Blog

WORKERS(ワーカーズ)のCotton Knit Cap

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「横浜カレー記念日」だそうです。

実はつくばのお隣・土浦市もカレーで町おこし。

昨日はそんな土浦へ、仕事の打ち合わせがあったので、久々に行ってみましたよ。

そして、こちらは初めて行ってみましたよ。

明治2年創業のほたて食堂。色々とびっくりすることうけあいです。あ~ビックリした。

ちょっと口の中をサッパリさせたかったので、こちらでコーヒー。

高安関大関昇進で、にわかに活気づく土浦市です。

ちょっと散策しようと思ったら、ゲリラ豪雨で断念。

でもやっぱ歴史がある街は面白いわ。

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Cotton Knit Cap

【価格】¥9,180-(税込)

【コメント】

ワーカーズが作るニット類が、年々進化を遂げています!

入荷以来お陰様で大好評で、私の予想に反してまさかの白が完売!!

でもメーカーの方に在庫があったので、あわてて取り寄せましたよ!

 

こちらはワーカーズ的ローゲージのニットキャップ。

この「矢ぶり」という編み目がデザインのアクセントになっておりますが、

アイデアのソースはUS ARMYの古いセーターとUS NAVYのニットキャップから。

カッコイイですよね?この矢ぶり!

まさに矢が飛んでいるような編み目が入るヤツ。

ヴィンテージのセーターでは袖リブが切り替わる部分に。

ニットキャップには裾に入ります。

 

パッと見、単色のシンプルなニットキャップなんだけど、よく見るとすげー凝ってんなぁー!って思いますよ!!!

トップ→サイドクラウン部分→矢ブリ→折り返しリブと4つの編みが見れちゃいます!

裏はリンキングではなく、ニットソー。ニット地を切って縫ってフラットシーム。

汗をかいてもガンガンかぶって、ガシガシ洗っちゃいましょう!

 

そしてコットンニットのくせに「硬い」のも特徴です。

本来ヴィンテージではウール製で、ザラザラガリガリした風合い。

ヴィンテージが持つ硬さをコットンで再現するにはということで、「撚り」を工夫したそうです。

ミリタリーライクなネームタグも、生地が伸びることを考えゆとりをもって縫い付けられています。細かい!

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment