Blog

comm.arch.(コムアーチ)のTweedy Jumper

インディアンジュエリーフェア開催決定!

日時・10月23日(日)12:00~20:00

ご来店お待ちしております!!!

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「統計の日」だそうです。

統計ばかり気にしすぎると、セレクトはつまらなくなります。

いかにお客様を上手に裏切るか。

ディフェンスの裏の空いたスペースにキラーパスを出すように、

お客様にも「やられた~」と思わせたい。

 

それにしてもボブディランのノーベル賞シカト(爆)には思わず「やられた~」と思いましたね!

これは本当に上手く裏切った!

さすがです!最高です!(苗場で見たい!)

 

音楽好きなら誰しも、ディランばかり聞いてる時期があったはず。(もしくは間違ってデュラン・デュランを聞いてしまったか。)

それは大抵悩んでいる時。

俺は東京から茨城へ戻る時かな~。

独立することを決めて地元でやりなおそうと思ってはいたものの、

都落ちっていうふうに少なからず思ってたのかもしれないね。

Like a rolling stoneのサビの部分で、

How does it feel?~ Like a complete unknown(誰にも知られてないのはどんな感じだい?)てところが響いたもの。

 

ちなみにUnknownはアンノウンと発音します。でもウンコナウって読んだ人がいます。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

img_3131

【ブランド】comm.arch.(コムアーチ)

【アイテム】Tweedy Jumper

【価格】¥21,600-(税込)

【コメント】

あれ?コムアーチの商品紹介って、もしかして今季初めて!?

なのでまずはブランド紹介からどうぞ。

img_3132


2014年秋冬からスタートしたニットウェアブランド。
Joe Mc(ジョーマック)のディレクションにより、日本各地の「BORN KNITTERS(生まれながらのニッター)」の手でコレクションが作られています。
デザイナー自身は、ロンドンのセントマーチンズ芸術大学でニットを専攻し主席で卒業。
その後パリにて、クリスチャン・ディオールやジョン・ガリアーノのニットデザインを担当していました。
帰国後は国内のエージェントなどで企画・デザイン・営業を経験し今に至ります。
ブランド名のcomm.arch.はcommunication architectureの略。
日本国内紡績の糸を厳選し、現存する貴重なニットデザイナーや職人と連携(communication)し、
ニットウェアが制作(architecture)されていることから名付けられました。
とにかく素材・作り・プロセスにこだわり、全てが「Fully Fashioned」された、心地よく長く着られるニットウェアを作っています。
comm.arch.のニットコレクションは、いわば日本の「BORN KNITTERS」の集大成ともいえるでしょう。

というブランド。

 

ニットブランドですから、この秋冬こそ本領発揮というわけ!

しかもdiariesでセレクトしたコムアーチの商品は、全て新作となっています。

まだまだ新しいブランドなので、シーズンを重ねるごとにどんどん攻めてきているのが分かって、毎回楽しませてくれますよ!

 

それでは詳しく見ていきましょう。

img_3133

一見スウェットのように見えるそれは、Tweedy Jumperという名前が付けられています。

ツイードぽいプルオーバーと思って下さい。

日本語でジャンパーというとブルゾンのようなアウターを思い浮かべがちですが、

ニットなどのプルオーバーもジャンパーと言います。

 

で、このツイードぽいというのが今回のアイテムの特徴。

img_3137

なるほど、近くで見るとツイードぽい風合いを持っていますが、

こちらはニュージランド産の高品質なメリノウールを、ゲージ(編み目の大きさ)が異なる機械を使用し、

極限までゲージの度を詰めて編み立てて、さらにお湯で洗い、縮みをかけた圧縮フランネルニット。

他ではあまり見られないウール100%の圧縮ニットです。

 

 

実は毎年圧縮ニットは探しているのですが、納得のいくものに出会えたのはSemohくらいでしたかね。

それ以来、久々の圧縮ニットでございます。

img_3136

このようにゲージの違う圧縮ニットを繋ぎあわせたクレイジーパターン。

基本的に同じ素材なので、クレイジーにしても子供っぽくならないのが好きなところ。

diariesではこういったデザイン性の高いものはやりませんが、どう見ても飽きが来ないものはやります!

 

そしてガシガシ着られるところ!

img_3135

これははっきり言って耐久性は抜群ですよ!

圧縮してあるので毛羽立ちが少なく、引っかけたりも気にすることもありません。

またご家庭で洗濯できるのもいいですね。

着て洗ってを繰り返して、クタクタになるまで着たいニットです。

 

私のサイズが無いので着ることはできませんが、

img_3134

身幅がややゆったり目でストーンとしたシルエット。

イメージとしては、ストリートぽいユルいフィットの着こなしをしても、上品に見えるって感じです。

 

ゆったり目なパンツとスニーカーとキャップでストリートぽく着こなしてもいいし、

ツイードぽさを活かすなら、細身のスラックスを合わせてツイードジャケットを着てるイメージで合わせてもOK!

可能なら、ご年配の方にも着てみてほしいアイテムです。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。