Blog

SBTRACT(サブトラクト)のWool Crew Football Sweat

インディアンジュエリーフェア開催決定!

日時・10月23日(日)12:00~20:00

ご来店お待ちしております!!!

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「冷凍めんの日」だそうです。

コンビニもそうだしスーパーの冷凍売り場もそう。

ブラブラと歩いてると、「とみ田」とか「すみれ」とかさ、最近じゃ吉祥寺の「ホープ軒」まで出てる始末。

ホープ軒はやばい。

正直、茨城から吉祥寺まで行ってホープ軒行く気にはならない。

ラーメン以外にも食べたいのはたくさんあるし、何よりラーメンなら茨城で食べた方がよっぽど美味い、と思ってる。

だからスーパーなどであの懐かしい味が楽しめるのかと思うとつい手が伸びてしまう。なんとか我慢してはいるが。

 

話は変わって、この3連休のつくばはラーメンフェスタで盛り上がってたみたい。

そしてお客様に言われて気づいたのだが、フェスタに出てないラーメン屋がこの3連休にこぞって限定ラーメンを出しているとか。

この意地っ張りが好きすぎる!

意地の張り合い大いに結構!!

この効果だけでも、このラーメンフェスタは成功しているなと思う。

 

やっぱイベントってやった方がいいんですかね?

てかインディアンジュエリーフェアをこの3連休にぶつければよかったですね~!

一応私としては、イベントなんかに頼らずとも、基本的に私がセレクトした商品で勝負したいという意地がありまして、

でもそんな意地のせいでお店の維持が大変です!!!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

img_3109

【ブランド】SBTRACT(サブトラクト)

【アイテム】Wool Crew Football Sweat

【価格】¥14,904-(税込)

【コメント】

昨年、大変ご好評をいただいたサブトラクトのウールスウェット。

今回はフットボールタイプに変更しての入荷となります。

 

今年の夏は、イチオシのリネンスウェットにバリエーションが増え、お陰様でどのアイテムも完売しました。

そして秋冬になっても、その素材開発力は留まることを知らず、伸びにくいスウェットが登場したりと、

何かと話題に事欠かないサブトラクト。

 

そして本日ご紹介するアイテムは、コットン×ウールのスウェットになります。

img_3110

コットンウールといっても、混紡して1本の糸にしたものを編んだわけではなさそうです。

ウール100%の糸とコットン100%の糸をそれぞれ使い、1枚の生地に編みたてたスウェットだそう。

sbtra-sweat-5-1024x768

なんでそんなことしたのかって、これがまた面白い。

こうやって見ると最初は普通のスウェット然としてますが、

デザイナーさんが言うには、洗っていくとウールが綿の隙間から出てきて、

最終的にはウールのような毛羽立ちを見せ、ニットとスウェットの中間のような素材に変わっていくんだそうな。

マジかよ・・・?!

経年変化が楽しめるスウェットなんて、ヴィンテージ風のプリント以外ではなかなかありません。

楽しみだわ。

 

もちろんそれは副産物でしょう。

当然秋冬なので、「冬もスウェットを着たいけど、ニットより重いし寒いしゴワゴワする」というコンプレックスを、

「軽くして保温性を持たせて着やすいシルエット」にするために生まれた、ウールスウェットだと思います。

img_3114

シルエットはやや細めで、重ね着もしやすい。

シャツとジャケットの中間レイヤーとしても、着にくくないと思います。

 

また今回のフットボールタイプですが、どの辺がフットボールかといいますと、

img_3111

このショルダー部分の切り替えになります。

本来は耐久性を持たせるために生地が2枚になっていますが、さすがにスウェットなので切り替えてるだけです。

でもよく見ると手が込んでますね。

img_3113

切り替え部分は生地をリバースさせています。これもある意味リバースウィーブ???

 

まあそれはさておき、フットボールTeeの好きなところは個人的にはシルエットですかね。

img_3112

裾にリブを配しておらず、ストーンとしたボックスシルエットがカッコイイです。

そしてやっぱりスウェットは裏毛が一番!(裏がパイル状になってることね。)

暑がりの私は、裏起毛・裏フリースは選びません!

img_3115

ちなみにこちらのウールスウェットは、ニットだとチクチクしてどうにも着られないという敏感肌の方にも、ご支持をいただいてます。

 

 

軽くて肌触りも良いフワッフワのスウェット!是非一度お試しください!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment