BLOG

MOCEAN(モーシャン)のCargo Shorts

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「環境の日」だそうです。

若い頃はいつも辛い環境からは逃げ回ってた私。

大人になったら、なぜか困難な環境を自分で作り出している気がします。

これもその一つかも、、、

13344525_1019976448079530_7715246765596181544_n

昨年の骨折というアクシデントを経て、7か月ぶりに走り始めました!

だいぶタイムは落ちたけど、走る気持ちよさは変わってなかったね!

シューズはもちろんベッドロックで!シューズていうかサンダルだけど!

大会まで約半年。ベッドロック出場はできるのでしょうか!?

ちなみに骨折中はダンベルを買って上半身を鍛えてたので、

フルマラソンで足腰を鍛えなおせば、鋼の肉体が手に入る予定。

クリスチアーノロナウドと間違われないようにしなきゃね!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0149

【ブランド】MOCEAN(モーシャン)

【アイテム】Cargo Shorts

【価格】¥15,984-(税込)

【コメント】

もう夏だよね?夏だな!

夏といえばショーツ。そしてdiariesのショーツといえば、まずはこのブランドからでしょう!!!

IMG_0158

今年も届いております!モーシャンのカーゴショーツ!

これまで数々のブランドを扱ってきておりますが、せっかく良かったのに大幅に値上げされたり、

単純にブランドが消滅したりといった理由で仕入れられなくなったり、やりたくてもできない、そんなブランドがたくさんあるんです。

しかしモーシャンはまだ残り続けてくれる、ありがたいことに取引を続けてくれる数少ないブランドの1つ。

diariesで取扱いを始めたのが2010年。オープン以来最初の夏でした。

そして今年で7回目の夏を迎えます。

 

一昨年ごろは、短い丈のショーツが流行とのことだったのですが、

特にこれといってモーシャンが注目されたというほどではありませんでした。

ただちょっとだけ、丈の短いモーシャンが広く理解されるようになったかな。

 

たまに思います。何年も同じ物を売り続けることに。

でも自分が理想とする店は、今も昔も変わらない物を売り続けること。

 

ショーツの流行のお蔭で、理解度が高まったという恩恵は多少受けたかもしれません。

しかし、個人的にはやはり流行なんてクソくらえですね。

流行りにはデメリットの方が大きいんですよ。

流行りは瞬間的。しかし低迷期ってのは長く続く。

 

そもそも良い物に流行りも廃りもないんです。

ただ手を出すきっかけとして流行というものがあればいいけど、

短いだの長いだのそんなことで、物の良し悪しは決まらないわけなんですよ。

 

短いのはモーシャンのカーゴショーツの丈。しかし、寿命は非常に長いんです。

そして丈が短いのには理由もあります。それを理解した上で、履いて頂けると嬉しいです。

 

前置きは長くなりましたが、詳しく見ていきましょう。

1年ぶりの紹介ということで、まずはブランド紹介から。

IMG_0151


1991年に、カリフォルニアで立ち上げられたファクトリーブランド。

自社工場としては設立当時より、ナイロン素材のテクニカルジャケット、パンツ類全般を得意として、

シェラデザイン、パタゴニア、REIなどアウトドアブランドの下請けとして生産を行っていました。

現在では、カリフォルニア州のバイクパトロールや消防士、救急隊のユニホームを生産していることからも、

その製品のクオリティの高さがうかがえます。


なるほど、上記の有名なブランドのOEMを行っていただけに、

どこか70年代アメリカのアウトドアウェア的な雰囲気を感じるのは、そのためでしょうか。

上記のブランドがまだアメリカ製だった古き良き時代。

デッドストックを探さずとも、このようにまだ残り続けているものもあるんです。

違いは有名なブランドかそうではないかくらい。

diariesのお客様であれば、ブランドなんてどうでもいいと思ってくれるはず。

 

そしてdiariesでセレクトするアイテムは、数あるモーシャンのアイテムの中でも、いつもカーゴショーツ。

このカーゴショーツは、「バイクパトロール(自転車に乗って警備する人)」に向けて作られたもので、

独特のディテールがそこかしこに設けられてて、着て機能的、見て面白いデザインだと思います。

 

まずはこんなところ。

IMG_0161

分かりにくくて申し訳ないのですが、

足が開けるように又はサドルに縫目が当たらないようにとクロッチガゼットが設けられていたり、

当然自転車が漕ぎやすいように着丈が短いわけです。

IMG_0155

バイクパトロールが履くだけに、やっぱり職質をする時にはボールペンが必要ですよね!

アウトドアウェアには似つかわしくないペンポケットが面白い。ミリタリーウェアぽさがあるんです。

 

IMG_0160

またバックポケットにはジップが付いていて貴重品をしまったりと、

小さいながらもたくさんの機能へのこだわりが詰め込まれているんです。

さらにこのナイロン生地は、サプレックスナイロンを使用しており水にも強く、

またサラサラしてて肌触りもいいのが魅力ですね。

 

そして極めつけはこのディテール。

IMG_0153

センタープリーツ(クリースではなく)。

これぞまさにパトロールする人が着るために設けられた制服的ディテールで、

ショーツなのにアイロンをあけてクリースを付けたような独特のデザインです。

 

さらにウエスト部分にも注目。

前から見るとスッキリしてますが、

IMG_0150

後ろから見ると、ウエストにギャザーが入っているのが分かるかと思います。

IMG_0159

これも同じく制服的ディテールで、前からの見た目はスッキリと、でも自転車用にフィットを高めたハーフギャザー。

 

もう一つ、ウエスト部分で気になるディテールがベルトループ。

IMG_0157

この極太のベルトループ。

こんなナイロンショーツに似つかわしくありません。

これね、ベルトを締めるためにあるわけじゃないんです。

太さの秘密は、これまたバイクパトロールのユニフォームということにあります。

なんと実はガンベルトを装着するため。

他にも警棒や手錠など重たい装備をぶら下げるので、これだけの太さが必要なのでしょう。

 

とまあこのように、ただのナイロンショーツながら、そんじょそこらにはないパンツです。

まさしくオンリーワンということで着実にファンも増えており、2,3着持っている方も珍しくありません。

それだけリピートされるお客様が多いので、今年は5色用意させていただきました!

定番の、ブラック、オリーブ、ポリスネイビー(制服用の紺という名前がついています!)に、

今年はこちらの2色を追加しました!

IMG_0154

 

ダークグレー

IMG_0156

スプルース

 

履いてみるとこんな感じです。

IMG_9867

Shirt/GITMAN VINTAGE (Popover shirt) ¥17,280-

Shoes/astorflex (Greenflex) ¥27,000-

変にダボダボしなくて、ショーツのクセにシルエットもいいよね~。

あえて夏にブーツてのも。

 

 

まだの方は是非!

ちなみに私は7年目で3着持ってます。2年に1着のペースですね。

もちろん2年程度でヘタれるわけではなく、色違いが欲しくなる。

普及の名作ショーツです。

ネットショップ(通販)はこちら!
MOCEAN

それではまた。お店で会いましょう。

M.C. ESCHER(エッシャー)のRelativity & Waterfall T-shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「虫の日」だそうです。

 

 

本日は~虫の居所が~~~

良い!!!

 

実に良い!

flyer

ついにフジロックの日割りが発表されまして、いつもは残酷なタイムテーブルなのですが、

今回はなんかいい感じじゃない?

ざっと見た感じ、BOREDOMSとROVOがSIGUR ROSとBECKとかぶらなさそうで一安心。

あとは日本のレジェンドクラスバンドである「はちみつぱい」をどのタイミングで見に行くかってとこですね。

 

その前に、行けるかどうかってとこですけどね。。。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0127

【ブランド】M.C. ESCHER(エッシャー)

【アイテム】Relativity & Waterfall T-shirt

【価格】¥4,860-(税込)

【コメント】

先日ご紹介したMAMAMAのオフビート感溢れるプリントTシャツは、お陰様でご好評をいただき安心しました!

シャレが効いてるとはまさにあの事。オシャレなお客様が多くてよかったな~。

 

ですが今回はガチです!ガチのアートネタ!

IMG_0128

IMG_0132

MCエッシャーという方の作品をプリントしたもの。もちろんオフィシャル物です。

 

MCエッシャーとは、1898年から1972年まで生きたオランダの画家。

建築不可能な構造物や無限の世界、幾何学模様などを用いた「だまし絵」のような絵が特徴です。

 

実は個人的にも古着で集めてる服。(といっても厳選しているので数は少ないんですけど。)

別に新品でも構わないんですけど、むしろ古着でしか見ないんですよ。

でも古着だと80年代頃の物が多くて、サイズも形もイマイチ。

なのでずっとエッシャーのプリントTは探してたんですよね。

 

そしてエッシャーの絵は、プリントTによく合うと思っています。

幾何学的なところと、モノクロの色使いが特にね!

 

それではもっと近くで見て、エッシャーの世界に浸かってみて!

IMG_0129

エッシャー感出てますねー!不思議!

こちらはRelativity=相関性というタイトルがついています。

 

もう一つはこちら。

IMG_0133

タイトルはWaterfall=滝。

落ちた水が流れてまた滝になる。これぞエッシャー!象徴的な絵ですね。

 

これがホントにそうなんです。

 

 

ちょっと話は変わりますが、このTシャツを見たお客様から、こちらのチラシをいただきました。(O田さん、ありがとうございます!)

IMG_0136 (2)

なんと!?来週からエッシャー展が茨城県水戸市の近代美術館で開催されるではないですか!!!!!!!

しかもこのポスターに使われているのが、まさにこのWaterfall!!!!!

うっかりこのTシャツを着て行った日には、大変恥ずかしい思いをすることでしょう!チャレンジャー求ム!(にわかファン限定)

 

そのお客様的には、もしかしてこの展示に合わせてTシャツをセレクトしたんですか?と聞かれたのですが、

このTシャツをオーダーしたのは半年も前のことなので、まさかそんなはずはありません!

知る由もありませんでした!

 

やるな~俺!またしても神がかりセレクト!セレクトショップの申し子!ナチュラルボーンバイヤー!もっと俺をホメて!認めてよ~!

やっぱり「持ってる」ね!

 

ひとしきり盛り上がって気が済んだので、商品紹介に戻ります。

ボディは色によって違います。

IMG_0131

IMG_0135

どっちもパキTのようなペラペラ感がGOOD。

シルエットも細身で日本人向き。SはXSくらいの小ささ。MはS~Mくらいのサイズです。

 

 

そして今回初めて知ったのが、エッシャーのロゴのようなもの。

これがまたカッコいいんです!

IMG_0130

MCEですね。かっこいい。

このロゴでアダム・ヤウクの命日にMCAってTシャツ作りたい。(もう一度、フジロックでビースティー見たかったよね。)

そして1953年の作品だというのが分かります。7月ってことかな?

 

Waterfallはというと、

IMG_0134

すみません。画像がボケちゃってますが、1961年の10月に描かれた絵みたいです。

 

 

 

エッシャー展行きたいな~。

久々の水戸だから、飲みたいわ。

 

ネットショップはこちら!
ESCHER|Waterfall|Ash Grey

ESCHER|Relativity|Black

それではまた。お店で会いましょう。

French Army Leather Sandal (1950’s~1960’s Dead Stock)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「測量の日」だそうです。

測量したい!日本のレイラインをめっちゃ測量したい!

そう思ったきっかけは、昨日の休日のこと。

昨日訪れたのは、茨城県の鹿島市と神栖市、そして千葉県の香取市。

つまり、、、

13321835_1018349064908935_3018924406716208470_n

鹿島神宮と、

13330997_1018349078242267_6435741995557452807_n

息栖神社と、

13315528_1018349104908931_6773035755729957417_n

香取神宮を巡り、

「東国三社参り」を行ってきたわけです。

 

ご利益としては、日本で最高位に位置する伊勢神宮に詣でるのと同等の効果があるとか。

しかし、東国三社を調べてみると気になるのは「レイライン」。

この東国三社のレイラインは富士山につながってたり、そのラインは江戸城天守閣や増上寺も通っているとか。

また別の角度のレイラインも筑波山や日光東照宮につながってたり。

個人的には、石岡の総社宮も日光東照宮までのレイライン上にあるんじゃないかな~なんて思ってます。

またこれらのいわゆるパワースポットは、日本最大の断層・中央構造線上に位置しており、

それを考えると地震と密接に関係してたりするのかな?と。

先日茨城で起きた震度5の地震も、実は熊本と関係してたりして。

東日本大震災が鹿島灘で止まったのも、もしかしたら要石のおかげ?とかね。

それでもうレイラインにハマってしまって。

 

そうそう、レイラインて言葉を知ったのはマンガのBECKだっけ。

そんでコユキが訪れたのはグラストンベリーの聖ミカエル塔だし、

グラストンベリーといえば音楽フェスの聖地だし、

さらに今年のフジロックにはBECKが来るし、

もう俺の周りはレイラインだらけ!!!!!

 

というわけで、フジロックの話をたくさんしたいけど、また後日ってことで。

 

 

商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0113

【アイテム】French Army Leather Sandal (1950’s~1960’s Dead Stock)

【価格】¥17,064-(税込)

【コメント】

こちらはフランス軍のレザーサンダル。結構珍しいと思いますよ!

詳しい資料も見当たらないのですが、およそ年代は50年代~60年代くらいまで。

(70年代以降になると、合皮ぽい革で作られソールもラバーになってきます。)

当然熱い地域に向けたものと考えることができるので、フランス軍のその頃の出来事といえばアルジェリア戦争。

そしてアルジェリアにはフランス軍の外国人部隊の本部があったので、そのあたりで支給されたものではないかと言われています。

 

とまあ、ここまでがいつものウンチク。

 

魅力はレア度ではございません。作りです。

まずはこちらをご覧ください。

IMG_0119

靴底だけ見るともはや革靴!!!

ご覧ください!ヒールに打たれたこのおびただしい釘の数を!

IMG_0120

本気です!

 

そしてサンダルのくせに、ソールは「縫い」であるということ。

IMG_0116

またアウトソールに戻ります。

IMG_0121

まさかのヒドゥンチャネル!?!?!?

さすがにそんな手間がかかる製法ではないと思うのですが。

取り扱っているレディースのフランスのデッドストックの革靴も、ステッチでしたが革を1枚貼って靴底のステッチを隠していましたので。

french-military-shoes-6-1024x768

とまあ、サンダルなのにこの革底かよ!!!と靴好きとしては突っ込まずにいられないのです。

 

またそれだけでなく、アッパーのデザインも秀逸なのでございます。

IMG_0114

3本のストラップで構成された、シンプルな作り。

分かりにくいので、足を通してみましょう。

IMG_0106

ユッタニューマンにも負けず劣らずの完璧なデザインです!!!

特徴は、足首のホールド構造。

IMG_0108

クロスしてガッチリ踵と甲をホールドしてるところですかね。

ちなみに私(26㎝・Eワイズ)で履けているように見えますが、無理です。

IMG_0110

サイズ表記は41なので、26㎝くらいなのですが、幅はC~D程度なので、

26㎝のCワイズか25.5㎝のDワイズの方でちょうどいいくらいかな。

まあしょせんサンダルなので、革靴のようにあまりシビアに考えてもらうのも困りますけど。

履いてみて良さそうであればOKにしといてください。

ちなみに私は履けませんけど、コレクションとして2足所持しています。

それくらいなかなか見ることもできず、作りとしても興味深いアイテムなんです。

 

履き心地は、ストラップを裏返して銀面(革の表面のこと)が肌にあたるようになっています。

IMG_0117

よって見た目はスエードストラップ。

バックルもローラーバックルで、革の消耗も最小限に。

IMG_0118

ツヤ消しのクロームメッキとは。。。やりますね。デザイナーズのサンダルみたいですよホントに。

 

作ったメーカーは、GOUNIN(グナン)というところみたい。

IMG_0115

調べてみたものの、フランスのアンボワーズにあったということ以外よく分かりませんでした。

2005年に倒産してしまったみたい。

古き良きフランスの靴メーカーの1つだったのでしょう。

 

 

在庫は10足ほどありますし、サイズも限られておりますが、

なかなかコレクタブルなアイテムですので、お早目に検討した方がいいかもしれません。

オンラインでの販売はまだするかどうか分かりませんので、遠方の方で気になる方はご連絡下さい。

また、ヴィンテージやデッドストックにご理解のある方のみお買い求めください。

ネットショップ(通販)はこちら!
French Army|Leather Sandal (1950’s~1960’s Dead Stock)

それではまた。お店で会いましょう。

GITMAN VINTAGE(ギットマンヴィンテージ)のS/S B/D Popover Shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「電波の日」だそうです。

今日も光に乗せて飛ばすdiariesのフリースタイル毒電波。

というわけで、またもやフリースタイルダンジョンでは個人的ベストバウトが炸裂!

黄猿vsCHICO CALITOの早口ラップは凄かったー!見た方がいいよあの試合は!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0083

【ブランド】GITMAN VINTAGE(ギットマンヴィンテージ)

【アイテム】S/S B/D Popover Shirt

【価格】¥17,280-(税込)

【コメント】

diariesでは今季初お目見えだったギットマンブラザーズのシャツも、お陰様で大好評です。

そしてこちらも別注で作らせていただいた半袖プルオーバーボタンダウン。

IMG_0088

長袖はリネンでしたが、やはりギットマンといえばオックスフォード生地のボタンダウンシャツは欲しいところです。

だけどウチの店にはもう長年やってる定番のアレがあるしな~・・・

というわけで、ややカジュアル寄りのギットマンであれば、ポロシャツ感覚で着てもらえるこんなアイテムをご用意いたしました。

IMG_0085

合わせ方もTシャツ感覚でOK。

短パン+Tシャツという夏の単調なコーディネートも、トップスをこれに変えれば大丈夫。

IMG_9866

Shorts/MOCEAN(Cargo shorts) ¥15,984-

Shoes/astorflex(Greenflex) ¥27,000-

 

私くらい(40手前)になると、気を抜いてもいい普段着だけど、あまり気を抜きすぎなのもどうかと思うわけで。

それは俺の個人的な価値観なんですけど、

服装は自由というものの、服装にはそれまで積み重ねてきた経験やその人らしさが出てしまうものです。

 

いつどこで誰に会っても、恥ずかしくない恰好をしていたい。

そう思って別注をかけたシャツだったのですが、

50代のお客様に見てもらったら「懐かしいね~!またこういうカッコしたいな!」というお声をいただきました。

 

私が大人になったら着ていた方がいいシャツだと思ってたら、

既に私より大人の方は、もう若い頃にずっと着ていた服だったんです。

 

そんなわけで、老若問わず色んな人に着てもらいたい半袖シャツができました。

IMG_0084

昔のギットマンと違って、プルオーバーにすると思うのはシルエットの良さ。

IMG_0089

ウエストを程よく絞っています。

昔は太めでずんどうのダボっとしたシルエットだったなぁ~。

IMG_0090

アームホールもシュッと絞り、全体的にシャープな印象に。

 

そしてギットマンといえばのディテールがこちら。

IMG_0087

上から、チョークボタン、スプリットヨーク、ロッカーループ。

デコラティブなアメリカンシャツらしいディテールがいいですね。

チョークボタンは、襟を固定させるため。ボタンダウンとセットで。

スプリットヨークは、肩の動きをスムーズにするため。

ロッカーループは、そのままロッカーに吊り下げるため。

この3点が揃うと、ああ~ギットマンらしいな~と思います。

そしてコンストラクションヨークのボタンダウンを見ると、インディヴィジュアライズドシャツらしいな~と思います。

結局、男は背中で語るってわけ!(そうなのか?)

 

 

 

お陰様で大人気で、残すはXSとSサイズのみとなっております。

気になる方は、お早目にどうぞ。

ネットショップはこちら!
Gitman Vintage|Pop Over (pullover) S/S B/D Shirt|Blue oxford
Gitman Vintage|Pop Over (pullover) S/S B/D Shirt|White oxford

それではまた。お店で会いましょう。

MAMAMA(マママ)のPrinted T-shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「消費者の日」だそうです。

消費者の対義語ってなんだろと思ったら「生産者・製造者」でした。

俺ら「販売者」はどこ行った???

 

まあいい。

 

それより個人的に一消費者として残念な情報が飛び込んできた。

Toyota FJ Heritage

なんと!トヨタ・FJクルーザーの生産中止のニュース!!!

ランドローバーのディフェンダーに続き、またしてもいつか乗りたかった車が・・・カペペペ・・・

 

そういえばさ、FJクルーザーのこの色って、Zガンダムのアッシマーに似てない?

A5A2A5C3A5B7A5DEA1BCMAB7C1C2D6

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0022

【ブランド】MAMAMA(マママ)

【アイテム】Printed T-shirt

【価格】¥8,100-(税込)

【コメント】

そろそろTシャツの時期ですね~。

Tシャツのセレクトが一番難しいですよホント。シンプルなだけにね。

だからつい考えすぎちゃうんだけど、そんな時にこういうTシャツに出会えるとホッとするんです。

感性はまだ死んじゃいないってね。

 

どういうことかっていうと、ほら、diariesのブログって「とりあえずウンチク」じゃないですか。

頭でっかちなんですよね。

それをもう何年も続けてきてしまっているので、私も頭でセレクトするようになってきている気がします。

そしてそれはお客様にも影響を与えているかもしれなくて、

理由が無ければ服を選べなかったり、説明がないと良さを見出せなかったりする方も見受けられます。

 

もちろんその服が持つ意味とか、理由というか背景を情報として説明するのは販売者として当たり前ですが、

あまりその情報ばかりに縛られてしまうと、せっかくの洋服そのものの楽しみやその人の感性が鈍ってしまうと思います。

 

だからといって、今さら私もスタンスをガラッと変えられるわけでもなく、(まあ変える必要もないのですが)

でもこのままではいけないと思いつつ悶々としてる中に、スッと飛び込んでくるグラフィック。

 

ま、何事もバランスですけどね。ロジックと感性と、古い物も新しい物も。

 

で、本日ご紹介するのは思いっきり感性がぶっ飛んでるヤツですけどね!!!

 

それでは、これまた初めて取り扱うブランドなので、ご説明しておきましょう。

IMG_0029


MAMAMA(マママ)は、2012年にスタートしたフランス・パリを拠点とするファッションブランドです。

バックグラウンドが全く異なるアーティストやデザイナーの作品を世界中から集め、

コラボレーションから生まれた独創的なプリントTシャツを数多くリリースしています。

現在はフランスを中心に、オーストラリア・イギリス・モロッコなどヨーロッパに広まっています。

使用するボディーはオーガニックコットンなどの優れた素材を使用し、パリにてプリントを行っています。


というブランドです。

 

ブランド名がマママ。

もう既にユルさが伝わってきますね。

 

さらに数ある作品の中からセレクトしたのは、ユルさを極めたデザイン。

IMG_0027

こちらはAlain Pilon(アラン・ピロン?アラン・ドロンじゃなく?)というアーティストが描いたHeroというタイトルの作品。

IMG_0028

スーパーマンらしき人物がスーパーの買い物袋を提げて飛んでいます。

ユルい・・・

どこからともなく「お父さん頑張って」という声が聞こえてきそうです。

父さんだってHeroなんだぜ。

 

次もアラン・ピロンの作品。

IMG_0030

タイトルはNeighbor=ご近所さん。

IMG_0031

ピロン氏の作品は、ポップなタッチの絵に、どこか皮肉めいたメッセージがあっていいですね。

BBQをしながら煙はあっち行けという願望が表れているよう。

風向き的に絶対あり得ないんですけどね!なんて突っ込むのは野暮!

いやでも色使いとかセンスあります!ピロンさん!

 

次は問題作。

IMG_0023

 

 

 

こちらはLisa Hanawaltという女性アーティストの作品。

タイトルはMoto。

IMG_0025

シンプルに描かれたカフェレーサータイプのバイクがカッコいいですね!

タイトルはMotoですからね!主役はバイクですからね!(ちがう、そこじゃない・・・)

自主規制させていただいております!

裸のウディ・アレン?バイクに乗る!?

そうだ。アニー・ホール観よう。

ちなみにこのアーティストのリサさん。数々の受賞歴がある、凄腕のアーティストです。

 

あと、これらのTシャツですが、なんと100着限定生産らしいですよ。

 

ネットショップはこちら!

MAMAMA|Hero T-shirt|Heather

MAMAMA|Neighbors T-shirt|Cream

MAMAMA|Moto T-shirt|Cream

それではまた。お店で会いましょう。