BLOG

Daily Wardrobe Industry×Le minor(デイリーワードローブインダストリー×ルミノア)の7 days series Le minor by Daily Wardrobe Industry

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「マッチの日」だそうです。

マッチどころか、すごい火が点いちゃった人がいました。

resized_166ebf10-2004-4816-a72d-4c50f44fb987

この方は、かのヴィヴィアン・ウエストウッド女史。

シェールガス採掘を推進するキャメロン首相に抗議するため、戦車に乗って来たんだと。

さすがでございます!

 

 

というわけで、皆さんはぜひともこちらのイベントに突撃してくださいね!

BruceMorgan案内状(表)BruceMorgan案内状(裏)

※ご来場の際は、こちらのブログ画面を係員にお見せ下さい。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

le minor (1)

【ブランド】Daily Wardrobe Industry×Le minor(デイリーワードローブインダストリー×ルミノア)

【アイテム】7 days series Le minor by Daily Wardrobe Industry

【価格】¥12,690-(税込)

【コメント】

もうdiariesブログをご覧の方ならお分かりですね!?

お待たせ致しました!デイリーワードローブインダストリーがルミノアに別注をかけたバスクシャツが今年も届きました!

しかもご覧の通り、今年は初めて7色つまり7Days全て揃えることができました!

でもなんで7色?7Days?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、

まずはブランド紹介からどうぞ。

le minor (6)

「Le minor」と「Daily Wardrobe Industry」とのコラボレーション。
こちらの通称「黒タグ」は、実はフランス海軍に支給していた時のルミノアの旧タグを復刻したもの。
このさりげないヴィンテージデザインの取り入れ方や、ダブルネームの表記にもセンスを感じます。

Le minorとは、1936年にフランス北西岸ブルターニュ地方(ロレアン地区)で創業し、
現在も生地から縫製・出荷までを一貫して、フランスにある自社工場で行っているブランドです。
またフランス海軍の公式ユニフォームとしても採用されている実績を持っています。

バスクシャツというのは、フランスの肉厚のボートネックTee以上のことは定義があいまいなので割愛しますが、
3大バスクシャツメーカーといえばセン○ジェームス、ルミノア、オー○バルなどです。

その中でもLe minorに別注したというのも、個人的ににそそられます。
3大○○でいうと、S社はフランス以外の工場もあり、どれがどこ製だかイマイチ分からなかったり、
O社は素材や縫製が他の2社より、若干劣るかな。。。
そのチープさが良いかもしれないんだけど、大人になった今はもう手を出しにくくなってしまいました。
またO社はライセンス物も多く出回ってしまい、純粋なバスクシャツメーカーかというと・・・といった印象。

さらに3大○○というくらいなので、当たり前にどこでも買えることを考えると、わざわざdiariesに置くまでもないと思ってましたが、
試しに1着買って着てみたところ、着心地・ネックの形・インディヴィのシャツとの相性などなど、
GlaconのボーダーT以来の衝撃を受け、どっぷりハマってしまいました!

 

そしてブランドタグ以外にも、通常は「Le minor」と表記される袖のタグも、

le minor (3)

DailyなWardrobeというコンセプトなので、月曜から日曜まで用意されているという遊び心。

しかしブランドロゴが見えちゃうというのは個人的にも苦手なので、この遊びはアリですね!

(だが、この黒いボディにFriday=ブラックフライデーには意図を感じるな。。。)

 

で、もちろんコラボレーションがこれだけで終わるはずはありません。

私が最も気に入っているのはネック部分。

le minor (4)

Daily Wardrobe Industryのデザイナーさんが、何度も何度もそれこそミリ単位で修正してたどり着いたボートネックなんです。

 

着てみるとこんな感じ。

a0136223_17595165

ややせまいボートネックといったところでしょうか?

やはりメンズ服で鎖骨まで見えちゃうようなボートネックだと、急にフェミニンなテイストが加わってしまうんで、

diariesによくあるワークっぽい服との相性を考えると、このネックの形は素晴らしいです。

 

そしてお気に入りのコーディネートがこれ。

 

a0136223_19145264

このルミノアにインディヴィジュアライズドシャツのボタンダウンを合わせること。

もちろんカットソー自体のシルエットも良いので1枚でも十分様になりますが、

襟を加えることで全体の雰囲気がグッと締まるんです。

また色やシャツの柄などで雰囲気がガラッと変わるので、幅も広がりますね。

3種類のシャツと3種類のルミノアがあれば9通りですから。

さらにジャケットなどのアウターを上に羽織ることを考えたら、組み合わせはどんどん増えていきます。

a0136223_19142760

トップスはジャストサイズで合わせたら、ボトムはゆるく。このバランスが好きです。

シャツを着たら革靴合わせて、シャツを着ない時はスニーカーでって感じで。いろいろ楽しんでみてください。

また、今まで無理してLサイズを着ていましたが、なんと今季よりXLが登場しました!!!!!

これは嬉しい!俺的に!!!

ちょっとタイト過ぎたもんなぁ~、、、いやタイト越えのgenteel!!!

 

一応生地の段階で水通しはしてるらしいのですが、

le minor (7)

しかし洗えば洗う程縮んでいくのがバスクシャツのこの生地なんです。

でもそれでいいんですよ。

俺なんて8分袖くらいになっちゃってますけど、着たいから着るんです。決してサイズを間違えたわけじゃない!

もう縮まないのはバスクシャツじゃないと言ってもいいくらい。

細かいこと気にしてたら着られません。

 

だけどね、そんなデメリットを補って余りあるのがこの生地なんです。

洗濯を繰り返し、縮んでは着て伸ばして自分の体に合っていく。

まるでジーンズのような楽しみ方ができるカットソーなんですよ。

le minor (2)

生成り・ネイビー・ブラック・ボーダーなどは定番色ですが、

今季はこちらのグレーと(ムタ)

le minor (5)

レッドがシーズンカラーとなっています。

このカットソーも一度買った人がまた違う色をお買い上げいただくことが多いですね。分かります。俺もそうなので。

逆にこういうのは他のブランドで何枚も持ってるからいらないという声も頂戴しますが、

そういう方にこそ、この良さを分かって欲しいんだよなぁ~。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Semoh(セモー)のRound Collar Shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「老人の日」だそうです。

なんでインディアンジュエリーアーティストって老人が多いかって?

BruceMorgan案内状(表)

そりゃハンドメイドの伝統工芸ですからね!

例えば20代から修業を始めて40代で賞を取ったら超新星。50代で賞を取れればまあいい方。60代で賞を取れたらやっててよかった。

そもそも賞を取れるかなんて分かりません!

日本でいうと陶芸みたいなものでしょうか。

成功する人なんてほんの一握り。

そんな人に、しかも海の向こうの人に会えるチャンスなんてなかなかありません。

ご来場の際は、スタッフの方にこちらのブログ画面をお店いただければ大丈夫です。

BruceMorgan案内状(裏)

俺の代わりに是非!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

semoh rc shirt (2)

【ブランド】Semoh(セモー)

【アイテム】Round Collar Shirt

【価格】¥16,200-(税込)

【コメント】

今季も届いております!セモーのラウンドカラーシャツ!

semoh rc shirt (6)

まずは定番のシャツ。
中でもこちらは最もコーディネートがしやすい、ラウンドカラーのスリムフィット。
割とゆったり目のフィッティングが多いセモーですが、
こちらは程よくシェイプされてるので、これからの時期は重ね着もしやすいアイテムです。
襟の形も絶妙だし、縫製もしっかりしているので型崩れしません。
タイドアップしてクラシックな装いに持ってくのもいいですね~!
着丈もそれなりにあるので、タックインも出来ますが、
semoh rc shirt (5)

裾のカッティングも深いので、裾出しが基本。軽やかでいいです。

生地はピンポイントオックスフォード。略してピンオックス。

semoh rc shirt (4)

やはりこの素材はバランスがいいです。
オックスフォードらしいハリは残しつつ、糸の番手が細くなるのでしなやかさがプラスされています。
涼しくなってきたので、そんなに汗もかかないようでしたら、ぜひ素肌でも着てみてほしい。
それくらい気持ちいい素材です!
ちなみにボタンは貝ボタンで、刻印入りのオリジナルボタン。

semoh rc shirt (8)

こちらのシャツは、まだセモーを着たことない方には是非ともオススメしたいです。

セモーのアイテムの中では定番にして最もクセがないデザインだと思います。

つまり非常にベーシックなので、持っている服との相性が良いと思います。

そしてその着心地や作りの良さを知り、さらにSemohに興味をもってもらえたら嬉しいなと思います。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Bandol(バンドール)のInterlock L/S Crew Neck Tee

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「メンズバレンタインデー」だそうです。

なんでも、「日本ボディファッション協会が1991年に制定。男性から女性に下着を送って愛を告白する日。」だそう。

・・・

下着渡して告って成功したヤツがいたら誰か教えてくれ!変態以外でよろしく!

 

突然ですがお知らせです!

BruceMorgan案内状(表)

diariesでもおなじみのBruce Morgan(ブルースモーガン)氏が、なんと今週末に緊急来日します!!!

そしてイベントも開催されることが決まりました!

場所は都内となってしまいますので、私はお店があるので行けません。

是非とも皆様には、万障お繰り合わせの上、足をお運びいただきたい!!!!!

本物のインディアンに会えるなんてなかなかない機会です!

そして作者本人から購入するというのは、もっとレア!

diariesでも現在完売しているので、できれば私も仕入れに行きたい。会いたい。話したいです。

 

ちなみにこちらは一般の方もご入場できます。

こちらの画面をご提示いただければOK。

diariesのブログを見て来たと言って下さい。

BruceMorgan案内状(裏)

場所は骨董通りからちょっと入ったところなので、俺だったらついでにパラブーツとかレショップ寄っちゃうかな。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

Bandol (1)

【ブランド】Bandol(バンドール)

【アイテム】Interlock L/S Crew Neck Tee

【価格】¥7,560-(税込)

【コメント】

久々にカットソーの新ブランドの紹介ですかね?

今まで扱ってきたブランドも価格や納期の面で取扱いを中止せねばならないケースも増えてきました。

常に良い物は探し続けないといけないってことです。

しかし探せばまだまだある。

こちらはフランスのカットソーブランド・Bandol(バンドール)。

Bandol (2)

ではまず恒例のブランド説明から。

——————–

某有名メゾンブランドの生産も請け負う高いクオリティとシンプルなデザインが特徴。

フランス製のカットソーブランドが絶滅していく中で、フランス製に拘り続けています。

昔ながらのデザインやパッケージングを踏襲しながらも、フィッティングに拘っているブランド。

インナー的な使い方だけでなく、一枚で着れる事も前提にした生地選びとデザイン。

——————–

 

すでに入荷より1週間ほど経っていますが、これがお客様に大好評でして、

一度完売してしまったので、急いでメーカーさんから在庫を取り寄せました。

 

どの辺が好評かというと生地です。

Bandol (3)

インターロックという生地で、日本ではスムースニット・両面編みなんて言われるそうです。

フランスのカットソーによくあるフライスよりも肉厚で、

ブランド説明にもある通り、インナーとしてだけでなく1枚でも着られる存在感は、

実際に触ってみればなるほどと思っていただけることでしょう。

 

また素材だけでなく、店頭で他のインポートブランドのカットソーと比べてみると、

シルエットがかなり細かく設定されているのが分かります。

Bandol (5)

私でLサイズで大丈夫ですが、着丈・袖丈が本当に絶妙。

インポートによくある袖の長さ。

だいたい余ってしまうので、シャツの中に着ると袖がカフスから覗いてしまうのですが、これに関しては大丈夫です。

また袖の細さが特徴ですね。

アメリカのサーマルシャツ並みに細いですが、インターロック=両面編みのお蔭で、肌触りが表裏ともにサラッとしてて気持ち良いです。

 

今回は取扱いが初めてということだったので、一番ベーシックなクルーネックにしました。

Bandol (4)

今から真冬まで、そして春先までずっと使えるアイテムです。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

WORKERS(ワーカーズ)のLounge Jacket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「世界の法の日」だそうです。

気が付けば、昨日と今日は群馬県の水上でNEW ACORSTIC CAMPが開かれているではありませんか!!!

時期的に洋服屋が行くのはかなりつらい、いや恐らく無理ですが、

今年はいつにも増してタイムテーブルがヤバいですね~!

特に!レキシ→ハナレグミの流れで確実に昇天!!!

昼食って酔っぱらってからのレキシ!そしてまったりとハナレグミ!

いやそれよりも・・・もしかするとスーパーバタードッグが・・・と期待してしまう。。。

サヨナラCOLORはさすがにやらないと思うけど、マッケンローだけでも!

永積さん若い。いやレキシが変わらな過ぎてヤバイ。

ま、マジでやってもコミュニケーションブレイクダンスだと思うよ。

そしてThe King ALL STARS!!!!!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

lounge jacket (1)

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Lounge Jacket

【価格】¥24,840-(税込)

【コメント】

今季、6年も続けてきたYarmoのドライバージャケットの取扱いを価格の高騰により見送り、

その抜けた穴を埋められず途方に暮れておりましたが、

寄せては返す波のように、また新しいジャケットが見つかりほっと胸をなでおろしました。

私にとっては気持ちに安定をもたらしたジャケットですが、

着る人にとってはコーディネートに素晴らしい安定感を与えてくれるジャケットだと思います。

 

diariesで言うところの、いわゆるワークジャケットといった感じです。

lounge jacket (2)

Vゾーンはややせまめ。襟を立てても寝かせてもOK。

キレイ目にもラフにも着こなせ、非常にコーディネートの汎用性が高いアイテム。

それがワークジャケット。まあウチの店にあるほとんどのジャケットはワークジャケットですけど。

 

またワークジャケットは着こなしの幅だけでなく、洗いこんでこなれた雰囲気になるところも魅力。

今回もチノクロスですが、8オンスとライトに仕上がってます。

lounge jacket (4)

巻き縫いでパッカリングを意識し、アメカジ的経年変化の楽しみを与えています。

 

またこちらのジャケットは、デザイナーさん曰く「現代イタリア製品に見られる優れた縫製仕様」を行っていること。

例えば肩パッド代わりの背裏。

lounge jacket (8)

これは裏返した画像です。

ワークジャケットは簡素に作られているので、基本的には1枚仕立て。

しかしジャケットらしいボリュームを持たせるため、肩パッド部分にのみ裏地を当てています。

またこの価格帯でしっかりパイピングしてあるのも嬉しいですね。

 

さらにイタリアのジャケットらしいディテールはというとこの部分。

lounge jacket (9)

 

「大身返し」というディテール。

裏地などがないいわゆる「アンコンジャケット」ですが、裏地の代わりに身返しを多く取ることで裏地と芯地の役割を果たし、

スッキリとしたジャケットらしい見た目を与えてくれます。

 

ここまで仕立てが良いと、やはりやれる範囲でどこまでもこだわってしまうのでしょうか?

lounge jacket (5)

袖の作りを見てほしいんですが、見事な前振り。

本当は平置きではなく、ハンガーに吊った状態で見た方がいいんですけどね。

これは並みのワークジャケットメーカーではできない芸当です。

大量生産でそこまでコストはかけられないので。

 

今回ご用意した色はチャコールグレー。

lounge jacket (3)

ブランドのラインナップでは、他にネイビーとヘリンボーンがあったのですが、

今回は敢えてチャコールグレーのみとさせていただきました。

 

なぜかというと、チャコールグレーというよりも「使い込んだ黒」の表情だったから。

 

ド新品のブラックのジャケットは実はなかなか着にくくないか?と思うんです。

でも黒のジャケットの安定感はやはり抜群。

困った時にこれを着る。そういうジャケットなんです。

 

当然それは私の経験から。

lounge jacket (10)

15年ほど前に購入したフライツォーリというイタリアのワークウェアブランドのもの。

これも黒のチノクロスで大身返しのアンコンジャケットと、偶然にもほぼ同じ仕様でした。

lounge jacket (13)

これはホントもうよく着ましたよ。

当時はまだジャー○ルで働いてた頃で、最初はGTAのドレスパンツに合わせたりしてましたが、

洗濯を繰り返してヤレてくるとM47とかカーゴパンツに合わせたり。

 

最近はさすがにボロくなってきてしまい、袖を通すことはなくなってしまいましたが、

もうここまでくると自分の体の一部になったような気がしてしまい、手放せなくなってしまうんです。

最後に着たのいつだったかな~と思い出してみたら、去年のフジロックでした。

a0136223_17355538

断捨離なんてクソくらえ。持っておくと便利な時もあるんです。

泥だらけになってもいい黒のジャケットなんてなかなかないでしょ?

 

このワーカーズのジャケットも、いやdiariesで扱う服すべてに言えることですが、

最後の最期まで着てやってほしいですね~~~。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Glacon(グラソン)のShawl Collar Cardigan

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「公衆電話の日」だそうです。

マメ知識。

災害の時に携帯がつながらない時は、公衆電話がつながりやすいらしいです。

大震災の時には、隣のセブンイレブンにある公衆電話で妻に電話をかけましたが、

結局は相手が携帯なのでつながらないことには変わりませんでした。

 

というわけで、遠方のお客様やお取引会社様からはご心配いただいているようですが、

diariesがあるここつくば市の中心部は平穏でございます。

しかし、氾濫した場所はお店から車で15分ほどの距離。

被害が出てしまった地域にお住いのお客様のことも大変気がかりでした。

何人かのお客様には連絡が取れ安否確認できましたが、

やはり床下・床上浸水してしまったようです。

震災・竜巻・洪水と、(幸運にも私にはほとんど被害がありませんが)

大自然の前では、本当に私達は今だけ生きることを許されているんだなと思うばかりです。

お客様も含めまして、被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早く平穏な日常を取り戻せますよう、お祈り申し上げます。

 

 

それでは本日も商品紹介に参りたいと思います。

ドウゾ!

glacon (1)

【ブランド】Glacon(グラソン)

【アイテム】Shawl Collar Cardigan

【価格】¥10,800-(税込)

【コメント】

なんだか今年はずっと早く秋がやってきたせいか、ロンTやシャツを通り越して、

このカーディガンが非常に人気が集まっています。

といっても、このカーディガンだから人気があるというわけでもないかもしれないんですけど。

急に涼しくなっちゃったので、たぶんカーディガン自体が人気なのでしょう。

そして今ウチの店にあるカーディガンといったら、まだこれしか届いてませんので!

 

とはいうものの、diariesでは毎シーズン定番のカーディガンとして取り扱っているだけに、

私としてはグラソンのボーダーボードネック同様、1着は持っておいてほしいアイテムです。

 

気に入っているところは2点。

まずは生地。

glacon (3)

固くてザラっとしたバスクシャツとは対照的に、サラッとしててしなやかなフライス素材。

どちらもフランスらしい生地だとは思います。

またサイジングも大き目で、肩幅ゆったり袖も長め。

シルエットは間違いなくルーズフィットなのですが、上品な素材のお蔭で全然ルーズに見えないところが素晴らしいところ。

ただ一つ難点を上げるとすれば、このボタンが小さすぎて外れやすいところでしょうか。

しかし、私はそもそもこのカーディガンを着る時にボタンを留めたことがございません。

いや決して擁護しているわけでも、宣伝しているからでもなく。

 

それはこの襟の形と素材の組み合わせだから。これが2点目。

glacon (4)

この小ぶりなショールカラーから、流れるようにドレープがかかってヒラヒラと落ちるシルエットは、なんとも言えない魅力があります。

 

個人的にですが、ショールカラーのアイテムはこのカーディガンしか持っていません。

ショールカラーのニットなんて、50歳になってからでいいんじゃないかなと思っています。

クラシックな印象が強すぎるので、まだ私のような若輩者のオッサンでは着られてしまうのが見えてますね。

もうちょっと経験を積まないと。

 

そんな風に思っていましたが、このショールカラーならイケました。

まあ小ぶりすぎてショールカラーと言っていいものかどうかすらありますがね。

 

なにはともあれ、ラフに上品に着ることができるカーディガンなんです。

a0136223_1932108

Cut sew/Daily Wardrobe Industry (7days series by Le minor) ¥12,960-

Pants/Tender co. (TYPE130 Tapered) ¥45,360-

Shoes/ALDEN (V-tip modified last) private

 

カットソーの上からはもちろん、シャツの上にも。

素材は綿100%なので、丸めてバッグの中に持っていてもいいですね。

glacon (5)

このさりげなくグラソンのワンポイントもいいなぁ~

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。