Blog

SBTRACT(サブトラクト)のHard Twist Pile S/S Raglan Sweat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「商工会の日」だそうです。

商工会って名前はアレなので、ギルドって名前だったら入りたい。

なんかカッコいいでしょ?ギルド。

いわゆるドイツのもっと職人的な商工会ですけど。

でもホントに名前だけじゃなくて、ドイツのマイスター制度のように「後世に伝え続ける」ことを目的とした

職人集団がいたらカッコいいし、憧れて職人を目指す人も増えてくると思うんですがね。

 

 

あと職人というと「ものづくり」をイメージしがちですが、「事を作る」職人もいます。

例えばつくばロックフェスを取り仕切るI香賀さん。

母体となるロケットダッシュレコーズのスタッフは、なんと彼1人だけ。

当然たくさんの方の助けがあり今に至ると思いますが、リーダーがいないと何も始まりません。

今やつくばロックフェスも、ロッキンジャパンに出るような若手アーティストの登竜門的な位置づけになり、

ゼロからここまで持ってくる姿は職人と言わずして何というべきか。

 

つくばロックフェスの方ですが、今年もほぼすべてのアーティストが発表されました。

思わずケツが浮いた方も何人かいらっしゃるのではないでしょうか?

ZAZEN BOYSとLOSTAGE

bonobosだけでもテンション上がったのに、この2組で一瞬気が遠くなりました。

ザゼンのホワイトステージとロストエイジのレッドマーキーがフラッシュバックしてたわけですが。

そういやザゼンは、センスオブワンダーでも最前列(というか向井さんのツバが届く距離)で見てたわけですが、

今回もおそらくそれくらい近くで、しかももっと少ない人数で見れてしまうんじゃ!?!?!?

 

というわけで、やはり先のアーティスト発表があった直後に、

2日通し茨城券は一度完売してしまったのですが、

I香賀さんにお願いして、少しだけ追加してもらいました。

 

フジロックなどの有名なイベントでは何千人もの観客と遠くから眺めるしかないアーティストでも、

つくばロックフェスでなら近くで見られるどころか、

喫煙所が会場に1つしかないので、気が付けばアーティストが隣でタバコを吸っている始末。

なんて贅沢なんでしょう。

 

オススメですよ~

 

 

じゃ、商品紹介です。

diariesも含めて、地方は穴場でいっぱい!日本中で売れているものも、ここならまだあります!号泣

ドウゾ!

IMG_7721

【ブランド】SBTRACT(サブトラクト)

【アイテム】Hard Twist Pile S/S Raglan Sweat

【価格】¥12,960-(税込)

【コメント】

昨年の入荷以来、このブランドを知ってても知らなくても、

触っただけで思わず皆さんが試着してしまいます。

その素材選びのセンスは卓越したものがあるサブトラクト。

IMG_7723

このブランドも基本的に1人で運営しているので、彼もまた道を究めんとする職人の1人。

ぶっちゃけものづくり以外の方は結構ユルイ仕事ぶりなのだが、それもまた職人ぽい部分でもあり。。。

 

さて、本日ご紹介するのは半そでスウェット。

実は1度完売してしまったのですが、メーカーに在庫があったため、

(オーダーを忘れられそうになりながらも)追加できたものになります。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

IMG_7727

いきなり本題です。お笑いでいうところの出オチみたいなもんです。これが全て。素材がポイント。

商品名にもある通り「Hard Twist」とありますが、日本語で「強撚」のこと。

もうdiariesのブログ読者なら説明の必要もないですかね。

その強撚糸で編みたてたパイル素材なのですが、

強撚のおかげでパイルの輪っか1つ1つが非常に細かく、

まるでべロアのような表情になっているのがすごいんです。

こんな生地初めて見ました。

 

またパイルならではですが、化学繊維を使わなくても吸湿速乾性に優れているので、

汗をしっかり吸いドライに肌を保ってくれます。

また目の細かいパイルだけに、フワフワというよりはシャリシャリした肌触りがいいですね。

ちなみに裏側は天竺編みです。

IMG_7728

リバーシブルで着たいくらい。

 

diariesでは、この生地を最大限に活かしたかったのでラグランスリーブでオーダーしました。

IMG_7724

ショルダーから流れるようにフィットする感覚は、まるでニットの様です。

 

わきの下にはガゼットがあり、フリーダムスリーブのようなヴィンテージライクな仕上がり。

IMG_7725

袖口にはリブがついていて、ちょうちん袖っぽくなっているところも着やすくて良いです。

 

裾にもリブがありますが、

IMG_7726

こちらも長めで、ヴィンテージぽくてGOOD。

 

とまあこのように、素材良し作り良しな1着。

 

着こなしとしては、半袖スウェットそのままに、アメカジで合わせるのは当然。

IMG_7729

Pants/Daily Wardrobe Industry (Daily Painter Pants) ¥18,360-

Bag/The Superior Labor (Engineer Tote) ¥27,000-

Shoes/Fernand Leather (Middle English) ¥45,360-

 

しかし、べロアのような質感を活かし、高級感のあるスタイリングを提案したい。

IMG_7730

Pants/arbre (Dress Pants) ¥17,064-

Shoes/Arrow Footwear by White and co 1890 (Derby) ¥42,984-

 

これだけ。

先ほどコットンニットの様と書きましたが、まさにそのイメージで。

スラックスにスウェットという意外性もプラスになります。

逆にパンツを外しに使って、Don Quichosseのエスパドリーユを合わせてもいいと思います。

 

もちろんショーツにビーサンでも存在感があるので、着やすくてたまりません。

とにかく、在庫があるうちに実際手に触れてみてほしいアイテムです。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。