Blog

Pat Bedoni(パットベドニー)のStarburst Ring & Clendon Pete(クレンドンピート)のHeavy Gauge Bangle

4/23(日)インディアンジュエリーフェア開催決定!

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「飼育の日」だそうです。

ブタに続いて飼育ですか・・・・・

 

というわけで、俺(ブタ)の(どうでもいい)近況です!

 

桜を見まくってます!

ちなみにここは旧筑波駅!廃線跡がサイクリングロードになってます!

このように駅のホームだけ残ってます!俺が高校生くらいの頃は、まだ線路がありましたね~。

公共空気入れまで!このサイクリングロードは、土浦駅から桜川市までつながってますよ!

ちなみに、この筑波駅の目の前にはオススメのラーメン屋さんが。

正確に言うとラーメン屋ではなく製麺所。試食(有料)ができる製麺所とのこと。

実はここの店主、都内の「七彩」で修業されていたという噂。

なるほど、それで麺へのこだわりがすごいんですね!

昼時は激混みなので、早い時間がオススメです!

 

そしてまだまだ桜を見まくります!

こちらは筑波駅からほど近い「北條大池」!

やっぱいいわぁ~。ほんのりピンク色。豚肉みたい。

 

そして最後に見たのはコチラ!

俺の中で攻殻機動隊が散った瞬間でした!!!

 

にしても、映画見るっつったらトレインスポッティングだと思った人いるでしょ!?

残念!ハズレ!オサレなdiariesのモンゴルさんですが、オサレ以前にヲタクなんです!すいません!

このブログ、ファッションブログじゃないですよね? ただの服ヲタブログだと思ってますから!!!

そりゃまあトレインスポッティングとプリキュアと迷いましたが、結局はゴーストインザシェルに決定!

理由は、「俺のゴーストがささやいたのさ」(寒)

 

 

 

 

じゃ、(俺のゴーストが)商品紹介です。

ドウゾ!

【アーティスト】Clendon Pete(クレンドンピート)

【アイテム】Heavy Gauge Bangle

【価格】¥64,800-(税込)

【コメント】

あれ???インディアンジュエリーフェアってまだ先じゃないの?と思われるかもしれませんが、

実は、先日インディアンジュエリーバイヤーの方と軽く打ち合わせをしてまして、

その時に「これは引き取っておかないと!」と思ったやつを、ピックさせていただきました。

今回のフェアもワンデイですからね。来られない方の為にもね。

 

というわけで、まずは「見つけたらサルベージしないといけないアーティスト」に、新しく加わりそうなクレンドンピートです!

みんな大好きCP=シッピーではありませんよ!ましてやCP=コストパフォーマンスでもありません!!!

しかし!このCPも、シッピー並みに手に入りにくくなるのは間違いなく、まだ新人であることからCPも非常に優れているのは確か。

(まあ、ジュエリーをコスパなんかで言及するのは夢がないですね。気にしないで下さい。)

 

改めまして、このクレンドンピート。

まだ30代でありながら、現在注目を浴びるアーティストの1人。いわゆるルーキーってやつです。

デザインはナバホの伝統的な作りが多いのですが、誰に師事するわけでもなく独学で学んだのにこのクオリティ―の凄さ。

このバングルに関しては、シピーとジェニファーを足して2で割ったような、力強くも繊細な素晴らしいデザインだと思います。

例えば重ねて付けてみると、

なるほど確かに親和性を感じますね。

 

また独学なので、いわゆるナバホの型にとらわれないデザインも魅力です

ちなみに昨年はオーダーしてから半年待ちでしたが、この前の打ち合わせで聞いたら、もうすぐ1年待ちになりそうとのこと。

早いうちにどうぞ。

 

 

 

次です。

【アーティスト】Pat Bedoni(パットベドニー)

【アイテム】Starburst Ring

【価格】¥43,200-(税込)

【コメント】

当店には約3年ぶりの入荷になります!パットベドニーのスターバーストリング!!!

良いサイズがあったので、ピックしましたよ!

ちなみにサイズは13号と18号。もしペアで付けてくれたらいいななんて思ってます。

 

実は個人的に、スターとかクロスとかドクロとかの分かりやすいモチーフは苦手。

そんな簡単すぎるデザインはちょっと・・・と考えています。

というか、考えが浅いのが多いので飽きるのも早いというのが経験則。

 

なのですが、このパットのリングだけは別物。

 

例えばこんな感じで、13号の女性サイズをピンキーでってのもいいですね!

あくまでもさりげなく。

 

しかもリングも細い方のタイプです。

ちなみにパットベドニーは女性アーティスト。

しかしご覧ください、この力強いデザインを。

このグワワッと広がる放射線ももちろんハンドメイド。

タガネ(マイナスドライバーのようなもの)と糸ノコで生み出された、非常に美しい線です。

 

また星の部分は、14金メッキ。

曇りにくく、輝きを失いません。

 

 

ひとまずこんな感じですが、あとはインディアンジュエリーフェア当日をお楽しみにお待ちください!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017