Blog

Fraizzoli(フライツォーリ) のStretch Dyed Women’s Dress

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「もりとふるさとの日」だそうです。

最近は割と休日を満喫している私ですが、昨日はまさに森と古里を求め日立へ。

15107244_1146314665445707_5320063644368667848_n

目当てはコチラ。

国内最強クラスのパワースポットと呼ばれている御岩神社。

なんでも宇宙まで光の柱が見えるとか!!!

先日も東国三社というパワースポットを巡ったわけですが、そういうの好きなの?と思われそうですね~。

もはや私の人生が成功するには、神頼みくらいしかないのが事実ってところです!泣

 

 

そして、ちょうど今週末まで茨城県北芸術祭がやってるし天気もいいしね。

15027949_1146314698779037_3498154550154939243_n

もう私には蟲師のシーンにしか見えませんけどね!

15135806_1146314702112370_3191537881013375773_n

神社を参ってそのまま御岩山を登ったんですが、そこから広がる景色もまさに蟲師の世界でしたね。

ふるさとって言葉がピッタリ。

ちなみに日立(から北茨城にかけて)は、私のサラリーマン時代の修行の場所だったので、色んな思いが詰まった場所。

道すがら、自分の足跡を辿ったり。

もしあの頃の自分に一言言えるなら、「サボってんじゃねえ!もっと頑張れよ!」とケツを蹴り上げたいですね!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。本日はレディースアイテム!

ドウゾ!

img_3802

【ブランド】Fraizzoli(フライツォーリ)

【アイテム】Stretch Dyed Women’s Dress

【価格】¥24,840-(税込)

【コメント】

昨シーズンより取扱いを始め、ほとんどのアイテムが紹介前に完売している(というのは、始めたばかりなので在庫が少ない・・・)フライツォーリ!

そして今季はレディースのワンピースもご用意いたしました!

フライツォーリはイタリアのワークウェアブランドだけあって、もはやdiariesのお客様にとっては好物と言ってもいいでしょう!

 

とはいえ、久々の入荷になるので、まずはブランド紹介からどうぞ。

shopnav_fraizzoli


フライツォーリ社は、レオナルド・フライツォーリ氏により1923年8月1日に創設され、

設立当初は「Italian Factory of Civil Uniforms」(市民制服を作るイタリアの工場)という名前でした。

ワークウェアから始まりコックジャケットや軍・警察関連の制服を手掛け、

ミラノを中心にイタリア国内に広まっていきました。

現在でも病院関係、工場、建設、ホテルなどミラノ市内で着られているワークウェアではトップシェアを誇ります。

現社長であるレオナルド・カリオーリ氏の叔父にあたるイヴァノエ・フライツォーリ氏は、

1968年~1984年の間にセリエAのインテルミラノのオーナーだったことからも、

事業としても成功し、地元・ミラノに根差したメーカーだということが分かります。


という、まあ分かりやすくdiaries取扱いのブランドに例えるなら、Yarmoのイタリア版みたいなものです。

しかしフライツォーリは、オーダースーツなども手掛けているだけに、イタリアらしい?華やかなドレッシーさがプラスされているように思えます。

メンズでも後日ご紹介しますが、二次会、入学・卒業式、同窓会、授業参観などなど、まさに「ちょっとしたパーティー」にも着ていける服が多いです。

 

そして本日ご紹介するワンピースも、そのようなアイテムです。

まずは着用画像をご覧いただきましょう。

img_3803

キリッ、カチッなど、固い言葉が当てはまります。

実はこのワンピース、1940年代にフライツォーリ社が作っていた形そのままだそう。

制服のようにも見えます。

時代背景的にもあまりきらびやかな時代ではないので、非常に大人しいデザインです。

 

しかし個人的には、これが今レディースアイテムとしてとても新鮮に映ります。

というのは、レディースウェアによく見られる「甘さ」「ほっこり」「セクシー」さがどれも感じられないから。

まるでメンズ服のような雰囲気を纏っているのに、堂々としたワンピースに仕上がっています。

 

もちろんレディースウェアとしての完成度は十分ですね。

img_3804

バストに向けてダーツを取り、ウエストもダーツで絞っています。

そして小ぶりなラウンドカラー。

キッチリ留めてネックレスなどで着飾れば、かしこまった行事等にも出席できます。

もちろん、ボタンを開けてカジュアルに着てもOK!

img_3807

またシャツワンピースのように見えますが、こちらはプルオーバータイプになります。

img_3810

着丈はだいたいひざ丈くらい。さらに生地はストレッチが利いていますので、結構動いても平気です。

 

そして気になるのがポケットの位置。

img_3805

なんと片方にしかありません!これがかわいい!

これぞまさに制服的ディテールなんです。ワークウェアとかにもよくあるけど。

もしくは、戦時中(40年代)に考えられたものなら、できるだけ物資である生地を使わないよう、必要最低限のデザインとなる場合もあるでしょう。

 

なのでウエストベルトが付いているのですが、ポケットが無い方で結んであげるとバランスいいですね。

また、あえて結び目を後ろに持ってきて、とことんミニマムに着てもカッコいいと思います。

img_3808

もちろんベルトなしでもいいですよ!

img_3806

ちなみに生地は、裏を起毛させたストレッチモールスキンとなっています。なので割と暖かいです。

 

最後に、個人的に好きなディテールを。

img_3809

この「剣ボロ」(カフスの上の切れ込み)部分が、非常にワークウェア的ディテールがたまりません!

切って縫っただけですからね!

レディースウェアにしては非常に珍しいのではないでしょうか?

 

ちなみにサイズは、女性のSとM程度をご用意してます。

ワンサイズが多いレディースの服にしては珍しいですね!私もちゃんとサイズ展開を増やして頑張りました。

いつも無い無いと言われるレディースですが、今まさに見頃を迎えておりますよーーーーー!!!!!

 

 

Fraizzoli|dress|Black

Fraizzoli|dress|OD

それではまた。お店で会いましょう。