Blog

Semoh(セモー)のHalf-sleeve One-piece

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「苗字の日」だそうです。

こんにちは、山口です。俺の苗字です。

山口って苗字は、山口県では少ない。これマメね。

 

先日のダニーボイルのニュースで、トレインスポッティングの続編が製作されると!!!

私山口の青春時代を象徴するオシャレ映画じゃないですかーーーーー!

これは楽しみということで、思わずサントラを久々に聴いてしまいましたが、これが仕事が捗るわ捗るわ。

5124PB9RA5L._SL500_AA300_

イギーポップ、ブライアンイーノ、ニューオーダー、プライマルスクリーム、ブラー、

ルーリード、アンダーワールド、そして・・・・・パルプ!パ・ル・プ!wwwwwww

なんでなんでしょう。パルプの話をすると気恥ずかしさとともに笑ってしまうのは。

そんなわけで、作業用BGMにピッタリというのを再発見しました。

実は連休はヒマになるつくばですが、(ウチの店だけ!?)

トレインスポッティングでも聞きながら、のんびりやらせてもらいます。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

semoh op (1)

【ブランド】Semoh(セモー)

【アイテム】Half-sleeve One-piece

【価格】¥39,420-(税込)

【コメント】

diariesではおなじみのSemohからも、続々と秋物が届いております。

そしてこちらは今季初登場の新作ワンピース。

セモーのレディースの好きなところは、クラシカルさを感じるところです。

メンズはコンテンポラリーで今の空気を非常に感じますが、

レディースはそれを踏まえつつ、クラシックをベースにした部分がほんのり見える気がします。

 

言葉では簡単に言えちゃいますが、もちろんセモーの場合はもっと奥深さがあります。

「クラシックをベースにした」と言ってしまうと、たいていはヴィンテージ服からデザインソースを持ってくるのがほとんどですが、

セモーの場合は、クラシックにもコンテンポラリーにも通じる「美」というものを見出そうとしているのではないでしょうか?

クラシック=過去とコンテンポラリー=現在に通じるということは、つまりユニバーサル=普遍的な美になるということなんです。

Semohとしての普遍的な美の追求。私はそれがセモーのレディース服のコンセプトだと思っています。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

まずは見た目で気になるこの部分。

semoh op (3)

秋冬物ですが、袖はハーフスリーブです。

袖口は斜めにカットされており、ひじが隠れるように。

また腕を曲げた時も生地にシワが寄らず、常に腕のラインが一定に見えるようにと考えられています。

 

ウエストは絞ってあるように見えますが、そこまで細いというわけではなく、

生地を贅沢に使ったスカート部分がフレアしているので、ウエストが細く見えています。

この辺は、Semohらしいリラックス感と緊張感のある見た目のバランスですね。

 

また今回使用した生地は、一般的にはメンズスーツの表地に使われる素材です。

それだけ高級素材を贅沢に使ったワンピースということ。

チャコールグレーのダークストライプが、非常にクールな表情を与えています。

また下の写真を見ると分かる通り、レディースにしてはネックが狭く、

生地と合わせるとワンピースながらマニッシュなデザインだと思います。

「レディースのマニッシュなコーディネート」となると、メンズ服(またはメンズぽいデザイン)のジャケットやパンツを着るのが普通ですが、

それをワンピースで表現できるアイテムもあまいないはず。

semoh op (2)

このままでもシックでカッコいいですが、ネックレスなどをプラスしてもいいと思います。

それにしてもレディースでネック周りを狭くしてるのって珍しいですね。

しかし後ろに回ってみると。

semoh op (4)

後ろがVネックになっていて、こちらではうなじを強調し女性らしさをさりげなくアピールしています。

また丸首とVネックという、Semohならではの2面性というのもこの部分で表現されています。

 

Semohが求める女性像。

意志の強さとしなやかさを兼ね備えた美しさ。

どうぞそれに共感できる方に着てほしいと思います。

 

それではまた。お店で会いましょう。