• fileusedarvor1701-0085-80
  • fileusedarvor1701-0085-80
  • fileusedarvor1701-0085-80
  • fileusedarvor1701-0085-80
  • fileusedarvor1701-0085-80
  • fileusedarvor1701-0085-80
  • fileusedarvor1701-0085-80
  • fileusedarvor1701-0085-80

Fileuse d'Arvor|Douarnenez|pastel blue

【商品説明】
創業者が近くの漁村の漁師に、着用が楽なセーターを頼まれ、作られたセーターが原型になっています。ショルダーラインが特徴。全体的にテンションがかかりやすい肩の部分に負担がかからないように変わったディテールとなっています。厚手なコットンニットは真夏・冬以外は着られ、手入れも楽です。
色は「Pastel(パステル)」。
▶︎Pastel Bleu
Pastel Bleuは、ホソバタイセイ(isatis tinctoria)を用いた染色方法で、「世界最古のブルー」と言われています。その起源は古代エジプトまで遡り、16世紀末にインド藍(タイワンコマツナギ)が輸入されるまで、
ブルーを表現できる唯一の染料としてヨーロッパで重宝されていました。パステルは、まずホソバタイセイの葉を摘み取り、すり潰し、乾燥させた後、その繊維を発酵させ、グレープフルーツ大の大きさに丸めます。そしてできたのがCocagnes(コカーニュ)という染料の塊。コカーニュは、金にも並ぶ貴重な物として、大切に扱われてきました。パステルの一大産地であったフランス・Toulouse(トゥールーズ)はその産業で栄華を極め、そのブルーは富の象徴とされ、ナポレオンは彼の軍隊の制服にパステルブルーを用いました。しかし、バクテリアを用い発酵を促しながら進めるコカーニュ作りや染色作業は、非常に熟練した技術が必要で、安定した色を出すためには、天候や気圧にまで注意しないといけません。そのため、16世紀末に安価で扱いの用意なインド藍がアジアから大量に輸入されることで次第に衰退し、さらにドイツで合成インディゴ染料が開発されることで、技術の伝承は完全に潰えたかに思われていました。しかし後年、この失われつつあった伝統技術を継承すべく、数名の有志がPastel Bleuの復活を試み、成功させます。現代でもこの技術を扱える職人は数えるほどしかいませんが、そのスピリットは確実に次の時代へと受け継がれています。
表側はまっさらな青ですが、裏側はまだらになることが多いです。また空気に触れないこのような部分は、白いまま。これを見ると、元は白いコットンニットセーターだったというのが分かります。着ていることで生地が引っ張られて、中の白が顔を見せるのもいいですね。
※手染めの為、色むらがございます。ご了承下さい。
※最初の内は色移りしますので、白いものとの洗濯やコーディネートは避けて下さい。

ディテールやコーディネートなどに関しては、diariesブログにて詳しく紹介しています。
diariesブログ〜Fileuse d’Arbor(フィルーズダルボー)のDouarnenez〜

【サイズ・寸法】
S・・・裄丈73cm、着丈60cm、胸囲82cm
M・・・裄丈75cm、着丈61cm、胸囲86cm
L・・・裄丈77cm、着丈62cm、胸囲88cm
※注意※
手作業採寸の為、多少の誤差がございます。
素材の特性上、個体差がございます。

【カラー】
pastel blue

【素材・産地】
綿100%
フランス製

※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。

S注文番号1701-0085-80-S

販売価格(税別)
¥20,000
在庫状態
売切れ
売切れ

M注文番号1701-0085-80-M

販売価格(税別)
¥20,000
在庫状態
売切れ
売切れ

L注文番号1701-0085-80-L

販売価格(税別)
¥20,000
在庫状態
売切れ
売切れ

YOU MIGHT LIKE...

tenderco1602-0041-30
jamesmortimer1601-0115-50
organicthresds1501-0039-95