Blog

フランス・イギリス買い付けレポート⑧&Pamplona | Beret

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「猫の日」だそうです。

世界中どこに行っても、ネコを見るとなごむよね。

気が付けば、買い付け中に撮った写真が残り僅かとなってました。(パリの分)

パリ最後は謎の写真しかない。

買い付けに出発しようとすると、先客はペットボトル。

今回はもうホントにストライキに翻弄されてばかり。

行きは普通に動いていた地下鉄が、帰りはこんな感じで封鎖されてんの!

マジで焦る!

地下鉄1本で帰れるところを、3本くらい使ってグルっと迂回して帰らないといけないし。

そりゃムシャクシャして甘い物でも食べますよ!

世界で最も美味しいキャロットケーキの一つと言っても良いでしょう!

こちらのお店はROSE BAKERY(ローズベーカリー)。

日本のコムデギャルソンのカフェといえば、ピンと来る方も多いかも?

こちらはあのローズベーカリーのパリ本店でございます。

パリでも人気で1時間くらい待つことも。

こちらも美味すぎるエッグベネディクト。

オサレな見た目ですが、これで腹いっぱいになるから凄い。


そうそう。食にこだわりがありそうなパリですけど、

例えばこうやって食事とデザートを一緒に頼むと、

順番とか気にせずデザートを先に持ってくるので、

もし順番通りに食べたいと思う方は、注意が必要です。

コース以外だと、マジで作り易い順から持ってくるからね!w




じゃ、商品紹介です。

今日から新品のセレクト品をご紹介致します。

つまり本業!

ドウゾ!

【ブランド】Pamplona(パンプローナ)

【アイテム】Beret

【価格】¥9,900-(税込)

【コメント】

こちらも実は昨年届いていたアイテムです!ていうか2か月前!

みなさん気づいてないですけど、これもかなり面白いですよーーーーー!

アルゼンチンから届いたPamplona(パンプローナ)というブランドのベレー。

「パンプローナ」はスペインの街の名前ですが、こちらはアルゼンチンの帽子メーカーです。

アルゼンチンはスペインの植民地だった過去もあるので、

もしかするとパンプローナから移り住んできた人が関わってたりしてね。

でも直径は33㎝(個体差あり)と、スペイン(というかバスクベレー)にしてはかなりデカい。

どちらかというとフランスのブルトンベレーに近いデザイン。



ま、そんなルーツはさておき、アルゼンチンでのこのベレーの立ち位置は何であるかというと?

実はガウチョに関連する帽子ブランドのものなんです。

このPamplonaは、テンガロンハットなども作る技術力のある帽子メーカーで、

ガウチョ達に愛用されているのだそう。



みなさん「ガウチョ」というと、レディースで大流行したガウチョパンツが思い浮かぶかも?

でもそもそもガウチョってなんだっけ?とルーツを探るのが、ファッションの楽しみ。



そしてガウチョとは、簡単に言うと「南米のカウボーイ」です。

なんかカッコイイ!南米のカーボーイ!



なので、ガウチョパンツの極太のシルエットは、実は動きやすくするための意味があったりします。



ちなみにガウチョは、移民してきたスペイン人と先住民の混血が多いということからも、

先ほどのパンプローナからは、遠い祖国の郷愁を感じさせますね。

素材はコットン。規則正しい減らし目の編地がそのままデザインに見えます。

ポッチが付いているところはバスクベレーらしい共通点。

ですが、三つ編みでフリンジになっているのは独特ですね。



かぶる時は、通常のベレーのように着用ください。

でもガウチョぽくかぶりたいなら、キャスケットとしてかぶるのが良いみたいです。

「カウボーイ ガウチョ」で検索してみてください。

この帽子でロデオしてるんだから、すごいですよね!!!

てかそんな脱げないんだ!って感じです。



頭囲はフリーサイズ。入り口は女性でちょうどいいくらい小さ目ですが、

頭が大きい人は伸ばして馴染ませます。

この辺も本格的なベレーと一緒ですね!




久々に届いたビッグベレー。

ストーリーもいっぱい詰まった銘品です!

是非ともお試しください。





それではまた。お店で会いましょう。