Blog

WORKERS(ワーカーズ)のRAF Parka Ventile Cotton

※個人オーダーの場合、保証金として商品代の50%をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除きいかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

※混雑した場合は、入場規制させていただくこともあるかもしれません。その際は整理券を配らせていただきますが、

何分小さなお店ですので、ご協力お願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に入店していただけますのでご安心ください。

 

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「蚊の日」だそうです。

あれ?そういや最近モスキート音聞かないですね。

俺の耳が悪くなったのかな?老化かな?ブタになったかな?

 

 

というわけで、先日はすごい久々につくば食堂花へ。

アニバーサリーやら労いやら諸々を、美味しい料理と共に楽しんでまいりましたよ!

 

で、美味しい料理をハイライトでドウゾ!

鴨と賀茂茄子の桃とトマトのソースがけ。別名カモカモピーチトマト。知らんけど。

ちょっと半端ない美味さだわ。

(おそらく熟しても)固い桃でもこんな使い方があったのかー!と、でも知ったところで絶対家ではやらないんだけどね!

 

そしておなじみのオクラ饅頭~!

このオクラ饅頭(まんとう)があれば、好物の海老真薯も要りません!

 

 

そして地元の野菜が美味いつくば食堂花ですが、肉も美味い。

あ、魚もね。

脂の美味さではない、赤身と仰々しく呼ぶまでもない、肉本来の旨み。

それを知れば、肉なんて本来少量で足りるはずなのだ。

と思わせてくれます。

 

〆にも驚かされました。

うどんのつゆがシークヮーサー!それしか分からない!

シークヮーサーのフレッシュがきれいさっぱり洗い流す!お腹いっぱいなのに入っちゃう!

鼻腔を抜ける馥郁たる香りは、晩夏の夜風を思わせます!

いっぱい遊んだ日の夜に、窓辺に寝転がってひんやりとした空気から秋の足音を聞くように。

 

 

と、少々ドラマチックに書いてしまいましたが、まあつくば食堂花に行ったらそうなるよね~。

和食だから、春夏秋冬季節ごとに料理が変わるでしょ。

本当は最低でも年4回は(もちろんディナーのコースで)行きたいところだけど、春は行きそびれちゃった。

 

あとね、この前閉店してしまった水戸のブラックバードのこともあったり。

もう大好きなお店がこれ以上無くなって欲しくない。(あ、ブラックバードは山形県鶴岡市に移転ですが。)

「こんな素敵なお店だったのに、街から消えてしまった。」みたいな事はみんなSNSに書くけど、

お店を経営している俺からすれば、お店がある時に書いてよ!!!って思うしね。

だから俺は何度でも好きなお店に行くし、何度でもブログに書いてやろうと思います。

 

ま、とりあえず行ってみてよ。つくば食堂花に。(花は来週から夏休みです。)

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】RAF Parka Ventile Cotton

【価格】¥33,480-(税込)

【コメント】

2日連続でワーカーズになってしまいました。だってかなり届いてるんですもの。

というわけで本日ご紹介するアイテムは、昨年登場したものの、当店では入荷日に完売。

そのため昨年はご紹介することができず、1年越しにお披露目することになったアイテムです!

 

こちらはRAF Parka(ラフパーカ)というアイテム。

RAFとは、Royal Air Force(ロイヤルエアフォース=英国空軍)の略。

 

なので、一応着想を得たのがこちらのコートとのこと。

このコートは正直なんだか分かりませんが、もうちょっと有名なところだと、

これより着丈が長いRAFのコールドウェザーパーカとか、

着丈が短いやつだと同じくRAFのマウンテンレスキューが雰囲気は似てますね。

なのでRAF Parkaってことで。

 

なんですが、コールドウェザーにしろマウンテンレスキューにしろ、どちらもセットインスリーブ(袖付けの仕様のこと)に対し、

こちらはラグランスリーブというのが面白いです。

 

そしてやはりというか、大きくて四角いポケットと、同じく大きい尿素ボタン。

これぞイギリスのミリタリーって感じで好きですね~

でも胸ポケットのペンポケットは珍しいディテールです。

 

このように、ワーカーズにしては珍しい?イギリスネタ。

個人的には大歓迎でございます!!!

ワーカーズの服作りに見られるこだわりや技術。それをアメカジに限定してしまうのは勿体ない!!!!!

さらなる飛躍を期待したいところですが、でも数年前のStifelのジャケットも欲しかったり!

俺もその時買い逃したのが悔しくもあり、ワーカーズさんに申し訳なくもあり。

本当にワーカーズは悩ましいですよ!!!

で、今回はワーカーズのタグにブロードアローが付いてます!

最初はワーカーズとブロードアローの組み合わせに違和感を感じちゃいましたが、もう慣れました!

そしてベンタイル!今回使用しているベンタイルは、平織りで撥水加工を施しているとのこと。

 

ざっくりベンタイルとは、

1943年にはRAF(英国空軍)のパイロットが着用するウェアに採用されました。

薄くて軽くしなやかで、風を通さず水も防いでくれるローテクな高機能(言い得て妙だが)素材です。

コットン本来の良さを生かした素材なので透湿性もそのまま、

さらには高密度に織り上げてあるのでツヤもあり、ファッション的に見ても素晴らしい素材といえるでしょう。

 

ここ数年、新品や古着含め色んなところでベンタイルを見るような気がします。

個人的には、アメリカの60/40クロス、イギリスのベンタイルくらいの認識です。

なので、ゴアテックス以前のローテクな高機能素材と(言い得て妙ですが)呼んでいます。

(但し60/40生地と比べると綿100%なので、洗いこんだ後の経年変化という部分ではベンタイルに分があるんじゃないかな~と思います。)

 

 

で、今回セレクトしたのは、ベンタイルのネイビーのみ!

もちろん私の脳裏をかすめたのは、こちらのアイテムでしょう!

前回のヨーロッパ買い付けで仕入れて来たロイヤルネイビーのベンタイルスモック。

やっぱりポケットがUK Militaryって感じですよね!

私もこのスモックは着てますが、暑がりの私にとっては温度調節がね・・・。

なので、このワーカーズのような前開きだと非常に助かります!

Scarf/Blumer (Paisley scarf) ¥3.132-

Shirt/INDIVIDUALIZED SHIRTS

Pants/1st PAT-RN

Boots/Grizzly Boots (Black bear) ¥97,200-

 

で、着てみた感想としては非常に軽い!

そして首回りのフィット感が独特です!

独特てのはどういうことかと言いますと、

ミリタリー物から入っちゃうと、軍物のフードってヘルメットの上から被るんじゃないの?ていうくらいフードが大きいので、

どうしてもフードが垂れ下がっちゃうんです。

ですが、このワーカーズのフードに関してはそれがありません。

というのも、やはりアウトドアウェアの要素を取り込んでいるとのことです。

なので、全体的にはマウンテンパーカーのシルエットのミリタリーウェアが誕生しました。

 

さらにフード周りの気になるディテールがもう一つ。

それはドローコード。

ロウ引きのコードに、先はメタルパーツ。そしてこの極厚のレザーが素晴らしいです!!!!!

こんな細かいパーツで、ここまでの素材を使うとは!?!?!?

個人的には、このパーツ一つで服としてのランクが1つ上がります!(何のランクか知らんけど)

 

ディテールついでに、ジッパーはWALDES。

ちなみに、このジッパーの形も熱心な当ブログ読者でしたら見覚えがあるかもしれませんね。

 

例えば、以前買い付けて来た1950年代のバブアーに付いてるジッパーがコチラ。

イギリスの古いヴィンテージウェアについていると嬉しい、ライトニングジップ。

なので、1950年代頃をイメージして服を作ったのかな~と想像を膨らませたりしてます。

 

 

というわけで、本日ご紹介したアウターも、既に入荷をお待ちのお客様で半分が売れてしまいました。

サイズは0~3までご用意してましたが、2と3のLとXL相当は完売。メーカーにも在庫はありません。

残すはサイズ0(S相当)とサイズ1(M相当)のみ。

お早目にご検討ください。

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017