BLOG

Peter Storm(ピーターストーム)のPackable Cagoule Anorak & Jacket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「アレルギーの日」だそうです。

ようやく喘息の方も軽くなってまいりました。

病院では血まで抜いて検査したのですが、原因が分からずじまい。

でもなんとなく自分では分かってるつもり。

加齢だな。老化だわ。

もうすぐヤツがくる・・・厄年。。。

 

そろそろ花粉症の季節です。

私は先日の血液検査で、なんのアレルギーも持ってないことが判明しました。

みなさんお辛いでしょうが、乗り切りましょー!

花粉症の辛さ分からないくせにって?

いやいや、わたくし昔に蓄膿症患ってまして、さらに鼻茸(ハナタケ)まで発展しましたからね。

なんとなく辛さは分かりますよ。それよりハナタケの辛さを分かち合いたいね。

まだハナタケになった人に会った事がないけど!!!いませんかー?ハナタケ!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

雨ですね。というわけでコチラ。

ドウゾ!

IMG_7648-1024x768

【ブランド】Peter Storm(ピーターストーム)

【アイテム】Packable Cagoule Anorak

【価格】¥10,584-(税込)

【コメント】

昨年より取扱いを始めて以来、思った以上の反響をいただいております。ピーターストームです。

IMG_7661-1024x768

——————–

Peter Stormは、1954年に設立されたイギリスのアウトドアブランド。

元英国海兵隊であるノエル・ビビーにより、ナイロンのレインウェアを供給するメーカーとして立ち上げられました。

ノエル氏は、1960年代初頭に同ブランドを代表する防水ウェア「Cagoule(カグール)」を発明します。

カグールはフロントジップの無いフード付きプルオーバータイプのウェアで、

カグールという名前は、フランス語で僧侶がかぶるフードから名付けられました。

1989年にノエルが亡くなった後、イギリス大手アウトドアショップであるBlacksに買収され、

現在では世界中で販売されるようになりました。

——————–

というブランドですが、先ほど書いた40代または50代の洋服好きの方は、

イギリス製の野暮ったいニットウェアの方がなじみ深いと思います。

しかし今回入荷したアノラックは、ブランド説明にもあった通り、

今は無き創業者が渾身の力を込めて開発した、ピーターストームを代表するアイテム。

 

 

そんなある意味懐かし需要だけだと思っていたところ、

釣りやサッカー観戦など様々な用途にツール(道具)として取り入れていただけるお客様が多く、

またK-WAYなどが好きなレトロアウトドア物が好きな方や、

diariesでいうところのVanderのような訳の分からないマイナーブランド好きの方など、

色んな方に興味を持っていただけるピーターストームでした。

 

 

そんなわけなので、今季も凝りもせずプルオーバータイプのカグールをご用意。

IMG_7656-1024x768

芸が無いといわれればそれまでですが、余計なヒネリはいらんぜよ。

なんてことないアノラック。普通の物は普通が一番。

IMG_7662-1024x768

ひねらないけど裏返し。

普通に防水テープ処理が施されています。

IMG_7655-1024x768

生地はなにやら加工が施されているようですが、その名もストームシールド!!!

なんだ最期の「D」だけ文字がおかしいから、これB品じゃないの?って思ったんですが、

なるほど、シールド=盾の形でした~!

これで嵐もシャットアウトできんのかな~?

 

そしてこちらのアノラックはパッカブル仕様。

IMG_7657-1024x768

iPhone2個分くらいの大きさ?

フェスなんかにも使えそうです。

むしろフェスでしか使えないやつより、普段も着られるこういうやつの方が得かもね?

 

コーディネートはこんな感じで。

IMG_7670-e1433493214618-768x1024

Shirt/INDIVIDUALIZED SHIRT (Cambridge Oxford B/D L/S) ¥24,840-

Pants/arbre (Dress pants) ¥18,144-

Shoes/Arrow Footwear by white and co 1890 (Derby) ¥42,984-

キレイ目なスタイルのハズシとして。

でもちゃんと靴はダイナイトソールですからね。雨の日コーディネート。

こんな時のスラックスは、9.5分丈で短めダブル仕様で裾上げしておきたいね。

あとこの野暮ったいアノラックにボタンダウンのキリッとした組み合わせが良いんです。

 

 

ちょっと待って!まだまだブログは終わりませんよ!!!

さらに実はこんなのも入荷してます!

peter storm zip (1)

peter storm zip (6)

【ブランド】Peter Storm(ピーターストーム)

【アイテム】Packable Jacket

【価格】¥10,584-(税込)

【コメント】

今季はプルオーバーだけでなく、フルオープンもご用意いたしました!

peter storm zip (3)

ハンドポケットが付いているのも何気に嬉しいかも。

peter storm zip (7)

他の仕様はほとんど一緒ですかね。

peter storm zip (9)

ストームシール・ド・鬼

peter storm zip (10)

こちらもパッカブルになってます。

 

夕方、犬の散歩などをする時は、スウェットにナイロンブルゾンくらいがちょうどいいですね。

春はもう少し。洋服もテンション上げていきましょ~!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Vintage Jackets(BERTRAM DUDLEY, BELSTAFF, BLACK’S)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「切り干し大根の日」だそうです。

昨日はOK Goの熱も冷めやらぬまま(この流れ、昨日もあったような・・・)、

更にテンションブチ上げMAXな出来事が続きます!!!

キタコレ!

12743733_10153294091092014_7614786896370123051_n

ホラやっぱり言った通りじゃないの~!レッチリ!ホッチリ!チリペ!

そして・・・・・・・・・・・・・・・SIGURRRRRRRRRRRR ROOOOOOSSS

バトルス、BENさんが来てもうこの安定感ったら無いわ!

夜はお任せスクエアプッシャー。トムジェンキンソンのアンビエントな夜はヤバイでしかし。

 

もうこのメンツで十分な私。

予定調和もなんのその。

ちょっと想像しただけで、、、アカン、、、涙がこぼれそう。。。

 

 

 

じゃ、これ以上言うと仕事が手につかなくなるので、

急いで商品紹介に参りたいと思います。

 

春物もどんどん入荷してまして、なかなか自分で買い付けたヴィンテージ品の紹介もできてないので、本日はまとめてドバっと。

あ、でも決して説明はおろそかにはしませんので、ご安心ください。

 

それではまずは1着目です。

ドウゾ!

 

dudley (1)

【ブランド】BERTRAM DUDLEY(バートラムダドリー)

【アイテム】Cycling Jacket -Vintage(1960’s~1970’s)-

【価格】Thank you sold!!!

【コメント】

ヴィンテージに全く興味のない方は、?マークが付いちゃうかもしれません。

いやヴィンテージに興味がある方でも、ちょっとマニアックなこちらのジャケット。

dudley (10)

サイクリングツーリングに特化するというニッチすぎる方向性で、1950年代頃からヨークシャーに存在したアウトドアブランド、バートラムダドリーです。

6730474333_c938ec4c91_o1

「存在した」という通り、今はもうありません。心なしか男性の顔も切ねぇ。

しかしこのバートラムダドリーの服が持つ独特の雰囲気は他にない物があり、イギリス国内でも未だにファンが多いブランド。

dudley (2)

アウトドアブランドながら、余計なデザインが一切施されておりません。

胸ポケットは、たいていマップなどを入れたりするものなので、

dudley (3)

めいっぱいポケットの容量が取れるように、ショルダーの縫い目まで引っ張ってきたり。

こういう服にホント弱いです。

dudley (4)

ポケットも使いやすさを考えてハの字型です。

dudley (6)

袖口のボタンはNEWEY(ニューイ)。イギリス製のボタン。バブアーに詳しい方なら、ご存じのブランドですね。

ニューイのボタンが付いてれば、それだけで古いイギリス物の可能性が高くなります。

dudley (7)

ちなみにこのジャケットの年代がどれくらいかというと、恐らく1960年代後半から1970年代前半くらいまでだと思います。

バートラムダドリーが使用する生地は、初期はギャバジン素材で後半はベンタイル。

dudley (8)

こちらはどう見てもベンタイルぽいのですが、タグにベンタイルの表記がないんです。

なので、一応ベンタイルと言及するのは避けておきます。

 

そんなスペックよりも、見てほしいのは状態とサイズ。

dudley (9)

裏地も全くと言っていいほど汚れておりません!ジッパーも破損してないのも素晴らしい!

この頃のジッパーは結構弱いんです。

さらにはサイズなのですが、日本人のXS程度!

イギリスのアウトドア物でXSというのは、なかなか出会えないんじゃないかな~と思います!

グレンフェルなどから一歩踏み込んだ感のあるバートラムダドリーでした。

 

 

次はこちら。

belstaff (1)

【ブランド】BELSTAFF(ベルスタッフ)

【アイテム】Mountain Parka  -Vintage(1970’s)-

【価格】Thank you sold!!!

【コメント】

最初に言っておきたいことがあります。

「あまりベルスタッフを舐めない方がいい。」

いや誰も舐めてるわけじゃないと思いますけどね。

私がついそう思ってしまうのは、バブアーとベルスタッフの知名度が違い過ぎることですかね。

バブアーの方が圧倒的に上。

確かに最近のベルスタッフは、セレブっぽい立ち位置になっちゃったからなぁ~。

とまあ愚痴はこの辺にしておいて。

もしご存じでない方はベルスタッフの公式HPで、ブランドの歴史をご参照ください。→http://www.belstaff.jp/history.html

 

そしてこのブランドの歴史のリンクには、今回ご紹介するアイテムに非常に重要な情報が掲載されています。

抜粋すると、

「1976年

有名な登山家クリス・ボニントン(Chris Bonington)がベルスタッフと2年契約を締結。

翌年、ベルスタッフのウェアを着用したボニントンは、

「オーガ」の名称で知られるパキスタン カラコルム山脈に属する標高7,285mの峻険な岩峰バインター・ブラックに初登頂を果たします。」

とありまして、1924年創業という長い歴史の中で、僅か2年間だけ作られたのがこちらのアイテムというわけ。

belstaff (3)

ベルスタッフといえば、トライアルマスターに代表されるあのいかついイメージとは対照的に、

ツイル素材を使った柔らかい印象のこのマウンテンパーカーは、ある意味ベルスタッフらしくなくて、

日常着としてはピッタリのアイテムではないでしょうか?

belstaff (4)

またこの時代のアウトドアウェアでありながら、オリーブ単色というのも魅かれます。

belstaff (7)

裏地もアースカラー。

belstaff (6)

ジッパーは前開きがTALONのダブルジッパーで、

belstaff (5)

胸ポケットがエアロジッパーという組み合わせ。

付け替えられちゃったかな?と思ったのですが、実はこのパーカーは2着入荷してまして、

どちらも同じパーツだったので一安心。オリジナルのままです。

 

ただ、ちょっとタグに難アリ。

belstaff (8)

なぜか私、タグだけは持ってます。

belstaff (9)

まあクリスボニントンの方が残ってて良かったかなと。

そして!驚きのサイズがこちらもSサイズ!!!いや~あり得ないでしょー!

個人的にも、ついに理想のマウンテンパーカーに出会えたかという感じです。

いつかマイサイズに出会いたい!サイズが合う方には、本当にお勧めですよ!

 

 

次で最後です!

ドウゾ!

blacks (1)

【ブランド】BLACK’S(ブラックス)

【アイテム】Stormpruf Jacket  -Vintage(1960’s)-

【価格】¥77,760-(税込)

【コメント】

出ました!

blacks (14)

ブラックス!

こちらもイギリスの古き良きアウトドアブランドです。

ブラックスは1861年にスコットランドで誕生したブランド。

もともとはテントクロスを作ることから始まり、そこから派生してテントそのものを供給したり、

ヴィンテージウェアではそのテントクロスを使ったスモックに人気があります。

ちなみに現在でもテントメーカーとして残っています。

 

実はスモックも見つけたのですが、個人的には初見だったこちらをセレクト。

blacks (2)

ブラックスといえば?のテントクロスではなく、ベンタイルのような素材が気に入りました。あのこのアシンメトリーなジップの配置も。

さっきのバートラムといいベルスタッフといい、ちょっとひねくれた物ばかり見つかってしまったのと、

ちょうどこのジャケットの前にロイヤルネイビーのスモックを買ったばかりだったので、ベンタイルに引っ張られましたね。

blacks (4)

このボールチェーンもポイント高いです。

blacks (11)

ジップは意外にもYKKのダブルジップ。

blacks (13)

ボタンはニューイでした。

blacks (6)

インナーカフのリブが気持ちいいのです。バブアーのビデイルより感触いいかも?

blacks (8)

首の後ろにもジップがついてまして、これが何かといいますと、

blacks (9)

ガバッとフードが内蔵されています。

面白いのがネックの中ではなく、背中に収納されるということ。

イギリス軍のマーク3コールドウェザージャケットみたいです。

このフードの付け根の頼りなさも魅力ですね!

blacks (10)

引っぱったらすぐに破けそう!

blacks (17)

ボールチェーンとチンスト、このワードでアメリカンヴィンテージ時代からヤラレてきましたね。

アタリの出方も完璧だわ。

 

ただちょっとだけマイナスポイント。

blacks (16)

リペアが下手過ぎる!!!

ドンマイだね。

 

これを除けば、そりゃもう程度は極上でございます。

blacks (15)

ウエストにはドローコードも付いていて、先ほどのベルスタッフのように絞ることもできますよ。

この辺はアウトドアウェアらしいですね。

ちなみにこちらはL~XL程度です。

 

 

 

長くなりましたが、とりあえず本日は以上で。奇しくもすべてオリーブのアウターとなってしまいました!

実はまだまだ買い付けヴィンテージが控えております。

そろそろ修理から戻ってくるかな?オイルドジャケット・・・

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

TENDER Co.(テンダー)のTYPE922 Rinsed Denim Panel-Lined Jacket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「寒天の日」だそうです。

寒天とゼリーの違いが分からないくらい、最近の日本のいわゆるヒット曲の違いが分かりません!(こういうこと言い出すのは年とった証拠かな・・・)

もっとこう圧倒的なものが欲しいよね!

彼らみたいに!!!

何気にいつも楽しみにしているOK GoのMVにとうとう新作が!

今回はなんと無重力!

多分急降下する飛行機の中で撮影してると思うんですけど、何がすごいってほぼほぼ一発撮りってとこです。

あまりに圧倒的すぎて、曲が頭に入ってこないっていう・・・

 

でもなんだかんだ言っても、彼らのMVではこれが好き。(もちろん曲も)

身近にあるものの中から音が紡ぎだされていくって、いいよね。

 

 

 

じゃ、本日も圧倒的な商品紹介を始めます。

ドウゾ!

tender jacket (1)

【ブランド】TENDER Co.(テンダー)

【アイテム】TYPE922 Rinsed Denim Panel-Lined Jacket

【価格】¥70,200-(税込)

【コメント】

先日ご紹介させていただいたジーンズの興奮も冷めやらぬまま、実はデニムのジャケットも届いてたりします。

久々に届いたテンダーのシンプルなデニムジャケット!そしてこの真鍮ボタンの組み合わせがヤバい!

tender jacket (3)

実は私物で持っているテンダーの初期に作られたデニムカバーオールに雰囲気が似ていて、

展示会で見た時に即オーダーを決めたこのジャケット。

ジーンズと同じく、岡山で作られた16オンスのデニムにウォッシュをかけ、17オンスまで膨らんだ生地。

それにこれまたゴツイ、だけどもどこか愛嬌を感じさせるボタンが映えるわけです。

 

でもね、こんな顔してるくせに、実はすごい熱いヤツなんですよ。

どれくらい熱いかって、この動画をご覧ください。

だから何だって感じなんですが、実はこのボタン、この動画と同じようにCast Brassで作られているんです。

熱いってそういうこと。

キャストで作られた真鍮は硬いですよ。ボタン1つ取ってもテンダーらしいわ。

 

そして先ほど生地の話をしましたが、

tender jacket (8)

セルヴィッヂデニムを使い、さらに使い方もさすがで、どこに使っているかというと、

tender jacket (7)

前立ての裏に仕込まれております。

さらにこの写真では、裏地が付いているのも確認いただけるかと思います。

裏地には、テンダーおなじみのキャリコ素材。

キャリコはイギリスで産業革命が起こるきっかけともなった素材ゆえ、テンダーがよく使うのかもしれませんね。

さらには襟にも名前がついてます。ワンピースポインテッドカラー。

1枚の生地でネックを挟み込むように縫製されているのでワンピース。

 

それでは次のディテールの説明に参りましょう。

tender jacket (5)

袖口のボタンは、デッドストックのメラミンボタン。

また縫製の運針をかなり粗く仕上げています。糸も綿糸を使用し、パッカリングを起こしやすく仕上げてあります。

この生地の厚みでパッカリングが出たらもう、ヨダレ物でしょう!

 

そして最後にコチラ!

tender jacket (2)

なんてことない胸ポケットなのですが、このポケットには「Riveted ‘VAUGHN’ Chest Pocket(リベット・ボーン・チェストポケット)」という名前が付いています。

リベットは、まあリベット留めしてあるし、チェストポケットはそのまま胸ポケットということは分かりますね。

気になるのがVAUGHN(ボーン)。

実はこれ人の名前。

どんな人かと言いますと、、、

 

 

ただの熱狂的なテンダーのファン!?!?!?

 

 

なぜこのようなことになったかといいますと、通常であればテンダーのシャツやらアウターやらは、

左右対称にこんな感じでポケットがウエスト周辺に付けられます。

tenderco.1502-0278-50

しかしこのVAUGHNさんはポケットを取り外し、胸ポケットの位置に付け直すというリメイクをしてしまったのです。

さらに何を思ったのか、それをウイリアムに「これどうよ?」てなノリで画像を送ってしまいました!!!

それがまさかの商品化!?

テンダーファン冥利に尽きるわ~

そんな経緯がありまして、ボーンポケットという名前が付けられています。ただの胸ポケットなんですけど。

それだけでちょっと魅力的に見えてしまうのがテンダーマジックだね!

 

 

ちなみに各サイズご用意したのですが、現在サイズ2しか残っておりません。

さらに朗報!

こちらのジャケットですが、いつものテンダーのサイジングよりも小さめに上がっております!

サイズ2は通常M程度ですが、Sの方でもいけるサイズかと!?是非ともお試し下さい!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

French Military Rain Coat(1980’s Dead Stock)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ふんどしの日」だそうです。

というわけで明日はアレですね。

TyneandWearCountyentrancesign

アポンタイン

 

おしい

 

ですので、今日はこちらを着用してます。

12729238_950145355062640_7143475525705507272_n

バランタイン

 

おしい

 

 

では、商品紹介です。

ドウゾ!

french rain coat (1)

【アイテム】French Military Rain Coat(1980’s Dead Stock)

【価格】¥8,424-(税込)

【コメント】

またまたデッドストックアイテムが入荷しております。

french rain coat (2)

こちらはフランス軍のデッドストックのレインコート。

french rain coat (3)

1987年製だということがお分かりいただけるかと思います。

サイズは92Cで、ざっくりM程度と思ってもらえれば。

 

diariesではあまりハイテクなアイテムはセレクトしない傾向があります。nauくらいですかね。

ですが、K-WAYやPETER STORMのようなレトロなナイロンアイテムには弱いんです。

本日ご紹介するこちらのレインコートも、レトロというかローテクというか。

french rain coat (4)

肩回りは、シームから水が入ってこないように縫目を作らず。

そして脇の下にはベンチレーション。

french rain coat (5)

この涙ぐましい努力に感涙でございます!!!

french rain coat (6)

背中にもベンチレーション。

french rain coat (8)

ディテールはこんなもんですが、これは着てみないと分からない魅力満載。

先ほどMサイズ程度と書きましたが、通常Sサイズくらいの人がオーバーサイズでバサッと羽織ってもカッコいいです。

不思議な魅力を備えたナイロンコートですね。

 

実は私が持ってるトレンチコートはナイロン製。コットンのトレンチは持っていません。

リアルに着る服として見ると、このステンカラータイプのナイロンコートは非常に汎用性も高いんです。

 

実は昨年の秋に少しだけ入荷してきたのですが、ブログでご紹介する前に完売してしまったアイテム。

今回も少量の入荷となっております。

気になる方は、お早目にどうぞ。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

TENDER Co.(テンダー)のTYPE130 Tapered Jeans -UNBORN-

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「仁丹の日」だそうです。

子供の頃、オッサンの口臭は仁丹のせいだと思ってました!

なんであんな臭いの食べるんだろうと思ったら、むしろ臭いを消すために食べるものだったんですね!仁丹!

最近見ないな~JINTAN。

なんてことを考えてしまうくらい今日はヒマです!祝日ですよ!休日!

ウチの店は木曜定休なので、忘れられてるのかも!?!?!?

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_8557-1024x768

【ブランド】TENDER Co.(テンダー)

【アイテム】TYPE130 Tapered Jeans -UNBORN-

【価格】¥47,520-(税込)

【コメント】

今季ももちろん届いております。テンダーのジーンズ。

取り扱うのにハードルが高いと思われてたこちらのブランドも、扱いを始めてからとうとう5年が経ってしまいました。

とはいえ、やはり予想通り一部のマニアックなお客様に受けが良く、

国内の取扱店は増えているようで横ばいな気がしますね。

 

しかし、それこそが私が最も好きな流通の形。流行らず廃れず。

デザイナーさんには、何物にも惑わされることなく、納得いくモノづくりをしていって欲しいし、

私は私で流行や売り上げなどを気にせず、自分が良いと思った物だけをセレクトしたい。

 

毎年毎年テンダーテンダー言ってんだったら、もっとラインナップ増やせよと思われるかもしれませんが、

バジェットの都合だけでなく、上記の理由からお店としてのスタンスを崩さない偏屈野郎がやるセレクトショップなので、

なかなか増えていきません。ゴメンナサイ。

 

自分のことながら不器用だよなとは思いつつ、そんなやり方だからこそ、お客様に共感していただいた時の喜びはひとしおでございます。

さらに最近は、お買い上げいただいた後のお客様とのやりとりが、これまた楽しくてしょうがない。

例えばこんな。

IMG_0390

左・Y内様 右・F木様

お二方とも、弊店のオープン以来からのお付き合い。

Y様は私と同じタイミングでテンダーを購入し5年目。F様はWOADを先に購入し、2本目のUNBORNをお買い上げいただいたばかり。

またY様もF様もお知り合いだったことから、デニム話に花が咲きました。

色が落ちたものも、まっさらのインディゴ色もどちらも好きですが、

時間が経てば経つほど愛着が増すと、ヴィンテージでもない新品でもない、もう他には代えがたい服に昇華してしまうんです。

 

そして店頭では、気が付いたらテンダーコーナーが出来上がってました。

IMG_1324

真ん中に吊り下がっているジーンズは、私物のマイファーストテンダー。

まだまだ履けるのですが、これ以上色が落ちると寂しくなるので、ひとまず休ませて殿堂入りさせようかなと。

飾っとくんで、気になる方は是非ともご覧ください。ちゃんと洗ってあるのでキレイです。

ゴエモンさんの素晴らしいリペア跡も見ることができますよ!

 

お陰様で、diariesの顔となりました。

 

こんな顔。

tender

——————–

TENDER Co.<ブランド紹介>
Tenderは、ただ単に古い服をデザインソースにしたレプリカブランドではありません。
例えば、なぜヴィンテージ服が珍重されるのか、その製品の裏に隠れた重要な背景を表現しています。
ほぼ全てのヴィンテージワークウェアに、また長い間提供され愛されたのはジーンズです。
ジーンズの原点は、19世紀半ばのサンフランシスコ北部の金探鉱で、
ハードワークに耐えられるようにテントのキャンバスから造られたのが始まり。
ですがデニムの歴史家によると、これはほとんど作り話なんだそうです。
というのは、私たちが認識しているデニムの歴史は、
リーバイスを筆頭に様々な企業が、ハードワークにも使える着心地の良いオーバーオールの必要性を、
アメリカ製部の金鉱労働者に植え付ける為の宣伝文句に過ぎません。
当時の広告を見ると、ネバダ州の金鉱労働者には「銀の岩と、金のヒモ、銅の山」が送られると約束されてました。
ですが、まさかそんなことあるはずありません。
Tenderは、そのような既成概念に対抗し、また新たにデニムの歴史に書き加えられるブランドです。

——————–

 

このブランドに興味を持ったのは、製品もさることながらこのブランドの理念でした。

洋服を本質的な部分で考えていること。

リーバイスという既成概念に対抗しているということ。

またその姿勢がイギリスから生まれたというのも興味深いことでした。

イギリスからという部分では、もう一つ理由があります。

これまでジーンズというものは、リーバイスその他に基づくアメリカと日本のジーンズと、

ヨーロッパのシルエットを意識したプレミアムジーンズに大別されてきました。

しかしそのどちらでもないジーンズがイギリスから生まれたということに、また衝撃を覚えたわけです。

 

次にデザイナーさんについて。

tenjikai-061-768x1024

——————–

TENDER Co.<デザイナー紹介>
デザイナーは、William Kroll(ウイリアム・クロール)氏。
元々は「EURO EVISU」(エヴィス・ジーンズのヨーロッパ部門)にてデザイナーをしていました。
※ちなみにエヴィスジーンズは、海外の方がむしろ評価は高いです。
またスーツで有名なSavile Row(サヴィルロウ)でもテーラーリングの技術を学んだこともあります。
さらにデニムを極める為、デニムの聖地と言われる岡山県は倉敷市児島で、デニムの生産も学びました。
現在は、イギリスのセントマーチン(University of the Arts London Central Saint Martins College of Art and Design)において、デニムの講師を勤めています。
※セントマーチンとは、世界でも三大芸術学院と言われ、「アントワープ」(ベルギー)、
「パーソンズ・スクール オブ デザイン」(ニューヨーク)と肩を並べるイギリスのデザイン学校です。
アントワープなんかは、ドリスバンノッテンやマルタンマルジェラが輩出してることで有名ですが、
セントマーチンも、ジョン・ガリアーノ、アレキサンダー・マックイーン、ステラ・マッカートニー、
ニール・バレット、ヴェロニカ・エトロ、ジョー・ケイスリー・ヘイフォード、タイシ・ノブクニなど、
数え上げればきりが無く、そうそうたるデザイナーを輩出しています。

そんなデザイナーの卵達にデニムを教えてるわけですから、デニムマスターまたはデニムマイスターと呼んでもいいでしょう。

——————–

エヴィス、サヴィルロウ、岡山デニム、セントマーチン。

ウイリアムの年齢ですが、まだ35前後じゃないかな?

どうやったらそんなに経験を積むことができるんでしょう。

人柄も素晴らしく、イギリス人らしいジェントルマンです。

柔和で優しいですが、モノづくりになると非常にマジメ。時に頑固です。

この人が作る物なら間違いないと、その人間性も製品のクオリティと同じくらい信頼がおけます。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

a0136223_173023

まずはdiariesが推奨する基本のテンダー。

太目のラインからテーパードがかかったTYPE130です。

IMG_8559-1024x768

まずはなぜTENDERという名前なのかをご説明しましょう。

——————–

TENDER Co.<ブランド名の由来>
TENDER Co.の服は、アンティークのワークウェアや機械、特にイギリスの蒸気機関車時代のものがルーツになっています。
またテンダーとは、蒸気機関車において、石炭や水を積んだトラックのことで、機関車と車両を繋ぐ車両のことを言います。
ちなみに、日本で有名な「D51」なんかもテンダー機関車と呼ばれるタイプです。

tender_type (1)

※写真の左にある黒い箱がテンダー。燃料である石炭を積んで走る列車のことです。

またテンダーは、イギリスを縦横無尽に走り回るための十分な燃料を積まないといけない為、
よく鍛えられた鉄によって、あり得ない程頑丈に作られていました。
そしてTENDER Co.の服には、それらを研究しデザインし、製造から着るところに至るまで、
頑強さといったテンダーの要素が落としこまれています。
TENDER Co.の服は、機関車のテンダーのように丈夫で、常に身に付けハードに使ってほしいアイテムですが、
そのアイテムが内包する歴史や物語をリスペクトしてほしいという願いもあります。

——————–

a0136223_19571297

ちなみにこのポケットが四角いのは、そのテンダー列車を表しています。

先日のブログでも書きましたが、元はEURO EVISのデザイナーだけあって、
どこかエヴィスジーンズにも近い印象を覚えますね。

 

次からディテール詳細です。

個人的に最も気になったのはこの部分。

a0136223_2005665

この写真ではどの部分だか分からないと思いますが、ボタンフライをめくった部分。

なぜかこんな所にミミがあります。
なんだろなーと思い、このミミをたどっていくと、、、

a0136223_2015252

実はこの前ポケットの3本ステッチの中にミミが仕込まれているんです!

ではなぜここまで面倒なことをしなければならなかったのか?

それにはちゃんと理由がありまして、
「ミミ」という部分は、生地端の部分にあたります。
この「ミミ」ははじっこだけあって、生地の中でも引っ張られる力に最も耐久性がある部分なんだそうです。
当然、このポケットの部分は物を出し入れするごとに負荷がかかる部分なので、
テンダー機関車同様、ずっと使い続ける為に、わざわざミミをステッチの中に仕込んだっていうわけ。

ちなみにこれは、サヴィルロウの古いテーラリングで覚えたやり方だとか。

しかしそれで終わりではなく、当然ポケットの袋も使ってたらボロボロにるということで、、、

a0136223_2061233

ポケットの袋までデニムを使用しています。(リベットも気になりますが・・・)
ちなみに、普通のデニムは「スレキ」というシャツみたいな生地を使います。

そしてさらにポケットの中をよーーーく見てみると、、、

a0136223_208185

写真は前ポケットの一番下を写したものなんですが、白いラインが見えますね。

なんとこんなところにまでミミを仕込んでいるんです!!!

 

さすが、かのセントマーチンスクールで、デニムの講師を務めるだけあります。

デニムマスターあるいはデニムマイスターが作るデニムです!

個人的に気に入ったのは、「ミミ」を要所要所で使いつつも、それがただのヴィンテージモチーフに終わってないところです。

ディテール1つ1つに理由がある。

この作りは、ウンチクにうるさいdiariesにピッタリの商品だと思いました。

さらにはジーンズにサヴィルロウの伝統的なディテールを盛り込む、途轍もないデザイン。

しかし、まだまだ掘り下げれば掘り下げるだけ深いジーンズなんです。

 

次はコチラ。

a0136223_1945465

ボタンフライのボタンは、2つしかついていません。
これはBritish Railways(イギリス国鉄)時代の制服のディテールを用いたそうです。
テンダー=機関車なので1900年代初頭のディテールを取り入れたデザインとなっています。

 

これもやはり産業革命の時代をイメージしてのことでしょう。

またイギリスの誇りを表してもいることと思います。

 

トップボタンは、チェンジボタン。

a0136223_1845294

チェンジボタンとは、ヴィンテージ好きの方ならご存知かもしれませんが、改めて説明すると、
1930年代以前のワーク・ミリタリーウェアに見られるディテールです。
金具により取り外し可能なボタンが金属の輪で留められているんです。
なぜかというと、洗濯の際に生地を傷めないようにするため。
1930年代までは洗濯板を使っていたため、
洗濯機が普及し始めた1940年代からは使われなくなりました。

例えば私物で持っているチェンジボタンはこんな感じです。

a0136223_18131361

大体チェンジボタンって、キーホルダーみたいなリングが多いのですが、
テンダーのデニムの場合、クリップみたいな棒状なのがいいですね。
パンツの場合、この構造じゃないと肌に当たって履けたもんじゃありませんね。

ヴィンテージパーツという部分では、

通称「股リベ」もヴィンテージファンとしては嬉しいです。

a0136223_191434100

ちなみに股リベットも、リーバイスでは1942年に廃止されているので、時代的には合っています。

廃止された理由は、たき火にあたっているとアソコを火傷するからというのは本当でしょうか?やだな~

 

股リベがあるなら、当然バックポケットもリベット留めです。

a0136223_20463820

ちなみに、隠しリベットは1937年~1967年なので、産業革命の時代と一致。

またこの写真から、バックヨークが異常に長いことに気づきます。

ウエストバンドからバックポケット付近にV字にステッチが入った、切り替えられた布部分を言います。

ジーンズの革新的ディテールというのは、「リベット留め」と「バックヨーク」だと言われています。

ではこのバックヨークがなぜ付けられたかと言うと。
リベット留めパンツが作られた時は、まだ501という名前もつけられていなく、
「ウエストハイオーバーオール」と呼ばれていました。

例えばこんな形。

i2-2

シンチバック(尾錠)ジーンズですが、「バックヨーク」が無いのが分かりますか?
ウエストバンド(腰回りの布)があって、脚の部分が付いてるだけですよね?
このままでは、シンチがないとかがんだ時にお尻丸見えになっちゃいますよね。
シンチバックが無ければホールド感が悪くて、ズボンとしては殆ど機能しません。
当時はサスペンダーで、ベルトループも付いてないし、
昔のスラックスとか見るとお尻の方だけ生地が長かったりします。

(※WORKERSさんのHPから過去作品の画像を拝借しました。

ウエストハイオーバーオールなんて、ワーカーズくらいしか作っていません。さすがです。)

だから、人間の体に合わせてホールド感を高め、履きやすくするためにこの「バックヨーク」という部分に布が当てられました。

New-Nevada2

以前リーバイスショップでお披露目された最古のリーバイス「ネバダジーンズ」にも、バックヨークは存在します。

先程の文章に「人間の体に合わせてホールド感を高め」と書きました。
そうなんです。まさに「立体裁断」の発想で、100年以上前の服が作られていたんです!

ジーンズ。今も昔もこれ以上の形は無いんです。
変わるとしたら人間の形が変わることくらい。ジーンズは変わりません。
ジーンズはそれだけの歴史を持ち、今も多くの人々を魅了し続けます。

全てのジーンズはリーバイスから始まります。
これはしょうがないことなんです。

しかし今、新しいジーンズの歴史が始まろうとしています。
それがこのTENDER Co.のジーンズだと思います。
リーバイスの歴史を否定するのではなく、ましてや模倣するのでもなく、
マーケティングによって履き易いものにするのでもなく、
既成概念に疑問を抱き、新しい解釈によって作られたジーンズ。それがテンダー。

 

そしてポケットの形も実はテンダー。

a0136223_19193297

この四角い形はテンダー機関車の石炭を入れる列車の形。

tender_type

産業革命を支えた影の立役者。つまりイギリスの誇り。

ちなみに世界で初めて機関車が走ったのもイギリスです。

 

また先ほどのバックポケットには、ポケットの形以外にももう1つ意味があります。

それはポケットのステッチをよく見てください。
ステッチが数字の「6」を表しているのがお分かりいただけますでしょうか?
「6」が2つ。そう、リーバイスファンの方ならご存じ、「66」(ロクロク)に対するオマージュです。

66(ロクロク)とは、ジーンズを代表する「リーバイス501の最終型」と呼ばれているんです。
1890年代に、キャンバスをリベットで留めたパンツが生まれ、501と名付けられ、
幾度ものモデルチェンジを繰り返し、現代の501に最も近いのがこの「66モデル」なんですね。
なので、66モデルのことを「完成されたジーンズ」と呼ぶ人も少なくありません。

ちなみにヴィンテージの501には、60年代の物の人気が高いです。
そりゃ古けりゃ古いに越したことないのですが、「XX(ダブルエックス)」「Aタイプ・Sタイプ」
「501・501」「ビッグE」など、マニアにはたまらない様々な501が生まれたのは60年代なんですね。

 

 

まだまだ続きます。

重めのディテールは以上。

次からはテンダーらしいデザインです。

1

TENDER Co.ではベルトも作っていますが、かなりの厚み。

その為、サイドをビタビタに合わせると、動いたときにベルトが歪み、

着心地が悪くなるので、場所によってベルトループのサイズを変えています。

この辺は、さすがセントマーチンの講師ですね。

またベルトループの裏は、別布で補強されているという手の込みよう。

2

次もテンダーならではのディテール。

3

一般的にはコインポケットと言われますが、テンダーの場合は違います。

実はこのポケットには「Snob’s thumb pocket」という名前が付いています。
Snobとは気取り屋という意味。気取った奴の親指ポケットとなります。
このポケットは、昔の貴族が履いていたトラウザーズに付いていたものなんだそう。
昔の貴族は写真を撮る時など、このポケットに親指を入れてポーズをとっていたんだそうな。
気取り屋のくせに、なんとも愛嬌のあるポケットです。

しかしそれにしても、昔の貴族やらイギリス国鉄などの見たことないディテールばかり。
なんでそんなこと知ってるの?と疑問に思ったんですが、それにも理由がありました。

このような昔のディテールって、普通はヴィンテージ古着で見つけた知識をデザイナーがストックしてあるものですが、
テンダーのWilliamの場合は、それとはまたちょっと違うんです。

どういうことかと言うと、Williamは「セントマーチンの講師」という立場を利用して、
博物館とかに所蔵されている歴史的な洋服(それこそもう文献クラスのやつ)を、
教材として借りて来てしまうんだそう。

 

ちょっと話は逸れますが、リク○ートでの営業マン時代に上司からこう言われたことがります。

「受注するためなら、犯罪以外なら何でもやれ。ありとあらゆる手を尽くせ。」

そんな昔の思い出を、まさかのテンダーから思い起こしました。

 

カッコいい服を作るためなら、犯罪以外何でもやる。さすがです。

できる男。ウイリアム。

そんなWilliamは履き方までアドバイスをくれます。

それがコチラ。

5

裾のロールアップです。
あれっ!?でもなんかいつもと違うような・・・
このロールアップの仕方を「ダブルターンアップ」と名付けています。
要はみんながやってるロールアップを二重にしただけなんですが、実はこれにも理由がありました。

このロールアップの仕方は、Williamが古い文献を読んでて、たまたま見つけたものらしんですが、
昔のカウボーイがやってた履き方だそう。
なぜこんなロールアップをしたかと言うと、まずこの生地が重なった部分でタバコを消していたんだそう。
そして、吸殻を2重にロールアップしてポケット状になった部分にしまっていたんだそうです。
アメリカは乾燥してるので、火を消したつもりでもその辺に捨ててしまうと、すぐ山火事になってしまいますしね。
ダブルタンナップ、よかったらお手持ちのデニムでも試してみてください。

Double turn upですが、分かりづらいので店頭ではダブルロールアップって呼びますがね。

 

最後に素材です!!!

6

生地だけは日本や岡山県倉敷市産です!
どんなにデニムを研究し尽くしても、やはり世界一のデニムは倉敷というのは揺るがないようです!
これは日本人としてとても嬉しい!
世界の倉敷!ビバ!岡山!

というわけで、早速デニムの解説を始めます。

テンダーのデニムは、日本のシャトル織機で織られた生デニムを使用しています。
現在のプロジェクタイル(発射)織機が開発される前は、全ての織物はシャトル織機で織られていました。
発射織機と比べると、シャトル織機はとても遅く、さらに生地の半分しか使用できません。
しかもそれらの品質はとても不規則ですが、その不規則さにはどことなく温もりと個性を感じるのです。

テンダー以外のデニムの殆どはサンフォライズド(防縮加工)を施してあります。
ゴム製のローラーであらかじめ縮ませる防縮加工は、サンフォード氏によって1932年に発明されました。
デニムはその後、表面の毛羽立ちを取り払われ、さらにツルっとした表情に仕上げられます。
しかしテンダーのデニムは初期の工程を用い、洗って縮ませると厚みが17オンスに増幅します。
そしてシワやねじれが生じ、その人の体型に合わせて変化していきます。

という風にWilliamは説明してます。

最近ではリジッドなんて言われますが、あえて「生デニムです!」と言いたい!
rigid(リジッド)では、ただ「固い」という意味しかないので、
この縮ませて自分の体になじませていく感覚は、「生」としか言いようがないんです!!!

そして生=ライブってこと!

このデニムは観るのではなく体験するものであるということなんです!

だからウォッシュ加工なんてありえません!

 

さらにこのノンウォッシュタイプには面白い名前が付いています。

「UNBORN JEANS」(アンボーンジーンズ)=未だ生まれてないジーンズ

7

まだ洗ってない状態は、まさしく母親の胎内にいる状態。
お客様とこのジーンズとの関係は、袋から取り出す時から始まるんです。
なので、お渡しはこういう状態になります。

8

さらに袋を開けると、手紙まで付いています。

9

「新しいオーナー様へ。テンダーより。」と書いてあります。

10

さすがに中身は、ご購入いただいた方のみにしたいので、ここでは割愛させていただきます。
もちろんデザイナー・William本人の直筆サイン入りです。

確かにオーナーと書いているだけあって、なぜかテンダーを履いている人には共感を覚えるんですよ。

そもそも万人受けするジーンズではないため、テンダーを選ぶってだけで面白い人だなと思うんです。

先日行ったテンダーのトランクショーなんかは、さしずめオーナーズクラブのオフ会みたいなもんでしたかね?

本当はウイリアム本人を呼んで、イベントやりたいですけどね。ウチの規模では無理です!

 

 

締めとして、テンダーに関して感想を書いておきます。

私はこのデニムを手にした時、久しぶりの興奮を覚えました。
ジーンズに関して、人生3度目(サードインパクト)となる興奮だと思います。
ファーストインパクトは、中学生の時、石岡の老舗セレクトショップ・HONDAで生まれて初めて「Levi’s 501」を買った時。
セカンドインパクトは、20歳くらいの時、初めてヴィンテージデニム「66モデル」を買った時。
それ以来の、約15年ぶりに味わった興奮でした。

ファッションが好きで好きで、楽しくて楽しくてたまらなかった時代。(もちろん今もだけど。)
見る服すべてが未知との遭遇であり、それを手に入れる為、一生懸命バイトして、やっと手にするあのデニム。
覚えてませんか?忘れてませんか?まだ体験してないですか?
まさか30過ぎて、こんな興奮を味わえるとは思っていませんでした。

もしこの(長い)ブログを読んで、もしまだ洋服への情熱があるとするなら、

是非このデニムを履いてみてください。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

 

(ここまで読んでくれた人いるのかな・・・?)