Blog

James Lock & Co. Hatters(ジェームスロックアンドコー)のVoyager

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「世界標準の日」だそうです。

 

標準ねぇ~

最近ホ~~~ント「スタンダード」って言葉が多い!(ウチの品揃えでそれを言うか・・・)

INDIVIDUALIZED SHIRTSとかANDERSEN-ANDERSENが2ページぶち抜きで紹介されてるってんで、

思わず今月の&Premium買って読みましたけど。

 

そりゃ当然私としては今更ですが、「スタンダードなものが流行る」という違和感を感じております。

そもそもスタンダードというものはベースとなるものであり、凪のように揺蕩(たゆた)うべき存在だと思うので、

流行=流れが起きるわけではないと思うのです。

ただ流行という側面を持つファッションからすると、やはり流れは否定できず。

そのきっかけの一つはノームコアかな~。

スタンダードが流行るからノームコアが流行る?

ノームコアが流行ったから、なんとか付加価値を付けるためにスタンダードを取り上げる?

ま、そんなニワトリとタマゴ的な話は時間の無駄!

 

もしくは、何かひねってないとデザインされていないんじゃない?というようなカウンターカルチャーから、

何もひねってないスタンダードが見直されているのかも?

調理の上手さではなく、素材の良さが見直されている。

 

まあ何はともあれ、やはりスタンダードだけにフォーカスしてしまうとdiariesみたいにつまらなくなりますね~!

スタンダードな物を多く扱うと、このブログのように頭でっかちになってしまいます。

このブログ読むことに時間をかけたり、ありとあらゆる雑誌に目を通して情報に流されてはダメですよ!

携帯なんか家に置いて、書を持って街へ出よう!

お気に入りの服を着て、お気に入りの場所へ!

 

スタンダードな服ってのは、たいていの場合トラディショナルなブランドが多くなります。

性質上しょうがないのですが。

そうすると、「知る」または「持つ」ことに夢中になってしまい、「着る」ことをおろそかにしがちではないですか?

 

キルタノシミ、ココニアリマス。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

james lock (1)

【ブランド】James Lock & Co. Hatters(ジェームスロックアンドコー)

【アイテム】Voyager

【価格】¥52,920-(税込)

【コメント】

さて、今季はハットがすごいよ!と常々申し上げてきました。

全部で6型。

ウチみたいな小さな店で6型、さらにサイズもレディースからメンズまでやるとなると、結構大変なんです。

そんな中、先陣を切るブランドはやはりこれしかないでしょう!

james lock (6)

ロック、始めました。

というか、昨年から取り扱いを始めたのですが、昨年はブログ掲載前に完売。

私も買い逃しまして、今季やっと手に入れることができました!!!

 

いや~ホントこれを手に入れるまでの紆余曲折ったらもう~!!!

 

そろそろちゃんとした帽子が欲しいなと思いたどり着いたのが、ボル○リーノとジェームスロック。

できるだけ人とかぶらない(帽子だけに!)ブランドってのと、イタリア物あまり持ってないしなということで、

ジェームスロックの方に白羽の矢を立てました。

 

ちょうどロンドン行こうと思ってたタイミングだったので、現地で買うかー!と意気込んでおりました。

そうしたらちょうどマーケットでヴィンテージのバッキバキのボウラーハットがあるじゃないですか!

しかし、やはりそこは本場、試させてもらったのですが60㎝オーバーのサイズなんてあるわけないじゃない。

しょうがない。ヴィンテージは諦めてジャーミンストリートまで行けば本店近いし~と思ったら、

シュナイダーブーツで割と時間を取ってしまい閉店時間!!!

 

帰国後、意を決して新宿某百貨店メンズ館に行くものの、

やはりロックはたくさんのボルサに紛れて2点だけ。ニーズの差か・・・

そして俺は頭囲61のXLを下さいと言うと、女性店員は半笑いで「そのサイズは作ってないみたいです。」だってさ。

 

バ・・・バカにしやがって・・・

さっき頭でっかちって書いたけど、ものの例えじゃねーかよ・・・ブログのことだろーがよ・・・

それでも諦めきれず、有楽町の某メンズ館でも同様の結末。

 

そこで俺は決めたね。

「XLがないなら、自分の店でオーダーすればいいじゃない!」(マリーアントワネット風に)

james lock (7)

という感じで、いつもの私の逆恨みというダークサイドにより入荷してきたわけです。

商談の時、先日の経験から「XLって作れるんですか?」と恐る恐る商談でたずねたとき、

代理店の方が「普通に作れますよ~」と言ってもらえたのがどれだけ嬉しかったか!

 

やっぱり改めて個人オーナー店っていいと思うんですよ。

バイヤーと販売員が近ければ近いほど良い買い物ができるはずなんです!

 

どうです?

なかなか商品説明が始まらなくてイライラするでしょ?

すいません。俺の愚痴でした!!!

 

じゃ、改めましてジェームスロックです!

james lock (5)

—–

Lock&coは、1676年に設立されました。

世界で最も古く、また現存する家族経営企業の中でも最古の事業の一つです。

長い歴史の中においては、ネルソン提督・ウィンストンチャーチル・ボーブランメル・オスカーワイルドなど、

偉大な人物の頭部を飾りました。

そのような最良の顧客に相応しい、最高のデザイン・最高の素材・最高のサービスを心がけ、

その原則は、創業者のジェームスロックが現在と同じセントジェームスストリート6番地に店を構えた頃から始まり、

以来7世代に渡り今日まで守り続けています。

2つのロイヤルワラントは、その証です。

—–

という、まさにこれ以上ないくらいのトラディショナルでスタンダードな帽子ブランドです!!!

 

そのようなブランドの中からセレクトしたのはコチラ。

james lock (2)

Lock&co定番のVoyager(ボイジャー)。

Voyager=航海者・冒険家の名のごとく、あらゆるシーンにかぶっていけるよう、このタイプにしました。

しかしLock&coとしての品格・エレガントさを表現するため、ブリム(つばの部分)は6㎝ではなく8㎝を。

決してロングブリムが流行ってるからではありませんよ!!!

 

またVoyagerは折りたたみも可能。いわゆるクラッシャーハット、パッカブル、ローラブル。

その秘密は素材にあります。

james lock (3)

ラビットファーのフェルト。高い理由はまさにそれ。

しかもLock&coのラビットファーは、野生のウサギの毛を使用しているというこだわりよう。

さらにそれをグログランバンドで飾ります。

 

もちろんラビットファーを使用しているにも意味はあります。

高級なブランドだから高級素材?

確かにラビットファーの方が通常の羊毛フェルトより光沢があるので、高級ではあります。

しかし、先ほど書いたようにローラブルという点がポイント。

ラビットの方が羊毛よりも柔らかでキメが細かく、復元性が高いので型崩れしにくいのです。

james lock (8)

ちなみに昨年取り扱ったLock&coのハットは、カッチリしたタイプだったのでウールフェルトでした。

 

また、せっかくLock&coを始めたので、ボックスもご用意しました。

james lock (4)

【ブランド】James Lock & Co. Hatters(ジェームスロックアンドコー)

【アイテム】Box

【価格】¥8,640-(税込)

【コメント】

そうなんです!なんとまさかの別売り!!!!!wwww

 

でもね、ハットもボックスも現地で買うのとほとんど同じ価格なんです。

悪しからずご了承ください。

ネットショップ(通販)はこちら!
LOCK&Co.HATTERS|voyager|Black

それではまた。お店で会いましょう。