Blog

Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)のDaily Painter Pants

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「和菓子の日」だそうです。

もう和菓子No.1は信玄餅でいいんじゃないかと思う今日この頃。

 

そして和(邦)メタルNo.1は、もうBABY METALしかないでしょう。

素晴らしいですよ。日本のミュージックシーンは。

一昨日もヨルタモリのヒロトで感動しましたけど。(宮沢りえが泣くのも分かるね。)

今日は今日で、BABY METALがスリップノットやらアンスラックスのイアン・マッケイと

写真を撮りまくってるの見て、また違う感動を覚えました!!!

年端もいかない若い娘が、レジェンドクラスと並んでって、

ホントに分かってんのかー!?と心配になるくらい!

 

でもそんな先入観でもって文句言うのはオッサンの証拠ですね~。。。

そもそも音楽に垣根は無いし、行けるところまで行って欲しいです!

 

最近はね、ウチの店も先入観を排除し、行けるところまで行ってみようと思ってます。

もうほとんど春夏のオーダー分は入荷しきってますが、

まさかのラッセルやABK、さらには新規ブランド、さらに今週末からはイベントも!

どうぞお楽しみに。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_7762

【ブランド】Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)

【アイテム】Daily Painter Pants

【価格】¥18,360-(税込)

【コメント】

デイリーの太くて白いぺインターパンツ。

IMG_7765

今年で3年目になりました。

今季は極太だった昨年よりも、若干すっきりしたシルエットになっています。

 

ベイカーパンツに続き、こちらも隠れた定番。

隠れたというのは、やはり白=汚れが気になったり、

はたまた自分に白が似合うの?と先入観を持たれている方も多くいらっしゃいます。

 

でも一度履いてみると、そんな先入観なんて一瞬で消え失せます。

簡単ですよ、白なんて。

 

IMG_7763

また汚れが気になるという部分ですが、

例えばdiariesに並ぶ服の中で、ちょっとの汚れで着られなくなる服は置いてないつもりです。

汚れひとつないキレイさと清潔感というものは、≒だと思っています。

そもそもね、汚れない服なんてないんですよ。特に天然素材であればね。

汚れない方が不自然。だって所詮服でしょ!?

だからこそ、汚れてても自然なぺインタータイプをいつも選んでいます。

ぺインター=ワークパンツですから、ちょっとくらい汚れても気にしないで下さい。

 

俺も同じアイテムを履いて3年目になりますが、

革靴とかを合わせるので、裾の裏は靴クリームが付いちゃったりして黒ずんでます。

でも長く履いた分、全体的にだんだんくすんだ色合いになってきて、これはこれでカッコいいんですよ。

 

もちろん、パスタのソースやつけめんの汁やワインがはねちゃった時はガッツリ漂白しますけどね。ランドレスで。

 

神経質なまでに気にするのは苦手です。

着れない服は服ではありません。

飾りじゃないのよ洋服はハッハァ~ン。いや飾りかも?

アパレルブランドなのでですが、肉厚の生地をガッツリトリプルステッチで仕上げてあるので、

IMG_7766

リアルワークでも十分使えそうです。ハンマーループも飾りじゃないのよ。

 

それにしても今季は、同じデイリーでベイカーパンツのホワイトも用意した上に

こちらのぺインターもセレクトしてしまい、ちょっとやり過ぎましたかね?

まだちょっとサイズが残っているので、まだ白パンに抵抗がある方は、是非ご覧になっていただきたい!

 

また、まだ6月だというのに真夏みたいな日が続きますが、私はまだショーツは履きませんよ!

気持ちは分かりますが、いつもショーツを履いていると、やっぱり気もゆるんできてだらしなくなる気がします。

もちろんこのパンツなら夏も履けます。

太いパンツをね、ロールアップすると意外と涼しいんです。

シンプルな服装になる夏こそ、ボリュームのあるこういうパンツが活躍します。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。