Blog

SMITH’S(スミス) のWork Pants (Dead Stock 1990’s~)

インディアンジュエリーフェアの日程が決まりました!

4月16日・17日の2日間です。

久々の開催となりますので、お休みの調整などしていただき、是非ともご来店下さい。

Indian-jewelry-fair-diaries201604_1

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「カチューシャの歌の日」だそうです。

先日お客様に聞いたのですが、恐らく茨城最古?のセレクトショップであり、

地元・石岡にあるSELECT HONDAの本多さんがdiariesのことを知っててくれて、

さらには俺がリーバイスを買ったことも覚えているということを聞き、

恐れ入ると同時に、長くやってる人の凄味を感じました。

定休日が一緒なので、なかなかお店に伺うことはできないのですが、

石岡に行く方にはHONDAをお勧めして、感想を聞いて楽しませていただいております。

 

ちなみに石岡の歴史は古く、カメラ片手に散策するのも楽しいと思いますので、

ご興味のある方はお尋ねください。もちろん美味しい店も知ってますよ!

 

 

じゃ、今日はそんなHONDAにも売っていた(もしかしたら今も売ってるかもしれない?)デッドストックアイテムのご紹介です。

ドウゾ!

IMG_2347

【ブランド】SMITH’S(スミス)

【アイテム】Work Pants (Dead Stock 1990’s~)

【価格】¥10,584-(税込)

【コメント】

これは懐かしい!!!

俺も学生の頃に買って、洋服屋で働き始めた頃も履いてたやつ!

その時履いてたのも白だったので、(もっとオフホワイトだった気がする。ステッチもブルーだったし)

気が付けばシミだらけになってしまい、誰かに上げちゃいました。

見ると久々に履きたくなるので困ります。ただ入荷してきたのが30インチと32インチのみ。残念。

サイズが合う方には是非ともオススメしたいパンツです。

 

それではまずはブランド説明からいきましょう。

IMG_2351

—–

1906年にニューヨーク・ブルックリンで産声をあげたアメリカンワークウェアブランド・スミス。

戦前・戦後を通して、多くの労働者にオーバーオールやペインターパンツを手ごろな価格で提供してきました。

コットンダック、ヒッコリーストライプ、インディゴデニムを使ったスミスのワークウェアはたちまち評判となり、

以来100年以上に渡って愛され、家族経営で3世代も続いています。

hist_photo_1

—–

というブランドです。

 

今はもうガンホーやスタンレイでおなじみのアールズアパレルに買収されちゃったかもしれません。

しかし本日ご紹介するパンツは、古き良き時代の名残を残すデザインとなっております。

上記写真のスミスのタグがちょっと今っぽくないでしょ?古臭くていいです。

90年代という微妙な時期のものですが、洋服としては優れもの。

どの辺がというと、まずはシルエットですね。

IMG_2350

あくまでもワークウェアなのでヒップ周りは太目ですが、そこから絶妙なテーパード加減。

履いてみるとこんな感じ。

IMG_2159

これがもう非常に革靴がよく合うんです。

IMG_2161

革靴を合わせたくなるワークパンツ。

合わせもキレイ目で履きたいパンツ。

IMG_2165

Hat/TESI (Paper Hat) ¥19,440-

Coat/LABWARE by Fraizzoli (Shop Coat) ¥23,760-

Cardigan/Gicipi (Jersey Cardigan) ¥5,940-

Shirt/James Mortimer (Linen Short Collar Shirt) ¥21,600-

Shoes/Tricker’s (private)

由緒正しきアメリカのワークパンツをヨーロッパ物と合わせて。

教科書そのままのコーディネートではなく。

 

この合わせがマッチするのは、シルエットだけではありません。

IMG_2353

ペインターパンツではないので、ハンマーループやスケールポケットなど、余計なものが一切付いてないんです。

だからこそジャケットスタイルにも絶妙にマッチするんですね。

キレイ目かと思いつつ、ポケットはやたらデカいし、ステッチはトリプルステッチだし、

IMG_2349

今のブランドが狙って作っててもおかしくないデザイン。

こういう誰にも見向きもされないデッドストック(=Dead Stock=不良在庫=売れ残り)を面白く着こなすのが面白い。

いわゆるチープシックですね。

 

フロント部分も至って簡素。

IMG_2348

ポケットの角度とかチョー適当なのが分かるよね!?二等辺三角形になってるし!これくらいでいっか~って感じが伝わってくる!

かろうじてコインポケットはついてますけど!

それでも要所要所にカンヌキ留めを施しているのは、ワークウェアブランドとしてのスピリッツなんでしょう。

 

裏にはこんな懐かしいタグも付いてました。

IMG_2354

それこそブログの最初にでてきたHONDAでは、チャンピオンのスウェットも買ってたっけ。

ちょうどバルセロナオリンピックでNBAのドリームチームの試合がやってた頃でさ、

ジョーダンに始まりラリー・バード、ユーイングなどの往年の選手に、ピッペン、バークレー、カールマローン、そしてマジック・ジョンソンが一緒のチームで戦ってるの。

チャンピオンのスウェットもどれ買うかすげー迷った覚えがある。

その頃の服ってさ、大抵この「Crafted with pride in AMERICA」って書いてある札がついててね。

もうそれだけでワクワクしたもんだ。

 

アメリカもそうだし、もちろん日本も、あのPRIDEってのはどこに行ってしまったんだろう?

気づいた頃にはもう遅いんだけど、せめて服だけでもさ、あの頃を思い出してワクワクしてみてはどうだろうか。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。