)・卒業(卒園)式などに着ていくにも良いと思います。

ドレッシーに着たい時はグレーのスラックス、さらにウイングチップのブローグシューズだったらヤバイです!

子供の頃、オシャレなお父さんって憧れたな~。

 

 

実は一度サイズが欠けてしまったのもあるのですが、

ワーカーズさんから欠けた分を送ってもらいましたので、今なら全サイズ揃っています。

36(S)から42(XL)まで。

よろしくお願い致します。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

U.S.NAVY Salvage Smock Parka (1940’s Dead Stock)&Royal Navy Ventile Windproof Trouser

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「笑顔の日」だそうです。

おもわず笑顔がこぼれる。そんな瞬間ってありますよね。

最近のその瞬間がこちら。

1781889_945108055566370_3243660601681558241_n

このフタをパカっと。

12654161_945108052233037_3690733473875897068_n

なかなか買えないゼリーのイエのゼリー詰め合わせが買えた!!!

以前はつくばから車で30分ほどの守谷に支店があったのですが、ほどなく撤退してしまいもう食べられないと思ってました。

またこれがもうすごい人気で、

ネットショップでは常にTwitterをチェックし、常にアカウントをログイン状態で準備してても、

それでも秒で売り切れるから買い逃すこともあるそんな代物。

1年に1回食べられるかどうかの、本当に美味しいゼリー。

賞味期限は4日間。朝と夜の幸せ。。。

ゼリーがこんなに美味しくなるなんてね。

みなさんも是非!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

 

IMG_0938

【アイテム】U.S.NAVY Salvage Smock Parka (1940’s Dead Stock)

【価格】¥32,400-(税込)

【コメント】

前回のブログもスモックでしたが、今回もスモックです!スモッグじゃなくてスモックね!

スモック推しかと聞かれれば、そうなのかそうでないのか自分でも分かりません。面白いアイテムだとは思いますけど。

今回はホントにたまたまなんですけど、イギリスのファクトリーブランドのスモックをセレクトしてたら、

今度は買い付けでアメリカ軍のスモックが出てしまったという状況。

ヨーロッパ買い付けでアメリカの名品が出る。ウケますね。

結果的にスモック推しということになるという、ちょっと面白い現象だと思います。

なので改めて、diariesはスモックを推してます!!!

 

というわけでコチラの商品は何かというと、

IMG_0943

日本ではSalvage Parkaなどと呼ばれております。

もともと特殊処理班や救助部隊が着るものなのでサルベージという名前がついています。

このフード部分には、例えばガスマスクなどを装着した場合に密着させることができるよう、様々なギミックが施されているんです。

IMG_0947

フードの口を締めたり、

IMG_0948

首元を締めてずれないようにするためでしょうか?

 

ちなみにアメリカでは、Gunners(砲撃手)とかSnow Parka(雪用)と名前が付けられている場合もありますが、

結局本当のところは詳しい資料がないので分かりません。すいません。

 

ただ「服」としての佇まいは非常に魅かれるものがあります。

IMG_0945

さらに真っ白というのが存在感を引き立たせています。

 

しかもこれが1940年代のデッドストック。

約70年前の物がこの状態で残っていることはそうそうありません。

実は6着ほどまとまって見つけたのですが、シミが無い物はこの2着だけでした。

 

デザイン的には、このポケットの配置もカッコいいですね。

IMG_0940

物を取り出しやすく、斜めに付けられています。

そして右胸のポケットにある3本のステッチ。

IMG_0941

これはサイズを表しているそうです。1本がSなので、この3本はLサイズ。

もちろん大き目にバサッとかぶってください。

キリッとテーパードが効いたパンツを合わせて、メリハリの付いた着こなしがお勧めです。

 

春先にお勧めのアウターですよ!

 

 

さらにまだまだスモック推しが続きます!

IMG_1009

【アイテム】Royal Navy Ventile Smock

【価格】Thank you sold!!!

【コメント】

出ました。ロイヤルネイビーのベンタイル生地スモック。

こちらは・・・と書いている間に売れてしまったので、また仕入れて来た時に(もう無理かも・・・)説明しようと思います。

 

ですがコチラはまだありますよ!!!

IMG_1154

【アイテム】Royal Navy Ventile Windproof Trouser

【価格】¥37,800-(税込)

【コメント】

こちらも状態は「ほぼデッド」!

IMG_1155

しかもオリジナルのサスペンダー付きでございます!!!

さらにはサイズ1!!!

IMG_1160

最小サイズになるのですが、このパンツはオーバーパンツ(パンツの上に履くパンツ)なので、

これでもウエスト90㎝オーバーとなっています。

なのでウエストをギューッと絞ってワイドパンツのように履いていただくようになりますかね。

私も履いてみたのですが、股上が深く極太のストレート。

思わず「テンダーぽくていいな・・・」とつぶやいてしまいました。

 

またそそるディテールも満載でございます。

IMG_1157

イギリス軍のバトルドレストラウザーなどにも見られるこのポケットの付き方。アシンメトリーがたまんないすね。

あと股の部分のやたらデカいボタンフライというかフラップも。

IMG_1159

先ほどテンダーだなんだと書いてしまいましたが、

奇しくもこちらはサスペンダー付きということで、今度はサスペンダー推しになってしまいそうです!!!

 

 

スモックとサスペンダー。是非是非皆様もトライしてみてください!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

LE TRICOT DE LA MER(ルトリコドゥラメール)のFisherman Smock

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「大豆の日」だそうです。

年の数だけ豆を食べると言いますが、38粒とか正直きついわ。。。

そうそう、私38歳にして初めて喘息と診断されてしまいました。

ちょっとお客様の前でも咳が出てしまうのですが、風邪ではないのでご容赦下さい。

厄年が近づいてくると、体って変わって来ちゃうんですね~!怖い!

 

そんな私ですが、ベルギーから帰って来てから1日たりとも休むことなく、明日もせっせと展示会周りでございます!

なので明日は店休日ですのでお間違いのないよう。

展示会は先週から始まってますけど、いきないエグイの見つけてしまって困ってます。

俺は買いますけど、みなさんはどうでしょう?といっても画像は載せられませんが。

店頭でならご覧いただけるので、既に次の秋冬が気になる方、または買い逃したくない方は聞いてください。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0969

IMG_0976

【ブランド】LE TRICOT DE LA MER(ルトリコドゥラメール)

【アイテム】Fisherman Smock

【価格】¥9,612-(税込)

【コメント】

久々のルトリコドゥラメールから。

IMG_0975

まずはブランド紹介からどうぞ。

———-

1980年にイギリス・ノッティンガムシャーで創業したメーカー。

紡績から編み立てに至るまで、全てを自社工場で一貫して生産でき、MADE IN ENGLANDにこだわり続けています。

創業当初は、スクール用のニットを主に手掛けていましたが、

現在はミリタリーやワークウェアをモチーフにしたニットを中心に、企画・生産しています。

———-

というブランド。

diariesではガンジーセーターのブランドとして覚えている方も多いと思います。

実は結構なんでも作れちゃう、面白いメーカーなんです。

 

でもこれまではニットしかやってこなかったんで、春夏のセレクトは初めてかも?

届いたのは、ツイル生地のスモック。

IMG_0977

入荷早々お客様には、「これ何ていうジャンルの服ですか?」とよく聞かれます。

たしかにメンズでは「スモック」というのはあまりないかもしれません。レディースでは普通ですよね?

でもスモックを日本語にするのは難しいな。

強いて言えば、、、割烹着!?

でもな~割烹着じゃイメージがな~

 

そんな話は置いといて、そもそもスモックてのは農作業をする人たちから始まったものだそうです。

なので立派なワークウェア。汚れてもいいように、ガバッと着るんです。

ちなみに商品名は、Fisherman Smockなので、こちらは漁師が着ていたスモックってところですかね。

 

だから、このブランドが作ったからかどうか知りませんが、ガンジーセーターと共通する部分が非常に多いんです。

IMG_0973

ネックの両端に設けられたガセットとか、

IMG_0978

この直線的な袖付けもそうですね。

 

やっぱりガンジーセーターは、独特のシルエットなので着てて面白いんです。

だからあの感じを、春も夏も楽しみたいなって方にオススメしたいですね。

ショーツと合わせるのもいいと思います。

 

そうそう、ガンジーセーターと違うところとすれば、

IMG_0974

背中に設けられた大ぶりなポケットくらいですかね。

このシンプルさがワークウェアらしいです。

背面にポケットといえば自転車用のウェアに多いですが、このスモックで自転車てのもカッコいい。

おれはせいぜい缶ビール入れてお花見するくらいです。

 

また、ガンジーセーターと同じようなシルエットということであれば、前後関係なく着てもいいと思います。

なのでポケットを前に持ってくることもできますね。

どうせなら前後にポケットを付けてもらって、缶ビールをもっといっぱい運べるようにしてほしかったです。

来年は別注するか!(と、今日Wナベさんと話してて思いました。)

Beer Smock作れるかな~ 名前がダサいな~

 

というわけで、是非男性の方にもチャレンジしてみてほしいスモックというアイテム。

サイズはS/M/Lの3サイズ展開ですが、インポート物にしてはそんなに大きくないので、

日本人サイズで考えちゃってOKかも?

なので、Sサイズは女性にもお勧めですね。

ちなみに俺も自分のサイズ=XLをオーダーしたのですが、作ってもらえませんでした。

皆さん、俺の分も洋服を楽しんでください。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Vintage French Hunting Jacket with Animal Button(動物ボタンハンティングジャケット)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「国際航空業務再開の日」だそうです。

戦争が終わり、1954年にGHQから禁止が解かれ、国際航空業務が再開された日だそう。

でも一般の人が海外に行けるようになったのって、それこそ1985年のプラザ合意以降ですよね。

円が1ドル300円台から150円まで下がったこと考えると、とてもじゃないけどお金持ちしか行けなかった。

だから30年前は、僕らが生まれた頃はまだ海外は遥か遠くだった。

それこそ「ニューヨークへ行きたいかー!?」がキャッチコピーになる時代。ウルトラクイズね。

俺らはすごい恵まれてるなって思う。

 

実は昨年の10月に、成田~ブリュッセル便が就航したばかり。

直行便で行けるようになって、すごく近くなった国。

昨日はテレビの未来世紀ジパングで、ちょうどベルギー特集をやってたし、

なんでだろうと思ったら、今年は日本とベルギーが国交を結んで150年の節目らしいです。

夏のベルギーも行ってみたいな。。。外でビール飲みたい。。。。。

IMG_6879

というわけで、本日はベルギー買付分の商品から。

極上のフレンチヴィンテージをご紹介いたします。

フレンチかよ!って言われても、ベルギーは人も物もフランスから流れてくるのでしょうがないんです。

言葉もほとんどフランス語だしね。何言ってるか全然わかんねぇ。

 

じゃ、シルヴプレ!

IMG_0982

【アイテム】Vintage French Hunting Jacket with Animal Button (1950’s~/Dead Stock)

【価格】Thank you sold!!!

【コメント】

フレンチヴィンテージの王道。動物ボタンのハンティングジャケットでございます!素材はもちろんピケ!

IMG_0986

さらに1950年代のデッドストックでございます!!!4つポケってのもヤバイ!

もっと驚くのがサイズ。

メンズのXSでこの状態の物はなかなか見つからないと思います。

身幅も細いので、女性でも着られるサイズかも?

 

ここで「動物ボタンハンティングジャケット」をご存じない方にご説明しましょう。

IMG_0984

動物ボタンハンティングジャケットとは、フランスで着られていたハンティングジャケットでございます!!!!!

それは分かるとして、気になるのはそのボタンですよね。

何やら動物モチーフが多いなとお気づきになると思います。

種類としては、シカ・キツネ・イノシシ・鳥バード・ウサギ・イヌ・ウマなどなど。

これら全てハンティングに関わる動物たちになります。

この動物ボタンハンティングジャケットが見られるのは、1930年代から1960年代にかけて。

恐らくですが、この時代にゲームハンティングをする階級の人たちが着る服なので、

ボタンまで凝るという贅沢な仕様になったのではないかと思います。

 

またこの動物ボタンが素晴らしいというだけでなく、

そもそもハンティングというハードなシーンで着ることを想定しているので、

ジャケットの作り自体も、生地・縫製ともに大変素晴らしいクオリティなのです。

IMG_0987

背中にはゲームポケット。獲物を入れたり地図を入れたり。

IMG_0989

こちらは背裏でブラックコバート生地を贅沢に使用しています。

ホントこのサイズはなかなかないですからねー!

 

そして今回は2着!

IMG_0991

【アイテム】Vintage French Hunting Jacket with Animal Button (1960’s~)

【価格】Thank you sold!!!

【コメント】

こちらは1960年ごろのものになります。こちらはM程度。

IMG_0992

状態は2,3回着用程度。生地が柔らかくなってるので分かりますが、固かったらデッドストックと見間違いますね。

たいていユーズドだと汚れがありますから、これもかなりの美品。

そりゃハンティングジャケットで汚れてないのがおかしいでしょ!?

 

IMG_0995

ちなみにこちらのジャケットは、ボタンがやや小ぶりになります。

その代わりに、動物の描写が細かくなりますね。

1つのボタンに動物だけでなく、植物も描かれるようになったり、犬がウサギをくわえているボタンもあります。

より小さくより繊細に。作り手の魂が感じられます。

 

このシリーズは生地も面白くて、ヴィンテージ感あふれる杢のピケ素材もそうですが、

IMG_0990

裏は起毛してて結構暖かいんです。

これ現代で一から作ったら、えらいコストかかりそうですね。

アパレル業界の人だったら、結構好きな人多いんじゃないかなと思うんですが、

あまり見かけないのは作る(というか商品化?)のが難しいからかもしれません。

だからというわけではないのですが、このジャケットは昔からカルト的な人気を誇るような気がします。

いつかは状態の良いマイサイズを持ちたいと思わせる、ヴィンテージマスターピース。

 

洋服好きの方であれば、きっとこの良さを分かっていただけるでしょう。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。