Blog

Semoh(セモー) のBi-color Cotton Knit

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「感謝の日」だそうです。

今日は感謝しまくろうと思います。

 

 

ありがとうサバ!

昨日あれだけサバ鯖言ってたら本当に食べたくなっちゃって、

鯖買って食べたら、メチャクチャ脂のってて美味かったです。

 

ありがとうフジロック!!!

12670942_10153320662587014_9159072540722440612_n

いつの間にか第二弾が発表されてました!!!

絶対見逃せないのがBECK。

2005年のベックのステージは楽しすぎました。

感動とか興奮ではなく、楽しいんです。

なんていうかな~見た人にしか分からないんですけど、他のアーティストと比べようがないくらい、

ちょっと趣向を凝らした面白いステージなんです。

LOSERとかで盛り上がるだけではない、まさにライブでしか感じることができない生のベック。

あり得ないけど、レッチリとかぶったらベック行くと思う。

 

しかし、発表される度に3日間いかないとまずいだろという考えになってしまう。。。困るなぁ~

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_2176

【ブランド】Semoh(セモー)

【アイテム】Bi-color Cotton Knit

【価格】¥27,000-(税込)

【コメント】

昨年に引き続き、ブログご紹介後に即完売となってしまったセモーのコットンニットが、

今年は色を変えて入荷しております!

IMG_2180

今季はご覧の通りネイビーとブルーの切り替え。

このバイカラーは、セモーのコンセプトにある「二律背反するものの調和」を表しています。

IMG_2179

2色使いが非常にキャッチーですが、縫製も忘れてはなりません。

ニットの良し悪しのまずどこを見るかといいますと、当ブログ読者ならお分かりかと思いますが、たいていこの部分ですね。

袖付けのリンキング。

こちらのニットの面白いところは、縫製部分をあえて外に出していること。

もちろんこれはデザインだけでなく、着心地を考えてのこと。

ご覧の通りリンキング部分は膨らみますから、外側に出すことで体に当たらなくなります。

春夏物なので、着心地というのがより重要になってきますね。

そしてこだわったのはハンドリンキングによる丁寧な縫製。

普通は見えないように裏に持ってくるディテールを、外に出しても不自然にならないよう、

ハンドリンキングを採用するというこだわりよう。

 

Semohの服の面白いところはまさにこんなところですね。

一手間加えることで、デザイナーが表現したいブランドコンセプトも、こだわりたいクオリティも、

そしてエンドユーザーであるお客様が求める着心地も実現できてしまうところ。

 

 

次は素材。

IMG_2183

こればかりは触ってみないと分からないのですが、コットンニットなのに綿100%とは思えない肌触り。

どんな肌触りかというと、ザラザラしてて固い麻のような・・・

実はこちら「ストローヤーン」という面白い素材。

ストローとは麦わらのこと。ストローハットのストローと同じ意味です。

まさにその麦わらのような感触になるよう加工された綿100%の生地。

これはすごいです。

麦わらのニットなんてありまえせんからね。

でももし麦わらのニットがあったとしたら、こんな着心地なのかもな~。

 

またこの素材のすごいところが、洗ってもほとんど肌触りが変わらないこと!

どうせ薬品で加工でもしてんだろと思ったのですがそうではなく、

ワンシーズン着続けて洗濯を繰り返したのですが、まだ全然変わりません!

 

また麦わらというくらいですから、夏もヘタなTシャツより涼しんです。

暑がりの方には是非ともお勧めしたいですね。

 

というわけで、暑がりな私が着てみました。

IMG_2155 (3)

形はガンジーセーターに近いスクエアなシルエットなので、武骨な太目のパンツにも合いますね。

もちろん夏になったら白のショーツにサンダルでOK!

着こなしも幅広く、今から真夏までずっと使えるアイテムです。

 

残るサイズはSとLのみ。Sは女性が着てもいいですねぇ~

 

 

それではまた。お店で会いましょう。