Blog

Noski(ノスキー)のRussian Linen Socks

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「蓄音機の日」だそうです。

蓄音機といえば、Victorの有名なロゴで蓄音機の前に座ってる犬の名前はニッパー君。

そして私はニップレス君。

いやさすがにまだそれはない。

でも痛い。痛いのよ。。。

なぜなら今月も頑張って走ったから。

11825032_859458007464709_6020274811152467077_n

今月も自分をホメたいところだったが、さっき気づいたことがある。

計算ミスで今月の走行距離が99.5km!500メートル足りん!!!

2日前にやりきったつもりの後のこの絶望感。。。

ああ~非常に俺っぽい。やったつもりの男。あとちょっとの男。

 

 

さて、アパレルでいうと今日で上半期が終わったところですね。

2015年上半期最後の商品紹介はコチラ!

IMG_8248

【ブランド】Noski(ノスキー)

【アイテム】Russian Linen Socks

【価格】¥2,700-(税込)

【コメント】

結構前に入荷してきた商品なのですが、ちょっと説明が面倒くさかったので後回しになってました。

なぜ面倒なのかと言うと、、、

IMG_8249

ご覧の通りのキリル文字。そうロシアのブランドでございます!!!

 

 

そんなロシアのソックスは謎だらけ!

IMG_8254

多分これがブランド名なんじゃないかな~と思い、ブランド名をHocknで「ホックン」にしようと思いました。

ちなみにコイツはつくばのゆるキャラ「フックン船長」

maxresdefault

ホントどうでもいいですけど。

 

まあそんなプーチン閣下率いるおそロシアが、ホックンなんて呼び方を許すはずもなく、

entry_img_1624

一生懸命キリル文字を解読して、なんとかブランドロゴが英語表記で「Noski」と書いてあることだけ突き止めました。

ノスキーって発音もなんかロシア語っぽいでしょ?これなら閣下もお許しくださるはず。

 

ま、そんな話は置いといて、この靴下がどんな経緯で作られたかというと、

IMG_8251

ロシアの靴下工場が機械を導入し、動作テストで作ったソックスだったような、うろ覚えな感じですいません。

 

ですが、そのお蔭で実は他の靴下には見られないポイントがあるんです。

IMG_8250

それは麻100%であるということ。

麻100%なんてなかなか見ませんよ!

なぜなら、通常はポリエステルやナイロンなど丈夫な繊維を混ぜないと、耐久性に劣ります。

そこはさすがロシアの靴下。穴が空かない・・・・・・わけがありません!

この靴下たぶんソッコーで穴が空きます!しかも編みもゆるいテンション!

 

でもね、先ほども書いたように「麻100%」の靴下ってほとんどありません!

ということは、この靴下でしか感じられない履き心地があるということなんです。

サンプルで作られた靴下だから?

社会主義国家だったロシアだから、製品も遅れてて未だに麻100%で作ってるのが普通?

詳しい理由は分かりませんが、単純に「他では味わえない」履き心地なんです!!!

IMG_8252

ちなみにサイズは23~25㎝程度。女性か、足のサイズが小さい男性なら履けます。

ちょうど今なら、サンダル×ソックスのコーディネートに使うのに最適ですね!

 

 

謎のソックスをどうぞお楽しみください。

 

それではまた。お店で会いましょう。