BLOG

Phil Howard(フィルハワード)のSlip-on

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「もつ焼の日」だそうです。

ホルモンもいいね。

今年のフジロックは、いつにも増して屋台も充実してるみたい!

あそこで食べるメシは、いつもの3倍増しなんだよな~!値段じゃなくて!美味さが!

food084

まずはハイネケンで乾杯。

もち豚、タイラーメン、パエリア、天国バーガー、、、

食ってばかりいる俺に、妻が「あんた何しに来たのよ!!!」と一喝。

その答えが「だってお腹減ったんだもん・・・」と、我ながら本当に情けないですね。。。

ああ、ピザ食いたい

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0797

【ブランド】Phil Howard(フィルハワード)

【アイテム】Slip-on

【価格】¥37,800-(税込)

【コメント】

ひとまず、2016年春夏の長い長い闘いも終わりが見えてきました。

astorflexのデザートブーツ、diaries別注のwhite&co外羽根ストレートチップ、

ロンドン買い付け分CC41グレンソン&チャーチ、イレギュラーで出たラッセルモカシンのトリプルヴァンプ、

クイルプ、グリズリーブーツと超大物が続き、今度はレアなサンダルが2型と、

よくもまあこんな小さな個人店で、ここまで靴を揃えたよなと自分で自分を褒めたいです。

今季は本当に靴に恵まれたラインナップでございました。しかも変態的なね。

そんな変態靴ラインナップを締めるに相応しい靴が、またまたイギリスから到着しました。

もう誰もついてこれないでしょう。

 

それではまずはブランド紹介から。

IMG_0814


Phil Howard Clogs and Leatherworkは、イギリスの民族舞踏「モリスダンス」の靴を作るメーカーとして、

マンチェスターのストックポートという町に1982年に設立されました。

その靴は伝統的に木のソールを成型して作られ、ダンサーがステップを踏めるよう独特の形をしています。

 

このような靴を作る工場は、1800年代にはイギリス北部からスコットランド南部にかけて数多くありましたが、

1900年代半ばにはラバー製品などの広まりと共に殆ど消滅してしまいました。

現在は数人の職人がその伝統を継承するのみとなっています。

製造工程は全て一人の職人が行っています。

木は森に生えているハンノキ・ブナ・プラタナスなどを伐採し、丸太の状態で1年間寝かせ水を抜き、組織を安定させます。

そこから旋盤やナイフなどを使い、削りだしていきます。

またアッパーに使用する革のなめし、ネイル打ちに至るまで手作業で行われている貴重なシューズです。


というブランドです。

ちなみに職人さんはこんな人です。

563536_298870056907602_913744489_n

ちょいと飲み過ぎ。赤ら顔のイギリス人ですね。

そしてこの方もまた、、、(閲覧注意!)

578472_389188287875778_1294568809_n

指をカットしてしまいました・・・

フェルナンドレザーを作ってたスティーブに続き、なんでウチの店の靴ブランドのおじいさん達はこうなんでしょうか???

 

というわけで、先ほど変態的などと言ってしまいましたが、数百年の歴史を持つ民族的な靴で、

一生懸命おじいさんが作ってくれている貴重な靴でございました。すいません。

改めて、フォークロアな靴と言い換えましょう。

IMG_0799

 

まあご覧の通り「木」なわけなんですよ。気になるでしょ?

どこまでも木です。

IMG_0815

これがね、歩きにくいかというと、意外とそうでもなかったりして。

ブランド説明にもある通り、そもそもダンスを踊れるくらいの代物なのです。

ダンスダンスダンス。

その秘密は多分これ。

IMG_0804

このクイッと上がったつま先。

こんなの歩きにくいと思うでしょ?

でもね、diariesではとっくの昔に似たような形の革靴を扱っておりました。

比較画像がこちら。

IMG_0813

そうです。William Lennon(ウイリアムレノン)です。

このウイリアムレノンもHill Shoesというモデルで、羊飼いが履いてた靴。

どちらも古くから伝統的に履かれてきた形なんです。

 

そしてなぜどちらもつま先が上がっているかというと、当然ソールが固いから。

普通の革靴は、最初はソールが平坦でだんだん反りかえってきて馴染んでくるのですが、

木はそもそも曲がらないので最初から反らせているのはもちろん、

ウイリアムレノンもトリプルソールなので硬すぎるからか、最初から反らせてあるんだと思うんです。

 

ちなみに気になる履き心地ですが、意外と良いです!

もちろん「見た目は履き心地が悪そう・・・」という思いの分、補正されてもいますがね!

ただ、実際に履いてみた私の感想としては、

ウイリアムレノンや、別注したクイルプのようなダブルソールのトリッカーズと同じくらいだと思います。

IMG_0807

さらにもう一つ地味に面白いのが、アウトソール。

IMG_0801

こちらは木そのままではなく、ハーフラバーで仕上げてあるのですが、

一見ダイナイトのコマンドソールかと思いきや???

IMG_0817

Logger?=ロガー?木こり???

まさかの山歩き用のソールが搭載されておりました。

ガンガン歩いてくれということなのか?

それとも、ウッドソールにかけてこれを選んだのか?

どちらにしろ、これだけで靴好きの私は興味をそそられるってもんです!!!

さらには、この部分の雑な仕上げも思わず笑っちゃいますけどね!

IMG_0803

削りだしというか、削りっぱなし!あえて磨きませんよ!

 

また、つい特徴的なソールばかりに目が行ってしまいますが、レザーもハイクオリティ。

IMG_0818

アッパーはHorween(ホーウィン)社のレザーを使用しております。

ヌメ革もツヤがあって素晴らしいのですが!

IMG_0816

色物の革は、天然染料を使用して職人自ら手作業で染めております。

IMG_0805

ゆえに、よく見るとムラのある質感に仕上がってます。

 

ディテールの説明はこんなところです。

次は、どうやって履いたらいいの?ってとこですかね。

初めて見る靴だけに、すぐには思い浮かびませんでした。

 

個人的には、女性ならサボとして簡単に合わせられますね。

 

セモーのワンピースに合わせて。

もちろん、レディースサイズで23.5㎝からご用意しております。

IMG_0741

 

で、問題のメンズ。

IMG_0712

Shirt/TENDER Co. (Tail Shirt)

Pants/Gramicci (Dead stock) ¥8,424-

まずはこちらもサボっぽく、サンダルを履くイメージでラフに。

IMG_0715

これはこれでいいとして、でもただ変わった靴を履いてるだけで、良さは際立ってませんね。

 

とりあえず、個人的に購入したヌメ革の方で合わせてみました。

IMG_0726

Jacket/TENDER Co. (Allotment coat) ¥84,240-

Tee/Schiesser (Karl-Heinz) ¥12,960-

Pants/Daily Wardrobe Industry (Baker Pants) ¥18,360-

パンツは太くてゆるめのシルエットが合いそう。

秋になったらソックスを履いて秋服に合わせてもいいですね。

あと、この状態よりもうちょっと色が落ち着いてくれたら、色が濃くなってくれば合わせやすくなると思います。

ナチュラルのままなので、ひとまず白を基調とした同系色で。

 

次はブラックの方。

IMG_0729

Tee/WORKERS (AB Border S/S Tee)

Pants/Yarmo (Work Pants)

こんなボーダー×ストライプの合わせなんて、30代になって初めてしたのではないでしょうか!?!?!?

こんな禁じ手を出してしまうくらい、「全力でオシャレを楽しんでやる!」と久々に思わせてくれたアイテムになりましたね。

こんな合わせを見ていると、だんだんこの靴がフット○コーチャーのようなロックぽい靴に見えてくるから不思議です。

黒い革とスタッズのせいかな?そうなるとアンダー○バーやナンバー○インみたいな服にも合いそうです。

意外とモード寄りだったりして。

コム○ギャルソンの服に合わせるのはもちろん、ヴィヴィアンのロッキンホースにも通じるものがありますね!

ワールズエンド欲しくなってきた!

 

 

しかし2016年上半期は靴が増えたね。俺のワードローブにも。

だから毎回着る服が新鮮で楽しい。

今まで着てた服を、靴を変えるだけで全然違った服装に見えてしまいます。

なんだか当たり前のこと言ってますが、様々な靴を履けば履くほど分かること。

靴の凄み。

 

そしてまた、今までみたことなかった靴に出会ってしまった。

ということは、今まで出会ったことのない服装を楽しめるわけです。

 

私と一緒に洋服を楽しみたい方は、是非。

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Schiesser(シーサー)のFriedrich(Tank top)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「人間ドックの日」だそうです。

人間ドック行ったことない。やばいかな?

サラリーマン時代も、予定が会わず行けなかったし。

独立した今じゃちょっと高いし。

何より休みが取れない。

フジロックでは休むけどな!!!!!

 

というわけで、このような刹那的な生き方は時に人に迷惑をかけます。

展示会に来れるかどうか心配で、メーカーさんからはお電話をいただいてしまいました。

お取引先各位

ちゃんと仕事はしますのでご安心下さい!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0773

【ブランド】Schiesser(シーサー)

【アイテム】Friedrich

【価格】¥9,720-(税込)

【コメント】

昨年はボクサーショーツでザワつきましたが、今年はこちらのタンクトップです。

 

求めるのは究極の下着。

思うに、本当の贅沢とはこういうことなのかもしれません。

最も肌に触れる時間が長い服なんですから、コストをかけるのは至極当然のことだと思うんです。

とはいうものの、私もそれに気が付くまでは時間がかかりました。

気づきを与えてくれた服はこちらになります。

IMG_0778

こちらはイギリスを代表するニットブランド。

IMG_0779

ジョンスメドレーのシーアイランドコットンのタンクトップ。

こちらももうかれこれ15年ほど着続けております。

ちなみに作られたのはその時だけで、もう廃盤になっております。

 

これを買った時は体を張った冗談みたいなものでした。

当時働いてたお店の売上が、月予算まであとちょっととなり、

じゃあ俺がこれでも買って成績に貢献しましょという、ブラック企業さながらの行動に出たわけです。

あ~大して欲しくないもの買っちゃったよと、その時は家に帰ってほったらかしにしといたのですが、

ある日何気なく着てみたら、今までに味わったことのない感動を覚えたわけです。

もうね、その日1日ニヤニヤが止まらないんですよ。気持ちよすぎて。

その時ね、気づいたんです。

誰もがうらやむようなブランドやヴィンテージの服を着て、ドヤ顔で街を歩くだけがオシャレじゃないってね。

着てる自分だけが幸せになる服。

 

 

そもそもオシャレってのは、他人の目を気にすることから始まるので、外向きのはずなんです。

しかしこれは自分と向き合う内向きの服。

根暗な私がこういった服に出会うのは、当然といえば当然なのかもしれません。

 

そんなわけで、肌に近いものほど良い物をと考えるようになりました。

だからね、当然自分の店でもいい服を見つけたら、試さずにはいられません!

IMG_0774

diariesではおなじみのシーサー。

こちらもヘンリーネックTシャツでも使用している高級エジプト綿「マココットン」を使用しています。

 

そして生地はダブルリブ。

IMG_0777

伸縮性があり体にフィット。耐久性も抜群。

 

しかし言うなれば、アメリカのアンダーウェア・Miller(ミラー)と一緒です!www

3枚パックのおなじみミラー!あれの頂点に君臨する物とお考えください!すっごいミラー!

 

あとね、さっきのスメドレーもミラーもそうなんだけど、

海外もののタンクトップは胸が開きすぎ。それがネック。どれがネック?これがネック。

IMG_0776

ミラーなんて、Tシャツの中に着るとブラヒモみたいになるけどね、これは違います!

この肩部分の長さ・太さは非常に重要!そしてもちろん耐久性もね!

 

 

そしてこういう「なかなか自分じゃ買わないけど気になるアイテム」ってのは、プレゼントにもお勧めですよ!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

The Superior Labor(シュペリオールレイバー)のLeather Rope Bangle & Flat Face Bangle & Dog Coin Case

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「納豆の日」だそうです。

納豆は週3くらいで食べてます。

豆腐は週5日くらい。味噌汁もほとんど毎日。

発酵食品をもっと食べた方がいい。

でもなんで痩せないのって?

知らんがな。

 

 

気が付いたら今日で終わってました。選挙ではなくこちらのイベントね。

20160505-00000030-it_nlab-000-view

ちょっと興味がありました。

いや、決して私がサイコパスだとかそういう願望があるわけではないんですけどね。

映画「IT」のペニーワイズが強烈すぎて、、、ね。

 

ペニーワイズといえば、Stand by me

でスタンドバイミーといえばスティーブンキングで、またITに戻ると。

このループから抜け出すには、公式のウェンザナイ(ロバート秋山の)を出してもらうしかありません!

 

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0745

【ブランド】The Superior Labor(シュペリオールレイバー)

【アイテム】Leather Rope Bangle

【価格】¥5,184-(税込)

【コメント】

シュペリオールレイバーから届いた新作のバングルです。

直径7mmもの太さのレザーロープを使ったバングル。

IMG_0746

そういや若い頃はエル○スのこんなの欲しかったっけな~と思い出し、今見るととっても新鮮!

 

シンプルな革なのにすごい存在感。経年変化も楽しみです。

IMG_0702

また夏なので、せっかくだから他のアクセサリーと重ね付けなどはいかがでしょう?

IMG_0705

やっぱり夏はジャラジャラといきたい気分です。

 

ちなみに重ねて付けてるバングルも、同じくシュペリオールレイバーのもの。

IMG_0748

既に残り1点になってしまったので、ざっくりとしか紹介しませんが、こちらはブラス素材のFlat Face Bangle。

棒状のバングルを叩いて成型。たたいたついでに、1か所だけフラットになっています。

IMG_0747

 

 

 

そうそう。ブログ紹介後即完売してしまい、かなりのお問い合わせをいただいてたあのアイテムが、まさかの再入荷!

IMG_0749

ブライドルレザーのドッグコインケース!

CamelとNavyのみ入荷しました!在庫は1点づつです!

よろしくお願い致します!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Blumer(ブリュメル)のPaisley Scarf (Dead Stock from 1970’s) & Glarner Tüechli(グラーナー・トゥクリー)のDot Bandana

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ジェットコースターの日」だそうです。

昨日のブログでは、夏を満喫だ俺は休みが無いだと書きましたが、

スイマセン!夏を誰よりも満喫しようとしている俺がここにいました!!!

13606950_1039519986125176_2470612748694709911_n

届いちゃったよ!フジロック3日通しリストバンド!あとはもう行くしかねー!

3日間なんて10年ぶりかもしれない。しかも1人ぼっち参戦でございます!

ぼっちは初どころか、ただの髭ロンゲの小太りおっさんがフラついているだけ!

大丈夫かな~。ランニングやってるから体力的には問題ないと思うんだけど。

というわけで、7月21(木)~7月24日(日)の間は夏季休暇とさせていただきます!

あ、21日は昼間は都内で展示会なので、しっかり仕事してきますけどね!何卒ご容赦下さい!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0599-1024x768

IMG_0603-1024x768

【ブランド】Blumer(ブリュメル)

【アイテム】Paisley Scarf (Dead Stock from 1970’s)

【価格】¥3,132-(税込)

【コメント】

半年ぶりの再入荷です!私も思わず2色買いしてしまった、デッドストックのペイズリースカーフ。

 

こちらはスイスのBlumer(ブリュメル)というファブリックメーカーのもの。1970年代に作られたデッドストックのスカーフです。

IMG_0604-1024x768

ご覧ください、この緻密さ。

アメリカ物には無い芸術的なまでのデザイン。タペストリーとして飾れるレベルです。

またBlumerのデザインは、西洋だけでなく東洋からも取り入れているこということから、独特のカラーリングが見て取れます。

ヨーロッパのいかにもペイズリーというよりは、アラベスク模様の影響も受けているのがわかりますね!素晴らしい!

ちなみにこのBlumer(ブリュメル)というメーカーですが、創業はなんと1828年。

188年もの歴史を持つ、超老舗になります。

 

色は2色。

IMG_0601-1024x768

ブラックとネイビー。ブラックは配色にグリーンが入り、よりオリエンタルな雰囲気に。

私も気分に合わせて使い分けています。

IMG_0700

このように首に巻くのもいいですが、トートバッグのハンドルなどにアクセントとして巻くのも良いと思います。

 

 

そして本日はもう1点。

先ほどのはデッドストックでしたが、今度は新作です!

IMG_0706

【ブランド】Glarner Tüechli(グラーナー・トゥクリー)

【アイテム】Dot Bandana

【価格】¥2,592-(税込)

【コメント】

こちらはドットのバンダナでございます!

先ほどのはスカーフでこちらはバンダナと、便宜上商品名を変えておりますが、なんでかっていうとサイズ。

IMG_0709

こちらは首にも巻いたりできますけど、ハンカチにも使える一般的なサイズですかね。汎用性は抜群。

 

ちなみにこちらのブランドですが、

IMG_0708

Glarner Tüechli(グラーナー・トゥクリー)と、全くもって読めません。

ちなみにこのGlarner Tüechli(グラーナー・トゥクリー)ですが、じつは先ほどのBlumer(ブリュメル)がリリースしているブランド名の1つ。

なのでBlumerです。

IMG_0707

ああ、よく見たらBlumerのBが!

 

夏の着こなしのアクセントにスカーフを。もしくは汗をよくかく方にバンダナを。

スイスが誇るファブリックメーカー・ブリュメルのグラーナー・トゥクリーのバンダナはいかがでしょうか?

なんのこっちゃ分からないので、スイスのバンダナまたはスカーフと聞いてください!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

The Superior Labor(シュペリオールレイバー)のRiver Shorts

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「質屋の日」だそうです。

さて、そろそろ夏の予定もだんだん埋まってくる頃ですね。

もう私なんかは、再来週から2017年の展示会がスタートしますけどね。

なので、心置きなく遊べるのもあと2週間といったところ。

夏休み気分であとちょっとだけ遊ばせてもらいましょ。

遊びといえば、やっぱりイベント。

多分これ行きます。

summerpark

” Beginning of Summer! 

「夏もやります! ピープルズ・パーク! 」
会場:
OctBASS&DISCOS

茨城県つくば市天久保1-5-4くいだおれ2号館1F

日時:
7月15日 (金曜)
22時開場/開演
料金:
2500円 (1drink込み)
Beginning of Summer!

夏の始まりは俺の夏の終わりでした!楽しみ!

 

もっと夏を満喫したい方にオススメしたいのはですね、

このPEOPLE’S PARKのイベントを前夜祭にして、そのままつくばロックフェス(Click‼)へ行っちゃうフルコース!

 

そうそう、つくばロックフェスのチケットも各日残りわずかとなっております。

お早目にどうぞ。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0681

【ブランド】The Superior Labor(シュペリオールレイバー)

【アイテム】River Shorts

【価格】¥12,960-(税込)

【コメント】

今年も届いております!シュペリオールレイバーのリバーショーツ!

街から海まで活躍の幅が大きく、夏を最大限に楽しませてくれます。

 

まずリバーショーツとは何ぞ?という方の為にご説明しておくと、

ガッツリ海やプールで泳ぐのではなく、水遊びにはちょうどよくて街もそのまま歩けますよ、

といった服になります。同じような意味で「ボードショーツ」という言葉もよく使われますね。

 

ではなぜ「リバーショーツ」になったかというと、

それはシュペリオールレイバーの職人さん達のライフスタイルによるものが大きいと思われます。

まずこの写真をご覧ください。

superior 107

知ってる人は知ってると思いますが、こちらはシュペリオールレイバーの工房。

岡山県の山奥の廃校をリノベーションして運営されています。以前伺った時に撮らせてもらいました。

そして元は校庭だった場所に、カヌーが置かれているのが分かりますね。

これが彼らの休日の過ごし方。なんとも羨ましい。

だからリバーショーツ。

IMG_0682

昨年はボーダー柄でしたが、今回はあしゅら男爵的バイカラーの配色。

IMG_0683

後ろから見ると、ボードショーツにはなくリバーショーツ=カヌーらしいディテールが。

IMG_0690

ミリタリーパンツのように、お尻の部分の生地が2重になっているんです。

カヌーを漕ぐ時に摩擦があるためでしょう。強度を重視。

 

そしてさらにこれを見たお客様が、また別な用途でご購入いただきました。

それは「自転車」。

なるほど!!!これは思わず膝を打ちましたねー!

 

50㎞くらいまでの軽いライドなら、これで十分とのこと!

履いてみたら、意外とバタつかなくていいねとおっしゃっていただきました。

IMG_0684

そうなんです。裾が広がってなくて、収まりがいいんです。

この大きく広がったポケットもレジャー向きかも。

そしてポケットの中にもポケットがついています。

IMG_0686

またこのハトメも重要ですね!

IMG_0687

これは水抜き用の穴。

最近水陸両用パンツを目にすることが多いのですが、ホントにちゃんと考えて作った?てのばかり。

きっとそれは、作り手が自分で履くか履かないかの違いじゃないでしょうか?

 

 

この辺のディテールも自転車用にもいいのかもしれないです。

IMG_0689

メッシュのインナーパンツもちゃんと付いています。

もし邪魔な人、もしくはこれじゃ収まらないという羨ましい人は、メッシュ部分を切り取っちゃってもOK!

 

何が嬉しいって、まず服の持つ特性を咀嚼してくれて、

さらに自分なりに楽しみ方を見出してくれる、

そしてそれをdiariesでやってくれることが嬉しくてしょうがありません!

 

嬉しいついでに、この服の嬉しいところ。

IMG_0688

海パンのくせにトリプルステッチね!

このワークぽさがシュペリオールレイバーぽくてGOOD!

IMG_0685

皆さん!夏を楽しむ準備はよろしいですか!?

梅雨が明けますよーーー!!!!!(水不足が心配)

 

ネットショップ(通販)はこちら!
The Superior Labor|river shorts|Beige
The Superior Labor|river shorts|Blue

それではまた。お店で会いましょう。