Blog

Rathlin Knitwear(ラスリンニットウェア) のKnitted Hat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「Thanks Pet Day」だそうです。

1122(ワンワンニャンニャン)でペットに感謝する日。

先日の休みに久々に実家へ帰りましたが、実家の柴犬がストーブで火傷して1円玉くらいのハゲができてました。

ウチのココは元気です。感謝感謝。

 

それはそうと、今年最後の連休をいただきまして、ありがとうございました!

あとは年越しまで突っ走るだけかな~?

さてお店に集中しよう!と思ったら、2016年秋冬の展示会の案内状が早速届きましたけど・・・

アンデルセン・・・アンデルセン・・・

 

12月2週目から来年の秋冬の展示会が始まります!

この終わりなき戦い!俺はファッションの奴隷!洋服好きのみなさん、どうぞ俺を(diariesを)使ってね。。。

 

そして昨日はお店を抜け出して、シンゴスターリビングの新館・coxへライブを見に。

12274753_908754252535084_7033702600273853633_n

あの空間でライブという、非常にプレミアムな空間を体験させていただきました!

もうこんなの誰が撮ってもかっこいい写真になるでしょ!?フォトジェニックって言うのかしら?

またそれだけでなく、酒場としての初のcox夜営業というのもこういうイベントの時でしか味わえません!!!

 

そんなこんなで、連休そしてライブと遊んでたら、久々のブログになってしまいました!!!すいません!

でも骨折してなかったら、今日はつくばマラソン出てました!そしたらまたブログ休みだったわ!

ブログを楽しみにしてくれてるお客様も、少なからずいらっしゃいますので、頑張って書きますね!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

rathlin (1)

【ブランド】Rathlin Knitwear(ラスリンニットウェア)

【アイテム】Knitted Hat

【価格】¥3,564-(税込)

【コメント】

こちらは新しく取り扱うRathlin Knitwear(ラスリンニットウェア)というブランドです。

rathlin (3)

———-

ラスリンニットウェアは、サウスウエストドネガルにあり、ハンドルームで作るニットメーカーです。

クラフツマンシップ溢れる熟練した職人達の手で作られ、

またそれらのデザインは、自然豊かなドネガルの風景からインスピレーションを得ています。

———-

という、アイルランドのドネガル地方にたくさんあるニットブランドの1つです。

 

イギリスにあるたくさんのニットの中でも、やはり一番多いのはシェトランドニットでしょうか。

次いでインパクトのあるフェアアイル柄のニット。

そして、個人的にはそのちょうど中間に位置するかな~と思うのが、このドネガルニット(またはドネガルヤーン)です。

rathlin (2)

ドネガルニットに多く見受けられるのが、このネップ糸。

どことなく素朴な風合いが魅力だと思います。

ソリッドなシェトランドと、派手というか洗練されたフェアアイルの中間というのは、この辺からそう思いました。

 

わたしもこれまで色んなドネガルニットを着てきました。

それこそCorgiのン万円もするドネガルヤーンのセーターとか。

でもドネガルヤーンだと値段の安い高いにかかわらず、ちゃんとしたメーカーのやつを選べば、

クオリティはそこまで大差無いよなというのが正直なところです。

 

毎シーズン、ドネガルヤーンを作っているドネガル地方のニットメーカーはたくさん見ますが、ここじゃなきゃってのは特にありません。

でもドネガルのメーカーさんたちは、ドネガルで生きる・作ることに誇りを持っているというのは伝わってきます。

なので私もブランドにこだわらずフラットに見て、有名無名問わずその都度自分が良いと思ったメーカーの物をセレクトするようになりました。

 

今回セレクトしたニットキャップは、カラフルなボーダー柄なのに、

ドネガルヤーンのお蔭で落ち着いた印象になってますね。あか抜けないっていうかね。

なんとも愛くるしいニットです。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。