BLOG

Don Quichosse(ドンキショース)のEspadrille Pyreneenne

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「黒板の日」だそうです。

sticker

 

コクバンの方ですけど。

でもこのステッカー欲しぃ~!

そんなつくばの黒板=blackboardでは、現在イギリスとデンマークから届いたヴィンテージ家具のフェアを開催中とのこと。

行ってみるか!!!

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Denim【diaries-blog1】

【ブランド】Don Quichosse(ドンキショース)
【アイテム】Espadrille Pyreneenne
【価格】¥8,100-(税込)
【コメント】

2日連続エスパドリーユのご紹介になってしまいまして申し訳ございません!

しかしこちらの単色は少ししか数を用意してないため、早めがよろしいかと思いまして。

というわけで、ブランドやディテールの詳細は昨日のブログをご覧になってほしいのですが、

こちらの単色をご用意した理由としては、昨年の内からお客様に「単色も無いの?」という声をいただいていたから。

Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Denim【diaries-blog4】

20色以上もの中から何にしようかと思ったのですが、この「Jean Marine」という色に決めました。

もちろんNavyやIndigoなどもあり、かなり迷ったんですけどね。

デニム生地というダサカッコイイところで攻めたいなと思いまして。

そしてもう一つの理由がデニムの歴史。

もう有名な説だとは思いますが、ジーンズに使われるデニム生地はフランスのニーム生まれだということ。

またデニムの語源をざっくり言うと、

デニムは綾織=サージなので、フランス語でserge de Nimes(セルジュ・ドゥ・ニーム)=ニーム地方のサージとなり、

それが短くなってde Nimes=ドゥニーム、Denim=デニムとなったといわれています。

 

そしてこのエスパドリーユもフランス生まれの靴。

Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Denim【diaries-blog5】

 

いやこの生地がニーム地方のものかは分かりませんが、フランス製であることは確か。

(ま、厳密に言うと綾織ではないのでデニム風生地でもあるんですけどね!)

 

だからこの靴でこの生地の組み合わせというは、昨日のオナティスで織られた生地に負けず劣らず、

Made in franceいやFabrique en Franceと呼ぶべきでしょうか。

いやより正しい表現をすればFabrique a la main en France(=Hand made in Framce)となるわけです。

 

 

価格としては1000円安いのですが、ストライプと同じ価値を持たせたかった。

それでこのJean Marineにしました。

 

よく見ると、縫製も微妙にことなっています。

Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Denim【diaries-blog2】

 

無地の方はつまさきが補強されてますね。

またアッパーのステッチにはハンドメイド感満載!

Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Denim【diaries-blog3】

履き心地としては、こっちの方が履き口が広くて、かかとが浮きやすいです。

ですので、ストライプをお持ちの方はワンサイズ下げた方がいいかもしれないです。

donquichosse1501-0049-93-07

それにしても白いパンツとよく合いますね。

 

それではまた。お店で会いましょう。

 

 

こちらの商品はオンラインショップでご購入頂けます。→Don Quichosse|Espadrille Pyreneenne|Jean Marine

Don Quichosse(ドンキショース)のEspadrille Tuilliere

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ゴーヤの日」だそうです。

苦いな~苦い!

「村上さんのところ」終わっちゃうのか~
muratoko
これだけの良質な言葉たちに、こんな気軽にたくさん触れられる機会ってのもなかなかないです。
旧ブログでも書いたように、結構ネットの悪い部分にやられてましたが、
これは明らかにネットの良い使い方だと思います。
気軽さとレスポンスの速さ。しかもあの村上春樹と!

新潮社さんに感謝!!!
来週の水曜日までらしいので、お時間のある方は見てみた方がいいですよ~

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!
Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Stripe【diaries-blog1】
【ブランド】Don Quichosse(ドンキショース)
【アイテム】Espadrille Tuilliere
【価格】¥9,180-(税込)
【コメント】
今年も届いております!
ドンキショース社のエスパドリーユチュイリエール!
1年ぶりのご紹介なので、まずはブランド紹介からどうぞ!

Logo_Texte
——————–
フランスはバスク地方にあるエスパドリーユ発祥の地「モレオン」で、
現在でも手作業で作られているのが、このTuiliere Espadrille(チュイリエール・エスパドリーユ)。
ワインとなるブドウ畑で愛用されていたこのエスパドリーユは、
アーティスト「パブロ・ピカソ」御用達であったことでも知られています。
チュイリエールを製造するドンキショース社は、フランス政府が認定する数少ない
「Enterprise du partimoine vivant(現存遺産企業)」の1つとして登録されています。
これまで、シャネルやロロピアーナなどの名だたるラグジュアリーブランドと協業してきました。
ドンキショースの工房で、布地から1足1足手作りされているチュイリエール。
素材の布は、バスク地方の伝統的な柄であるONATISS(オナティス)の最後の1台を使用して織られています。
ソールにも、自社で製造する不染色の天然ラバーを使用しており、環境にも優しいエスパドリーユ。
フランスの粋・技術・歴史が詰め込まれた逸品です。
——————–

バスクの伝統はボーダーカットソーだけではないようです。このエスパドリーユも!

エスパドリーユ自体は、日本でも夏の定番ファッションアイテムとなりました。
でもそのシンプルな構造だけに、ピンからキリまで様々なメーカーのものがございます。

数あるブランドの中からドンキショースを選んだのは、
国内での取扱店の少なさ(多分日本国内で10店舗あるかどうかだと思います。)だけでなく、
当然その履きやすさですね。

天然の生ゴムを使用したソールは、非常に柔軟性があり歩きやすいんです。

また、フランス政府が文化遺産に指定しているというのも面白いなと思いました。
これは流通量が少ない理由でもあるのではないでしょうか?
つまり国が保護しているということで、ぶっちゃけ商業的に頑張る必要がないんじゃないかと思うんです。
ということは、大きな展示会などに出して、海外のバイヤーにたくさん買ってもらわなくてもいいわけじゃないですか。
それで未だに大手バイヤーの目にも触れず、ひっそりとウチみたいなお店で売られているのかな~?

というわけで、前置きは長くなりましたが、詳しく見ていきましょう。

まずはエスパドリーユの説明から。

エスパドリーユという種類の靴はフランスのバスク地方で誕生しました。
一説には2000年物歴史を持つを言われています。

Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Stripe【diaries-blog4】

 

麻で編まれた靴底に、布を2枚縫い合わせたアッパーが付く簡素な靴。
Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Stripe【diaries-blog3】
日本だと下駄や草履のようなものだと思ってもらえればいいと思います。プリミティブな構造の靴だということ。
この靴は3つの工程で完成します。
まずはコットン。
coton
このコットンを織ってアッパーに使用します。
それとジュート麻。
jute
これで靴底を作ります。
こんな風に。
Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Stripe【diaries-blog5】
ロープ状の麻を足裏の形に編み込んでいます。
そしてゴム。
gom
これを成型。
Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Stripe【diaries-blog6】
※ちなみに右と左がありません!こんなところもプリミティブゥゥゥゥ!!!!!
全て私たちの身の回りにある自然から採れるものです。
さらにドンキショース社は、ゴムに染料を加えません。これがポイント!
そうすることで天然のゴムそのままの風合いを大事にするとともに、
ゴムそのものの柔軟性を保ちながら、ソールに成型することに成功しました。
なるほど!染料を加えると固くなってしまうのか!
だから、私が数あるエスパドリーユの中でドンキショースを選んだという理由は、
正しかったということになると思います。
それくらい履き比べてみると違うんです。
どれくらい柔らかいかというと、こんな感じ。
nejiri
これが異様に歩きやすくて。そして脱げにくい。
いままでのエスパドリーユって、どうにもかかとが浮いちゃってたんですが、
恐らくこのソールの柔軟性のおかげで、足にフィットして歩いても付いてきてくれるんですね。
またそもそも「固くなるけど染料を入れる」というのは、ファッションアイテムとしての弊害かもしれません。
ファッションの悪い部分。
もともとそこにあるはずの良さを、流行とかマーケティングとかで売り上げのために改悪してしまう。
できることなら、本来あるべき姿のものを身に着けたいんです。
つまり、それが「本物に触れる」ということになるから。
時を経るごとにどんどん少なくなっていく「古き良き」物。
それで言うと、この生地もそうですね。
Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Stripe【diaries-blog2】
ブランド説明にもありましたが、
「バスク地方の伝統的な柄であるONATISS(オナティス)の最後の1台を使用して織られています。」とのこと。
ボーダーTee=バスクシャツのように、ザラザラとした質感で、湿気のある夏でも快適です。

また、最後の1台ということで、柄はこれしかありません。
古くから織られてきた絶滅危惧種の生地。いいですね~。
昨年から取り扱いを始めましたが、お陰様で大好評でした!
実は先週入荷してきたのですが、この1週間でお買い上げいただいた方は、ほぼ全員が2足目の方。
いや決してすぐに壊れてしまうものではないのですが、気に入ってガシガシ履いちゃうんでしょうね~?
当然私も、かなり履かせていただきました!
Don-Quichosse|Espadrille-Tuilliere|Stripe【diaries-blog8】
左が新品で右が私が履いたやつ。
だいぶ伸びてしまいましたね。。。。。
あとアッパーは結構汚れてるんですが、ボーダーのお蔭で汚れが目立たないってのもイイ!
今年もお世話になりそうです!!!!!
ちなみにサイズは23㎝~28㎝までご用意しております!
女性の方にもオススメですよー!
それではまた。お店で会いましょう。

 

Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)の7 days Crew Neck Pocket Tee

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「コロッケの日」だそうです。

お恥ずかしながら、昨日WBSを見てて初めて知ったのですが、「サンモトヤマ」というブティック。
ブティックというか、日本で最初の?と言ってもいいくらいのセレクトショップでした。
なにがすごいって、GUCCIとHERMESを初めて日本で取り扱ったっていうんですから。
創業は1955年。今から60年前です。
サンモトヤマがある当時の銀座。
ginza
こんな時代からあるセレクトショップ。
なんかもうすごいね。言葉が出てきません。

これまた何がすごいって、創業者がまだご存命でなんと御年92歳!
昨年は私のじいさんも92歳で亡くなってしまいましたが、
こちらはいまだに現役で店頭に立たれています!

まさに日本のアパレルの生き字引。なぜ今まで知らなかったのでしょうか。

是非一度お会いしたいものですが、「会いたい!話したい!」なんて自分勝手な都合で行ってしまっては完全に冷やかしになってしまうので、
ネットで拾ったインタビューなどを拝見したいと思います。

面白かったのが、昨日俺もWBSを見た後すぐにサンモトヤマのHPを見ようと思ったんですけど、
見事にサーバーダウンしてたことですかね!

ウチの店はHP(Click!)タンブラー(Click!)インスタ(Click!)も全く問題ございませんので、
是非ともご覧くださいませーーーーー!!!!!

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!
Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Black【2】
【ブランド】Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)

【アイテム】7 days Crew Neck Pocket Tee

【価格】¥7,344-(税込)

【コメント】
お待たせいたしました!
昨年はブログ紹介後、瞬く間に完売してしまったデイリーワードローブのヘビーウェイトTシャツ!
今季はそれなりに数をご用意しましたので、すぐにはなくならと思っていたのですが、、、
なぜかグリーン・イエロー・バーガンディの割と派手な方だけ先に売れてしまい、この3色は各1枚づつしか残っておりません!!!
Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Burgundy【★】diaries
これには理由がありまして、
私バイヤーとしては基本的にホワイト・ブルー・ブラックのような定番色は数を用意致します。いわゆるセオリーです。
なのでそれ以外の色は、個人的には私が好きな色だったり、あのお客様はこんなの好きかな?という色だったりするわけです。
Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Black【★】
で、今回の場合ですが、
このTシャツは入荷して1か月ほど経つのですが、昨年ホワイトやネイビーやブラックを買った人がもう一色欲しいということで、
今度は派手な色をお求めになられた結果なんです。

手に取っていただくと分かるのですが、ズシッとくるこの生地感。
Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Blue【3】
何度も着て洗ってを繰り返し、だんだんと体になじんでいく感覚。
現在よりも数年後が楽しみなTシャツなのですが、1着だけでなく何着も欲しいという声を聞けると、
セレクトしてよかったなーと思います。

Daily wardrobeというブランド名に相応しいアイテムですね!!!

着てみると分かるのですが、こういったヘビーウェイトTシャツというのは基本的にアメカジテイストなので、
普通はゆったり作られるものだと思いますが、そこはさすがデイリーワードローブなので、シルエットが絶妙なんです。

細くもなくダボっともせず。
まあドメスティックブランドならそんなTシャツいくらでもあるんですけどね、
でもバイヤーとして何百種類ものTシャツを見てきているからこそ分かるってのがあるんです。
言葉ではうまく説明できないので、とりあえず着てもらうしかないんですけどね。

シルエットだけでなく、ネックの広さもいい感じですね~。
Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Blue【4】
これもシルエットと全く同じ理由で、アメリカ物は首が詰まってるものなんですけど、
個人的にはあまり広いのはフェミニンなテイストが入ってくるので苦手です。
この広さはそんな私でも全然行けちゃう広さ。

またこの写真でポイントなのは、縫製部分のパイピング!!!
なんとリブと同じ生地で仕上げてくれてるんです。
そもそも縫製部分は伸びたりしないので、リブにすることで着心地がどう良くなるかは分からないのですが、
洋服好きとしては、このひと手間かけた感じはとても惹かれる部分なんですね。

また、そういった真面目なディテールだけでなく、ちょっと力の抜けた部分もこのブランドの良い所。
Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|White【1】diaries

Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Green【1】diariesblog

Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Burgundy【1】diaries

Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Blue【1】

Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Black【1】

Daily-Wardrobe-Industry|7days-Crew-Neck-Pocket-Tee|Yellow【1】
Daily wardrobe=日々着る服よろしく、7 days seriesということで月曜日から日曜日まで揃っています。
(※Saturdayが抜けてますが、ピンクなので外しました。)
Fridayがブラックなのがウケますね。ブラックフライデー。

その日のコーディネートをTシャツの色から合わせる。
服を作って終わりではなく、むしろそこからが始まり。
ストーリーを描かせる服は、まさにdiaries的洋服でございます。

それではまた。お店で会いましょう。