Blog

Schiesser(シーサー)のFriedrich(Tank top)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「人間ドックの日」だそうです。

人間ドック行ったことない。やばいかな?

サラリーマン時代も、予定が会わず行けなかったし。

独立した今じゃちょっと高いし。

何より休みが取れない。

フジロックでは休むけどな!!!!!

 

というわけで、このような刹那的な生き方は時に人に迷惑をかけます。

展示会に来れるかどうか心配で、メーカーさんからはお電話をいただいてしまいました。

お取引先各位

ちゃんと仕事はしますのでご安心下さい!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0773

【ブランド】Schiesser(シーサー)

【アイテム】Friedrich

【価格】¥9,720-(税込)

【コメント】

昨年はボクサーショーツでザワつきましたが、今年はこちらのタンクトップです。

 

求めるのは究極の下着。

思うに、本当の贅沢とはこういうことなのかもしれません。

最も肌に触れる時間が長い服なんですから、コストをかけるのは至極当然のことだと思うんです。

とはいうものの、私もそれに気が付くまでは時間がかかりました。

気づきを与えてくれた服はこちらになります。

IMG_0778

こちらはイギリスを代表するニットブランド。

IMG_0779

ジョンスメドレーのシーアイランドコットンのタンクトップ。

こちらももうかれこれ15年ほど着続けております。

ちなみに作られたのはその時だけで、もう廃盤になっております。

 

これを買った時は体を張った冗談みたいなものでした。

当時働いてたお店の売上が、月予算まであとちょっととなり、

じゃあ俺がこれでも買って成績に貢献しましょという、ブラック企業さながらの行動に出たわけです。

あ~大して欲しくないもの買っちゃったよと、その時は家に帰ってほったらかしにしといたのですが、

ある日何気なく着てみたら、今までに味わったことのない感動を覚えたわけです。

もうね、その日1日ニヤニヤが止まらないんですよ。気持ちよすぎて。

その時ね、気づいたんです。

誰もがうらやむようなブランドやヴィンテージの服を着て、ドヤ顔で街を歩くだけがオシャレじゃないってね。

着てる自分だけが幸せになる服。

 

 

そもそもオシャレってのは、他人の目を気にすることから始まるので、外向きのはずなんです。

しかしこれは自分と向き合う内向きの服。

根暗な私がこういった服に出会うのは、当然といえば当然なのかもしれません。

 

そんなわけで、肌に近いものほど良い物をと考えるようになりました。

だからね、当然自分の店でもいい服を見つけたら、試さずにはいられません!

IMG_0774

diariesではおなじみのシーサー。

こちらもヘンリーネックTシャツでも使用している高級エジプト綿「マココットン」を使用しています。

 

そして生地はダブルリブ。

IMG_0777

伸縮性があり体にフィット。耐久性も抜群。

 

しかし言うなれば、アメリカのアンダーウェア・Miller(ミラー)と一緒です!www

3枚パックのおなじみミラー!あれの頂点に君臨する物とお考えください!すっごいミラー!

 

あとね、さっきのスメドレーもミラーもそうなんだけど、

海外もののタンクトップは胸が開きすぎ。それがネック。どれがネック?これがネック。

IMG_0776

ミラーなんて、Tシャツの中に着るとブラヒモみたいになるけどね、これは違います!

この肩部分の長さ・太さは非常に重要!そしてもちろん耐久性もね!

 

 

そしてこういう「なかなか自分じゃ買わないけど気になるアイテム」ってのは、プレゼントにもお勧めですよ!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。