Russell Moccasin

Russel Moccasin(ラッセルモカシン)は、1898 年にアメリカのウィスコンシン州に設立。創業者のWill Russell氏が、森林伐採作業を行うきこりのために、ハンドメイドでブーツを作ったのが始まりでした。そのクオリティーは、すぐに他のハンター達にも評価されるようになり、ラッセル社の評判が広がります。その後、1920 年代に加わった Bill Gustin 氏の手腕により、現在の製品群に近い幅広いラインアップが開発・生産されるようになりました。設立から 100 年以上たった現在でも、昔とまったく変わらない製法で、少数の熟練した職人によりすべての靴が作られています。もちろん、ラスト(靴型)の制作、皮の裁断から縫製にいたるまでの全工程が手作業で行われています。また自分達が作るモカシンシューズに誇りを持って「True Moccasin Construction」(=真のモカシン構造)と呼んでいます。