Blog

SBTRACT(サブトラクト)Fleece Machine Hard Reverse Sweat

※個人オーダーの場合、保証金として商品代の50%をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除きいかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

※混雑した場合は、入場規制させていただくこともあるかもしれません。その際は整理券を配らせていただきますが、

何分小さなお店ですので、ご協力お願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に入店していただけますのでご安心ください。

※駐車場を十分にご用意できないため、つくば駅から公共交通機関をご利用ください。

 

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ユースホステルの日」だそうです。

夏野菜が美味い!

毎日のようにお店の裏のばあちゃんから野菜もらってますが、

おばあちゃんのナスがうめぇ~~~~~!

つーかお店の裏が畑で、おばあちゃんが野菜をおすそ分けしてくれるオサレwなセレクトショップもなかなかいいね!

もちろんタイミングが良ければ、お客様にも野菜つきます!

ししとう食いたいから、今度ししとうの種でもあげよ。

自分の欲望の為なら、おばあちゃんでもこき使う下衆野郎は私です。

 

今気づいたんですが、「ししとう」って漢字で書くとメチャクチャかっこいいですね!!!

獅子唐

なんでも獅子の顔に似てるから、獅子頭→獅子唐らしい。

つまりはこういうこと。

もうすぐ石岡のお祭りですね!

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】SBTRACT(サブトラクト)

【アイテム】Fleece Machine Hard Reverse Sweat

【価格】¥14,904-(税込)

【コメント】

diariesでも、すっかりおなじみとなったとなったカットソーブランド・サブトラクトから秋物が届いてますよー!

そして今回もいつものアレです。

「フリースマシーンハード天竺」素材。

あの、「裏毛スウェットの編み機を使用した、度詰めのコットン天竺」というもの。

分かりやすく言うと、「スウェットを編む機械でカット生地を編んだ」と、

何度聞いても全く意味が分からない素材です。

なので、これはもう着てみてもらうしかないんです!!!

まあなんだか分からないけどすごくガッシリしてて、なお且つ肌触りも良くて、どんどんファンが増えていってますね。

 

この生地は、サブトラクトのデザイナーさんが、工場と機械と機械を操る職人さんと一生懸命考えて作ったオリジナル生地。

そもそもは、スウェットパンツを作った時に、膝が出にくい硬いスウェット生地を作りたいと始まったはず。

なので、昨年デビューしたこの生地のアイテムは、スウェットパンツしかありませんでした。

ですがこのクオリティなので人気も人気で、伸びなくて硬い素材なのに、昨シーズンはTシャツを作ってしまった。

そして今度は長袖スウェットの登場です。もはや留まることを知らない素材!

 

さらに今回は、染色方法も独特です!

今回は、スウェードの色合い・色ムラをイメージした「〇〇染め」という、

通常の4倍もの時間をかけて染め上げられたもの。

この〇〇の部分はネットには書かないでくれとのことだったので、伏せておきます。

それだけ一生懸命作ったものなら、そりゃパクられたくないですよね!!!!!

 

ちなみに、この色がすごすぎたので、今季diariesではこの色しかオーダーしてません。

 

で、スウェットの方は、昨シーズンの半袖とは打って変わって、

個人的にも大好きな「リバースタイプ」。

なにがリバースって、リバースウィーブのことでしょう。

リバースウィーブについてご存じで無い方は、まずはチャンピオンのHPのHISTORYページあたりをご覧ください。

この両サイドに設けられたリブをはめ込むスタイルは、お客様クレームから生まれたのです。

なので、チャンピオン以外のブランドが作ったリバースウィーブタイプをスウェットを私がセレクトする時は、

この部分を気を付けています。

 

どの点か気になる方は、店頭で聞いてください。

まあでもこのフリースマシーンハード素材とリバースウィーブタイプの組み合わせは相性いいかもしんないです。

ファッションのためのリブ使いではなく、ちゃんとリブが機能してくれているので。

 

というわけで、スウェットよりは薄いので、今の時期でも着られますので、

風合いにヤラレた方はショーツなどに合わせて着てもらってもOKです!

 

見たことない素材なので、どう色落ちしていくのかも楽しみです!

 

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017