Blog

Fracap(フラカップ)のR007 Sandalo

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「カレーうどんの日」だそうです。

つくばでまだ行ったことないカレーうどん専門店ZEYO。

麺好きとしては訪れなければいけないお店です。

今度インディヴィジュアライズドの白シャツで突入してみたいと思います。

そして本日は投票所に突入!

11828769_860265140717329_4150918270286267851_n

つくば市初の住民投票でございました!!!

もちろん洋服好きの私は、そんな時もSYNDICATEのFight for your rightのTシャツでテンション上げて行きます!

出勤前にはビショビショになって着替えるわけですが、着れればなんでもいいというわけではなく、

自分が何を着ているかを理解し、TシャツといえどTPOに合わせて楽しんでほしいと思います。

 

じゃ、本日も商品紹介です。

またまたレディースでいっちゃいます!!!

ドウゾ!

IMG_8270

【ブランド】Fracap(フラカップ)

【アイテム】R007 Sandalo

【価格】¥22,680-(税込)

【コメント】

今年は一足早く届いております。フラカップ。

ご存じのお客様は、「あれ?メンズは?」と思われるかもしれません。

今季のフラカップは、レディースサイズのみを揃えさせていただきました。

35(22.5㎝)~38(24.5㎝)までございます。(メンズもまだ少し在庫がございます!)

是非この機会に、多くの女性の方にも履いてほしい靴です。

今の季節からでもすぐに使えるやつなので。

IMG_8274

それではまずはブランド説明からどうぞ。

——————–

FRACAP(フラカップ)の創業は1907年。
100年以上も続く伝統的なイタリアンシューズの製法を、今に伝える貴重な「manifactura」の1つです。
現在取り扱われているのは、イタリアのローカルショップがメインの為、あまりイタリア国外に出回っていませんが、
過去にはイタリア軍やイタリア特殊警察(カラビニエーレ)などにも製品を供給していたことからも、
その製品に対するクオリティの高さがうかがえます。
製造方法は寒冷地向けの「ノルウィージャン製法」や、イタリア伝統の「イデアル製法」という、
グッドイヤー製法をより軽くした製法を用いて、アッパーから底付けまでの工程を、
ほぼ1人の職人によって製造されています。
またフラカップが靴に使用する素材は、その殆どが地元で生産されたものを使用しています。

——————–

というブランドで、ソールのビブラム社はイタリア北部、レザーはイタリア中部、

フラカップのファクトリーはイタリア南部と、オールイタリアで作り上げられたスリッポン。

なので温暖な日本の気候にも非常に合うと思います。

もちろん冬は素材感のあるウールソックスとか柄のあるソックスを履いて、見せて履いてほしいです。

IMG_8272

やはりデザイン的にも様々な服に合うことから、毎シーズン取り扱っていても人気が落ちないですし、
1年を通して問い合わせもいただいております。
「様々な服に合う」というのは、この靴の構造によるところかもしれません。
アッパーが甲の部分とヒール部分だけの2枚の革を張り合わせただけという、非常にシンプルな構造。
これはもう靴の始祖とも言えるエスパドリーユを、革で作ったようなものです。
原始的(プリミティブ)ということであれば、合わない服を見つけるのが難しいですよそりゃ。
構造がエスパドリーユに近いというのも、フラカップ本社があるのが、
地中海にグルっと囲まれた地方の真ん中にある「モンテローニ・ディ・レッチェ」という街なので、
その地域の気候に起因しているのかもしれないですね。
そしてレザー。
IMG_8275
使用しているVacchetta Leather(バケッタレザー)は、
古くからイタリア北部サンタクローチェ地方に伝わるベジタブルタンニンのなめし革のことで、
自然な樹木のタンニンを使い、昔ながらの手法で1枚1枚手作りでなめされている革素材です。
ちなみにフラカップが使用している革のタンナーは、中部のトスカーナ地方のもの。

ベジタブルタンニンなめしは、革の中でも大量生産ができない高級素材とされています。
現在では、手間がかかりすぎるためイタリアでもバケッタを生産するタンナーが少なく、
希少性の高い素材です。

使うほどに艶が増し、美しく味わい深い表情へと変化してゆき、
持つ人それぞれに違ったエイジングを楽しめます。

私物のフラカップをご紹介。
まずは新品の状態のChestnut(チェスナット)。
IMG_8271
これが2年でこう。
a0136223_17242408

良い革かどうか、実は磨くと分かります。その典型。

数年経った方がかっこいい革の方がいいですよね。

特にこのバケッタレザーは、薄いわりに固さがあって、

お陰で深いうねりが出るのが好きです。

またキメも細かいので、結構光ってくれるんですよ!

 

この頃と比べても、まだ革の品質は下がってないので安心です。

靴自体はなにげにマイナーチェンジしてますけどね。

IMG_8278

インソールの中に、薄くですがクッションがはいるようになりました。

しかもかかとだけでなく全面に。

もともと薄いソールでしたが、クッションのお蔭で今までより疲れにくくなったかと思います。

 

秋冬ということで、チェスナットとブラックの2色。ダークトーンで揃えました。

またお手入れ方法ですが、簡単な靴磨き方法もご購入いただいたお客様に限りアドバイスさせていただきますので、

その際はお気軽にご相談下さい!

 

それではまた。お店で会いましょう。