Blog

Blumer(ブリュメル)のCotton Scarf (dead stock from 1970’s~)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ボクシングの日」だそうです。

なん・・・だと・・・

バリウムが便器に・・・・・

 

 

こえー・・・バリウムこえーよ。

次は胃カメラにしよ。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Blumer(ブリュメル)

【アイテム】Cotton Scarf (dead stock from 1970’s~)

【価格】¥3,132-(税込)

【コメント】

またまた入荷しましたーーー!

デッドストックだから今買わないと!と言いつつも、いつも完売しそうなタイミングで入荷してくるニクイやつ!

決して私がお客様をだましているわけではないので、悪しからず!

もちろん1回だけしか入荷してこなかった柄もありますし、それは何とも言えません。

しかし、そもそも1970年代頃のデッドストックでそこまで古いわけではないので、

レアとかそういう理由より、直感または自身のコーディネートと照らし合わせて考えてほしいです。

 

というわけで、今季は2型柄が増えましたよー!

それでは詳しく見ていきましょう。

 

まずはブランド紹介から。


Bulmer(ブリュメル)は1828年に創業し、180年もの歴史を誇るスイスのファブリックメーカー。

山岳地方の良質の水を使った染色工業が盛んで創業当初から繊維のみでなく、プリントの技術に優れていました。

近年は高度なファブリックプリント技術によるシルクやウールのプリントも請け負っています。

高品質なスイスコットンに高い技術によってプリントされたバンダナは、永きに亘りヨーロッパの有名セレクトショップでも人気を博しています。


という、スイスの老舗中の老舗ブランド。

ロゴにもCARRE(カレ)とありますが、昔からスカーフをメインに作っていたんだと思います。

ちなみにカレというと、エルメスのシルクスカーフが思い浮かびますが、

Carreはフランス語で正方形という意味なので、エルメスに限らずカレと呼んでもいいみたいですね。

 

そんなカレ達をご覧ください。

こちらは毎回入荷してくるペイズリー柄。

ご覧ください、この緻密さ。

アメリカ物には無い芸術的なまでのデザイン。タペストリーとして飾れるレベルです。

またBlumerのデザインは、スイスという土地柄なのか?西洋だけでなく東洋からも取り入れているこということから、独特のカラーリングが見て取れます。

ヨーロッパのいかにもペイズリーというよりは、アラベスク模様の影響も受けているのがわかりますね!素晴らしい!

2色を見比べてみると、ブラックの方にはグリーンが配色されていて、どことなくオリエンタルな雰囲気。

 

私はもちろん全ての柄を抑えていますが、実は一番使うのがペイズリー柄。

他の色は同系色だワンポイントだと考えないといけませんが、

ちょっと物足りない時に適当に付けられるのはペイズリーです。

なので、とりあえず巻物を始めてみたいという方にオススメかな~。

 

 

そして、今回はペイズリーシリーズに新色がありますよ!!!

単色のペイズリー!

 

これは抜染なのかな?あとシールの色もたまんないです!!

こんなのアメリカ物でいっぱい見てきたのに、ここまで細かいとまた別物です!

これは女性の方が使うシーン多いかな?ヘアバンドとして頭に巻いたりとか。夏らしくてオススメです!

トートバッグのハンドル部分に巻くのもいいですね~。

 

お次はコチラ。

アメリカンヴィンテージでは大人気のドット。

しかも嬉しいミミ付!!!

ミミがあるってことで、こっちの方が古いのかな?

なんでミミがあると古いの?って話は、面倒なので店頭で説明でもいいですかね?

 

ついでにこんなタグが付いてると、ああ~デッドストックだわ~って思いますよ!

 

で、こちらはバーガンディという色のせいか、どこかエレガントです。

どうも、エレガントマンです。

 

 

そして最後。

こちらも新しく入荷したクロス柄!

 

あ~茶色で良かった、、、ホントよかったわぁ~~~

 

これがもしネイビーとかだったら、俺は頭に巻くことしか思いつかなかったもんね・・・

あー急にスーサイダルのキャップ欲しくなっちゃったな。

 

そうそう、茶色いクロスのバンダナですが、

diaries別注のインディヴィジュアライズドシャツにバッチコイですわ!!!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment