Blog

WORKERS(ワーカーズ)のCruiser Vest Melton

※イベント日程を延長しました!

TRUNK SHOWの商品とExhibition(受注会)のサンプルに関して、16日~18日までご用意してお待ちしております。

ただし、デザイナーのウイリアム氏がいる時間は当初の予定通り、16日12:00~17:00となりますのでご注意ください。

 

※Exhibition(受注会)のオーダー方法が一部変更になりました!

個人オーダーの場合、保証金として現金1万円をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

その後のお支払に関しまして、合計金額から1万円を引いたお品代を頂戴いたします。

例)シャツ¥39000+パンツ¥42000=¥87480(税込)のオーダーを行った場合、

オーダー時に現金1万円をお支払いいただき、商品到着時に残金¥77480をお支払いいただきます。

また代金は入荷のご連絡をしてから1か月以内にお支払ください。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除き、いかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

 

※TRUNK SHOWの商品のお取り置きに関して。

トランクショーの商品は、その時だけしか買えないアイテムが多いのですが、

お取り置きに関してご質問を頂戴しております。

取り置きに関しては、ご購入を前提とした上で承ります。

こちらも内金(1万円)をいただき、キャンセル不可とさせていただきます。

またお支払は、1か月以内とさせていただきます。

万が一キャンセルされた場合の返金は致しかねます。

 

※混雑時は、お客様のご協力をお願いします!

当日までどような状態で運営するのか、お恥ずかしながら分かりません。

ですので混雑時はお客様のご協力が必要となります。

何分小さなお店ですので、ご理解のほどお願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に対応させていただきます。

 

※駐車場を十分にご用意できないため、つくば駅から公共交通機関をご利用ください。

つくば駅からは、バスよりもレンタサイクルがお勧めです。

 

※当日は、是非ともTENDERを着用いただきご来店ください。

当日の服装に関して、ご相談されるお客様の多くが「全身TENDERの服では恥ずかしいかな?」

というお悩みをお持ちです。

しかし、約1000kmも離れたイギリスから、わざわざこのような茨城の片田舎にいらっしゃっていただくのですから、

敬意を表す意味で、是非ともお手持ちのTENDERを身に着けてご来店いただければ幸いです。

こんな色落ちをした、何年着用した、このアイテムが気に入っている等の話をするのも、

デザイナーからすればとても嬉しいことと思います。

英語を話せない方でも、当日はアテンドがいるのでご安心ください!

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「マラソンの日」だそうです。

どうも。走るのをやめた豚です。

昨年水戸マラソンとつくばマラソンに出て、2か月連続でフルマラソンを走った結果、自分の中で何かが切れました。

危ないわフルマラソン。

あと5、6回も走れば、向いてるか向いてないかわかるしね。

全然向いてない!マラソン!

 

よく考えてみたらね、

 

豚に、

 

フルマラソンは、

 

向いてない。

 

文字に起こしてみたら、当たり前のことだったわ。

 

涼しくなってまいりましたね。

天高く豚肥ゆる秋。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Cruiser Vest Melton

【価格】¥19,440-(税込)

【コメント】

昨シーズン、久々に取り扱ったワーカーズのベストが非常に評判がよく、

ありがたいことに瞬く間に完売してしまいました。

で、今季も・・・と惰性でセレクトしてませんのでご安心ください。

今季は、使いやすいコットン生地は置いといて、ウールメルトンのタイプしかご用意しておりませんから!

今回のメルトンの出来がすばらしくてね~。

何が素晴らしいかというと、よく言われる「打ち込み」が多くしっかりとしたメルトン生地。

さらにこちらの生地はトップ染め(糸の状態で染めるのではなく、綿という原料の状態で染められる)。

そのため、表情にはいかにも毛織物というようなミックス感があまりなく、

マットな色合いで「これぞメルトン!」と思わせてくれる、力強い生地なんです!!!

 

そしてまた今回のクルーザーベストも、魅力的なディテールが満載!

やはりなんといっても、胸の三日月ポケットです。

ここに手を入れてもらうと分かるのが、前身ごろ全てがポケットになっているという、恐るべきディテール!?

この収納力はハンパないです!

 

そしてポケットも。

前後で全部で4つ!しかもすべてマチとフラップが設けられています!

もうバッグいらずですね~!

 

そして個人的に好きなワークウェアらしいディテールがこちら。

前と後ろのポケットの関係・・・

これね、

くっついちゃってるんです!というかポケットが1枚の生地で構成されています!

ダダダーッて縫ってるんだけど、丁寧にマチも取りつつね。

 

さらに続くポケット紹介ぃぃぃ!!!!!

コットンの裏地に合わせて、内ポケットが左右1つづつ。

これにて、都合8つのポケットがこのベストに備わっているのが、お分かりいただけたかと思います!

 

でまあ、なんでここまでポケットにこだわるかというと、

元になったハンティングベストの存在理由にかかわるから。

 

例えば古着屋でアメリカンヴィンテージのハンティングベストを探してみてほしいのですが、

やたら身幅が広いことに気が付きます。

あ、これカッコイイ!と思って試着しても、身幅が広すぎてなんとなくおさまりが悪いなと思うでしょう。

 

これはどうしようもないことなんです。

まずハンティングというシチュエーションを想像しみましょう。

(いや、俺もハンティングなんてしたことないんで詳しくは知りませんけどね!w)

まあなんとなく細々した荷物が多いなというのは分かりますよね?

しかもいちいちバッグから取り出したりは大変だったり。獲物も逃げちゃうし。

なので素早く荷物を取り出し、または整理し持ち運ぶという、

徹底的に機能を追求して生まれたのがハンティングベストと言えるわけです。

 

ということは、ハンティングベストという服は、ジャケットの更に上、

一番外側に着る服ということになるんです。

それを考えれば、なるほど身幅があり得ないくらい広い理由が分かります。

 

ちなみに先ほど、「バッグいらず」と書きましたが、まさにそうなんです。

身の回りの物を入れて持ち運ぶ服。着るバッグてこと。

 

なのでこんなコーディネートがお勧めですね。

すでに入荷しているアンデルセンアンデルセンのセーターの上に。

diariesとしては、関東近辺であればアンデルセンアンデルセンは冬のアウターと考えています。

それくらい暖かいので。

しかし、ニットをアウターにしてしまう、またはオシャレなニット製アウターだと、

ニットという素材の性質上、耐久性に乏しかったり、

そもそもアンデルセンアンデルセンはポケットが無かったりします。

そこでベストの登場です!

ポケットの機能を補完するという意味で、ベストを着てみるのもいいですね。

飲みに行くときにも最高じゃないでしょうか!?

どんだけ酔っぱらっても落とし物しないでしょ?これなら!

あ~俺もこれで忘年会行こうかな~

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017