TERRAPAX

TERRAPAXの設立者兼デザイナー・ジェームスコックスは、メイン州アトランティック大学の人間生態学学科卒業。主な研究はバイオメカニックでした。1988年にアウトドア用品の総合大手メーカー「ザ・ノースフェイス」に入社。デザイン部門の最高責任者を務め退社。長年に渉って環境問題に取り組み、環境保護基金や天然資源保護会議のメンバーにも名を連ねていますが、本人はあくまで物作りその姿勢を示す「インダストリアル・エコロジスト」です。環境問題に積極的に取り組みメーカーとして1993年に設立されたTERRAPAX社は、地球を意味するラテン語の「TERRA」と、英語で平和の時代を意味する「PAX」を合わせたネーミングで、化学物質を一切使わない自然の素材を採用。次の世代に犠牲を払わないように、かつ経済的にも支援出来るように使われています。TERRAPAX社は、すべての商品の一生のライフスタイルに責任を持ちます。種から始まって土に還るまで、ほとんどの素材は環境にやさしい方法で育成され、生産工程で発生した廃材は、肥料になるか、製紙業者を通していろいろな用紙やカードとなりオフィスに戻されます。このように、すべての製品が地球環境に対して、やさしく作られています。TERRAPAXの中心素材は、有機栽培された麻(ヘンプ)の繊維を編み上げたものです。ヘンプは天然素材でありながら一般的なナイロン(コーデュラ500D等)などより強度があり、磨耗しにくいことが、独自の研究所のテストによって証明されています。テラパックス(TERRAPAX)のヘンプは強度に優れているだけではなく、防水機能も持ちます。これは水分を含むと繊維が膨張して目が詰まる事で、防水加工と同じ働きを持つからです。各部位に採用される革は、松の木の樹皮などの天然樹皮に含まれる植物性タンニンで手間をかけてなめされた牛革で作られ、昔ながらのミシンを使い編み込まれています。TERRAPAXは留め金の真鍮・ファスナーを除き、すべてが「土に還る」パーツで構成されたエコロジカルなブランドです。