Blog

British Military Pouch (dead stock from 1964)

※イベント日程を延長しました!

TRUNK SHOWの商品とExhibition(受注会)のサンプルに関して、16日~18日までご用意してお待ちしております。

ただし、デザイナーのウイリアム氏がいる時間は当初の予定通り、16日12:00~17:00となりますのでご注意ください。

 

※Exhibition(受注会)のオーダー方法が一部変更になりました!

個人オーダーの場合、保証金として現金1万円をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

その後のお支払に関しまして、合計金額から1万円を引いたお品代を頂戴いたします。

例)シャツ¥39000+パンツ¥42000=¥87480(税込)のオーダーを行った場合、

オーダー時に現金1万円をお支払いいただき、商品到着時に残金¥77480をお支払いいただきます。

また代金は入荷のご連絡をしてから1か月以内にお支払ください。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除き、いかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

 

※TRUNK SHOWの商品のお取り置きに関して。

トランクショーの商品は、その時だけしか買えないアイテムが多いのですが、

お取り置きに関してご質問を頂戴しております。

取り置きに関しては、ご購入を前提とした上で承ります。

こちらも内金(1万円)をいただき、キャンセル不可とさせていただきます。

またお支払は、1か月以内とさせていただきます。

万が一キャンセルされた場合の返金は致しかねます。

 

※混雑時は、お客様のご協力をお願いします!

当日までどような状態で運営するのか、お恥ずかしながら分かりません。

ですので混雑時はお客様のご協力が必要となります。

何分小さなお店ですので、ご理解のほどお願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に対応させていただきます。

 

※駐車場を十分にご用意できないため、つくば駅から公共交通機関をご利用ください。

つくば駅からは、バスよりもレンタサイクルがお勧めです。

 

※当日は、是非ともTENDERを着用いただきご来店ください。

当日の服装に関して、ご相談されるお客様の多くが「全身TENDERの服では恥ずかしいかな?」

というお悩みをお持ちです。

しかし、約1000kmも離れたイギリスから、わざわざこのような茨城の片田舎にいらっしゃっていただくのですから、

敬意を表す意味で、是非ともお手持ちのTENDERを身に着けてご来店いただければ幸いです。

こんな色落ちをした、何年着用した、このアイテムが気に入っている等の話をするのも、

デザイナーからすればとても嬉しいことと思います。

英語を話せない方でも、当日はアテンドがいるのでご安心ください!

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「公衆電話の日」だそうです。

ついにdiaries的に運命の週が始まりました。

英気を養うべく、今週は水木と連休を取らせていただきますね。

まあ、片方は展示会でもう片方は準備でお店にいることになりそうなんですけど!

というわけで、着々と準備は進んでおります。

さらには2018年春夏のオーダーも同時進行中です。

ハゲそうです。

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【アイテム】British Military Pouch (dead stock from 1964)

【価格】¥1,296-(税込)

【コメント】

またデッドストックですが、今度は小物です!

これ何ぞ???

キャンバスに布テープがついたやつ。

恐らくこんな感じで、クルッと丸めて使うのかな?

このストラップのお蔭で使いやすいし、ちょうどポーチ的なアイテムの在庫がなかったので、

diariesのラインナップにもバッチリはまりました!

 

でまあ軍物なのはなんとなくわかりますが、いつごろの物でしょう?

答えは内側に。

1964年の表記とともに、あると嬉しいブロードアロー↑!!!

しかもビニールの裏張りがしてあるので、布1枚よりは耐久性も格段にアップしてると思います!

なので、ペンケースにも使えるかな~と。尖った物入れても穴が空きにくいので。

あと携帯とかiPad入れてもいいですけどね。水も通しにくいので。

※あ、でも古いやつなので信用しないでくださいね!

サイズはiPadミニが横に入るサイズです。

まあ大体縦横25㎝以下の物なら入りそうです。

 

で、そもそもこのポーチが何用なのかってのが気になります。

でもデッドストックをまとめて仕入れたお蔭で分かりました。

当時の包み紙ごととどいたのですが、(ここにも嬉しいブロードアロー!!!)

「Wallets Anti-Mosquito Outer」と書いてあります。

蚊よけアウターを入れるやつ。ってことですね。

恐らくアウターといっても、頭部だけを覆うネットのような物だと想像できます。

体は長袖で覆われているはずなので。

そして1960年代で蚊よけということは、恐らくマラリアが怖いアフリカ向けでしょうね。

1964年とかだと、ローデシア軍に送られるものだったのかな~とか。

そしてデッドストックのまま眠ってしまったのは、

ジンバブエがローデシア軍から独立しちゃってイギリス軍が撤退してしまい、

必要がなくなってしまったからなのかな~?とか。

この辺の情報は、歴史と照らし合わせて考えた、俺の完全な妄想なので信用しちゃダメですよ!

 

 

ま、とにかく使ってみなはれや!!!

 

Dead Stock from 1964|British Military Pouch|Green

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017