Blog

Yarmo(ヤーモ)のSmock dress with belt

※イベント日程を延長しました!

TRUNK SHOWの商品とExhibition(受注会)のサンプルに関して、16日~18日までご用意してお待ちしております。

ただし、デザイナーのウイリアム氏がいる時間は当初の予定通り、16日12:00~17:00となりますのでご注意ください。

 

※Exhibition(受注会)のオーダー方法が一部変更になりました!

個人オーダーの場合、保証金として現金1万円をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

その後のお支払に関しまして、合計金額から1万円を引いたお品代を頂戴いたします。

例)シャツ¥39000+パンツ¥42000=¥87480(税込)のオーダーを行った場合、

オーダー時に現金1万円をお支払いいただき、商品到着時に残金¥77480をお支払いいただきます。

また代金は入荷のご連絡をしてから1か月以内にお支払ください。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除き、いかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

 

※TRUNK SHOWの商品に関してはお答えできません!

トランクショーにどのような商品があるのか、多くの問い合わせをいただいております。

正直、届くまで私も何が入っているのか分かりません!

また今回に限り、トランクショーと合わせてExhibition(受注会)も同時開催となりますが、

本来我々バイヤーのみが来場できる展示受注会を、一般のお客様にも体験していただける企画となりますので、

2本立てのイベントとしてお楽しみください。

 

※混雑時は、お客様のご協力をお願いします!

当日までどような状態で運営するのか、お恥ずかしながら分かりません。

ですので混雑時はお客様のご協力が必要となります。

何分小さなお店ですので、ご理解のほどお願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に対応させていただきます。

 

※駐車場を十分にご用意できないため、つくば駅から公共交通機関をご利用ください。

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「串の日」だそうです。

フジロックに行った友人からは、「おじさんおばさんのカラオケ大会だった・・・あと臭い・・・」

という感想が返ってきたオザケンのライブ。

そんなオザケンが、今度はセカオワとコラボですってよ。

僕ら(今年で四十路)の世代がセカオワあたりを嫌っているのは、自分も含めてなんとなく分かりますが、

そんなのサクッと飛び越えて、いつもの涼しげな顔でコラボっちゃうオザケンはいいねぇ~。

 

気が付けばナツオワですね。(言いたいだけ)

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Yarmo(ヤーモ)

【アイテム】Smock dress with belt

【価格】¥22,680-(税込)

【コメント】

今季はクイックにレディースも紹介していく所存。

早速秋物のワンピースが届いております!

もうこの素材を見れば、diariesのブログ読者の方ならお分かりになりますでしょうか?

このインパクトのあるストライプといえば、Yarmoです。

ただし、この生地は久々の紹介になりますので、ご存じで無い方のために説明しておきましょう。

このストライプは、「ブッチャーストライプ」と呼ばれています。

ブッチャー=Butcher=肉屋のこと。

肉屋のストライプとはどういうことかといいますと、肉を切った時に飛んだ血や汚れを

視覚効果で隠し、汚れを目立たなくさせるための柄として生まれました。

当然それはまだ洗濯方法が今より劣っていたり、汚れを落としやすいビニールなどの化学繊維が広まる前からありました。

だからファッションのためというよりも、実は非常に実用性に基づいたものになっています。

 

そんなブッチャーストライプ生地を用いた、新作のワンピースがこちら。

そのままバサッと羽織れるヤーモらしいシンプルなワンピース。

 

でも、こちらは新しくウエストに共生地が縫い付けられています。

これをキュッと結ぶと、

ハッキリとしたストライプに突然の不協和音!!!

モードな雰囲気すら漂い、これが非常にカッコいいんです!

 

また、このリボンは後ろで縛ってもOK。

どこかオリエンタルな印象を受けつつ、

前から見ると非常にスッキリとした印象になります。

またこのブッチャーストライプは着心地も素晴らしくて、

私も同素材のパンツを履いてますが、生地はそこそこ厚みがあるのに、

夏の間に履いていてもサラサラした肌触りで、まったくストレスを感じませんでした。

ですので、今の時期からすぐに着られますよ!

 

先日ご紹介させていただいた、Catworthの靴を合わせてみてはいかがでしょうか?

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017