BLOG

Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)のNew Standard Shirt -round collar-

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「バーコードの日」だそうです。

さて、孤独のグルメが始まりまして、にわかに活気づいております。どこが?腹が!

あの番組を見ると、無性に営業に出たくなるんです。

いつもお店の中にいながら、お客様をいつ来るかいつ来るかと待ち続けるのは辛い事もあります。

特にヒマな時!!!

 

孤独のグルメの魅力ってのは、深夜の飯テロでもなく、料理のウンチクでもないと思います。

 

確かに、あの井之頭五郎さんの数々の名言にあるように、

つまらないオヤジギャグをそっと心の中でつぶやくことはありますが、

営業マンにとって昼メシは、業務中において最も気を休めることができる瞬間なんですね。

(上司の同行とかホント勘弁してほしかった~)

大抵営業って、自分が行きたい所へは行かせてもらえませんからね。

だから「あ~今日はこんなとこ来ちゃったよ~」って思いつつ、

美味い飯屋にたどり着いた時の感動ったらないんですよ。

つまり一種の「営業マンあるある」なんですね。

 

料理ってすごいと思いますよホント。

仕事で嫌なことがあっても、美味い物食べてる時は忘れてますからね。

(ちなみに俺は飯食ったあとさらに服も買ってましたけど。日立のクリフで。)

 

でもね、孤独のグルメでは表現できないことがあります。

それはクソマズイ飯に当たってしまったこと!!!!!

なんだろうあれ?もう「後悔」しかないわ!

昔は今ほどネットで情報が拾えなかったですからね。

(当然ラーメンデータベースは、初期から活用させていただいてますよ)

 

なんてことを思い出してしまったのは、先ほど前職の営業の方が飛び込みでいらっしゃったからでしょうか。

12115712_890089454401564_6571483216695858515_n

 

じゃ、そんな昔の思い出を噛み締めつつ、商品紹介です。

ドウゾ!

DWI ox (1)

【ブランド】Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)

【アイテム】New Standard Shirt -round collar-

【価格】¥18,360-(税込)

【コメント】

ついに、、、ついにこのシャツを紹介できる時が来ました。。。

実はこのシャツの取り扱いを始めて3年目。ほぼ入荷と同時に完売しておりました。

今季はそれなりに在庫をご用意したこともあり、まだサイズが残っているうちにご紹介させていただきます。

 

同ブランドでいつもご紹介するのはデニムの1st Standard Shirtですが、

こちらはその後に作られたNew Standard Shirtとなります。

DWI ox (2)

Daily Wardrobe Industryが求めるのは、究極の「フツウ」。

ただこれをフツウと言ってしまうと、他の服はどうするの?と思ってしまうほどのクオリティなんです。

 

まずは素材。

DWI ox (7)

ご覧の通りのオックスフォード生地ですが、触ってみると違います。

スーパーヘビーオンスのオックスフォード。立ちます。

先日ブログでご紹介した某アメリカンシャツブランドのG.A.OXも霞むほど。

 

お客様がいらっしゃって、何かいい服ないかなと探してるじゃないですか、

それでこのシャツに触れた瞬間動きが止まるんですよ。「えっ!?」ってね。

なのに俺は接客もせず、お客様のリアクションを楽しんでばかりいるんですけどね。

悪趣味ですいません。

 

そして縫製。

DWI ox (6)

この運針数と巻き縫いの幅もヤバイです。

なんでも国内のドレスシャツを縫っている工場で作ってもらっているんだとか。そりゃ細かいわけだわ。

この厚みの生地をこれだけ細かく縫えるってすごいですよ。

 

そしてバックに回ると、

DWI ox (5)

もうコンストラクションヨークも「フツウ」なんですね。ハードル上がっちゃうよなぁ~。

 

デイリーワードローブインダストリーのNew Standard Shirtは、レギュラーカラーかラウンドカラーかを選べるのですが、

DWI ox (3)

私はこの小ぶりなラウンドカラーが気に入っており、いつもこの組み合わせです。

生地も厚くて硬いので、レギュラーカラーだと主張が強すぎるなと思いまして。

 

また着てみると、生地が硬さが直線的なラインを生み出して面白いんです。

しかも洗ってもなかなかクタッとなってくれません!!!硬いまま!!!!!

着丈もやや短いのがポイントですね。

この生地で丈が長いと、おそらく持て余してしまうでしょう。

当然パンツにタックインもできませんし。

 

こんな物を「フツウ」と呼んで主張をしないくせに、存在感は圧倒的なシャツです。

是非一度お手に取ってご覧ください。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

comm.arch.(コムアーチ)のPanel B.B. with Pocket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「国際協力の日」だそうです。

先日、テレビでマツコデラックスさんがTOYOTAの工場を訪れてまして、その時初めて知ったのですが、

なんとTOYOTAが誕生したきっかけは、豊田自動織機が成功したからだとか!?(大分ざっくりしてると思いますが。)

気になって調べてみたら、今でいう丸編み機?を世界で初めて作ったらしく、

img-circularloom01

なんと世界19か国で特許を取得したそうです!

 

これを見ると、昔の日本は繊維産業が盛んだったんだなあと思いますね。

日本はもともとモノづくり大国。これから日本の底力が見られるのかもしれません。

イマイチ元気のないアパレルもそう。これからもっと増えますよ、MADE IN JAPANが。

 

ま、私は世界も日本も関係なく、フラットに良い物を選んでいくだけですけどね。

でも楽しみにしています。

 

で、この流れで来たら、そりゃ日本のブランドをご紹介しないわけにはいきませんね。

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

commarch (5) commarch (1)

【ブランド】comm.arch.(コムアーチ)

【アイテム】Panel B.B. with Pocket

【価格】¥21,600-(税込)

【コメント】

昨年のこの時期にスタートした新しい日本のブランド、comm.arch.(コムアーチ)です。

そろそろおなじみに・・・と思ったんですが、私のチキンバイイングのせいで入荷が少ないため、

まだまだご存じない方の方が多いと思われます。

いやホント、いつもブログで紹介する前に売れてしまうんですけどね。

 

というわけで、改めてブランド紹介からどうぞ!

commarch (2)

——————–
2014年秋冬からスタートしたニットウェアブランド。
Joe Mc(ジョーマック)のディレクションにより、日本各地の「BORN KNITTERS(生まれながらのニッター)」の手でコレクションが作られています。
デザイナー自身は、ロンドンのセントマーチンズ芸術大学でニットを専攻し主席で卒業。
その後パリにて、クリスチャン・ディオールやジョン・ガリアーノのニットデザインを担当していました。
帰国後は国内のエージェントなどで企画・デザイン・営業を経験し今に至ります。
ブランド名のcomm.arch.はcommunication architectureの略。
日本国内紡績の糸を厳選し、現存する貴重なニットデザイナーや職人と連携(communication)し、
ニットウェアが制作(architecture)されていることから名付けられました。
とにかく素材・作り・プロセスにこだわり、全てが「Fully Fashioned」された、心地よく長く着られるニットウェアを作っています。
comm.arch.のニットコレクションは、いわば日本の「BORN KNITTERS」の集大成ともいえるでしょう。
——————–
というブランドなのですが、余談として
comm.arch.を流暢に発音すると「コマーチ」となり、日本の女性を表す「小町」という意味に例えています。
これにも狙いがあり、ゆくゆくは日本を代表するブランドとなって、日本から世界へ広めていきたいという気持ちがあるそうです。
これは是非とも応援したい!!!
それ以前にも、このデザイナーさんとはブランド立ち上げ前から交流がありました。
その頃は、まさか自分でブランドを立ち上げるとは思わなかったのですが、
Diariesのオープン頃より大変お世話になった方であり、恩返しの意味も込めてどうしても応援したいブランドなんです。
もちろん服作りに納得いかなかったら、いくら恩があっても仕入れません!
私けっこうドライ、というか人でなしですから!!!
なので洋服としてのクオリティもご安心ください。
なんでも、ブランド立ち上げ以前の同じ職場の方に聞くと、
職場であーでもないこーでもないと、自分で編み物のパターンを開発していたんだそう。
好きこそものの上手なれ。
それだけ「ニット好きな人が作るニットウェア」だったら、間違いないですよ。
最も信頼できる要因がまさにコレ。好きかどうか。
上手い下手や、どこそこの有名ブランドに在籍してたなんてのは割とどうでもいいんです。
そんなのは枝葉の部分で、大事な幹となる部分が腐ってないかなんです。
そんな人が独立して作ったブランドなんですから、「着てみたい!」と思うのが当然でございます。
この「着てみたい」という気持ちは、どうやらお客様にも伝わっているようです。
昨シーズンのお客様の反応を見ていたのですが、本当に直感的に手を伸ばすんですね。
俺が服ヲタだからいけないんですけど、Diariesの洋服ってウンチク満載で御託を並べて説明に必死じゃないですか。
でもコムアーチのアイテムに限っては、決して奇抜なデザインではないのになぜか引き寄せられるんですね。
昨シーズンも何種類か用意していたのですが、紹介できたのはカーディガン1点だけでした。
それでは前置きが長くなりましたが、詳しく見ていきましょう。

commarch (3)

ご覧の通り、パネルで同系色をバランスよく配色しています。

またよく見ると、色が違うだけでなく編み目まで変えているという、ニットブランドならではの芸当!

なんと5種類もの編み方を使用しているんだそうです!!!

commarch (6)

また素材の方もこだわりのウールでした。

「オーストラリア東部・ニューサウスウェールズ州の原毛を国内に仕入れ、

家族経営の小さな紡績工場で作られた糸だそう。

オーストラリア産の中でも最も上質なサクソン血統のメリノ種で、

寒暖の差が激しい地方で育つため、白度、クリンプ(弾力性)、繊度(太さ。単位はマイクロ)ともに優れています。」

というもの

確かに薄くて軽くてフワフワしてるのに、かなりの保温性。まだ暑い・・・

 

また先ほど5種類の編み目を使用していると書きましたが、

その「編み」を「継ぐ」方がもっと大変になります!

commarch (7)

4色の糸と7つの異なったステッチで何度も切り替えし、

さらにこの写真のように裏返しても着られるのではないか?と思うくらいの丁寧なリンキング!

 

見た目は非常に遊びの利いたアイテムながら、実はメチャクチャ本気で作ったニットウェアです!!!

 

細かいところでいうと、

commarch (4)

袖と裾のリブの編み方まで2段階になってますからね!

別に機能的な意味はないのですが、「とことんやる!」それだけのことみたいです。

 

MADE IN JAPANの趣向を凝らしたニットを、どうぞご堪能下さい。

 

それではまた。お店で会いましょう。

Semoh(セモー) のRegular Collar Basic Fit Shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「世界教師デー」だそうです。

なんでもユネスコが制定した国際デーの一つだとか。

「教師の地位向上に関する勧告」だって。

 

実は私の両親も教師でございまして、

そう言われてみるとグダグダとどうでもいいことを垂れ流すこのブログも、まるで校長先生のあいさつみたいだし、

遠回しで的を得ない商品説明と、ひどく説教臭い接客も、まるでダメ教師さながらでございます。

教師の子供が洋服屋って。笑

向いてないわけだわ!

 

いやそれにしても教師って仕事は大変ですよね。

ウチの親もほとんど家にいなかったからな~。

子供を教える仕事なのに、自分の子供と遊ぶ時間が無いんですから。本末転倒じゃね?

 

なので、確かに教師の地位というか待遇をもっと向上してほしいです!

 

俺にできることは、オシャレな先生をもっと増やすってとこかな~?

オシャレな先生またはオシャレに興味がある先生も、お気軽にご相談下さい!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

semoh basic shirt (1)

【ブランド】Semoh(セモー)

【アイテム】Regular Collar Basic Fit Shirt

【価格】¥23,760-(税込)

【コメント】

セモーから続々とアイテムが届いております!

本日ご紹介するシャツは、なんとデニム!?

semoh basic shirt (4)

私の記憶が確かならば、デニムを使ったアイテムはセモーでは初めてなんじゃないかな?

ある意味セモーらしくなく、それが面白いところだとは思います。

洗練された形に、野暮ったい生地の組み合わせ。たまんないですね。

 

ベースとなった形は、2013年春夏に登場したBasic Fitタイプ。

semoh basic shirt (2)

セモーなりのベーシックを考えてデザインされています。

と言いますか、Basic(基礎、基本)を改めてデザインするって、それは大変な作業ですよね。

どこぞのトラディショナルなブランドのシャツに似てるわけでもなく、不必要なデザインを施したわけでもない。

セモー「らしさ」をさりげなく表現したシャツです。

 

ではそのらしさとはどこにあるでしょう。

私が思うのはこの部分。

semoh basic shirt (5)

シャツなのにプリーツがありません。

基本シャツに使う生地というのはストレッチ性がありませんので、プリーツを設けないわけにはいかないのです。

しかし、こちらのシャツは肩幅をやや大き目に取ることで、その動きにくさを解消しています。

もちろん、ただゆったりしたシャツではなく、アームは細くとったバランスはSemohらしい部分でもありますね。

デザインとしては、シャツのディテールをできるだけそぎ落とし再構築したのではないでしょうか?

 

そぎ落としたのはプリーツだけではありません。

semoh basic shirt (3)

襟のステッチもなくしています。

インディヴィジュアライズドシャツのコンストラクションヨークのように、襟を袋縫いしてるんですね。

もちろんフラシ芯を入れているので、形はキープすることができます。

前立ても排除しているように見えますが、こちらはドレスシャツのように三つ巻きで前立ては処理されています。

 

ここに面白いシャツが出来上がりました。

デニムシャツなのにアメリカっぽさを一切感じません。

ステッチを黒にしているところも素晴らしいですね。

これが白ステッチというだけで、アメカジに一気に寄ってしまうと思います。

 

セモーらしくもなく、デニムなのにアメカジらしさもなく、

カテゴライズすることがつまらないと気づける、非常に自由なシャツだと思います。

 

是非Semohの新しい一面に触れてみてください。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

arbre(アルブル)のDress Pants

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「イワシの日」だそうです。

村上春樹の何が好きって、猫の名前をイワシにするってとこ!www

 

 

昨日は17時閉店とさせていただきまして、美味い肉とワインと花火を堪能させていただきました。

もし暗くなってからご来店いただいた方がいらっしゃいましたら、誠に申し訳ございません。

 

今年はフジロックも行かず、何も夏らしいことしてなかったなので、これくらいしかできませんでした。

また、「お店を休んで花火を見る」ということも、実は私のささやかな夢でありました。

私のほんのちょっとの我儘なんです。どうかご容赦くださいませ。

 

土浦花火大会の日が来るといつも思い出すんです。辛く苦しい日々を。

diariesがオープンしたのが9月5日。

実は先月で6周年を迎えていたのですが、オープンして3年くらいは全くお客様が来なくてねぇ~。

当然生活の方もままならず、このままでは家庭崩壊。

そんな私はちょうどこの土浦花火大会の時期になると、そろそろお客様の認知度も高まってきたんじゃないかな?と勝手に想像し、

「もしかしたら花火を見た帰りにフラッとお客様が寄ってくれるんじゃないか!?」、

「そういや最近、祐天寺とか学芸大学とかで夜やってる洋服屋もあるみたいだし!」なんて浅はかな考えで、

今日は22時まで店を開けようと思い立ち、来もしないお客様をずっと待ち続けておりました。

(普通に考えたら、誰も花火大会の帰りに服なんか見ねえっつーの!)

 

そんな状態が3年も続いたんです。

今思うと私の精神状態も限界だったかもしれません。

気が付けばお店の中で一人、泣きながら「いらっしゃいませ」の発声練習をしてたんですから。

 

普通の会社だったらそんな状態が3年、いや1年でプロジェクト終了でしょう。

でもなんで続いたかって、お客様の力を除けば、俺の意地でしかないですね。

いや怨念かな。悔しくて悔しくてしょうがなかったですからね~。

 

だから、店を休んで花火を見に行くというのは、その怨みを晴らす行為でした。

でもまだまだ晴れませんけどね!自分が納得する店を作るまでは!

 

ウチの店はおそらくつぶれませんよ!なぜなら私がダークサイドに堕ちてますから!!!

「フォースのダークサイドは誰もが到底不可能と考えるような数多の力を得るための道なのだ」byダース・シディアス

 

 

じゃ、そんなダークサイドセレクトショップから商品紹介です。

ドウゾ!

arbre trs (1)

【ブランド】arbre(アルブル)

【アイテム】Dress Pants

【価格】¥18,144-(税込)

【コメント】

昨シーズン、お陰様で大変ご好評をいただいたアルブルのドレスパンツが今季も入荷しております。

久々の紹介になるので、まずはブランド紹介からどうぞ。

IMG_7514-1024x768

——————–

arbre(アルブル)は、2011年にスタートした大阪のブランド。

クロージングウェアに定評のある大阪のファクトリーブランド「ハイぺリオン」から独立し、

クロージングの作りそのままに、カジュアルでも着ることができるハイクオリティな普段着をリリースしています。

イメージはインポートにあるようなファクトリーブランド。

シンプルなデザインながら、生地や縫製にこだわっています。

——————–

価格高騰が続くインポート商品メインのウチみたいなセレクトショップにとって、

こういうブランドがあることは、非常にありがたいのでございます。

また国内ブランドの場合、それがデザイナーズブランドになってしまうと、

過度にデザインが施されてしまいすぐ飽きちゃったりと、シンプルで長く着られるものがなかなかないんですね。

 

だからウチはファクトリーブランドが好きなのかも?

 

そして今季も作りは同じドレスパンツですが、もちろん秋冬用に素材を変えてあります。

arbre trs (8)

ウール、、、かと思いきや、これで綿100%!!!

どう見てもウールのドレスパンツにしか見えません!

こちらはアルブルのオリジナルファブリック。

綿100%の場合、メンテナンスが楽でいいですね。あと虫食いにも比較的強いと思います。

もちろんデメリットもあります。

センタープレスがウールよりも落ちやすい、ピシッとしないことと、保温性はコットンよりウールの方がありますね。

ウールパンツもあったのですが、個人的には1年を通して、ウールよりは綿のパンツを履くので、こちらをご用意いたしました。

あと、この見た目でコットン!?という驚きも、こちらを選んだ理由ですかね。面白いと思います。

 

それでは作りの方を詳しく見ていきましょう。

arbre trs (7)

ご覧ください、この美シルエット。

今までdiariesでは扱ってこなかったスタイルです。

近いところでは、CORBINやHERTLING TROUSERSがありましたが、もうどっちもできなくなってしまいましたからね・・・

(せっかく扱い始めたJOMERSも、来季はどうなるか不明・・・・・・・)

さらにdiariesだと、どうしてもユルいワークパンツのイメージが強く、

どうせオーナー(私)が太ってるから、そういうシルエットが多いんでしょ?と思われていたかもしれません。

 

それに関して完全に否定はできませんが、私もね、こういうシルエットはよく履いてたんです。

それこそジャー〇ルにいた15年前はLEONのチョイ悪流行前夜でしたので、

インコテックスやらGTAやらイタリア物をよく着てました。シャツはボレリ・オリアン・バルバ・(フライだけ着たことない)などなど。

今も人気ですが、昨年くらいから久々にこの辺のパンツやシャツ着たいなと思って、

昔買ったメトリコ(←インコのファクトリー)やボレリを引っ張り出してたまに着ています。

 

そんなわけで、自分で楽しむだけでなく、diariesはこういう細身のスタイリングもちゃんとできますよとお客様に知ってもらいたいのと、

お客様のコーディネートの幅を広げるためにもarbreのようなブランドを探していたわけです。

arbre trs (4)

 

作りはもちろん、超一流ですね。

「仕立ての良いパンツは、これはやっておかないと」という条件を全てクリア。

ポケット淵のカンヌキ、コインポケット、ポケットのピックステッチ、

arbre trs (3)

 

このループもほとんどの方がご存じない様子。使い方はお店で聞いてください。

WORKERS同様、本当に日本人の作る服は丁寧で素晴らしいですね。

arbre trs (9)

コットンにも関わらず、ちゃんと裏地を付けてくれているのも素晴らしいし、

arbre trs (10)

この写真の中にも、「これがあると良いパンツ」というディテールがありますが、それもお店で聞いてください。

また、こういうパンツは自分の体形にビタビタに合わせて履きたいので、

丈詰めや裾のシングル・ダブル仕上げだけでなく、ウエストや多少のシルエット調整をやる方もいらっしゃいます。

arbre trs (11)

俺なんか、ここ見るだけでウエスト4㎝出せるから大丈夫だなって思いますもんね。

 

 

というわけで、ただ細身ではなく、本当に美しいシルエットというものを知りたい方は、

このアルブルのパンツを履いてみてください。

 

それではまた。お店で会いましょう。

【ブランド】INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディヴィジュアライズドシャツ)のSmall Gingham Check B/D Standard Fit

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「豆腐の日」だそうです。

 

あと何回かで終わってしまう2016年春夏シーズンの展示会ですが、

最後の最後まで面白い物が見つかっております!!!

でも相変わらず偏ってて、ホント我ながらバランスの悪い店だな~~~って思いますよ。。。。。。

 

ちなみに、昨日WORKERSの展示会に行ってまいりました!

よろしければお写真などをお店できるので、気になる方はお声がけ下さい。

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

indivi gingham (1)

【ブランド】INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディヴィジュアライズドシャツ)

【アイテム】Small Gingham Check B/D Standard Fit

【価格】¥22,680-(税込)

【コメント】

本日ご紹介するので、今季のインディヴィジュアライズドシャツは終わりになります。

 

やはり形が良いので、オックスフォード以外にも良い柄物があればセレクトするようにしているのですが、

今季はスモールギンガムチェック。

indivi gingham (5)

以前、ビッグギンガムの方が入荷してきましたが、今回はより定番に近いスモールギンガム。

 

自分がギンガムと出会ったのは、高校生の時でしたかね。ブルックスかなんかのやつ。

高校生の癖にネクタイを締めて、リーバイスの白いスタプレ履いて、Gジャン着てました。

しかし、そんな若いウチにプレッピースタイル着ると、マジでダサい。

本物のプレッピー、いやプレッピーにすらなれない痛い奴になっていました。。。

 

以来、プレッピースタイルがちょっと苦手になってしまい、

紺ブレなんかも最近になるまで着たいと思いませんでしたね。

でも改めて考えてみると、ある程度年取ってからの方が、プレッピースタイルって似合いますよね。

特に日本人には。

若いと普通に似合っちゃって、学生ぽくなりすぎちゃう。

大人がプレッピーを着るのは、恐らくミスマッチ感を楽しむファッションなのかなあと思います。

 

そして特にギンガムチェックシャツって、お坊ちゃんぽい印象が強くないですか?

だから今回ご用意した色は、この1色のみ。

indivi gingham (3)

白地に黒、Black&Whiteのギンガムチェックにしました。

心なしか、ブルーとかよりもキリッと締まる感じがします。

WORKERSから届いているシルクニットタイを合わせたいですね~。

 

また基本的に、こうした柄物はさすがにオックスフォードほどの生地の厚みはないので、

あのゴワゴワ感がどうしてもという方にもお勧めです。

indivi gingham (4)

ま、この辺の柄合わせは当然ですよね。

 

こちらのギンガムは、Mサイズ以下は売れてしまいましたが、L以上は残っています。

 

やはりこれくらいの価格となると、インディヴィジュアライズドシャツというのは、コストパフォーマンスの基準になりますね。

indivi gingham (6)

インディヴィジュアライズドシャツの縫製と価格のバランス(=コストパフォーマンス)を知ると、

他のシャツがなぜ高いのかまたは安いのか、それが分かるようになります。

 

なんとなく洋服を買うのではなく、吟味して納得して買って下さい。

そのお手伝いをさせていただくのが、diariesでございます。

 

それではまた。お店で会いましょう。