Blog

Yarmo(ヤーモ)のWork Coat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「主婦休みの日」だそうです。

気が付けば地元のお祭りも終わってて、

ジャンプも買い逃したまま、

謎肉祭にも参加せず。

なんだか世の中の流れに取り残されたような気分でございます。

 

 

マイペースにいきましょう。

 

 

商品紹介です。

ドウゾ!

img_2642

【ブランド】Yarmo(ヤーモ)

【アイテム】Work Coat

【価格】¥21,600-(税込)

【コメント】

毎度おなじみYarmoから、こちらも定番のショップコートが届いております。

img_2643

定番すぎてサボってましたが、たまにはブランド説明しときましょう。

img_2644


Yarmoは、イギリスのグレートヤーモスにて1898年創業。
インダストリアルワークとマリンウェアーを中心に、 Yarmoネームで国内販売されています。

また、英国国防省を始め、オイルメーカーの「BP」「SHELL」、
医薬品の「PHIZER」などにもユニフォームを提供しています。

現在、欧米のワークブランドが第三国生産や日本国内でのライセンス 生産に切り替わる中、
Yarmo製品は全て、英国のグレートヤーモスの自社工場で生産を行っています。
英国国内で100年以上の歴史があるワークウェアーメーカーとしては大変貴重なファクトリーです。

最近では、ロンドンのドーバーストリートマーケット内にある
「LABOUR AND WAIT」のコーナーでも取り扱いを開始しました。


という、イギリスで100年以上も続くワークウェアブランドに、

今季からさらにCC41のロゴが乗っかった、いやYarmoがCC41に乗ったのか?

まあいいかでもすごくかっこいいんだろうな

服が素敵だったことちょっと思い出してほしいアイテムです。

 

あ、もしCC41をご存じない方がいらっしゃいましたら、下記のリンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓

Yarmo(ヤーモ)のDrivers Jacket(Click!)

↑↑↑↑↑

ちなみに、使用している素材も上記リンクのジャケットと同じですので、今一度上記リンクをご覧になってください。

 

 

diariesがオープンしてから、ほぼ毎年のようにセレクトしているこちらのショップコート。

img_2647

ウチの店が何年もというずっとずっと前から、実はYarmoですら何十年も形を変えてないコートなんです。

つまり不変で普遍な俺の大好きなアイテムってこと。

正直いつからこの形があるかは知りません。

だけど、もしかしたらCC41のロゴがついたYarmoのワークコートもあったのかな~と、妄想に浸らせてくれるロマンのあるコート。

 

そしてそれだけ歴史があると、こんな何の変哲もないアイテムでも技が凝らされているんだよなあ。

img_2648

たとえばこの袖ひとつ取ったって、前振りになり最初から人間の体の形にテーラリングされてたり、

img_2645

ポケットも手を入れやすいように角度がつけられています。

img_2649

胸ポケットですらね。

 

そして

img_2646

驚くべきは、肩の縫い目を後ろに逃がしていること。

実はこれの効果はイマイチよく分からないのですが、ちょっと良いスーツでもやってること。

縫製部分を肩の頂上に持ってこないことで、膨らまず見た目がよかったり、

縫製部分にダイレクトに負荷がかからないんだろうなと思います。

 

このショルダーラインと袖の前振りには、伝統の重さを感じます。

 

最近ではショップコートなどという呼ばれ方でもてはやされてはいますが、

元々は仕事中にバサッと羽織るだけのワークコートでした。

ヨーロッパの街に残る古い店では、道路側が接客用のカウンターで、後ろに工房があるパターンが多いです。

家内制手工業の時代ですね。

当然そんな規模では接客スタッフなぞいないわけで、基本的には作業をしながらお客様が来たら接客して物を売るスタイルとなります。

ただし、作業中であれば身なりは汚れにまみれてボロボロなわけで、

そのままだとお客様に失礼にあたるっていうんで、膝くらいまであるコートをサッと羽織って店頭に出たわけです。

そんな流れから、お店用コート=ショップコートになったのではないでしょうか?

 

ということは、このヤーモのワークコートの胸回りのスッキリしたデザインや動きやすさは、

まさにショップスタッフが着るべく作られ、とうの昔に完成していたスタイルと言えるでしょう。

 

着てみるとね、ワークコートというよりロングジャケット・ジャケットコートと呼びたいくらいシルエットが素晴らしいと思います。

img_2579

Shirt/INDIVIDUALIZED SHIRT (Graph check B/D L/S) ¥24,840-

Knit/Glen Fyne (Kennedy aran cable) ¥17,064-

Pants/WORKERS (Moonglow trousers)  ¥17,280-

 

 

色はChesnutとNavyの2色をご用意。

Chesnutって栗のことなんですけど、こりゃ栗の色じゃねーな。

いや栗の中の色か。分かりにくいので、問い合わせの際はベージュと言って下さい。

あ~栗ごはん食べたい。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。