BLOG

再入荷のお知らせです。1960’s French Military Leather Shoes (Dead Stock) & LEON FLAM

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ホワイトデー」だそうです。

ホワイトで思い出したワイト島。全然関係ないんですけど。

ロック好きの方には、ある意味聖地。

1970年に行われたワイト島ロックフェスティバルは、実は1969年のウッドストックより大規模なものでした。

出演も、ジミヘン、ジョニ・ミッチェル、マイルス・デイヴィス、ザ・フー、ドアーズといったそうそうたる顔ぶれ。

てのを高校生の頃、WOWOWで見たような記憶があります。

 

そんなこんなで、本日アレの第三弾が発表されました~!

12814665_10153359104217014_622335818322863078_n

横山健さんにThe Birthdayと、やはりいつものメンツでございます!!!

フジロックを祝って、ミッシェル時代の曲をやってくれてもいいのではないでしょうか!?!?!?

アベフトシが亡くなった年も演らなかったから、さすがにないか~~~~~

 

というわけで、恐らくもう3Daysのそれぞれのヘッドライナーは上記の3つでしょう。

あとはいかに休みをとるか、そして金策に勤しむか、それしかありません!

3日間か・・・厳しいよ・・・

 

 

じゃ、商品紹介です。

本日は再入荷してきた商品のご紹介。

ドウゾ!

french-military-shoes-1-1024x768

【アイテム】1960’s French Military Leather Shoes (Dead Stock)

【価格】¥17,280-(税込)

【コメント】

レディースサイズのあのデッドストックレザーシューズが再入荷しました!

ご紹介する前に一度完売し、ブログ紹介後も即完売。(在庫が少ないだけなんですが・・・)

お陰様で国内にある在庫は、一度全て無くなってしまったのですが、

まだフランスに残っていた在庫を取り寄せてもらうことができました!!!

といってもその分サイズはマチマチなのですが。

ご用意できるのは36(22.5㎝くらいの方でちょうどいいと思います)と、38(24~24.5㎝)の2サイズ。

 

もしまだご存じでない方は、下記のリンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓

1960’s French Military Leather Shoes(Click!)

ポイントはちゃんとしたレディースの木型であるということ。

メンズシューズのレディースサイズではなく、女性に合わせたフィッティング・履きやすさが伴ったデザインです。

女性の方にもファッションとしての良さだけでなく、履きやすい革靴というものを知って欲しい。

その入り口としては最適なアイテムではないでしょうか。

チャーチのお蔭で、メンズっぽい革靴を女性が履くのも一般的になりましたしね。

またフランス製のデッドストックでこの価格は、男性の革靴好きからしたら羨ましいですよ。

メンズだったら2万下回ることないでしょうから。

ぜひともご覧ください!

 

 

もう一つの再入荷はコチラ!

leon-flam-3-1024x768

leon-flam-2-1024x768

【ブランド】LEON FLAM(レオンフラム)

【アイテム】SAC21H Helmet Bag

【価格】¥56,160-(税込)

【コメント】

先日一度完売してしまったレオンフラムのバッグですが、新生活にいかがでしょうということで、

絶妙なタイミングで再入荷してまいりました!!!

 

こちらももしご存じでない方は、下記のリンクをどうぞ。

↓↓↓↓↓

LEON FLAM(レオンフラム)のSAC21H Helmet Bag(Click!)

新入社員にレオンフラムは・・・・さすがに生意気か!?

 

というわけで、私も展示会回りをするときは、件数が多い場合はたいていレオンフラムです。

件数が少ない時はABKを使うんですが、行動する時はやっぱり持ちやすいレオンフラムの出番。

そろそろ経年変化してきてもいい頃かな~と思ったのですが、

既にご使用になられているお客様の方がカッコよくなっていたので、ご紹介させていただきます。

 

まずはK様のレオンフラム!

レオンフラム狩野 (1)

運送会社の社長さんということで、仕事用に使っていただいております。

それなりの場に持っていくのでキレイにお使いいただいている模様。

レオンフラム狩野 (2)

とはいえ決して神経質になることなく、ガシガシ使ってもらっているのは、

レザーのめくれ具合から分かります。

レザーも全体的に深くなって理想的な経年変化と言えるでしょう。

 

次にご紹介するのはI様のバッグ。

こちらは打って変わって、私の予想を超えた変化を見せておりました!

ドウゾ!

レオンフラム板垣様 (2)

ちょっと写真がボケちゃって申し訳ないのですが、ご覧くださいこのレザー部分。

レオンフラムというちょっと高そうなバッグとしてではなく、バッグとしての本来の機能を最大限に発揮した証拠です。

 

実は私の基本的な服や道具の使い方として、「良い物をもったいなく使う」という理念があります。

diariesの品ぞろえは、基本的にシンプルでクオリティが高い物が多いと思うのですが、

気兼ねなくいつでもどこでも使え、年を経るごとに愛着が増していくものとしてセレクトをしているんです。

高い物だからといって大事に使うのではなく、値段に関係なく普通に使っていただければ、

何年かすると「ああ、やっぱりdiariesで買った物は良かったんだな。」と思っていただけることを願っています。

 

上記をふまえると、まさしくこのバッグの使い方は、diariesの理念を体現したものではないか、と思うわけです。

ブランドとして物を見るのではなく、物そのものの価値を見ているからこそできる使い方。

 

結果、グリーンのレザーが一度深まり、そこから一気に茶色に転じるという、

私ですら予想しなかった経年変化を見ることができました。

そういえばフルベジタブルタンニングレザーだったなと、改めて良さを理解した次第。

 

そういえばI様はまだ、このバッグをお買い上げいただいてから1年経つか経たないかだったような・・・

数年後が楽しみなバッグです!!!

 

 

以上2点。

新しい靴・鞄とともに、新しい生活を迎えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

LE TRICOT DE LA MER(ルトリコドゥラメール)のIndigo Honey Comb Sweater

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「新選組の日」だそうです。

JS新宿店時代、新鮮組には大変お世話になりました。

 

あの頃はマイナーなコンビニっていっぱいあったな~。

マイナーコンビニで言うと、ヤマザキショップには頑張って欲しいです。

 

実は一度訪れてみたいコンビニがあるんです。

それがまさに長野県大町市にあるヤマザキショップこと緑川商店。

このお店を始めて耳にしたのは、似顔絵でお世話になってるナツナツナさんから。

なんとそばやおでんカウンターがあり、さらにライブイベントが行われているコンビニだとか。

そんな自由なコンビニって見たことも聞いたこともない!?

どれくらい自由かというと、緑川商店さんのFBから画像を拝借。。

12806171_845863192192677_3825515793375181091_n

いつもはこうではなさそうですが、なんとこの写真は松岡俊介さん率いる「DrILL」が出張イベントをやってたみたい!

「こんな店があってもいいよね」と、そもそもお店の形に正解はないのだなと痛感した次第。

 

先日のカンブリア宮殿に出てた福井の大津屋もそうですけど、

地元の小規模でお客様のニーズにダイレクトに反応できる「商店」が熱いと思うんです。

いい加減みんな気づいてきたでしょ!?「商店」の大事さに。

 

 

 

じゃ、気づいてもらったところで商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_2277

【ブランド】LE TRICOT DE LA MER(ルトリコドゥラメール)

【アイテム】Indigo Honey Comb Sweater

【価格】¥30,024-(税込)

【コメント】

物議を醸し出したフィッシャーマンスモックもお陰様で大好評(物議を醸したのに?)のルトリコドゥラメールから、

かなりクオリティの高いインディゴコットンニットが入荷いたしました!!!

 

IMG_2280

実は私、今までこちらのブランドを見くびっておりました。

最初このアイテムに気づいたところで、「いや~別にウチの店インバーアランのインディゴやってたし」と思いスルーしようと思ったのですが、

どうにもこの素材に目を奪われてしまいます。

なんかこのインディゴの染まり具合とムラ感がいいんだよなぁ~と。

そうしたらなんと、あの「Michael Ross(マイケルロス)」で染色を行っていた人が、

「ロープ染め」という染色方法で染められたインディゴニットでした。

 

マイケルロスでピンと来たあなたは、確実に元裏原系でしょう!?

そうなんです。この手のインディゴニットですが、実は裏原系の店員さんたちが雑誌でよく着てたんですよね。

私はスタッフというかいわゆるギョーカイの人たちが、普段は何を着ているのかが気になっていました。

その中でも印象が強いのが、マイケルロスのインディゴニットだったんです。

当時から結構良い値段したと思うし、どこに売っているかも分からなかったので、着たことはないのですが。

 

そんなこともすっかり忘れた頃に出会った、マイケルロスの流れを汲むルトリコドゥラメールのインディゴコットンニット。

IMG_2283

編みはハニカムです。

蜂の巣のこと。

蜂のように一生懸命働いて、豊かな暮らしをしようねって意味。

働いてってことで、ワークウェアに合いそうでいいでしょ?(無理矢理感)

 

でも形はおなじみのアレなので、至ってベーシックなアイテムなんですけどね。

IMG_2279

クイっと立ったモックネックが「らしい」ガンジーセーター。

こちらはやや狭めのネックなので、首が開きすぎなくていいです。

IMG_2264

 

あまりネックが広くて肌が見えちゃうと、俺みたいなオッサンにフェミニンテイストが加わってしまうという恐ろしい事態になりますので。

もちろんまだ寒い今頃は、ウールガンジー同様の着こなしでOK。

IMG_2260

ガンジーセーターらしいといえば、袖付けも。

IMG_2281

この直線的で原始的な構造が独特のシルエットになるんです。

IMG_2267

サイズの選び方が分からないという方も多いガンジーセーター。

お困りの方はご相談下さい。(店頭のみ)

 

というわけで着てみました。

IMG_2261

裏原=ストリートぽさを忘れず、太目のベイカーパンツで。

 

基本的に、着こなしはスウェットみたいなもんと思って下さい。

IMG_2282

リブのテンションもゆるくていいんです。コットンニットならではですね。

IMG_2266

以上、俺なりの90年代オマージュ的アイテムでした。

 

 

そうそう。90年代裏原的オマージュでいうと、ある意味究極のアイテムが今月末頃に入荷していきます。

お楽しみに~!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディヴィジュアライズドシャツ)のNavy Cambridge Oxford Standard Fit B/D L/S

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「コラムの日」だそうです。

やっと展示会行脚も落ち着いてきました。

空いた時間で大きな合同展示会をサラッと流す。

新規のブランドに名刺を渡した時、diariesの名前を見て「ブログが面白いお店ですよね?」とメーカーさん。

カッコよくて注目されるお店になるように頑張ろうと思います!!!!!涙

 

なにはともあれ、ブログやってるといいこともありますね。

話題に上げてくれるのも嬉しいですし、自分でも前はどんなことしてたっけな?という記録にもなります。

それこそ5年前ね。

思い出そうと思ってもなかなか思い出せないけど、

当時のブログと売上帳を見ると、ディテールまで鮮明に思い出します。

売上帳では当然ゼロの日が1週間くらい続くんだけど、お店には来てたのね。

被災地のお客様にメール送ったり、通販でオーダーがあっても送れなかったり、

そんでお店の片付けやったり、ガソリンスタンドから続く百数十台の車を眺めたり。

流石に原発が爆発した14日は休んだみたい。

あん時も家にいると不安だから、ホコリが付きにくいゴアテックスを着てマスクして

自転車でお店に来ようとしてたっけなぁ~。

なんだかもう無我夢中というか、五里霧中で生きてたね。

 

 

実は展示会で東京行く時とかも、こんな日に東京直下型地震が来たらどうしようと考えてたりもします。

こう見えて心配性で気弱なんです、私。

なんですけど、洋服を見ながら次のシーズンの事を考えてると、すっかりそのことを忘れてしまっている自分に気が付きます。

ある意味幸せなんだろうなと思う。

もし大地震が来てビルが倒れてきても、洋服のことを考えながら死んじまうのかもしれないね。

洋服バカ。

こうやってバカがやれてんのも、diariesを応援してくれるお客様のお蔭。

その期待を裏切らないよう、バカになってみせましょう。

どうぞお楽しみください。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_2246

【ブランド】INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディヴィジュアライズドシャツ)

【アイテム】Navy Cambridge Oxford Standard Fit B/D L/S

【価格】¥25,920-(税込)

【コメント】

先日ご紹介させていただいた定番のオックスフォードシャツに、今季より新色が登場しました!

ご覧の通りのネイビーです。

IMG_2250

もしこのINDIVIDUALIZED SHIRTSとは何ぞ?という方は、下記のリンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディヴィジュアライズドシャツ)Cambridge Oxford Standard Fit B/D L/S(Click!)

「シャツの基本」を知るためにうってつけのシャツです。

 

そんな基本となるシャツのネイビーですが、

いわゆるネイビーといっても警察官やパイロットの制服に使われるような濃紺から、ブルーに近いネイビーまで様々。

それが世の中にネイビーファンが多い理由でもあるのかもしれません。

そしてインディヴィジュアライズドシャツのネイビーは、やはりネイビーらしいネイビーと言いますか、

基準となる明るさ(暗さ)のように思います。

IMG_2248

もちろん素材はオックスフォード生地。

またこちらはケンブリッジオックスフォードとして織られていますので、ご覧の通りツヤがあります。

ネイビーなので尚更分かりますね。

 

いつもよりキリっとした印象に仕上がるので、

スタイリングの立ち位置としては、普段の名わき役的存在から一気に主役へ。

IMG_2142

もうこれだけで十分でございます。白いパンツを合わせると、コントラストがよりはっきりくっきり。

 

ただこれでけではコーディネートのアドバイスにならないので、それっぽいことをお伝えしましょう。

このネイビーのシャツは、「決まり過ぎてしまう」のがタマにキズ。

ダークトーンで合わせない方がいいです。

だからボヤっとした色を合わせるのがお勧め。

例えばこんな風に。

IMG_2147 (2) (2)

Hat/Paper Hat (TESI) ¥19,440-

Cardigan/Cotton V-neck Cardigan (Gicipi) ¥5,940-

Pants/M-47 Cargo Pants (Deadstock) ¥10,584-

 

カーキとかグレーとか、淡いトーンをキリッと締める。

また古着と合わせるのもいいですね。

色だけでなく、古着のようなヤレ感のある物との合わせとも。

古着を上手に着こなす人って、ただのヴィンテージコスプレではなく、コントラストを上手に使う人ですね。

それは古着をよく理解しているからなんでしょうけども。

 

またヤレ感という部分では、このインディヴィジュアライズドシャツのネイビー自身の経年変化も楽しみの一つ。

デニムではなく、通常の染料のネイビーがどのように退色していくのか。

いつものホワイトやブルーでは分からない、ケンブリッジオックスフォードの新たなる魅力を再発見することでしょう。

当然私も1着ゲットン。

数年後にご紹介できるといいですね!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Semoh(セモー) のBi-color Cotton Knit

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「感謝の日」だそうです。

今日は感謝しまくろうと思います。

 

 

ありがとうサバ!

昨日あれだけサバ鯖言ってたら本当に食べたくなっちゃって、

鯖買って食べたら、メチャクチャ脂のってて美味かったです。

 

ありがとうフジロック!!!

12670942_10153320662587014_9159072540722440612_n

いつの間にか第二弾が発表されてました!!!

絶対見逃せないのがBECK。

2005年のベックのステージは楽しすぎました。

感動とか興奮ではなく、楽しいんです。

なんていうかな~見た人にしか分からないんですけど、他のアーティストと比べようがないくらい、

ちょっと趣向を凝らした面白いステージなんです。

LOSERとかで盛り上がるだけではない、まさにライブでしか感じることができない生のベック。

あり得ないけど、レッチリとかぶったらベック行くと思う。

 

しかし、発表される度に3日間いかないとまずいだろという考えになってしまう。。。困るなぁ~

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_2176

【ブランド】Semoh(セモー)

【アイテム】Bi-color Cotton Knit

【価格】¥27,000-(税込)

【コメント】

昨年に引き続き、ブログご紹介後に即完売となってしまったセモーのコットンニットが、

今年は色を変えて入荷しております!

IMG_2180

今季はご覧の通りネイビーとブルーの切り替え。

このバイカラーは、セモーのコンセプトにある「二律背反するものの調和」を表しています。

IMG_2179

2色使いが非常にキャッチーですが、縫製も忘れてはなりません。

ニットの良し悪しのまずどこを見るかといいますと、当ブログ読者ならお分かりかと思いますが、たいていこの部分ですね。

袖付けのリンキング。

こちらのニットの面白いところは、縫製部分をあえて外に出していること。

もちろんこれはデザインだけでなく、着心地を考えてのこと。

ご覧の通りリンキング部分は膨らみますから、外側に出すことで体に当たらなくなります。

春夏物なので、着心地というのがより重要になってきますね。

そしてこだわったのはハンドリンキングによる丁寧な縫製。

普通は見えないように裏に持ってくるディテールを、外に出しても不自然にならないよう、

ハンドリンキングを採用するというこだわりよう。

 

Semohの服の面白いところはまさにこんなところですね。

一手間加えることで、デザイナーが表現したいブランドコンセプトも、こだわりたいクオリティも、

そしてエンドユーザーであるお客様が求める着心地も実現できてしまうところ。

 

 

次は素材。

IMG_2183

こればかりは触ってみないと分からないのですが、コットンニットなのに綿100%とは思えない肌触り。

どんな肌触りかというと、ザラザラしてて固い麻のような・・・

実はこちら「ストローヤーン」という面白い素材。

ストローとは麦わらのこと。ストローハットのストローと同じ意味です。

まさにその麦わらのような感触になるよう加工された綿100%の生地。

これはすごいです。

麦わらのニットなんてありまえせんからね。

でももし麦わらのニットがあったとしたら、こんな着心地なのかもな~。

 

またこの素材のすごいところが、洗ってもほとんど肌触りが変わらないこと!

どうせ薬品で加工でもしてんだろと思ったのですがそうではなく、

ワンシーズン着続けて洗濯を繰り返したのですが、まだ全然変わりません!

 

また麦わらというくらいですから、夏もヘタなTシャツより涼しんです。

暑がりの方には是非ともお勧めしたいですね。

 

というわけで、暑がりな私が着てみました。

IMG_2155 (3)

形はガンジーセーターに近いスクエアなシルエットなので、武骨な太目のパンツにも合いますね。

もちろん夏になったら白のショーツにサンダルでOK!

着こなしも幅広く、今から真夏までずっと使えるアイテムです。

 

残るサイズはSとLのみ。Sは女性が着てもいいですねぇ~

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

The Superior Labor(シュペリオールレイバー)のBillford

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「サバの日」だそうです。

サバを舐めない方がいい。

サバほど安くて美味くて体にも良い魚が他にあるか?

トルコに旅行に行ったつくば食堂花店主から聞いた「サバサンド」なるものを、食べたくてしょうがない。

読んでそのまま、サバをパンに挟んだ食べ物。

するとインスタでフォローしているY一郎さんが、たまたまサバサンドを作り始めていた。

彩りあざやかで本当に美味しそう。

 

サバといえばしめ鯖だけど、酢の物とか苦手だった私は、大人になるまで食べられませんでした。

目覚めたのは、下北沢の「汁べゑ」で食べた「炙りしめ鯖」かな~。

脂が乗ったしめ鯖を炙って、生臭さを消してくれたやつ。

汁べぇ懐かしいすね。人気店なので、入れない時は源八ですよね。

2階にあったTERRAPINを知ってる人は、かなりの下北通。

 

サバ好き

さばさばした女性も好き

サヴァビア~ン

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

 

IMG_2132

【ブランド】The Superior Labor(シュペリオールレイバー)

【アイテム】Billford

【価格】¥25,920-(税込)

【コメント】

約2年ぶりの入荷となります!シュペリオールレイバーのビルフォード!

このWalletではなくBillfordというのがポイントですね。

Billfordというのは「札入れ」という意味。

恐らくその理由が、このデザインに隠されています。

IMG_2137

構造は至って普通の2つ折りサイフなのですが、コインポケットが外付けになっているのが、

シュペリオールレイバーのビルフォードの特長。

このおかげで、小銭が多くなってもサイフ自体が膨らまず、サイフの消耗度も変わってきます。

また外付けにすることで、小銭入れ部分のマチも大きく取ることができ、

収納力も上がっているとともに、小銭を探しやすくもなっていますね。

IMG_2136

シンプルなんですけど、独特のパターン。

2つ折りなんですが、フラップで開かないように留められるのも嬉しいですね。

IMG_2135

久々のヌメ革での登場に思わずセレクト。

ブラスのボタンと一緒に、経年変化が楽しめます。

IMG_2138

中もスッキリ。

小銭入れを外付けにする、たったそれだけでこんなにも印象が変わります。

個人的には、シュペリオールレイバーのアイデア商品だと思っています。

IMG_2139

札入れ部分も2つに分かれていると嬉しいですよね。

 

新生活や新年度、新しい事尽くしの今の時期。

サイフを買い替えるには絶好のタイミングかもしれません。

 

そうそう、先日イギリスの友人からレザーの財布をもらいました。

そして同封されてた手紙には、「イギリスでサイフを送ることは、FortuneとLuckを意味するんだよ。」と書いてありました。

よろしければ皆様も、ご参考までに。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。