Blog

The Superior Labor(シュペリオールレイバー)のPen

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「手羽先の日」だそうです。

初めて名古屋流の手羽先揚げを食べた時は、確かに感動しましたね。

コショウと甘辛ダレのコンビネーションは、食が進む。

でもね、手羽先をキレイに食べる方法を教わった時は、もっと感動しました。

パキッと割って、根本までかぶりついて、一気に引き抜く!!!

あ~すずはるの手羽餃子食いて。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0252

【ブランド】The Superior Labor(シュペリオールレイバー)

【アイテム】Pen

【価格】¥1,944-(税込)

【コメント】

シュペリオールレイバーから、いつものレザーペンが届いております。

いつもなんだかんだで、気が付いたら完売してますね。

味ができるボールペンなんて、なかなか無いでしょう?

またいつも使う物ほどこだわるべきで、仕事にやる気も生まれます。

 

お店やってる人も、お客様にサインをもらう時などに、ちょっとした気遣いが喜ばれると思います。

かく言う私も、営業マンだった頃は最初プラスチックのボールペンを使っていて、

仲良くしていただいている社長が、見るに見かねてボールペンをプレゼントしてくれました。

お金をいただいているクライアント様から施しを受けるなんて。

ありがたいやら情けないやら。

目配り 気配り 心配り

より良い人生を送るための基本ですね。

 

こちらは営業マンが使う程のガチンコなペンではないですが、

スーツのポケットからサッと出てくると意外性があって、これはこれでアリですね。

IMG_0253

こういうのは話のタネになっていいんです。

男性には革好きな人も多いと思うので、もちろんプレゼントにも喜ばれますよ!

IMG_0254

今回はシボ革。

キュンキュンにレザーを縫い付けてあります。

IMG_0255

なのでペン自体は抜けなくなっています。

え?じゃあインクが切れたらどうするのって?

IMG_0256

実は中にはVICのボールペンを使用しているので、芯だけ買って交換することができます。

握った感じもレザーならでは。

プラスチックと違って馴染みがよく、滑らないので書きやすくなった感じがします。

でも決して字は上手くなりませんので、ご注意を。返品は認めません!

 

ネットショップ(通販)はこちら!
The Superior Labor|pen|lt.brown/black

それではまた。お店で会いましょう。