Blog

フランス・イギリス買い付けレポート⑦&買い付け分の商品紹介です。

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「漱石の日」だそうです。

昨日は展示会のためお休みをいただきました。

東京怖い!

アレのせいで車で行ったんですけどね、運転怖い!!!

都会の運転はどこも怖いけど、海外じゃちょっとぶつかったくらいでは

みんな何とも思ってないですからね。気を付けろ!って言うくらいで。

日本は擦っただけでも大事だし、気を使うわ~!



てことで、パリから。

個人的には観光地を回るよりも、その街の普段の暮らしぶりを見るのが好き。

着ている服はもちろん、食べるものとか休日の過ごし方とか。

その土地の食材も気になるし、陳列や食べ方も知りたい。

デイリーなチーズは鍋で量り売り。

そしてなんと!?

伸びるアリゴチーズはハサミで切る!


宿をとったモンパルナスは、クレープ屋さんが多いことでも有名。

クレープ通りみたいなメルヘンなストリートもあるんだけど、

割とゴツいバスク人が焼いてくれますよ!!!

ちなみに写真のはガレット。

そういやクレープとガレットの違いを知らなかったので調べてみたんですけど、

小麦粉で作ったのがクレープで、そば粉で作ったのがガレットらしいです。

これ豆ね。




それではぼちぼち春物も入荷してきてるので、残りのヴィンテージをご紹介しちゃいます!

ドウゾ!

今回の買い付けは、まとまって出ることが多かったです。

バブアー然り、マグナムのスニーカー然り。

そしてこんなレア物まで出ました。

イギリス軍のフォールウェザージャケット。RAF(ロイヤルエアフォース)です。

たくさんあると変なナイロンジャケットに見えますが、これ結構レアなんですからね!

小出しにすれば良かったと今更後悔!www

でも個人的には、「ナイロンジャケットの中で一番好き」なんです!

その理由は、ロイヤルエアフォース物のくせに微妙にダサいから!w

勝手にRAFの服には洗練されたデザインが多いイメージを持ってるのですが、

このフォールウェザーだけは「バタ臭い」んです!!!

このやたら太いポケットフラップとか、

ウエストと裾に入ったゴムとか。



実はこれにもちゃんと理由があるんですけどね。

フォールウェザーとは「荒天」を意味します。

なので、全てのディテールは雨から身を守るためにデザインされていますが

ポケットフラップが太いのも、ゴムで締めているのも全てそのため。

前立てが深く入ってるのもそれっぽいですね。

なので襟を開いた時のVゾーンが気に入ってます。

袖はもちろん一枚袖でシームを出さず、機能的にも非常に優れたナイロンジャケット。

某B社製だけ2万オーバーですが、他は2万アンダーです。

この価格も、まとまって出たおかげ!ラッキー!


次!

先ほどのフォールウェザーに交じってたナイロンジャケット。

これは初見です!が、レアではありません!多分!

時代も90年代だし。

でもゆったり目のAラインが、今っぽいかな~と思います!

フォールウェザーに比べたらナイロンもペラペラ!

このタグが無かったら二束三文で売る予定でしたよ!

作った会社も名門だし、ブロードアローついてるし、MK2Aってモデルなんですね!

エアクルーナイロンパーカとでも呼んでおきましょう!



次!

同じRAFながら、先ほどのフォールウェザーと違って、今度は本当にカッコイイヤツ!wwwww

これは名作です!(フォールウェザーは迷作w)

ここ数年でグググっと人気が上がって来たMK3でございます!

おかげで状態が良い物を探すのが大変になってきました。

数はあるんですけどね。

素材は高密度に織られたギャバっぽい感じ。

例えるなら、バーバリークロスで作られたショート丈のブルゾンって感じ。

カッコイイでしょ?

なので多少の雨も大丈夫だし、綿なのでガシガシ洗濯もできます。

どんどん味を出しちゃってください。

ラスト1枚は80年代頃のもの。でもタグが取れちゃってるので、こちらも2万アンダーです。


次!

軍物かどうか分からないんですけど、良い感じのソックスも拾って来ました!

いや拾ったって言っても、ちゃんと買ってますからね!

イギリス製のウールソックス。サイズも良い感じでしょ?



次!

イギリス軍・フランス軍以外から面白い服見つけた時が、一番楽しいです。

知らなかったことを知るようになる。すべてはこれなんだなと実感できます。

有名な?ブラッシュストロークカモ。

しかし!イギリス軍ではなく、

ベルギー軍でした!

イギリス軍のモロパクリですね~!w

ウチの店にピッタリ!www

でも55年製と結構古いですよ。しかもGENT!

ゲント(またはヘント)は、ベルギーの古都。

首都・ブリュッセルと有名な観光地・ブルージュの間にある街です。

たまにはアントウェルペン以外も行こうかな?


次!

大人気のM-47ですが、今回は2本だけでした。

一生懸命探してはいないですけど、あればそりゃ買いますよ。

一応みなさんに知っておいてもらおうかなと思って、こんなのも。

これは前期とは言いません。「初期」と呼ばれています。

M47初期メタルボタンのデッドストック!サイズ35!ズコーッ!(デカすぎw)



次!

紹介は残り2点。ここからはスペシャルです。

まさかこんなの出るとはね!

イギリス軍のミドルパーカ。1953年の物です。

このポケット、どこかで見たことあるなと思いませんか?

某ワーカーズのRAF PARKAもインスピレーション元になってますね。

フードが付いているのも嬉しいし、

着た時のこのロングテールがアンバランスで好きなんです。

ちなみにこちらはBritish Army。

RAFやロイヤルネイビーとは違って、やたらゴツいっす!

バックサテンぽい生地でメチャクチャ重い!

裏はボアで暖かい!

ステッチはとにかくエグい!www

フード取り付けのディテールがハンパないです!

1つのボタンに生地が6枚くらい重なりますよ!

なので、ボタンが欠損してないだけですごいです!奇跡!



最後!

もはやレジェンド系と言ってもいいかも!?

ロイヤルネイビーのダッフルコート。

カフェオレカラーのショート丈です。

サイズが合ってたら売りに出さないヤツ。でもSなので売りには出してます。

状態良すぎ!!!!!!

個人的には触れただけでも良かったです。これは覚えとこう。

様々なブランドのショートダッフルの元になってるやつなんです。

以上で2020年買い付け分の紹介はおしまい!



今回の買い付け内容を総括すると、

過去最長(2週間)で過去最高金額、そして内容も過去最高の出来だと思います。

さらに過去最高に辛い旅ともなりました。

ぶっちゃけあんな思いはもう2度としなくないので、俺には10日くらいがちょうどいいと思います。

なので、もうこれ以上の買い付けはやらないでしょう。

(円も安くなっていきそうだしね・・・)

だって、ウチの店は「セレクトショップ」ですから!!!


忘れてないよね?ダイアリーズはセレクトショップだってこと!w



まあ今回の買い付けには裏テーマがあったりもします。

最近、古着やデッドストックを多くのセレクトショップが扱うようになったでしょ?

でも私も含め、基本的には国内のディーラーさん頼みだったりします。

デッドストックって言ったって、新品と同じように仕入れてます。

だからこそ、セレクトショップのバイヤーでも、

ちゃんとヴィンテージの買い付けができるんだぞ!というのを証明したくて、

勝手にセレクトショップを代表して、どこまで買い付けにチャレンジできるか!?という思いで頑張りました。

個人的には満足してます。

こんな光景、二度とできませんからね!

(※グリーンデニム系は、全て完売してます。)



満足したので、次回からはユルくやります。

でも目の前に服があったら、また買っちゃうんだろう~なぁ~




だから洋服はやめられない!!!!!!!!!!!!!!!!





それではまた。お店で会いましょう。