Blog

SBTRACT(サブトラクト)Fleecemachine Hard T-Shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ヨーグルトの日」だそうです。

先日寝る前に、リンゴ酢を牛乳で割って飲むヨーグルト風のドリンクを飲んだんですけど、あれすごいっすね。

一晩中、腸が活動しておりました。

腸活している人にオススメです!!!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】SBTRACT(サブトラクト)

【アイテム】Fleecemachine Hard T-Shirt

【価格】¥8,424-(税込)

【コメント】

サブトラクトから新作が届いております!

質実剛健。ガシガシ着られる。そんな言葉がピッタリの、diariesのお客様の大好物なやつです!!!

いわゆるヘヴィーウェイトTシャツですね。

昨年私が、「何度聞いても作り方が分からない」と言った素材です。

「裏毛の機械で編んだ度詰めの天竺素材」というやつ。

分かりやすく言うと、スウェットを編む機械でTシャツの生地を度を詰めて編みましたよ、ということ。

やっぱり分かりません。まあ、スウェットとTシャツの中間だと思えばいいんじゃないの?知らんけど。

そんなことはどうでもよくて、とりあえず手にとってもらって、この生地の質感を見てみてほしいです。

そしてさらに着てみてほしい。

肉厚なカットソーというものは、正直どこにでもあります。

しかし、着てみるとその肌触りがメチャクチャ気持ち良いことに気づくでしょう。

それは、スウェットを編む機械で編んでいるからこそです!

しかし、そんな生地を使うだけにとどまらず、こんなディテールも。

わきの下にはガセット(ガゼット)とハトメ!!!

生地がそれなりに厚いので、湿気や熱がこもらないように通気口が必要ってとこなんでしょうけど、

ぶっちゃけ半袖でそんなの大して必要じゃないよね!?!?!?

と、私もちゃんと頭では分かってますよ。分かってるんです。

でもね、このハトメがあるってだけで俺はもうヤラレちゃうよね。

こういうのに弱い。それだけ!

 

そうそう、ガセット(ガゼットも併記しときます)に関してですが、これはホントに必要なのかも。

なぜなら、この生地ってあまり伸びないから。そりゃもうギチギチに編んであるので。

同ブランドのスウェットパンツでも使用している生地ですが、伸びにくいからこそ膝が出にくく、スウェットパンツに最適なんですけどね。

スウェットパンツに最適にも関わらずTシャツにしているので、動きやすくするために関節部分にはこんなディテールが必要なんじゃないかなと思うわけです。

それならTシャツとしては最適ではないんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

まあ、こんな素晴らしい生地ならTシャツでも着てみたいですね。そんだけです。

ガシガシ着たらどうなるんだろうな~?という、洋服としての楽しみしかありません!!!

細かいことはいいから楽しめ!でも一番細かいのはこのブログだけどな!

 

生地が伸びにくいという理由では、こちらの部分にも影響してます。

どの部分かというと、シルエット。

脱ぎ着しやすいよう、ややゆったり目となっています。

昨今このような身幅をゆったりとったTシャツが多いですね。

たまたまトレンドに乗ってしまったかもしれません。

でもできればトレンドにはなってほしくなかった。

なぜなら、トレンドが過ぎたら古いデザインと見られてしまうから。

最近よく思う、ファッションの悪い部分の1つです。

 

私自身がトレンドを全く気にしてないのですが、(バイヤーのくせに・・・)

いざトレンドとマッチしてしまった場合、その服が古くならないためにはどうすればいいか。

それは、その服のデザインに対する裏付けがあればいいんじゃないかと思うわけです。

 

例えばこのTシャツに関して言えば、生地が伸びにくいので脱ぎ着しやすくするために、身幅を広くした。

 

こんなところですが、実は理由があるデザインて古くならないんです。

理屈でファッションは楽しめませんが、理屈がある服・デザインは強いんです。

強いということはロングライフが期待できるということ。

結果的にファッションが長く楽しめるものであればいいなと思うわけです。

そして、私がセレクトした服が長く着てもらえたらお客様にとっても幸せだろうし、

何よりその服が、最初に買ってくれた人の元で寿命を迎えてくれるのが一番嬉しいんです。

なので、決して「今の気分」て理由で買わない方がいいです。

よく吟味したうえで、こちらのTシャツを選んでいただければ幸いです。

 

そうそう、今の気分といえば最近にわかにアメリカのカットソーメーカーであるキャ○バーなんかがちょっと流行ったりして。

実際に手に取ったお客様も、キ○ンバーぽいですねという方もいらっしゃいます。

そしてキャン○ーと言われると、私は「してやったり!」と思うわけです!!!

なぜなら、この生地はデザイナーさんが○ャンバーに思いっきりガツーンとぶつけるように作った生地だから!

キャンバ○のような硬さを出しつつ、厚く重くならないループ編みを行っているそうです。

なので、肉厚カットソーが欲しい方は、Made in Japanのこのカットソーを応援してあげてくださいね!!!(ウチは殆ど外国製なんですけど!)

 

ネットショップはこちら!

SBTRACT|Fleecemachine hard tee|Navy black

SBTRACT|Fleecemachine hard tee|Gray

SBTRACT|Fleecemachine hard tee|White

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017