Good On

   
AMERICAが大量消費時代に入る以前の衣料品店は、生地・縫製はどの国よりも優れていて、現在でも古着として価値のあるものが多い。質より量を求めるアメリカの現状において、こだわった物づくりに対して熱くなってくれる工場(マニファクチャ-)や生地屋は存在するのだろうか?これらの難題を解決する事から、Good Onの製作はスタート。MISSOURIの信号機もない、わずか人口610人の片田舎に、全ての条件を満たす昔のままの縫製工場、良質な綿糸の手配からニッティングまでこなすARIZONAのコーディネイト会社。そして、これらの仕事を円滑に操作するCALIFORNIAのトレーディングカンパニーの協力を得て、1995年Good Onが誕生しました。忘れかけていた本物。こだわりのMADE IN U.S.A,CUT & SAW(Tee & Sweat)。それが、“Good On” 

Good Onin not yet registered