Blog

LOCAL ROOTS(ローカルルーツ)のWool Silk Socks

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「障害者の日」だそうです。

私が毎年吃音症(どもり)と向き合わないといけない日と決めている日です。

ちなみに私は難発型の吃音症。(吃音症では障害とは認定されませんけどね。)

なかなか言葉が出てきません。

嘘だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなあなたはきっとdiariesの常連さん。

私が心を開いているからです。

 

未だに初めてご来店いただいたお客様に声をかけるのは緊張します。

声をかけたいけど、どもるのが怖いので声をかけられません。

 

いつまで経っても接客は苦手ですね。

話すのは苦手なので、だからいつもこうやってブログを書いてるのかも?

 

なので毎日ネタ探しで必死なわけですが、この前とびっきり活きのいいネタを見つけましたよ!!!

12185138_955047551207957_5553861679064149635_o

LEON FLAMのFBを見ておりましたら、レオンフラムのマフラーとグローブで身を固めた方が目に留まりまして、

そしたらその人の背中が頼もしかった!!!

12188118_953857244660321_225159723036661420_o

この背負い方がカッコいい!!!!!

もともと2WAYだったバッグを、無理やり3WAYにしてるのですが、ムリヤリ感が全然ないんです!

しかもバッグもいい感じに味が出てて、まさに「使いこなす」ってことのお手本です!!!

先日、早速レオンフラムをご覧になってるお客様がいらっしゃったので、もう~ドヤ顔で説明させていただきました!

でもその時に「これモンゴルさんが考えたんですか?」と、ジャックナイフのような切れ味のいい質問をされたので、

一瞬にそのドヤ顔も消えましたけどね~!

 

それにしてもホントかっこいい!是非自転車乗りの方にもトライしてほしいです!

 

あとこの写真もカッコよかったな。

11914747_922850534427659_3134651566203647755_o

値段は高いですけど、こんな感じで行きたいですよね!

また、ちゃんとレザーをケアして油分を入れてあげれば、水を弾くんだということもわかってもらえるかと思います。

 

こういう発想に触れることで、ファッションはもっと自由だと感じていただければ幸いですね!

もしかしたらこの背負い方から発想して、Parabootとのコラボレーションは3WAYになったのかも!?

なんて想像するのも楽しいもんです。

 

てなわけで、レオンフラムのバッグはまだガッツリと揃ってますので、よろしくお願いしますよ!!!

 

 

じゃ!ここからが商品紹介です!

ドウゾ!

IMG_0452

【ブランド】LOCAL ROOTS(ローカルルーツ)

【アイテム】Wool Silk Socks

【価格】¥2,160-(税込)

【コメント】

や~っと久々にdiariesでもドレス用に使えるソックスをご用意することができました!しかもリーズナブル!

こちらもお初にお目にかかります。

IMG_0453

———-

LOCAL ROOTSは、ベルギーの首都・ブリュッセルより西にあるエナメという街にある、
Beernaert(ベルナール)社という靴下メーカーがプロデュースするブランド。
同社は1935年に創業し、親子3世代に渡り続くメーカー。

”LOCAL ROOTS”は、ヨーロッパのデパートを中心に販売されております。

長年にわたって培われてきた技術と品質が評価され、

最近では自社ブランド以外にもデザイナーズブランドの生産も行っております。

———-

というブランドですが、熱心な当ブログ読者の方はお気づきでしょうか?

一昨日ご紹介した、Norwegian styleと同じメーカーが作ったものになります。

先日のはアウトドアラインで、こっちはドレスラインって感じですかね。

どちらも本当にコスパが良い!

IMG_0455

まあなんのことはない、ビジネスシーンでも使える無地のソックスなのですが、

素材はウール60%×シルク20%×ナイロン20%の混紡となっています。

これが薄いくせに結構暖かい。

例えば、女性におなじみの「冷えとり」なんかもそうですが、まずはシルクの靴下を履くでしょう?

あれと似たようなことが言えるんじゃないかと思います。

またそういった天然素材も使いながら、ナイロンを入れて耐久性もそれなりにあります。

 

当然履き心地は良いのですが、フィット感もなかなか。

IMG_0451

こうやって平置きすると、どうしてもヒールが浮いてしまいます。

ということは、この部分が立体的に作られているという証拠。

なるほど、履き心地の良さはこんなところに秘密があるのかな~?

 

 

というわけで、フェルナンドレザー紹介して、それに合わせてほしいNorwegian styleのソックスを紹介したように、

こちらもソックスは昨日ご紹介したArrow Footwear by White and co 1890の靴に合わせてほしいです。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。