Blog

TENDER Co.(テンダー)のType365 Hemmed Long Sleeve T-shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「カイワレ大根の日」だそうです。

ジャンプが売ってません。

月曜日狙ってたら、まさかの連休で土曜日発売という罠にやられました。

てか、お店なんだから祝日くらい覚えとけって話です。

でももう30年以上も沁みついた「月曜日はジャンプ」という法則に抗う術は無し。

明日買えるかな・・・ジャンプ・・・

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

img_2564

【ブランド】TENDER Co.(テンダー)

【アイテム】Type365 Hemmed Long Sleeve T-shirt

【価格】¥24,840-(税込)

【コメント】

大物が続いたせいで一段落ついた感のあるテンダーですが、まだまだご紹介すべきアイテムはございます!

昨シーズンもWOAD染めを中心に人気だったテンダーのカットソー。

今季は素材がガラッと変わって届きました。

img_2566

テンダーのカットソーでは初めてとなるメリノウール50%×コットン50%の混紡素材です。

こちらはさらにログウッドで染めて、毛羽立たせてあります。

それでこんな使い古したような独特の雰囲気に!!!

ログウッド染めに関しては、コチラをご覧ください。→Type130 Tapered Jeans(Click!)

 

このアイテムの面白いところは、通常のカットソーとしてはもちろん、

シャツの上に重ね着したりなど、薄手のニットのような着こなしもできること。

img_2565

デザインもワイドネックとなっているので、バスクシャツのような重ね着もできますね!

 

まだログウッドで染めるということは、熱を加えて処理しているので、生地がシュリンクしています。

ということは、ウールの毛先も丸まっているので、チクチク感も軽減されています。(当然個人差はありますが。)

 

またテンダーのウールアイテムとなるとローゲージのざっくりとした極厚のニットばかりで、

こんなサラッと着られるウール(混だけど)のアイテムは今までありませんでした。

そういう意味でも、ここにきて新たな展開を見せるテンダーのカットソー!

 

ちなみに作りの方は、おなじみの「One-Piece Cutting(ワンピースカッティング)」です!

img_2567

肩に縫い目がないのが特徴で、前身頃と後身頃が1枚の布で構成されています。

これはイギリスの古いスポーツウェアやミリタリーのアンダーウェアに見られるパターンだそう。

この構造は、1枚の布が体に自然に覆いかぶさるのと同じことで、

もっとも体にフィットするパターンであると考え、テンダーはこの形を多用しています。

 

 

と、書いている間に残すはこのサイズ1のみとなってしまいました。

お早目にご検討いただければ幸いです。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。