Blog

Honnete(オネット)のNo-collar S/S One-piece

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「アイスランドの独立記念日」だそうです。

おめでとうビョーク!おめでとうシガーロス!

でもデンマークに興味津々。

家具にしろ服にしろ。

そういや7月に早々と入荷してくるデンマークブランドのへヴィーニットは、

来季の当店のニットラインナップの中でも突出したアイテムとなっています。

どうぞお楽しみに!!!

 

 

そうそう。昨日のブログで書いた今週末からのイベントについて、

早くも何人かのお客様に聞かれたのでサラッと紹介しときます。

-FACTORY BRAND FAIR-

Glacon、Yarmo、Hervier production、Honneteといった

ヨーロッパのファクトリーブランドのトランクショーになります。

 

レディースも充実してますので、どうぞお楽しみに!

詳しくはまた後日。もったいぶってすいません!

なぜなら俺も何が届くか把握できてないので!それがトランクショー!

 

 

じゃ、本日の商品紹介です。久々のレディースアイテム!

IMG_7777

IMG_7769

【ブランド】Honnete(オネット)

【アイテム】No-collar S/S One-piece

【価格】¥24,840-(税込)

【コメント】

diariesのメンズアイテムにインディヴィジュアライズドシャツのボタンダウンやグラソンのボーダーがあるように、

レディースアイテムにもこのオネットのノーカラーワンピがあります。

こちらも5年目。

毎年毎年、流行りも廃れもせず、着た人にだけそっと喜びを提供するそんなアイテムです。

 

一般的な考えで、メンズはあまり流行に左右されないアイテムが多く、

レディースはその年しか着られないアイテムが多いという意見をよく耳にします。

それはつまり、ファッションに敏感なのは男性よりも女性だとすれば、

レディースファッションの方が、流行というものが顕在化しやすいだけなのではないでしょうか?

 

 

しかし、レディースにも変わらない洋服があるんです。それがオネットのワンピース。

IMG_7781

 

 

高級リネンの代名詞的存在でもあるアイリッシュリネンを贅沢に使用したアイテム。

IMG_7773

始めはリネンらしい硬さがありますが、洗いこむほどに柔らかくなり体になじんでくるのは、

手にした人だけが知る心地よさ。

 

またdiariesではブラック(Warm black)とナチュラル(Pale gray)をご用意したのですが、

IMG_7778

触ってみると微妙に感触が違うことに気づきます。

このPale grayの方は、あまり染色されてないのでリネンそのままの風合いが楽しめます。

 

Warm blackの方は、色落ちが楽しみ。

IMG_7772

 

首元と

IMG_7775

背中にあしらわれたギャザーは、非常に動きやすく、

さらに生地を多めに取ることでドレープ感が増します。

そして使い込んだ後にはコントラストの強い色落ちにより、アンティーク物のような風合いが楽しめます。

 

シルエット的には、着る人により千差万別。

最初は硬いと思った麻も、だんだん体に寄り添ってきてくれるんです。

この袖口もいいですね。

IMG_7779

全体的にフワッとしたシルエットを、袖口でキュッと締めてくれると、途端に品が良くなります。

かわいいだけじゃないんだなぁ~。

 

また人気の秘密は、着心地やシルエットだけでなく、コーディネートの幅にもあります。

IMG_7780

フルオープンで着られるので、ロングカーディガンとしての着こなしも楽しめるんですね。

ワンピースとしては透けにくいWarm blackがオススメですが、

ロングカーディガンとしての着こなしも楽しみたければ、涼しげなPale grayをオススメしたいですね。

 

そして最後に共感ポイント!!!

IMG_7776

ポケット付きーーー!!!

これがやたら支持率高いです!

あるよね、てもちぶたさってやつ。

 

 

以上、蒸し暑い夏に持って来いのアイテムでした。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。