Blog

LE TRICOT DE LA MER(ルトリコドゥラメール)のFisherman Smock

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「大豆の日」だそうです。

年の数だけ豆を食べると言いますが、38粒とか正直きついわ。。。

そうそう、私38歳にして初めて喘息と診断されてしまいました。

ちょっとお客様の前でも咳が出てしまうのですが、風邪ではないのでご容赦下さい。

厄年が近づいてくると、体って変わって来ちゃうんですね~!怖い!

 

そんな私ですが、ベルギーから帰って来てから1日たりとも休むことなく、明日もせっせと展示会周りでございます!

なので明日は店休日ですのでお間違いのないよう。

展示会は先週から始まってますけど、いきないエグイの見つけてしまって困ってます。

俺は買いますけど、みなさんはどうでしょう?といっても画像は載せられませんが。

店頭でならご覧いただけるので、既に次の秋冬が気になる方、または買い逃したくない方は聞いてください。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0969

IMG_0976

【ブランド】LE TRICOT DE LA MER(ルトリコドゥラメール)

【アイテム】Fisherman Smock

【価格】¥9,612-(税込)

【コメント】

久々のルトリコドゥラメールから。

IMG_0975

まずはブランド紹介からどうぞ。

———-

1980年にイギリス・ノッティンガムシャーで創業したメーカー。

紡績から編み立てに至るまで、全てを自社工場で一貫して生産でき、MADE IN ENGLANDにこだわり続けています。

創業当初は、スクール用のニットを主に手掛けていましたが、

現在はミリタリーやワークウェアをモチーフにしたニットを中心に、企画・生産しています。

———-

というブランド。

diariesではガンジーセーターのブランドとして覚えている方も多いと思います。

実は結構なんでも作れちゃう、面白いメーカーなんです。

 

でもこれまではニットしかやってこなかったんで、春夏のセレクトは初めてかも?

届いたのは、ツイル生地のスモック。

IMG_0977

入荷早々お客様には、「これ何ていうジャンルの服ですか?」とよく聞かれます。

たしかにメンズでは「スモック」というのはあまりないかもしれません。レディースでは普通ですよね?

でもスモックを日本語にするのは難しいな。

強いて言えば、、、割烹着!?

でもな~割烹着じゃイメージがな~

 

そんな話は置いといて、そもそもスモックてのは農作業をする人たちから始まったものだそうです。

なので立派なワークウェア。汚れてもいいように、ガバッと着るんです。

ちなみに商品名は、Fisherman Smockなので、こちらは漁師が着ていたスモックってところですかね。

 

だから、このブランドが作ったからかどうか知りませんが、ガンジーセーターと共通する部分が非常に多いんです。

IMG_0973

ネックの両端に設けられたガセットとか、

IMG_0978

この直線的な袖付けもそうですね。

 

やっぱりガンジーセーターは、独特のシルエットなので着てて面白いんです。

だからあの感じを、春も夏も楽しみたいなって方にオススメしたいですね。

ショーツと合わせるのもいいと思います。

 

そうそう、ガンジーセーターと違うところとすれば、

IMG_0974

背中に設けられた大ぶりなポケットくらいですかね。

このシンプルさがワークウェアらしいです。

背面にポケットといえば自転車用のウェアに多いですが、このスモックで自転車てのもカッコいい。

おれはせいぜい缶ビール入れてお花見するくらいです。

 

また、ガンジーセーターと同じようなシルエットということであれば、前後関係なく着てもいいと思います。

なのでポケットを前に持ってくることもできますね。

どうせなら前後にポケットを付けてもらって、缶ビールをもっといっぱい運べるようにしてほしかったです。

来年は別注するか!(と、今日Wナベさんと話してて思いました。)

Beer Smock作れるかな~ 名前がダサいな~

 

というわけで、是非男性の方にもチャレンジしてみてほしいスモックというアイテム。

サイズはS/M/Lの3サイズ展開ですが、インポート物にしてはそんなに大きくないので、

日本人サイズで考えちゃってOKかも?

なので、Sサイズは女性にもお勧めですね。

ちなみに俺も自分のサイズ=XLをオーダーしたのですが、作ってもらえませんでした。

皆さん、俺の分も洋服を楽しんでください。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。