Blog

GITMAN VINTAGE(ギットマンヴィンテージ)のDouble Face Twill Key Collar Shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「クリーナーの日」だそうです。

Inhale! (吸い込め) Inhale!(吸い込め)

とプロディジーのメンバーも申しております。

アンダーワールドやケミカルブラザーズは今でも人気ありますが、

プロディジーはそうでもないですね。

日本だけかな?

電撃ネットワークのイメージが先行してしまうからでしょうか。

 

先日のフジロックで2cellosを見たんですけど、ProdigyのVoodoo Peopleのカヴァーでクッッッソ踊れましたけどね!!!

彼らのスムースクリミナルもスメルズライクもいいけど、プロディジーをチェロでカバーするって誰が想像つきますかっての!!!

ブードゥーという選曲ももちろんですが、その意外性にヤラレますね!

 

そういう部分では洋服も同じ。

今日ご紹介するアイテムもそんな感じです。

 

それでは商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_2212

【ブランド】GITMAN VINTAGE(ギットマンヴィンテージ)

【アイテム】Double Face Twill Key Collar Shirt

【価格】¥19,440-(税込)

【コメント】

お陰様で先日ご紹介したシャツも大盛況。段々サイズも欠けてきております。あ~もっと頼んでおけばよかった。

それがわかればどの商売も苦労しません。

でもね、大事なのは「どれだけ売るか」より「何を売りたいか」。

なので在庫がいつも少ないのは今後も変わらないと思いますので、ご勘弁を。

その代わり、みなさまを納得させることができるアイテムを今後も取り揃えていきますよ。

 

そんな気持ちで別注し、これまた満足いく仕上がりとなったのがこちらのシャツ。

IMG_2219

手に取ってみると、極厚のへヴィーネル。

diariesにしては珍しいバタ臭いアメリカなチェックだねと言われます。

さらにこの素材はダブルフェイスという生地で、意味はつまり「両表」。裏表どちらでも使える生地。

ご覧の通り裏が太ボーダー柄になっているのがお分かりいただけるかと。

IMG_2220

近づいてみると、この裏側にあたるボーダー柄の方がいわゆるフランネル生地で起毛しています。

恐らく本来はこちらが表でネルシャツになるのですが、起毛側を裏にすることで肌触りもよく、保温性もいくらか高まります。多分。

 

まあ、ここまではよくあるところ。

さらなる魅力はこちらですね。

IMG_2214

ギットマンだから。

正確に言うとギットマンにこういうのを作らせる面白さ。

具体的には「ワークウェアにはできないクオリティ」といったところ。

 

それはこの辺に表れています。

IMG_2217

ギットマンといえばダブルトラックステッチングですが、なぜかここは敢えてのシングルニードル!

このゴリゴリのへヴィーネルをシングルニードルで縫っちゃうという邪道さがたまりません!

 

またギットマンといえばボタンダウンですが、さすがにへヴィーネルなのでレギュラーカラーでオーダーしました。

IMG_2213

しかも芯が入ってて洗濯してもヨレヨレになりません!これまた邪道!

 

邪道さはまだまだ続きます。

IMG_2215

ワークウェアでポケットの柄合わせ!?!?

 

さらに!

IMG_2218

バックヨークまで柄合わせ!

こんなブロックチェックのシャツに、誰も求めてないところまで作りこんじゃう。

ある意味バカっぽいところが最高です!!!

 

そして作りも面白いのですが、コーディネートも面白いんです。

IMG_2222

Tee/Schiesser (Karl Heinz crew neck L/S) ¥12,960-

Pants/SBTRACT (RV Trousers) ¥15,984-

Shoes/RUSSELL MOCCASIN (Regatta boat shoe triple vamp) ¥91,800-

ネルチェックシャツに白のロングスリーブシャツにスウェットパンツという、

どうしようもないくらいカジュアルなアイテム達なのですが、

シャツはシャツでウエストがシェイプされててしかも良い作りしてるし、

シーサーのTシャツは、見た目普通なくせに着心地は極上だし、

サブトラクトのスウェットパンツはシルエットが良すぎるし、

靴の履き心地ははもう言うに及ばず・・・

 

 

あ~、オサレな人ってこういう服着てるんですね!という分かりやすい例かもしれません。

まあ贅沢っちゃあ贅沢です!普通の恰好のくせにこだわりまくってるんだから!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。