White and co 1890

White and coは、イギリス・ノーザンプトンにて1890年から2003年まで続いたシューメーカーです。創業以来家族経営で、クラシックな革靴だけでなくクリケットシューズなどのスポーツシューズも手掛けてきました。1940年代には政府のコントラクターとなり、イギリス軍のサービスシューズを手掛けるようになります。その実績が認められ、さらにはオーストラリア軍にも靴を供給するようになりました。その後1960年代から1983年までは、Dr.Martens、George Cox、Hawkins of Northamptonなど、様々なブランドの靴の生産を請け負うようになります。しかし生産数が膨らんだ結果コスト高になり、また海外から流れ込んでくる安い海外製品にたちうちできず、2003年に倒産してしまいます。その後2013年にHUGO BOSSなどを擁するPermira傘下に入り、イギリスの工場が復活します。そして2014年に立ち上げられたのが「Arrow Footwear」。 White and coが発展する機会となった、1940年代当時のイギリス軍サービスシューズのラストを使用したレザーシューズを展開しています。