Blog

TENDER Co.(テンダー)のTYPE127 Mid Waist

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「パイナップルの日」だそうです。

1週間。人はだいたい1週間を区切りとして毎日を頑張っているのではないでしょうか?

一息つくタイミング。一般の方は金曜や土曜の夜かもしれません。

私の場合は、日曜の夜。定休日前日ではなく、やはり比較的来客数の多い日の夜。

基本州に2回だけと決めているアルコールを買って、今週もお疲れ様でしたと自分に乾杯。

昨日も一息ついていると、タイムラインにこんな動画が流れて来たので、みなさんにもおすそ分け。

レディオヘッドの代表曲・Creepのジャズシンガーカヴァー。

秋の夜長はこれ聞いて過ごそうと思う。

久々に今日みたいな冷たい雨にもぴったりな曲だと思います。

サビに入る瞬間の「ガガッ!」が無くて寂しいなんて言わないで!

でも結局トムのクリープも聞いてみたくなっちゃうんだろうけど。

この曲をやってる「Postmodern Jukebox」のCD買っちゃおうかな?

 

 

じゃ、商品紹介です。

先日のTENDER Co. TYPE130のご紹介は、反響をいただきました。ありがとうございます。

そして本日のテンダーのパンツなのですが、先日のディテールを踏まえてお読みください。

ドウゾ!

IMG_8564

【ブランド】TENDER Co.(テンダー)

【アイテム】TYPE127 Mid Waist

【価格】¥45,360-(税込)

【コメント】

これまでテンダーのジーンズには、おおまかに言うと3種類のシルエットがありました。

TYPE132(太目ストレート)、TYPE130(太目テーパード)、TYPE129(細身ストレート)。

作られた順番も上記の通りです。

そして今回、久々に新しいシルエットが登場。それがこのTYPE127。

上記のラインナップからいきますと「細身のテーパード」という、いわゆるスリムフィットになります。

IMG_8567

ついにテンダーもここまで来たか~という感じです。

悪い意味でとらえるならば、マスに迎合したか?と捉える方もいらっしゃるかもしれません。

コアなファンからするとそういう見方もあるでしょう。

でも一部マニアのためだけに存在してはダメなんです。

新日本プロレスの手塚社長もうこう言ってました。

「全てのジャンルはマニアが潰す」と。

 

お店をやる私は常に中立。

一ファンでもありながら、バイヤーとして動向を見続けなければなりません。心は熱く、頭は冷静に。(←言いたいだけ)

テンダーが好きだからという理由でセレクトするわけではなく、果たしてこれがお客様にとって必要か。

 

今ここにあるということは、そういうことです。

先ほど「ここまで来たか」と書きましたが、それには2つの意味があります。

マニアとしては「一般受けするもの作っちゃったな」ですが、バイヤーとしては「テンダーもここまで成長したか」という意味。

テンダーも着実にマイナーからメジャーへの階段を、ゆっくりとですが一歩づつ登っていると思います。

初めはアンテナを張っている人に気づいてもらい、そしてだんだん広まっていきます。

 

しかし、テンダーに気づくお客様が増えると同時に、どうしても太いのが履けないというお客様もいらっしゃいます。

特に細身の方。

確かに、私もウイリアムも太目ですからね。この体型なら確かに太目が似合いますよ。

tender 072

でもね、せっかくこれだけ作り込まれたものならば、もっと多くの人に履いてほしいと思うんです。

お客様にとっては自分だけのジーンズかもしれませんが、私にとってはより多くの人にいきわたって欲しいと考えます。

また、この127がきっかけで太目の方にも興味を持っていただければ尚更のこと。

それではどんなシルエットかご覧ください。

IMG_8513 IMG_8514 IMG_8515

「これなら履ける!」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、「これならテンダーじゃなくてもいいじゃん!」と思った方もいるかもしれません。

そこがポイント。

「他にもある。でも、どうせジーンズを履くならテンダーがいい。」

そう思う方にこそオススメしたいジーンズなんです。

 

ちなみに私も買いました。ジーンズでは4本目になります。

しかも初めてTYPE130のUnbornを買った以来のUnborn素材。

それにももちろん理由があります。

今年で4年目になる私のテンダーのジーンズですが、

IMG_8568IMG_8569

それなりに色落ちしてはきたのですが、もうちょっとジーンズらしいヒゲやひざ裏のハチノスが欲しいなと思う今日この頃。

その理由は太さ。

TYPE127のようなビタビタにフィットするジーンズであれば、バキバキの色落ちが楽しめると思った次第。

16オンスから17オンスに膨れ上がるデニムのバキバキの色落ち。。。楽しみです。

 

また色落ちだけでなく、このパンツを買った理由としては、

テンダーのジーンズの場合、何を履いてもテンダーが中心になってしまうというアクの強さがあります。

しかし、このジーンズならジャケットスタイルにも合いますし、

俺はもう裾上げしちゃおうかなと思ってるくらい。

 

というわけで、今までテンダーに抵抗があり、なかなか手を出せずにいた人も、

既に持っているけど、どうせならいつもテンダーを履いていたいというコアなファンの方へも、

実はどちらにもオススメできるシルエットなんです。

 

ちなみにサイズ2は完売してしまいました。

残すは1と3と4。このシルエットのサイズ1ってかなり細いです!28インチの細身の方オンリー!

全ての人にテンダーを!そんな思いでサイズをご用意いたしました!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。