Blog

comm.arch.(コムアーチ)のKnitted Jacket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「音の日」だそうです。

ありゃもう体が音でできてんな。。。

そう思ったのはBjorkのライブを初めて見た時。

しかし今にして思えば、ビョークの凄さもさることながら、

当時一緒にツアーを回っていたマトモスというユニットの力が大きかったんだと思います。

砂利を踏む音とか洗濯機の回る音をサンプリングしたり。

身の回りにある誰もが聞いている音を音楽に変える人達。

マトモス然りなんだけど、そういうのってノイズ系のバンドに多いんですかね?

ボアダムスもそうだし。

 

話は変わって、豚(俺)の近況Vol.2。

先日、お店のオープンを遅らせてまで食べに行ったこちらのイベント。

15241216_1100456986734726_3922131504144134912_n

喜乃壺×La Stallaのコラボレーション企画!キノコラスタ!!!

ラーメンとイタリアンの夢の競演!

先日のブログで喜乃壺でなんかあるみたいよと書いたやつです。

殺到したら怖いので詳細は載せませんでしたが、店頭にいらっしゃった方だけにこっそりと。

 

12時オープンで私も1時間ほど並んで食べることができました。

15326398_1100456833401408_7113170071308323420_n

ガルムとレモンのつゆそば。

ガルムは魚醤。そしてレモンの皮を削ったものを乗せて。

先ほどのマトモスじゃないけど、このラーメンはノイジーでした。

ラーメンにレモンのノイズが、でもその不協和音がクセになる!!!

ラーメンを食べているはずなのに、鮮烈なレモンの香りが鼻腔を貫き、

その爽やかさはまるでそばを食べているのかと錯覚させるほど。

そしてまた、イタリアンのカウンターで麺を勢いよく啜る背徳感。

 

食べなれた店の料理なのに(メニューは初めてだけど、スタッラはまだ常連とはいえないけれど・・・これから・・・)

自分が何を食べに来たのか分からなくなるほど夢中にさせていただきました!!!

これが本当のコラボレーションですね。凄いものを見せてもらった。

こんなの見せられては、もう迂闊にコラボなんて考えられません。

 

というわけで、2杯目。いや2敗目と言いたいくらい。

img_4098

この手があったか・・・と思わされました。

喜乃壺の太麺の上に乗ってる肉は「大量のタマネギのスライスで豚肉を挟み、塩だけで味付けし、タマネギの水分だけで煮込んだもの」。

料理がシンプルなだけでなく、その過程すらシンプルであるスタッラらしい一皿。

喜乃壺には申し訳ないけど、これほどこの麺が美味いと思ったのは初めてでした。

 

で、思わずワインも飲んじゃった。

これ以上飲んだり食ったりしたら、営業に差し障るので腹八分目で。

 

もしどうしても食べたいという方がいらっしゃったら、まずは喜乃壺やLa Stallaに食べて行ってみてくださいね。

もちろんメニューにはないけど、コラボをまたやるかどうかはお客様の要望次第ですから。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

img_4115

【ブランド】comm.arch.(コムアーチ)

【アイテム】Knitted Jacket

【価格】¥42,120-(税込)

【コメント】

まだまだアウターの紹介なんてしませんよ!思った通り、秋が長い!

先月、一気に気温が下がった時はこのまま冬になったらオワターと思いましたが、

ちょうどこの気温10度から15度までの間が、一番服が楽しめると思います!

まだまだ軽いアウターが活躍しそう。

というわけで本日ご紹介するのがコチラ。

img_4116

すっかりおなじみになった国内のニットブランド・コムアーチから、ニットジャケットが届いております。

実はdiariesでニットジャケットを取り扱うのは初めて。

今までなかなかこれぞというニットジャケットに出会ませんでした。

いや、最高のニットジャケットならたくさん目にしてきました。

しかしそれはお値段も最高。その値段なら普通のテーラードジャケット買えるよねってくらい。

もうちょっと気軽に羽織れるニットジャケットがないかな~と日々悶々としているところで、ようやく出会えたのがコムアーチ。

さすがのニット専門ブランドでございます!!!

 

素材は後で説明しますが、このニットジャケットの一番好きなところはシルエット。

img_4105

Cap/Lock&Co. (Sandwitch) ¥21,600-

Sweater/WORKERS (USN cotton sweater) ¥14,040-

Pants/Le Laboureur (Work pants) ¥18,144-

Shoes/Quilp by Tricker’s (Plain oxford) ¥104,760-

まったく細くないところがいい!!!!!

身幅たっぷりでそのままストーンと落ちたシルエット!

なかなか日本のブランドでは見かけません!太いパンツに合うわ合うわ。

ウエストを絞ってとても良くできたカッコイイテーラードジャケットならいくらでもありますが、

こんなラフなニットジャケットで、もちろんハイクオリティなバランスのものはなかなかございませんよ!

 

もちろんラペルもしっかりしてますので、細身のジャケットを合わせてもOK!

img_4109

Shirt/Gitman Vintage (Japanese denim button down) ¥18,360-

Scarf/Blumer (Dead stock paisley scarf) ¥3,132-

Pants/arbre (Slim fit dress pants) ¥18,144-

Shoes/ALDEN -private-

生地はライトでドレープがかかってくれるので、身幅にゆとりがあってもダボっとはしません。

まだタイドアップやスカーフで着飾ってもやり過ぎ感が出ず、力の抜けた感じが一張羅ではない日常着としてのワードローブとして活躍しそうです。

ま、カーディガンとジャケットの中間てことですね。

img_4107

襟を立ててカーディガン風に。真冬はコートの下の中間着としても。

img_4110

ですが基本的にはジャケットです。

img_4118

前身頃の裾はナナメに。

これ、ニットなのでカットしているわけではないですからね。

ちゃんとナナメに編んでますからね。ちょっとの手間がとても嬉しい。

img_4119

バックにはセンターベントもあります。

どう見ても立派なジャケットでございます。

 

それでは最後に素材を詳しく見ていきましょう。

img_4120

こちらはベビーアルパカ80%、エクストラファインウール20%を贅沢に使った生地となっています。

しかもベビーアルパカの方は、そのアルパカが生まれて初めて刈り取った本物のヴァージンウールを更に厳選したものというから驚きです。

またそのような柔らかいウールを使っているので、編みはよく伸びる天竺編みやリブ編みではなく、

「総針編み」という密度が高くしっかり編まれた生地になっています。

さらにボタンは、水牛の角から削り出したボタンを使用。

兎に角ぜいたくなリラックスウェアでございます!

 

そろそろこういう服に手を出しても良い年になってきたのではないでしょうか?

俺も含めてね~

まだまだ服の道は限りないです!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。