Blog

HERVIER Productions(エルヴィエプロダクション) のSingle P-coat & Stain Collar Coat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「浅草仲見世記念日」だそうです。

浅草行ったらやっぱりヨシカミなんですが、ちょっと観光地価格でビビります!ステーキかビーフシチュー食いたい・・・

でもね、こういう懐かしい昭和の洋食屋って実はつくばに結構あって、個人的には「シャレード」が好き。

しかし、先日また渋い店を見つけました。

その名は「コスモス」。

この車が停まることで、逆に光ネットのノボリが違和感満載!時代は昭和!枯れすすき!

 

そして頼んだ料理はコチラ。

ポークステーキ、ハンバーグ、チキンステーキの夢の狂宴!

ふつうどっちか2個だろう!

さらに食べきれないくらいのサラダ!キャベツばかりじゃなくレタスもちゃんと入ってます!

これで1000円!!!

本格的な洋食屋のシャレードとは打って変わって、立地が筑波大学に近いせいか、

盛りが大変よくお値打ち感のある洋食屋でしたよ!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】HERVIER Productions(エルヴィエプロダクション)

【アイテム】Single P-coat

【価格】¥45,360-(税込)

【コメント】

エルヴィエプロダクションから今年もコートが届いております!


フランスはサントル地方にあるHERVIER PRODUCTIONS(エルヴィエ・プロダクションズ)は、
2011年秋冬よりオリジナルレーベルでのコレクションを始めました。
元々はCHEVRE(シェブール)、LE GRAZIK(ル・グラジック)などの
ワークウェア主体のファクトリーメーカーとして、数多くのOEM生産を請け負ってきました。
近年ではフランス製のANATOMICAやJUNYA WATANABEなど、
ワークディテールをベースとしたファッションブランドやデザイナーブランドの生産も行っています。
商品は全てサントル地方の自社工場にて作られています。


というブランドなのですが、

 

 

アレ!?!?!?オネットじゃないの???という声をお客様から聞けて、

ああ~すっかり定着したんだなぁ~と感慨深く思います。

 

そうなんです。いつものHonnete(オネット)ではないんです。

diariesオープン以来取扱いを続けてきたこのシングルPコート。

8年目にしてなんとオネットが、突如「やーめた!」と言い出したんだそう。。。

 

いや~もうね、感動しましたよ私。

このPコートは本当に名作で、全国的にもそれなりに売れてるに違いないんですよ。

それくらい安定した人気を持ち、売上実績もあるものなのに、あっさりと辞める決断。

との出会いは、当時アナトミカのファクトリーだった頃の約20年前の頃から好きですが、

改めてオネットを見直しました!カッコいいよ!!!

 

が、このままこのコート作りを辞めてもらっては私が困ります。

そして当然、オネットとウチの店の橋渡しをしてくれているディストリビューターさんも困ります。

で、そのディストリビューターさんも必死になってくれたおかげで、

なんとオネットのこのコートに関しては、工場がHERVIER Productions(エルヴィエプロダクション)だったということが分かりました。

ビックリです。

恐らく、MADE IN FRANCEに戻った昨年からでしょう。

てかそもそもオネットってファクトリーブランドじゃなかったっけ?

まあファクトリー同士で仲が良くて、得意な服を作り合ってるのかもしれません。

 

そんな流れで、オネットにあった形をエルヴィエプロダクションで今季はリリースしましたよということになりました。

個人的にはどっちも好きなブランドなので、フランスのファクトリーブランド同士のコラボみたいな気がしてテンション上がってます!

 

 

とその前に、もしまだオネットのシングルPコートをご存じでない方がいらっしゃったら、下記のリンクからどうぞ。

↓↓↓↓↓

Honnete(オネット)のSingle P-coat(Click!)

という、まあコーディネートの幅も広く非常に使い勝手が良いコートです。

ちなみに変更点としては、

前回付いてたririジップと同じく、ジッパー界で双璧を成す世界のYKKの最高級ラインである「エクセラ」を採用!

ツメが1つ1つ磨かれてるのでギラギラしてます!非常に滑らか!

 

素材も同じくメルトンですが、

フワッとした仕上がりに。

 

裏地も変更。

黒無地からヘリンボーンストライプに変わり、シャレた感じになってます!

最近のエルヴィエらしいですね。

 

 

 

ですので、またこちらのコートもエルヴィエ製になります。

ドウゾ!

【ブランド】HERVIER Productions(エルヴィエプロダクション)

【アイテム】Stain Collar Coat

【価格】¥47,520-(税込)

【コメント】

こちらも定番。そして「もしビジ(もし俺がまだビジネスマンだったら)シリーズ」です。

軽くて暖かく、一捻り効いてるやつ。

こちらもご存じで無い方は、下記のリンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓

Honnete(オネット)のStain Collar Coat(Click!)

こちらは見た目では殆ど変更点はありません。

フラップの形と袖リブは、まさしくMA-1。個人的に好きなディテールです。

それにしてもまさかMA-1が再び流行る時が来るとはね。中学生の頃以来です!

また関節部分にダーツを入れて、袖を立体的にしているのも見逃せません。

 

新年の仕事始めに新しいコートはいかがでしょう?

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。