Blog

フランス・イギリス買い付けレポート⑰&WORKERS(ワーカーズ)|Sport Coat

(内容はポップアップストアと、WOAD DENIMのジャケットとジーンズの受注会なんです。)




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「みつばちの日」だそうです。

イギリス・マンチェスターのシンボルは蜂です。働きバチのこと。

というわけで、

ロンドン・ブライトンに引き続き、今度はマンチェスターへ!

だから何だよ!www

マンチェスターもアレですよね、聖地。

ニューオーダー、ストーン・ローゼス、オアシスなどなど。

でも昨年のフジロックから続いている彼らのせいで、まあ~呼ばれた感じかな~?

あ、いやもちろん、ヴィンテージマーケットがあったので行ったんですけどね。

ま、買い付けは全然できなくて途方に暮れましたけどね。

まあでも買い付けは半分で、もう半分は今後取り扱う商品の知見を広げるためなのですが。

そのレポートは後程~~~!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Sport Coat

【価格】¥38,500-(税込)

【コメント】

ワーカーズからも届いてます!

今年は定番のブレザーに続き、

(※ブレザーは完売!ありがとうございました!!!)

Sport Coatも!

いきなり「スポーツコート」と言われてもピンと来ませんよね?

一応ざっくりと説明しますと、いわゆる「ジャケット」の種類には

スーツ・ブレザー・スポーツコートがあると覚えてください。

そしてこの順番は、そのままフォーマル度が高い順になります。

つまり、最もカジュアルなジャケットですよということ。

そう考えると、カジュアルで着るジャケットの殆どが、

スポーツジャケットと呼んでもいいことになりますね。



また、商品名はSport coatと「コート」になってますが、

ここではコートもジャケットも同義です。

上に羽織るものってことで。

シャツやカットソーだけでなく、スウェットやセーターの上にも羽織れるのがスポーツジャケット。

なので、スーツ用のジャケットに比べると、ルーズフィットなのも特徴なのです。


その辺を踏まえて見ていきましょう。

今回当店がオーダーしたのは、ウールトロピカル素材。

ポリエステルが入らないウールトロピカルってだけでも特筆ものです。

夏用のウール生地で、さらにモヘアが10%入ることで軽やかさが増してます!

非常に通気性も良く、アイロンのスチームでシワも伸ばしやすくなっています。

また昨年は本切羽でしたが、今回はアキミセ(開き見せ)。

ですので袖丈の調節がしやすくなってるので、これまで袖丈が合わずに敬遠してた方にもオススメですね。



そうそう、たまに思うんですけど、洋服ってなんでみんな直さないの?って話。

パンツは裾上げするのは当たり前だけど、

ジャケットやシャツの袖丈・着丈を直せるのを知らない人って、結構多いんです。

折角買ったものだから、体に合った服を着ましょうね!

何でもご相談ください。(あ、でもウチの店以外で買った服では、ちょっと手を抜きますwww)

ジャケットとしては最軽量の作りになっており、見返し(前身頃の裏側)は

「大見返し」というイタリアのジャケットによく見られる作り。

袖裏も貼ってあるので滑りも良く、本当に着ていて楽なジャケットなんです。

でももちろん、見た目はちゃんと見えますからね。

Cut&Sewn/WORKERS (3 ply long tee, mock) ¥11,000-

Pants/WORKERS (Officers trousers) ¥22,000-

Shoes/MINOTAUR INST.×ecco (Exostrike) ¥53,900-

同素材でセットアップでも着られたり!!!

他にもジーンズ・チノパン・カーゴパンツなどなど、

スポーツコート(ジャケット)に合うアイテムは、

数え上げればキリがありません。

ビジネスカジュアルにもオススメのジャケットです。



気が付けば残り1着。サイズ38(M程度)のみ。

気になる方はお早めにどうぞ!





それではまた。お店で会いましょう。